落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

「マグニフィセント・セブン」

2017-01-31 21:46:48 | 映画
「荒野の七人」のリメイクで、エンドロールが「荒野の七人」の曲が流れてポスターのデザインになっている。



YAHOO!の映画ユーザーレビューの点、やけに良いんだけど・・・。



ニューメキシコの景色は良かったけど・・・。
やっぱ、「スター・ウォーズ/ローグ・ワン」は昔の白黒の頃の、戦争映画や西部劇を目指してて、面白かったんだなあと改めて思ったり。ならず者達なら「ヘルフルエイト」は凄味があったなあと思ったり。



しょうがないんで「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の時とキャラクターが同じクリス・プラットの顔をずっと見てた。次の「パッセンジャー」も「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の次回作も楽しみだ。
男の人なら「ガール・オン・ザ・トレイン」で脱ぎっぷりが良かったヘイリー・ベネットの胸の谷間を見てるのかなあ。見せすぎだよなあ。ならず者を集めたり、銃を担いで戦うのに、なぜあそこまで胸を見せる? そのうちレイプされちゃうよ。



そう、唐突にならず者を集め出し、7人も勝ち目のない戦いなのになぜか集合。そして、心を通わせる。早いし、意味が分からん。インディアン君、気持ちは分かるが、唐突に仲間に加わるのか?白人のために?
7人と町の人との交流も描き方が弱い。
そう、全体的に人間の描き方が、弱いんだよねえ。



で、このお爺さん、誰なんだと思ったら、イーサン・ホークじゃん。ちょっとお、私より10歳若いのにい。完全にジジイじゃん。で、イ・ビョンホンも同い年で。親子に見えますが・・・。アジア人、やっぱり若く見えるなあ。私も外国だと若く見えるのかなあ。
21世紀なんで、主人公のガンマンは、デンゼル・ワシントン。黒人とインディアン(あっ、ネイティブアメリカン)、アジア人、メキシコ人などいろいろです。



生き残りのメンバー、ほうっ。そうですかあ。「荒野の七人」と比べる気はさらさらないとは言え。なんだかなあ。そして去って行く。
南北戦争後の話なんだが、法律的に町の人々、大丈夫なのだろうか。



赤い風車の意味が今一分からない私であった。

隣の席のおじさん(年下かも)、途中でスマホで時間を見てた。撃とうかと思ったが、時間を見たくなる気持ちが分かったので、(心の中で)持ってた銃は引っ込めた。



コメント

博品館劇場「伊賀の花嫁」

2017-01-21 22:34:22 | 舞台
友人に誘われて。喜劇だと聞いて、「伊賀のカバ丸」かと思ったよ。


予習しようと思って、「伊賀の花嫁」で検索したんだが、オムニバズ形式の喜劇って事しか分からなかった。おかしいなあ。博品館劇場で、友人曰く「千秋楽だとチケットがソールドアウト」と聞いてたんで、有名なのかと思ったのに。

芝居自体は、面白かったよん。ちょっと、盛りだくさん過ぎだけど。確かに、伊賀の忍者の末裔が故郷を出て花嫁を探しに東京に来て、秋葉原でオタク仲間と知り会い・・・。それに、K-POPアイドルとそのマネージャーやら、巫女さんと韓国からの留学生の3人とか、オムニバス形式で笑わせて、最後にショーパブに全員集結して・・・、という話だったんで、たしかにストーリーの紹介は難しいなあ。



役者さんも、皆上手だったし。ちゃんと7,500円の価値はあった。水谷あつしという役者さん、カッコ良かったし。あっ、同じ学区の高校出身だったんだあ。
休憩なしの2時間、飽きることなく一気に魅せてもらいました。



で、私の友人はなんで観に行ったかと言うと、出演してるK-POPアイドル役の3人のうちの2人のファンクラブに入っているから。会場では、ファンクラブの会員権を見せると、2人の生写真をもらえてた。う~ん、正直、あんまり良い写真とは言えないが。でも、1人はちゃんとサインをしていた。

という訳で、観客のほとんどが、そのアイドルのファンのおばさん。すごいなあ。「○○さんは、昼の回は全て観に行くそうよ。」「私も来れる回は全て来るから」という会話が聞こえてくる。この芝居、5回観ると、出演しているK-POPアイドルと観劇後、握手ができるそうだ。劇中にも、K-POPアイドルの兵役について言及してて、「家族を守るため、国のため行ってきます!」というセリフまである。

しっかりした芝居と役者だから、K-POPアイドルのファンが観劇する事で、客も入るし、自分達のファンも獲得できると言う事で。ギブ&テイクって、ことなんだろうけど。芝居好きでもなく、K-POPファンでもない私からすると、戦略的には成功だと思うけど、心情的にはちょっと複雑だなあ。まあ、民間レベルでは日韓仲良くって事で、良しとい事なんだろうが・・・。でも、やっぱり、ちょっと変な感じ。

コメント

上野・しのばずコース その2

2017-01-11 22:12:43 | まち歩き・東京
公園側に戻って、五條天神社
 

すぐ横には、花園稲荷神社(忍岡稲荷神社)
 
梅も咲いてた。で、赤い鉄格子の扉があって、入れるようなので入ってみたら、穴稲荷神社
撮影禁止みたいだった。狭い通路の奥にお社があった。

パゴダと上野大仏
 
パゴダの中には中央に薬師如来、左側に月光菩薩、右側に日光菩薩。うん?パゴダって、本当は違うんじゃないのかな?まあ、いいか。ここは日本だ。横には受験の神様となった上野大仏。絵馬やお守りを売る社務所(?)もちゃっかり建っている。

で、ここで「上野東照宮ぼたん苑」の看板に魅かれて、そっちに行ってみる。「上野東照宮」にも行った事なかったから。

おばけ灯籠

えっ~? おばけ灯籠?という案内板が見えたので、喜んで見に行ったら・・・。そうかあ、大きいからかあ。夜に何か出るとかの伝説があるのかと思った。1631年から建ってるそうだ。偉い!

上野東照宮
1651年から建ってるんだ。灯籠にちゃんと慶安四年(1651年)と書いてあった。関東大震災とか太平洋戦争とかを、よくぞくぐりぬけて生き残ったもんだ。

銅灯籠
なかなか、カッコ良い! おまけにたまたまいたカラスも良い色だった。
 

唐門
ひゃー、金ぴかだ。

これは、すごい! 本当に東照宮だ。拝観料を払って、透塀の中に入っている。
中から見た唐門。


拝殿
 
拝殿の中には入れないけど、500円の価値はあると思った。

旧寛永寺五重塔

上野動物園の中に建ってるらしい。

という事で、上野恩賜公園って、元々寛永寺の敷地だったんだね。知らなかったわさ。
時間のない外国人のお客さんを案内するのに、良い場所かも。清水寺も弁天様も神社も東照宮も五重塔もあるんだもん。



コメント

上野・しのばずコース その1

2017-01-09 18:43:21 | まち歩き・東京
午後から晴れてきたので、上野にお散歩。上野恩賜公園、ちゃんと歩いた事がなかったので
神社・中像・碑・歴史を巡る しのばずコース」というのを歩いてみた。

JR上野駅を不忍口から出て、上野恩賜公園の階段に行ったら、左側に発見!

川柳の原点「誹風柳多留発祥の地」記念碑

2015年にできたらしい。

袴越広場に登って、蛙の噴水

これも知らなかった。すぐ後ろの門をイメージした噴水も知らなかった。ここら辺、明るい時には歩いた事ないからなあ。

さらに階段を登って、西郷隆盛銅像

これは何回か見た。

その奥の、彰義隊戦死者の墓

「彰義隊は、旧幕府の征夷大将軍であった徳川慶喜の警護組織。上野戦争で新政府軍に敗れ解散した。台東区有形文化財。」だそうで、花が手向けてあった。

1月なのに、十月桜が咲いていた。


天海僧正毛髪塚

「天海僧正は江戸初期の天台宗の高僧。寛永20年に108歳で死去。日光に葬られ、この地には供養塔が建てられた」そうだが、病院も歯医者もスーパーもない時代に108歳ってすごくないか?

コースには入ってなかったけど博士王仁碑

王仁は「古事記」によると日本に『論語』を伝えた人で、この二つの碑も昭和14年と15年に建てられたんだって。

清水観音堂
「寛永8年(1631)に京都の清水寺に倣って建立されたお堂で、清水の舞台からは不忍池の蓮池が眺望できました。」


 
上野に清水寺まであったとは・・・。しかも、おみくじの獅子、誰も買ってないのに、動いてた・・・。


下から見あげると、こんな感じ。

不忍池
冬なんで、なんだか面白い景色。




 
上野公園野外ステージ(水上音楽堂)って、初めて知った。正直、廃墟かと思った。

 

寛永寺弁天堂(不忍池弁天堂)


 

ここのお寺、鳥の塚、包丁の塚、めがねの塚とか、塚がいっぱい!なぜ?








コメント

「ミュージアム」

2017-01-07 18:33:31 | 映画
「バイオハザード:ザ・ファイナル」が物足りなかったので。公開最終日に観に行った。



おおっ、邦画、結構頑張ってんじゃん。
原作は知らないが、噂通り「セブン」ぽい。



ただ、前半の犠牲者5人が、すごい速さで殺される。「13日の金曜日」のジョイソン並みのスピードのため、「セブン」に流れる品格には至ってないなあ。いくら、準備を重ねたとはいえ(隠しカメラを始め、徹底的に被害者を調べ上げてる)、犬が人肉を食べるように調教して、デブをアパートの2階から運びだして、大の大人を綺麗に二つに“均等”にしたり。すごい力と早さだ。



そのくせ、小栗旬家族に異様に執着し、すっごい手間隙かける。主人公だからしょうがないのだろうが。
デブのお母さんだって、心死んでるだろうに。他にも、もっといろいろいるだろうに。
わざわざ、お料理までしてるけど、あれは本当でも流れ的には良かったんじゃないの?
この一家だけ無事なんて、ストーリー的に変だし。



小栗旬も、奥さんも、ぎゃあぎゃあ煩かったし、3年前とかの回顧シーンはいらなかったと思う。



カエル男の動機はなるほどと思わせたけど、樹脂詰殺人事件の前は何をしてたんだろうか。
ミュージアムに並べる作品なら、最初の5件はもっとゆっくりやってもらいたかったなあ。




と、いろいろ書いたけど、ちゃんと緊張感があって、面白かったよ。
妻夫木君、良くやったなあ。最後のシーンとかも、本当に演じたのかなあ。

光線過敏症って、新卒で入った会社の同期の女子、7人のうち2人がそうだった。発症したのは、会社に入ってからしばらくたってからだったけど。一人はあんまり外に出たがらないし、一人は海に遊びに行く時は長袖・帽子・サングラスだった。結構身近なアレルギーかも。晴れてる日、ガードしている人って、日焼けを恐れてるんじゃなくて、結構アレルギーかも。
アレルギーの人が増えているのも、ホラーだな。
コメント

「バイオハザード:ザ・ファイナル」

2017-01-05 22:19:56 | 映画
最後だからなあ。
今までだって、結構面白かったじゃん。適当な、ゆるーい感じでストーリーも繋がってたし。



で、いきなり、アリスが戦うんだが。カメラ早過ぎ! せっかく40歳超えて、14年もアリスを演じてるミラに敬意を表して、多少粗が見えても、じっくり映せばいいのに。そして、後は夜のシーン。さらにハイブは電力事情も悪くて、暗い。
ええっ~、これじゃB級ホラーのパターンじゃん。



おまけに、アンテッドやその改良版もあんまりじっくり映らない。アンテッドは数はすごいが、CGのコピー&ペースト。

これ1作でも、最初に説明があって、きれいに完結するから充分(そこそこ?)楽しめるけど。



せっかく最後なんだがら、クリス以外の顔も見たかったなあ。まあ、死んでると言われれば、しょうがないけど。ミッシェル・ロドリゲスとか、カルロスとかジルとか。なぜ、クリスはなぜ生きてる? ギャラとスケジュールの関係か?
それにローラもそうだけど、あの状況で、ロングヘアーはないだろう。

ウエスカーも弱かったなあ。アリス計画であんなにどんどん作られた、アリスのコピー達は結局どうなったんだろ?



あと、ラクーンシティにいてセリフの中でしか出てこなかった避難させて老人や子供はどうしたんだろう? 助かったのかな?



などなど、数々の疑問は残るが、まあきれいに完結したという事でメデタシ、メデタシ。

前5作がなかったら、ただのB級映画だったけど。どこが「超アクション大作」なんじゃい。

コメント

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」

2017-01-04 21:54:58 | 映画


会社の男子が「面白かった!」と大絶賛!
中には「いやあ、まさか○○とは思わなかった!」と、しっかりネタばれした奴がいた。そいつには、ちゃんと「馬鹿野郎!」と言いました。



で、観て納得。これは、昔の、白黒の時の、戦争映画の作りです。もしくは、白黒映画の西部劇。これは男の子、喜びます。
男の子が大好きな、正統派ヒーローではない、ローグ達の戦友の物語りだ。



だからね、そんな結末なんだね。恋も良い想いも何も知らないまま・・・。「ディープ・インパクト」の父と娘みたいだったなあ。

残念なのは、イケメンが一人もいない事だ。



個人的には「ええっ~!ピーター・カッシング!」だったんだけど、似た姿勢の役者さん+CGですかあ。なんと言う世の中でしょう。かと、思ったら、CGかと思ったレイア姫は、スゥエーデンの女優さんかあ。後姿のシルエット、違ってたもんなあ。
反乱軍の惑星は、前はパレンケの遺跡の遠景をそのまま使ってたけど、今回はCG処理。
もちろん、R2-D2とc3-poにも、レイアの育ての父親にも気が付いたさ。



まあ、天寿を全うするのが難しい、A long time ago.

でも、これで、暗殺も厭わない過激組織一派は一掃できて、反乱軍としては、エピソードⅣに繋がっていくので、メデタシ・メデタシなんでしょうかねえ。



でさあ、私、今回も出てた反乱軍のショートカットの顔長めの女の人が、「(デス・スターの)設計図を手に入れるために、犠牲がありました」と言って顔を曇らせるシーンを、絶対にエピソードⅣで観た気がしてたんだんだよ。だから、なんとなく結末も予想してたんだ。
なので、家に帰ってから、エピソードⅣを観たんだが、R2-D2やレイアを助けたルーク達が、パレンケの遺跡の反乱軍に戻って、レイアがまだ下っ端でその他大勢の反乱軍と一緒に座ってて、ショートカットの女の人のそのシーンがあると思ったら、ない!
いきなり、パレンケの遺跡から、米軍の戦略説明会議みたいので、すぐ出撃。
ええっ~?
私が覚えてるシーンは?
ローグ・ワンの予告編だったのかなあ?
デジタル編集版と、劇場公開版のDVDを見直したけど、そんなシーンはなかった。劇場公開のVHSテープまで見なおしたよ。
ないよ~。私は何を覚えてだんだあ?



まさか、キャリー・フィッシャーが死んでしまうとは。
ペラペラ、言わなくてもいいSW裏話をしゃべり過ぎるから・・・。なんてね。
コメント