元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

謹賀新年

2020年12月30日 | 日記
       
           明けましておめでとうございます

 初詣は、混み合うのを避けて毎年10日過ぎに出かけるようにしているのですが、
今年はいくつかの有名神社から、混み合わないように初詣して欲しいという注意が
あったりして、そんな私でもいつ出かけたら良いものやら思案してしまいます。

 今年もコロナの心配は止みそうもないので、疫病除けにご利益があるという神様
をご紹介したいと思います。初詣にまだお出かけになっていない方は、是非写真に
御参拝ください。その名を【牛頭(ごず)天王】と言います。

  (牛頭天王) (竹寺) (八坂神社)
 
 元々はインドの祇園精舎の守護神でしたが、日本に伝わると疫病除けの神様と
して祀られるようになりました。埼玉県飯能市にある竹寺では、お寺なのに神様
の牛頭天王がご本尊として祀られています。疫病除けの神社としては八坂神社が
有名ですが、主祭神のスサノオは、その牛頭天王が宿っているとされる神様です。
お賽銭は上げられませんが、写真に参拝するだけでご利益あるかもです。 

       コロナに負けず、無病息災でお過ごしください。
 




 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジレンマから抜け出すには

2020年12月20日 | 日記
 AとBどちらを選択しても結果は思わしくない、これは困ったな、と思い悩むのが
ジレンマです。経済活動の優先か vs 生活の自粛か? コロナ対応のための半年間は、
まさにジレンマだったと言って良いでしょう。

 優先順位が付けられないと、いくら考えても堂々巡りするばかりで、ジレンマから
抜け出すことは出来ないでしょう。抜け出すためには、第3の選択肢が必要となりま
す。但しこの第3の選択肢、皆が納得するものでなくてはなりません。「医療の崩壊
を防ぐ」という選択肢もありましたが、当初は第3の選択肢とはなり得なかったよう
です。感染状況が深刻になるにつれ、最優先順位となったことに安堵する思いです。

 コロナのジレンマを考える時、大人の子どもに対する態度を対比して思い出してし
まうのです。私たちは子どもに対し、AかBかの選択を強いていることが多いような
気がするのです。(残さず食べなさい vs 食べないと大きくなれないよ)(勉強しな
さい vs しないと良い学校に入れないよ)(早くしなさい vs 皆を待たせちゃうよ)
等々、知らず知らず子どもにジレンマを強いているのではないか、などと思ったりす
るのです。

 来年は子どもも大人も、ジレンマを感じないで済む一年にしたいものです。どうか
皆様も良いお年をお迎えください。





 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ゴキブリを観察して

2020年12月09日 | 日記
 新築当時はゴキブリなど見たことはなかったのですが、築20年近く経って新築とは
言えない状態になったせいか、数年前から時々ゴキブリに遭遇するようになりました。
遭遇する機会が一番多いのは深夜の台所で、灯を点けた瞬間にバッタリ遭遇します。

 発見されたと知るや、ピタッと動きを止めて私の様子を窺い、私が何かしようと体
を動かした瞬間、シャカシャカっと逃げ出します。その態度がいかにも姑息で、憎々
しく感じてしまうのは私だけでしょうか。

 私たち人間も恐怖や危険を感じた時、一瞬固まりますが、その後逃げるか攻撃する
か二者択一で行動します。これは「何が何でも生きようとする」本能が働くからです。
もしかしてゴキブリの行動もこれか?と思って調べたら、昆虫にも脳があるんですね。
あの姑息な動きは、脳を持っていればこそなのでしょう。

 しかし、ゴキブリはいつもシャカシャカ逃げ出すわけではないのです。一度だけの
体験でしたが、私に向かって飛んできたゴキブリがいました。思わずのけぞってしま
いましたが、あれはゴキブリの反撃だったのでしょうか?その時の体験を思い出すと、
反撃する手段を持っている》とアピールすることは、私たちが生きる上でも必要な
ことではないか、と感じたりするのです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする