落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

米津玄師とサザンオールスターズ

2018-01-13 23:42:01 | 音楽
本日休日出勤。

で、休日の特権で、音楽を聴きながら仕事をしてた。
米津玄師が、心地よくて聞いてたんだが、
歌詞がなかなか聞き取れない。

で、思いついたんだが、
これって、私の10歳位上の世代が
サザンオールスターズがデビューした時に
「歌詞が聞き取れない!」と言っていたのに
似てるのだろうか?

と、仕事をしながら思った。
コメント

JOURNEY in 武道館 2月6日

2017-02-08 23:25:31 | 音楽
UDOの無料会員とはいえ、先行販売で買ったのに、S席12,000円で、2階ってどうよ。まあ、アリーナの後ろよりはいいかもしれないが、せめて1階はダメですか?

と、思って、チケットが届いてから、テンションがさがって。当日まで何も調べず、音楽も聞かず参戦。いつの間にか、翌日、WOWOW後援で「エスケイプ」「フロンティアーズ」の完全再現ライブがやる事も知らず。ふう~ん。元気だなあ。皆。



席に着いたら、あら~、私の回りは、私と同じように会社帰りに一人で来た地味なおばさんだらけ。それが、1曲目Separate Ways (Worlds Apart)のイントロと共に立ち上がって、こぶしを突き上げる! ひゃひゃひゃ。

あれっ、ドラムがヴォーカルもできるディーン・カストロノヴォじゃないぞ。「2015年6月にドメスティックバイオレンスの容疑で逮捕され、その後保護観察処分の判決を受ける。」ありゃりゃ。
ドラムの人、映画「セッション」を彷彿とさせる、スキンヘッドのさらに年上の人だ。スティーヴ・スミス。あっ、元々いた人だ。ジャズっぽく、叩く人だ。



今回の雰囲気は、「セッション」だ。ヴォーカルがスティーヴ・オージェリーの後半の時みたいに、全員ヴォーカルとは、全然違う感じ。

サンタナ、あんまり分かんないけど、ニール・ショーン(元気じゃん。なんでこの前来なかったんだ!)のギターは今回とってもサンタナっぽくて。まあ、サンタナにちょっといたんだけど。
実際、アンコールの時のギターソロは、サンタナのブラックマジックウーマンのフレーズをやってたらしい。武道館を出る時、後ろの人が「分かる人は少ないだろうけどさあ」と解説してた。私、ちょっと分かっよ。



スティーヴ・スミスを真ん中に、ロス・ヴァロリーとニール・ショーンが楽しげに演奏してた。アーネル・ピネダが、ちょっと可哀想な位、うれしそうな3人。ジョナサン・ケインは、相変わらず、カッコ良かったぞ。意外とベタな叔父様に魅かれる私。

有名な曲しかやらないので、会場は巨大カラオケ館となっていた。



スティーヴ・スミスが帰ってきたなら、スティーヴ・ペリーもと思うけど。もう声でないだろうなあ。若いと思ってたピネダ君でさえもう50歳。スティーヴ・スミスのドラムのジャーニーが聴けただけでも、かなりラッキーだし、次はあるんだろうか。と、書いてたら、ちょっとうるうるしてきた。

まあ、なんだ、かんだと、楽しんだ私であった。
さて、会社の人に、2月7日の分のWOWOWの録画を頼もうっと。3月12日夜8時から放送らしい。


1.Separate Way(Worlds Apart)
2.Be Good To Yourself
3.Only The Young
Neal Schon Guiter Solo
4.Stone In Love
5.Any Way You Want It
6.Lights
Jonathan Cain Keyboard Solo
7.Open Arms
8.Who’s Craying Now
9.Chain Reaction
10.La Do Da
Steve Smith Drum Solo
Neal Schon Guiter Solo
11.Wheel In The Sky
12.Faithfully
13.Don’t Stop Believin’

– アンコール –

14.La Raza del Sol
15.Lovin’, Touchin’, Squeezin’
コメント

NEAL SCHON 来日公演中止

2016-02-03 23:52:10 | 音楽
なんだよ~。

チケット取ってたんだぜ。

クラス会の幹事とかいろいろあるけど、私的には結構2月のメイン・イベントだったのに・・・。

チッ。今週仕事もゴチャゴチャしてんのに。
あ~あ。払い戻しも面倒だ。するけど。



「80年代の人気ロックバンド「ジャーニー」のギタリストとして知られるニール・ショーン(61)が肺疾患のため、8日から予定していた初のソロ来日公演が中止したことが2日、分かった。

 ウドー音楽事務所が発表した。来日公演は8日に名古屋、9、10日に東京、12日に大阪で行われる予定だった。チケットの払い戻しは3日から29日まで、購入先の各プレイガイドで行うという。

 1973年に「ジャーニー」を結成。80年代には「セパレイト・ウェイズ」などのヒット曲を連発。昨年、ソロ作「ヴォルテックス」を発表したところだった。」



コメント

岡本おさみ死去

2015-12-18 23:36:18 | 音楽
世間はSW公開で浮かれてるが、オヤジには堪えるニュースだ。

死んじゃったのかあ。
拓郎、落ち込むなあ。

今日は、拓郎を聞きながら寝ようっと。
コメント

「吉田拓郎 LIVE 2014」パシフィコ横浜国立大ホール

2014-07-16 23:21:39 | 音楽

004

003始まる前の、舞台の写真って、そんなに撮っちゃいけないんだろうか?

残り少ない人生、記念に、始まる前の写真くらい、いいじゃん。

外人さんのコンサート、いや最近はライブと言うのか、撮影OKなのに。

という訳で、北は川口から南は横浜までの、拓郎の2年振りのライブに行ってまいりました。チケットを取ってくれた友人は、10回目のチャレンジでようやくゲットできたそうです。

道理で、回りから聞こえてくる会話は方言が多い。全国から来ているみたいです。

↓物販に群がる大人達。

001

6時半開演なので、午後半休取りました。

20140714_171954いきなり「人生を語らず」「今日までそして明日から」「落陽」。

そして「今日はありがとうございました。さようなら~」って、確かにそうなるわなあ。

もう、拓郎の体調が心配で・・・。声は出てたけど、マイクと、前回は邪魔に感じたコーラスに今回は結構助けられてたような気が・・・。

一曲ずつ終わると、きちんとお辞儀をするんだよん。MCとかは結構危ない彼のままなのに。

そして、最後の曲の後、さらにすっごい丁寧なお辞儀。友人は「最後の“純情”は、作詞は阿久悠で作曲は加藤和彦だよ。加藤和彦。あんな丁寧にお辞儀されちゃうと、なんか挨拶されてるような。」

う~ん。もちろん考え過ぎだけど、でも、挨拶されてるみたいでちょっと、私も加藤和彦を想い出してしまったぜ。

アンコールで、物販のTシャツを着なかったのは偉い!

「爪」が聞けた。“別れを切り出す、一瞬前の、夜の背中が恐いんです”って、一緒に唄えるのに、実は題を知らなかった。

「私は今日まで生きてみました。時には誰かの力を借りて。時には誰かにしがみついて。私は今日まで生きてみました。そして今私は思っています。明日からもこうして生きて行くだろうと・・・。」 身に沁みるぜい!

1. 人生を語らず
2. 今日までそして明日から
3. 落陽

4. 爪
5. たえなる時に

6. 襟裳岬
7. 僕の道
8. 慕情

9. 夏休み
10. シンシア
11. 裏町のマリア

12. 気持ちだよ
13. サマータイムブルースが聴こえる

14. 全部抱きしめて

15. わしらのフォーク村
16. 淋しき街

17. アキラ
18. 僕たちはこうやって生きてきた

【アンコール】

19. こうき心
20. アゲイン
21. 春だったね
22. 純情

コメント

BON JOVI  12月4日東京ドーム

2013-12-05 22:33:00 | 音楽

写真OKなんだよ~。

001

でも、唄って踊って、自分の目で見て!ってしてると、写真撮る暇なんてないし。まだ、スマホを上手く使えないし。

002

004リッチーなしでどうなるんだろう?と思ったが、流石にプロだ。当たり前だけど。でも、ジョンとPhilXとは、ちょっとしかギターで絡まなかったなあ。まあ、これも当たり前だけど。

ベースの人もずっと後ろにいて、BON JOVIのメンバーで前にいるのはジョンだけと言うのは、やっぱり寂しかったなあ。

デヴィットとティコのカメラ目線は、流石のキャリアでお茶目だった。

ジョンも高音出す所は、出してたし。スクリーンの映像がきれいすぎて、高音出してると、顔がどんどん赤くなるのがはっきり見えた。どうしよう、倒れたら。と、ちょっと思った。

003同世代なんだが、やっぱ、カッコ良いよん。見とれるちゃうよん。

大声出して、手を振って。あ~!楽しかった。スマホ・携帯のカメラのライトの演出もきれいだったよ。

5万円の席でもよかったなあ。と、大人の私は思った。次、5万円の席があったら行っちゃおうかな。

次・・・、あるよね!あってね!!!!!!!!!!

今回の実際の席は、アリーナのど真ん中でした。(ウドーの普通の会員の先行予約)

006

意外とニューアルバムからの曲が多かったね。

1.That's What the Water Made Me
2.You Give Love a Bad Name 
3.Raise Your Hands 
4.Lost Highway 
5.Whole Lot of Leavin' 
6.It's My Life 
7.Because We Can 
8.What About Now 
9.We Got It Goin' On 
10.Keep the Faith 
11.(You Want to) Make a Memory 
12.Captain Crash & the Beauty Queen From Mars 
13.Born to Be My Baby 
14.We Weren't Born to Follow 
15.Who Says You Can't Go Home 
16.I'll Sleep When I'm Dead 
    (Rockin' All Over the World, Start Me Up, Great Balls of Fire, You Shook Me All Night Long)
17.Bad Medicine 
    (Shout)
Encore
18.In These Arms 
19.Have a Nice Day 
20.Wanted Dead or Alive 
21.Livin' on a Prayer 

ストーンズ、どうしようなあ。

コメント

JOURNEY  武道館

2013-03-12 23:19:28 | 音楽

「ジャーニーの4年振りの来日公演が、'83年以来30年振りとなる武道館公演で幕開け!」

F1000365

チケット、買ったのは昨年10月末で届いたのが12月末。長っ!メンバーも私も、お変わりなく無事に武道館に行けて良かった。前回、来日に気が付いたのが、コンサート3日前。しかも、東京はフォーラムで1日だけ。当日、フォーラムをウロウロしたが、券は手に入らず、ピネダ君に会えず。しょうがないので、UDOの会員になりました。

席は1階スタンドで、(アリーナの後ろよりいいか)と思っていたが、行ってみたら真正面だったから、見易かった。

18時45分から、ジョナサン・ケインの娘であるMadison Cainと、ニール・ショーンの息子であるMiles Schonの2人による『Madison Cain & Miles Schon』のサポート・アクトあるという事で、早目に行こうと思ってたが、会社員の悲しさ・・・。仕事の関係で19時にやっと席に着。最近は、前座をサポート・アクトと言うのね。しかも、娘と息子かあ。う~ん・・・。19時10分過ぎまでやってて、ニール・ショーンが出てきたのは、19時20分。

ヒャー、いきなりセパレート・ウェイズじゃん! 早すぎる!

こんな感じで、ほとんどエスケイプからで、ベストです。知ってる曲だらけ!

Img_0001 ニール・ショーンとジョナサン・ケインがギターで、ロス・ヴァリーがベースでと、なんか3人で立ってる姿がいいよん。ドラムのディーンも、前にスティーヴ・オージェリーが声出なかった時に代わりに歌って、結構聴かせてくれただけの事があるので、スティーヴ・ペリーに似てるよねえ。

で、ピネダ君。う~ん、やっぱり彼はピネダ君だ。オープン・アームズも声は出てたけど・・・。私の隣のフィリピン人んお姉さんは、一生懸命ピネダ君をスマホの動画で隠し撮りしてた。フィリピンの人には、シンデレラ・ボーイなんだろうなあ。

そのドキュメント映画は、今週土曜日に新宿ピカデリーで公開です。行くのか?私。

で、WOWOWで生中継してたせいか、ぴったり21時に終演。見事だ。

私にとって、ジャーニーはやっぱり「バンド」だよなあ。楽器の4人、カッコいいぞ!

2013年3月11日(月) 日本武道館
  1. SEPARATE WAYS
  2. ANY WAY YOU WANT IT
  3. ASK THE LONELY
  4. WHO'S CRYIN NOW
  5. ONLY THE YOUNG
  6. STONE IN LOVE
  7. KEEP ON RUNNIN'
  8. EDGE OF THE BLADE
  9. FAITHFULLY
  10. LIGHTS
  11. STAY AWHILE
  12. OPEN ARMS
  13. JUST THE SAME WAY
  14. ESCAPE
  15. DEAD OR ALIVE
  16. WHEEL IN THE SKY
  17. DON'T STOP BELIEVIN' - encore -
  18. BE GOOD TO YOURSELF
コメント

「裏ドリームランド 2012/2013」

2013-02-05 18:52:02 | 音楽

Img_0002 ドリカムのコンサート(ライブと言わねばいけないのか?)。

2月2日(土)さいたまスーパーアリーナ。18時開演。

“大人の事情”にて、ご用意いただいた席でしたんで、アリーナの、ステージもスクリーンも大変見易い場所でした。長生きするといろいろあるもんです。

センターステージ構成だったので、アリーナの観客の皆様、見易かったのではないでしょうか?

私の席からは、前回のドリカム武道館より、はるかに音も聞きやすく、ヴォーカルもはっきり聞こえ楽しんで観る事ができました。まあ、スクリーンに歌詞がでるせいもあって、聞き取り易いのかもね。拓郎や中島みゆきの後だと、スクリーンに歌詞をだしたら、間違えた時に目立つじゃん、と余計な心配をしてしまった。

(裏)なので、人気投票結果30位以降というので、どれだけ私は知ってるんだ?と思ったら、デビューから「the Monster」位までは聞いていたらしく、意外と知ってた。

Img_0004楽しい3時間だった。

で、前回行った武道館の時に、前座をやっていた、同じ事務所の「FYZZY CONTOL」の3人がバンドメンバーになってて、そのうちのリードギターのリリィの息子さんと入籍したわけで・・・。今回も、2人で絡むシーンなどがありました。が、ファンの方々、何事もなかったように、スルーしているように感じたのですが・・・。

中村正人(ベース)がいるのに「FYZZY CONTOL」のベースの子もいて、ドラムもう一人サブ入っていたような・・・。で、ドラムの子だけ女の子なんだが、この子声以外の女性コーラスの声が聞こえていたのだが、あれはCPなんだろうか?

ダンスユニットの5人組、「S+AKS」も同じ事務所なんで、やたら持ち上げてたけど・・・。なんか吉田美和が、前に出過ぎのプロデューサーみたいだった。んん~、年齢や立場的に、人を育てたくなる気持ちは分かるけど。ちょっと押しつけ気味のような。ファンの方々ごめんなさい。

開演前に携帯でステージの写真を撮ったら、バイトの警備員君に見つかって、データを消すまで張り付かれた。でも、この警備員君は、最後の方の演出で、出演者の方々のメッセージが印刷されたメタル色のテープが上から降ってくるのだが、通路に落ちたテープを集めて、欲しそうにしている観客に配っていた。真面目でいい子なんだ。

Img_0006

個人的には、こんなつるつるしたメタル紙に、印刷してから断裁したのか、テープ状になった状態にシルク印刷したのか、興味があった。印刷屋さんに聞いてみようっと。

コメント

「中島みゆき 縁会 2012~3」

2012-11-18 13:23:20 | 音楽

11月16日(金)東京国際フォーラム・ホールA 18:30開演 全席指定¥8,400(税込)

001

初参加。

唄う中島みゆきは、瀬尾一三繋がりでの「つま恋2006」の拓郎との「永遠の嘘をついてくれ」が初めてで、その凛とした存在感にびっくりしたもんだ。

今回は、ちょっとした「縁」でチケットを知人に頂き、参戦しました。頂き物なので、しょうがないのですが、席はなんと2階の一番後ろ。とは言え、周辺の購入した方々の中、文句などは言えません。フォーラムAでのコンサート(今はライブと言うのか?)、今まで1階でしか見た事がなかったから、こんなに2階が広いなんて、びっくり! まあ、ちゃんと見えたし、聞こえたから、良しとしよう。

びっしり満員。男性の一人参加も多かった。

デビューから知ってるし、オールナイトニッポンを聞いていた私には、合間のお便りコーナーもなんの違和感もなく。ただただ、ミュージカルのような1曲1曲を、十分に堪能しました。

「東京全力少女」の主題歌「恩知らず」のカップリングということで、「時代」も生で聴けました・・・。おおっ、なぜ1975年に発表された、37年前の曲が、今聞いても何の違和感も、古さも感じず、現代の力強いメッセージソングに聞こえるなんて・・・。

さすが中島みゆき、別格でございます。

その他、懐かしい曲もたくさんやっていただきました。

「地上の星」では、紅白ネタも笑いに変えていました。

う~ん、あの時代から生き残っていて、この存在感。性別なんて関係なく、やっぱすごいわ。彼女。と感服したコンサートでした。

002

=セットリスト=

空と君のあいだに
あした
最後の女神
化粧
過ぎゆく夏

愛だけを残せ
風の笛
(休憩15分)
3分後に捨ててもいい(inst)
真直な線
常夜灯
悲しいことはいつもある
地上の星
NIGHT WING
泣きたい夜に
時代
倒木の敗者復活戦
世情
月はそこにいる
(アンコール)
恩知らず
パラダイス カフェ
ヘッドライト テールライト

コメント (1)

「吉田拓郎 LIVE 2012」パシフィコ横浜

2012-10-31 00:00:53 | 音楽

003国際フォーラム→大宮と、ちゃんとやるか、ネットでドキドキしながらチェックしてたよん。

大丈夫そうだ。

そして、29日当日。

前回の県民ホールの時みたいなサプライズがあったら見逃さないよう、早目に到着!っか、会社午後半休にしちまったぜい。サプライズは結局なかった・・・。

会場の外は、大きなお月様。肉眼では本当に大きかったのに、写真だと小さいね。

001

パシフィコ横浜国立大ホール。初めてです! 大きい! 立派! そして席は3階席! ハハッ! 階段が結構急なので、平均年齢の高いお客様達は手摺必掴!でも、チケットを取ってくれた友人は4回目でやっと取れたそうなので、贅沢は言えません。でも、始まったらきちんと見えるし、音もすごく良い! 素直に音が届いてる。いいホールだ。

004

冗談で「あと2曲で終りにしたい。」と言うのが、あまり冗談に聞こえない・・・。

例によって、すっごくアレンジを変えてるので、唄いだすまで何の曲か分からなかったりする。

002_2 声はちゃんと出てた。でも、9日のNHKホールのDVD用録画を意識してか、前回の県民ホールの時のような自由さがあまりない。客とのやり取りも少なかったなあ。ホールがでかすぎるせいかもしれんが。

「落陽」2曲目は早過ぎ~。

半分位は21世紀の曲だ。スゲーなあ、2世紀に渡ってるんだ。拓郎も、私も。ちなみに観客の中では、私達若手でした。

「外は白い雪の夜」は、もしかしたら生で聴けるのは最後かも・・・と思ったら、なんか泣きそうになった。友人のオペラグラスを取り上げて、ずっ~と拓郎の顔を見てた・・・。彼は、足元のモニターで歌詞を見てるらしく、視線はずっと下を見てたが・・・。

つま恋も、前回の県民ホールも、今回も、チケットを取ってくれた友人に感謝。

また、次は・・・あるか? 頑張れ~、拓郎!適当にね。

1.「エマニエル夫人」のテーマ曲
2.ロンリー・ストリート・キャフェ
3.落陽
4.こうき心
5.僕の道
6.白夜
7.家へ帰ろう
8.ウィンブルドンの夢
9.Voice
10.白いレースの日傘
11.虹の魚
12.ふゆがきた
13.慕情
14.歩こうね
15.花の店
16.伽草子
17.流星
18.全部抱きしめて
19.春だったね
20.僕達はそうやって生きていた
21.純情
???????????
22.リンゴ
23.外は白い雪の夜

コメント (1)