元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

GoToトラベルに疑問が・・・

2020年10月26日 | 日記
 GoToトラベルに東京都民も加わり、若い人が放たれた矢のように観光地に出かけている
ようです。自粛生活に飽き飽きしていたので、さぞ待ちかねていたことでしょう。
                
 ところで、旅行に出かけることの出来る人は、どういう人達なのでしょう?  さすがに
高齢者はコロナ感染を警戒してか、遠出する人は多くないようです。とすると、GoToトラ
ベルを利用しているのは、大半は若い世代なのでしょうか? でも私が仕事で接点のある、
特に女性の方は、旅行とは無縁のようなのです。

 私と接点のある若い女性は、ほとんどがシングルマザーですが、どこかに連れて行って
もらったか子どもに尋ねると、せいぜいマックとかコンビニくらいです。パートを雇い止
めされたり、勤務日数を減らされたり、これまでもらっていた養育費を減らされたりと、
とても旅行どころではないようです。

 今回のトラベルキャンペーンには、沢山の予算が使われることになりますが、それは全
て国の借金ですから、これから税金という形で国民が負担しなくてはならないお金です。
私が疑問に思うのは、旅行に行った人も、行きたくても行けない人も、同じ負担をしなく
てはならないのか、ということなのです。何やら「公平性」に欠けるのではないか?そん
な疑問を感じてしまうのです。




 
コメント

あなた何様の積り?

2020年10月18日 | 日記
 私と同年配の女性から聞いた話ですが、自由気ままに独身生活を送っていたある日、
母親から「30近くまで結婚もしないで、あなた何様の積り?」と突然一喝されたん
だそうです。ビックリしたその方、親の勧めるままにお見合いをして結婚したのです
が、結果的に良い相手に巡り会えたと感謝していました。

 こんな話を紹介したのは、未婚率が高くなっていることを憂いるためでも、お見合
い結婚を勧めるためでもありません。彼女の母親のように、「あなた何様の積り?」
と一喝してくれる人がいなくなったなぁ、としみじみ感じるからです。

「あなた何様の積り?」と言いたくなる人を目にしたり、話を聞いたりしませんか?
・電話で話すのが苦手だと言って、電話に出ない新入社員がいるそうです。
  「あなた何様の積り?」こんな場合には言っても良いのではないでしょうか。

・洗濯も掃除も妻の仕事だと言って、一切やらない夫が今時いるそうです。
  「あなた何様の積り?」こんな場合には言っても良いのではないでしょうか。

・孫が学校から帰るなりユーチューブばかり見ている、と家内が嘆いていました。
  「宿題もせんと何様の積り?」どんな反応をするか、見てみたいものです。

 昔、家内の料理にいちゃもんをつけて、子どもに「それならお父さんが作れば。」
と言われたことがあります。その時の私は、きっと何様かの積りだったのでしょう。


 



 

 
コメント

うつ病の原因判明か?!

2020年10月09日 | 日記
 大学の研究チームから、『うつ病の原因が判明した』という発表がありました。
実に画期的で、素晴らしい発見だと思います。 発表によると、HHV6という
ヒトヘルペスウイルスが、うつ病の原因とのことです。

 このHHV6というウイルスが脳に感染すると、特定のたんぱく質が作られる
んだそうです。そしてこのたんぱく質が脳のストレスを高めて、うつ病に罹り易
くしてしまう、ということが分かったんですね。

 HHV6というヒトヘルペスウイルスは誰もが持っているウイルスで、通常は
体内で静かにしているのですが、宿主が疲労した時に活性化して、外へ出ようと
します。人から人に感染しますが、特定のたんぱく質が作られると、12倍以上も
うつ病に罹り易くなってしまうそうです。

 私の所に相談に来る人の中に、4回も5回もうつ病が再発した人が何人もいます。
本人に原因があるのではなく、ウイルスが原因だったのか、ということが分かっ
ただけでも、心理的なストレスから少し解放されるのではないかと思うのです。
そのことは喜ばしく思うのですが、ウイルスがうつ病の原因と分かったと同時に、
脳が強いストレスを受けたことがうつ病の原因であることも、今回判明したわけ
です。ストレスケアに、もっともっと警鐘を鳴らすべきと考えます。

 




 
コメント

中秋の名月

2020年09月29日 | 日記
 今年の十五夜はいつだろう?と調べたら、10月1日とのことでした。毎年日にちが変わる
ので、ウッカリすると見逃してしまいます。
                   
 山中鹿之助という戦国時代の武将が、「願わくば七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った
そうですが、私達を感慨深い気持にさせる力が、お月様にはあるのかもしれません。三日月で
さえそうなのですから、満月なら尚更でしょう。

 私は七難も八苦も要らないのですが、お月様を見ながらつい昔のことを思い出してしました。
それは中学時代のことです。不登校の同級生がいると、先生に言われていつも私が迎えに行か
されました。部活に来ない部員がいると、先輩に言われてこれまた私が迎えに行くのです。
お迎えに行かされる役目は、社会人になっても続きます。私の上司がアル中で、時々遅刻して
出社します。ある日、何時になっても出て来ないので、所長が「死んでるかもしれないから見
て来てくれ」と言うのです。恐る恐る見に行ったら、緩慢に身支度をしているところでした。

 このお迎えが今に至るまで続くとは、思いもしませんでした。子どもを迎えに行って、別居
して暮らしている父親に会わせる、面会交流支援もまたお迎えが役割です。そう言えば、私の
子どもは体が丈夫ではなかったので、小学校・中学校と登下校に合わせて送り迎えしていたっ
け、物思いにふけりながらそんなことを思い出していました。


 

 
 

    
コメント

常識の盲点

2020年09月21日 | 日記
 NHKで、藤井蒼汰2冠の特集をやっていました。強さの一因として、彼は常識にとらわれな
い手を指すことが出来るんだそうです。将棋の常識のことを「定跡」と言うのですが、定跡は
一流の棋士達が何年もかけて作り上げた常識ですから、その常識にとらわれないというのは、
正に型破りと言えるでしょう。
                
 将棋界のスーパースター羽生善治九段が、「定跡を疑って考えます」という話を何年か前に
していたことを、その特集を見ていて思い出しました。『常識が必ずしも真ならず』と言うこ
とでしょうか。スーパー天才2人の共通点を、とても興味深く感じました。

 詐欺の被害が相も変わらず無くなりません。詐欺は、常識にとらわれている人をだます犯罪、
言わば常識の盲点を突いた犯罪です。(警察の人だから大丈夫)(銀行の人だから大丈夫)と
いう、常識からくる信用を逆手に取るのが詐欺の手口です。口座から勝手に預金が引き出され
ていたという事件も、最近報告されています。これも(銀行や大手企業の口座だから大丈夫)
という、常識の盲点を突いた犯罪です。

 常識を疑うというのは、とても難しいことです。しかもデジタル化が急速に進んでいる昨今、
疑う余裕すらないまま波に飲み込まれ、被害に会う危険性は広がって来ています。こんな時こ
そ、コマーシャリズムに飲み込まれず、常識を疑う姿勢が求められるのではないか、と思うの
です。天才ではなく凡人であっても、藤井2冠や羽生九段に学びたいものです。


 
             
コメント