元気UPブログ

心が元気になるような記事を紹介するようにしています。

行われなかった入学式

2020年03月26日 | 日記
 新型コロナウイルスの影響で、今年の入学式は規模を縮小して行われるようですが、
入学式自体行われない時代があったのを思い出しています。今から半世紀も前の話な
ので、全くご存じない方も多いと思いますが、当時は大学紛争真っ盛りで、特に首都
圏は緊迫した空気に包まれていました。

 当然のように、私が入った大学でも入学式は行われませんでした。その時、「残念」
という気持ちは起きず、新しい生活に踏み出した躍動感の方が大きかったように覚え
ています。私は入学式だけでなく、卒業式にも出ていません。その頃には大学紛争も
収まっていたのですが、式典に出るための洋服を新調するのが面倒で、卒業式に参加
しなかったのです。
 そう言えば私、成人式にも出ていなかったんです。当時赤羽に住んでいたのですが、
急きょ北千住に引っ越すことになり、引っ越しの日と成人式が重なってしまったんで
した。そのおかげで、北区と足立区の両方から記念品を頂きましたけど。

 青春時代の記念すべきイベント、「入学式」「卒業式」「成人式」の全てに参加し
なかったことが、私の記念すべき思い出になっています。

 

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナの影響はこんな所にも

2020年03月09日 | 日記
 コロナの影響が、イベントにまで波及しています。私達がとり組んでいる「離別親子の面会交流」
は、離れて暮らしている親子にとっては、月1回の大切なイベントです。今月は11組の面会交流
を予定していたのですが、感染不安から4組が延期もしくは中止となってしまいました。

 誰もがこうした不安に襲われているのかと思いきや、中にはこうした不安を逆手にとって、お金
もうけを企む人がいるから驚きです。100均のマスク2箱を、ネットオークションで1万6千円
で転売した、などという人もいたようです。
                    
 映画にも行楽にも出かける気がしないという方は、暇つぶしに「ことわざ」の話しにお付き合い
ください。「天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかい そにしてもらさず)」ー天はどんな
小さな悪事も見逃さないよ、という意味です。そして悪事を働いた人には、「福善禍淫(ふくぜん
かいん)」ということわざも用意されています。良い行いをした人には幸福が訪れ、悪事を働いた
人には災いが訪れる、という意味です。

 悪事を働く人には、2種類あるようです。良心の痛みを感じる人と、感じない人の2種類です。
悪事を働いても良心の痛みを感じず、平然としている人を【サイコパス】と呼びますが、厄介なの
はこのサイコパスです。何が厄介かというと、この人たちは話術が巧みで、人を引きつける能力に
長けているからです。こんなご時勢です、話術の巧な人がいたら、十分警戒しましょう。
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする