元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

神様のお告げでしょうか?

2019年12月30日 | 日記
            明けましておめでとうございます。

 家の近くに、諏訪神社という社があります。20数年に一度、祭祀の手伝いをする氏子総代という
役が回って来て、昨年の11月からそのお役目を務めています。任期は1年ですが、しめ縄を作った
り祭祀の準備をしたりと、馴れないことをやっています。

 そのご褒美なのか、昨年最後の競馬のG1レースで馬券が的中しました。実はそのレースの10分
前に、不思議なことがあったのです。普段は配当の小さい馬券は買わないのですが、この日は突然、
「配当が小さくても買っておこう」と思い立って、急いで買い増ししました。それがレースの10分
前、その買い増しした馬券が当たったのです。
地元では、「お諏訪様」と親しまれています。

 神様のお告げというのは、もしあるとすればこの時のように、突然何かを閃かせてくれるものかも
しれない、と感じたのです。ただ普段は気がつかず、やり過ごしてしまっているのかもしれません。
諏訪神社のご祭神は、勝負事と諸難突破の神=建御名方(たけみなかた)神です。困難をものともし
ない、良い年になりますようお祈り申し上げます。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春を待つ楽しみ

2019年12月18日 | 日記
 春が来るのを待ちわびる東北の人の気持ちを、少し実感出来るようになりました。
春が来ると大人から子どもまで浮かれて全身で喜びを表現する、そんな東北の人達
の姿がテレビで紹介されると、どこか遠い世界の出来事のような気がしたものです。

 茨城では、雪に閉じ込められるなどという経験は、全くありませんものね、春が
来て雪から解放される喜びも、実感出来ないのは当然です。 梅が咲けば梅を愛で、
桜が咲けば桜を愛でるーその時その時で、冬の間ずっと梅や桜を待ちわびているわ
けではありません。

 そんな私ですが、1昨年から春の到来を待ちわびるようになったのです。うちの
庭では唯一、フェイジョアという果物が獲れます。11月初旬から3週間くらいが
収穫期で,1昨年からこのフェイジョアで果物酒を作り始めました。 
                
 焼酎と氷砂糖でつけ込み、3ヶ月で果物酒としては飲めますが、私は4~5ヶ月
置くようにしています。ちょうど梅が咲き、桜が咲く頃、封を開けるのです。1冬
越して完成です。瓶の前に立つと、「早く春が来ないかな」と、季節の移ろいを待
ちわびる気持ちになります。こんな気持ちで1年を過ごせたら、何て心豊かな生活
だろうと思うのです。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三崎海岸の思いで

2019年12月02日 | 日記
 学生時代からの友人6人で、三崎海岸に行って来ました。なんで三崎海岸かと言いますと、
最初は横須賀で集まろうと話だったのですが、チョッと三崎港まで足を延ばして、マグロを
食べようということになった訳です。
 「みさきまぐろきっぷ」、噂には聞いていましたが実に安上がりです。品川からの往復電
車代、三崎でのバス代、昼食代、お土産までついて3,570円でした。
      (三崎海岸)      (お土産のマグロの角煮)もう一品マグロカレー付
           
 この三崎海岸、50年前の思い出があるのです。中学時代の友人たちと海水浴に行った時、
途中スイカ畑で勝手にスイカを持ち帰り、見つかって追いかけられたという思いでです。
この時罪の意識はあまりなかったと思うのですが、やったことは間違いなく窃盗です。

 この時は、追いかけられて冷や汗をかいて本当に怖い思いをしたので、もう二度と悪いこ
とをしようと思わなくなりました。苛めやDVも、自分では悪いことをしているという罪の
意識がないから出来るんだと思うのです。止めさせるには、私がかいたような冷や汗をかく
体験をしてもらうしか、手立てがないのではないかと思っています。ですから私は、DVを
受けた時は、迷うことなく警察に通報するようにアドバイスしています。改心させるという
のは、とても難しいことです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする