語られる言葉の河へ

2010年1月29日開設
読書
大岡昇平+社会問題・社会保障

【佐藤優】後知恵上手が出世する? ~ビジネスに役立つ「哲学の巨人」読解法~

2017年02月24日 | ●佐藤優
 
 ★廣松渉、加藤尚武・編訳『ヘーゲル・セレクション』(平凡社ライブラリー、2017)
 以下、〈〉内は引用文献では傍点の箇所。

 (1)ゲオルグ・ウィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(独、1770~1831年)は、18世紀末から19世紀初めに活躍した哲学者だ。ヘーゲルの文体には独自の癖があるので、慣れるまでは面倒だ。しかし、我慢してドイツ観念論独特の表現法を習得すると、ヘーゲルの論理が面白くなる。
 本書では、廣松渉と加藤尚武の両氏が、ヘーゲルの著作からの抜粋を並べ換えるだけで、この哲学者の思想をわかりやすく読者に伝えることに成功している。

 (2)まずヘーゲルは、人間誰一人例外なく時代の制約の下で生きている事実を強調する。
 <ここがロードスだ、ここで跳べ。
 哲学の課題は、〈あるところの〉もの[das was ist]を概念的に把握するところにある。というのは、〈あるところの〉ものは理性だからである。個人に関していえば、あらためていうまでもなく誰しも〈その時代の子〉であるが、哲学もまた、〈その時代を思想というかたちで把えた〉ものである。哲学が現在の世界を超え出たつもりになるとすれば、それは個人が自分の時代を跳び越え、ロードス島を超えて外に出ようと夢想するのと同様に愚かである。当人の理論が実際にその時代を超え出るとすれば、そして彼が一つの〈あるべき〉世界を樹てるとすれば、それはなるほど在るにはあろうが彼の私念のなかに在るというにすぎない>【『法の哲学』序文】

 (3)先般亡くなった渡辺和子氏は、「置かれた場所で咲きなさい」といつも強調していた。職場でも、今いる場所できちんとした仕事ができない人は評価されない。「自分は周囲の凡庸な連中と違う」とプライドだけが高く、仕事ができない若手には、「ここがロードスだ、ここで跳べ」と目の前で仕事をさせると大きな教育目的が生きてくる。

 (4)ヘーゲルは基本的に保守的な思考をしている。
 <哲学は〈理性的なものの根本を究めること〉であり、まさにそれゆえに、〈現在的で且つ現実的なものを把握すること〉であって、〈彼岸的なもの〉をうち立てることではない。[・・・・]
 理性的なものは現実的であり、現実的なものは理性的である。虚心坦懐な意識はいずれも、哲学と同様、この確信に立っているのであって、哲学は〈自然的〉宇宙の考察に際してと同様、〈精神的〉宇宙の考察においても、この確信から出発する>【『法の哲学』序文】
 現実に存在している事柄は、若干理不尽に思われることがあっても、それが存在できる根拠がある。こう考えれば、職場環境で問題があっても耐えることができる。常軌を逸したことが起きた場合には、必ず理性的で現実的なものが勝利することになる。2002年にあれだけ非難された鈴木宗男氏の北方領土交渉が現在は冷静に受け止められているのも、交渉方針が現実的だったからだ。

 (5)ヘーゲルは市民社会(資本主義社会)は、人間同士が利用・被利用の関係を基本とする「欲望の王国」と考え、こう述べている。
 <市民社会においては、各自が自分にとって目的であり、他のものはすべて彼にとって無である。とはいえ、他の人々との関係なしでは、彼は自分の目的の全範囲を成就することができない。それゆえ、これらの他者は特殊者たる各自が目的を達成するための手段である。しかるに、当の特殊目的は、他者との関係を通じて普遍性の形式を与えられ、他人の福祉を同時に充たすという仕方で充足される>【『法の哲学』第182節補遺】

 (6)自分の利益のために他人を利用することは、資本主義の本質からして避けがたい。しかし、あまりに強欲に他人を利用すると、人間が互いに信じることができなくなってしまう。その結果、社会が弱くなり、すべての人が損をする。何事につけても、やりすぎはよくないということだ。弱者の保護、社会福祉が必要とされるのは、そのようなシステムがあったほうが、すべての人に利益がもたらされるからだ。

 (7)ヘーゲルは、真実がわかるのは出来事の最終段階においてであると考えている。
 <世界が如何あるべきかを〈教える〉ことに関してなお一言つけくわえておけば、哲学はどのみち、それを教えるには、到来するのがいつもおそすぎる。世界の〈思想〉である以上、哲学は、現実がその形成過程を完了し己れを仕上げ終えたあとの時点になってはじめて出現する。これは概念の教えるところであるが、歴史もまた必然的に次のことを示している。すなわち、現実が熟成したところではじめて、観念的(イデアール)なものが実在的(レアール)なものに対向して現れ、この世界をその実体において把え、自分向けのものとして、これを一つの知的な王国の姿に構築するのである。
 哲学が世界の灰色を灰色に描くとき、生の姿はすでに老いている。それは、灰色に描かれた灰色で以て、若返らされるべくもなく、ただ認識されるだけである。ミネルヴァの梟は暮れそめる黄昏を俟ってはじめて飛び立つ>【『法の哲学』序文】

 (8)哲学者が、現在起きていることの解説や、未来予測をしているつもりになっていても、それは勘違いに過ぎない。出来事が完成する頃になってようやく全体像が見えるのだ。理屈は常に後知恵なのである。
 このことをわかっている政治家や企業経営者は、側近に後知恵の達人を置いておく。そして、自分たちがやっていたことには、実はこんな深い意味があったのだということを解説させる。
 ヘーゲルが21世紀に生きていたならば、広告代理店に勤務して成果を上げていたであろう。

□佐藤優「後知恵上手が出世する? ビジネスに役立つ「哲学の巨人」読解法 ~名著、再び ビジネスパーソンの教養講座 第27回~」(「週刊現代」2017年3月4日号)
     ↓クリック、プリーズ。↓
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ  人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

 【参考】
【佐藤優】トランプ政権の安保政策、「生きた言葉」という虚妄、キリスト教の開祖パウロ
【佐藤優】「暴君」のような上司のホンネとは? ~メロスのビジネス心理学~
【佐藤優】物まね芸人とスパイの共通点、新版太平記の完成、対戦型AIの原理
【佐藤優】トランプ側近が考える「恐怖のシナリオ」 ~日本も敵になる?~
【佐藤優】弱まる日本社会の知力、実践的ディベート術、受けるより与えるほうが幸い
【佐藤優】トランプの「会話力」を知る ~ワシントンポスト取材班『トランプ』~
【佐藤優】「不可能の可能性」に挑む、言語の果たす役割の大きさ、NYタイムズ紙コラムニストの人生論
【佐藤優】人生は実家の収入ですべて決まる? ~「下流」を脱する方法~
【佐藤優】ソ連崩壊後の労働者福祉軽視、現代も強い力を持つ観念論、孤独死予備軍と宗教
【佐藤優】米国のキリスト教的価値観、サイバー戦争論、日本会議
【佐藤優】『失敗の本質』/日本型組織の長所と短所
【佐藤優】世界を知る「最重要書物」 ~クラウゼヴィッツ『戦争論』~
【佐藤優】現代ロシアに関する教科書、ネコ問題はヒト問題、トランプ氏の顧問が見る中国
【佐藤優】日本には「物語の復権」が必要である ~反知性主義批判~
【佐藤優】サイコパス、新訳で甦る千年前の魂、長寿化に伴うライフスタイルの変化
【佐藤優】イラクの地政学、誠実なヒューマニスト、全ての人が受益者となる社会の構築
【佐藤優】外交に決定的に重要なタイミング、他人の気持ちになって考える力、科学と職人芸が融合した食品
【佐藤優】『ゼロからわかるキリスト教』の著者インタビュー ~「神」を論じる不可能に挑む~
【佐藤優】組織の非情さが骨身に沁みる ~新田次郎『八甲田山死の彷徨』~
【佐藤優】プーチン政権の本質、2017年の論点、ロシアと欧州
【佐藤優】国際人になるための教科書、ストレスが人間を強くする、日本に易姓革命はない
【佐藤優】ロシアでも愛された知識人の必読書 ~安部公房『砂の女』~
【佐藤優】トランプ当選予言の根拠、猫の絵本の哲学、人間関係で認知症を予防
【佐藤優】モンロー主義とトランプ次期大統領、官僚は二流の社会学者、プロのスパイの手口
【佐藤優】トランプを包括的に扱う好著、現代日本外交史、独自の民間外交
【佐藤優】デモや抗議活動のサブカルチャー化、グローバル化に対する反発を日露が共有、グローバル化に対する反発が国家機能を強化
【佐藤優】国際社会で日本が生き抜く条件、ルネサンスを準備したもの、理系情報の伝え方
【佐藤優】人生を豊かにする本、猫も人もカロリー過剰、度外れなロシア的天性
【佐藤優】テロリズム思想の変遷を学ぶ ~沢木耕太郎『テロルの決算』~
【佐藤優】住所格差と人生格差、人材育成で企業復活、教科書レベルの知識が必要
【佐藤優】数学嫌いのための数学入門、西欧的思考にわかりやすい浄土思想解釈、非共産主義的なロシア帝国
【佐藤優】ウラジオストク日本人居留民、辺野古移設反対を掲げる公明党沖縄県本部、偶然歴史に登場した労働力の商品化
【佐藤優】「21世紀の優生学」の危険、闇金ウシジマくんvs.ホリエモン、仔猫の救い方
【佐藤優】大学にも外務省にもいる「サンカク人間」 ~『文学部唯野教授』~
【佐藤優】訳・解説『貧乏物語 現代語訳』の目次
【佐藤優】「イスラム国」をつくった米大統領、強制収容所文学、「空気」による支配を脱構築
【佐藤優】トランプの対外観、米国のインターネット戦略、中国流の華夷秩序
【佐藤優】元モサド長官回想録、舌禍の原因、灘高生との対話
【佐藤優】孤立主義の米国外交、少子化対策における産まない自由、健康食品のウソ・ホント
【佐藤優】アフリカを収奪する中国、二種類の組織者、日本的ナルシシズムの成熟
【佐藤優】キリスト教徒として読む資本論 ~宇野弘蔵『経済原論』~
【佐藤優】未来の選択肢二つ、優れた文章作法の指南書、人間が変化させた生態系
【佐藤優】+宮家邦彦 世界史の大転換/常識が通じない時代の読み方
【佐藤優】人びとの認識を操作する法 ~ゴルバチョフに会いに行く~
【佐藤優】ハイブリッド外交官の仕事術、トランプ現象は大衆の反逆、戦争を選んだ日本人
【佐藤優】ペリー来航で草の根レベルの交流、沖縄差別の横行、美味なソースの秘密
【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム
【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下
【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 ~網野善彦『異形の王権』~
【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書
【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説
【佐藤優】外交官の論理力、安倍政権と共産党、研究不正が起きるシステム
【佐藤優】遅読家のための読書術、電気の構造、本屋大賞
【佐藤優】外山滋比古/思考の整理学
【佐藤優】何が個性で、何が障害か
【佐藤優】大宅壮一ノンフィクション賞選評 ~『原爆供養塔』ほか~
【佐藤優】英才教育という神話
【佐藤優】資本主義の内在的論理
【佐藤優】米国の戦略策定、『資本論』をめぐる知的格闘、格差・貧困問題の起源
【佐藤優】偉くない「私」が一番自由、備中高梁の新島襄、コーヒーの科学
【佐藤優】フードバンク活動、内外情勢分析、正真正銘の「地方創生」
佐藤優】日本の政治エリートと「天佑」、宇宙の生命体、10代が読むべき本
【佐藤優】組織成功の鍵となる人事、ユダヤ人の歴史、リーダーシップ論
【佐藤優】第三次世界大戦の可能性、現代東欧文学、世界連鎖暴落
【佐藤優】司馬遼太郎の語られざる本音、深層対話、米政府による暗殺
【佐藤優】著名神学者のもう一つの顔 ~パウル・ティリヒ~
【佐藤優】総理が靖国参拝する理由、NPO活動の哲学やノウハウ、テロ対策の必読書
【佐藤優】今後、起こりうる財政破綻 ~対応策を学ぶ~
【佐藤優】社会の価値観、退行する社会
【佐藤優】夫婦の微妙な関係、安倍政権の内在的論理、警察捜査の正体
【佐藤優】情緒ではなく合理と実証で ~社会の再構築~
【佐藤優】中曽根康弘、21世紀の資本主義分析、北樺太の石油開発
【佐藤優】日本人の思考の鋳型、死刑問題、キリスト教と政治
【佐藤優】中国株式市場の怪しさ、イノベーションの障害、ホラー映画の心理学
【佐藤優】普天間基地移設問題の本質、外務省犯罪黒書、老後に快走!
【佐藤優】シリア難民が日本へ ~ハナ・アーレント『全体主義の起源』~

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【南雲つぐみ】ハリーアップ... | トップ | 【南雲つぐみ】飲酒のメカニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

●佐藤優」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL