落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

「パリより愛をこめて」

2010-03-29 22:17:20 | 映画

Img_0003 試写会にて鑑賞。

原題も「From PARIS with LOVE」という、困った題名。

5月15日からロードショー。

「96時間」と同じ原案・監督・撮影で、正式なCIA職員がパリで「96時間」より過激に殺しまくる映画だ。一言で言えば、そんな映画だ。

太ってるのに一生懸命アクションをこなし、やたら銃を打ちまくるベテランCIA現場職員のジョン・トラボルタと、CIAに入りたてのパリ在中の大使館職員で純情(?)スマートなジョナサン・リース・マイヤーズの凸凹コンビで、ストーリーを引っ張る。

まあ、ストーリーって言っても、勧善(=アメリカ)懲悪(=イスラムテロ組織や中国マフィア)で、ドンパチやって、95分で終わって、「まあ、面白かったんじゃない?」って感じ。

Img_0001 ただ、全篇パリが舞台なのにパリに対する「愛」なんて感じられないし。フランス政府は、あすこまでアメリカ人に好き勝手にやられて、何やってんだ? リュック・ベンソン、それでいいのか?

「愛」もねえ・・・。「愛」だから、最後にワザとそうするように女が仕向けたんだろうけどねえ。でもねえ、ちょっと笑ってしまいました。ゴメン。

ラセン階段で、リース(ジョナサン演じる主人公)が銃を持って怖々上っていると、上からジョン・トラボルタが殺した死体がドンドン降ってくる映像は、きれいというか(違うなあ?)、面白かった。

あと、バズーカー砲を持ってハイウェイで助手席に半乗りしてるジョン・トラボルタの自動車を運転している、CIA職員もカッコ良かった。

コメント

「フィリップ、きみを愛してる!」

2010-03-25 01:12:24 | 映画

F001広告やチラシだと、明るいコメディのような感じがしたんだが・・・。

なんか歯切れが悪い、97分。

驚愕の実話を基にした《脱獄★ラブ?エンタテインメント》!!のはずなんだが・・・。

ジム・キャリー演じる主人公の、堂々たる詐欺師ぶりが、私がじっくり観たいところと、映画でじっくり見せるところがかみ合ってない。だから、何度も脱獄したり弁護士や経理役員で成功する、スカッとする小気味よさが味わえないので、主人公との一体感が味わえん。

F004_2 おまけに、ジム・キャリーらしいハチャメチャぶりも見せるんだか、実在の人物になりきろうとしているのか、中途半端。

君は、ジム・キャリーであり続けたいのか? それとも演技派として実在の人物になりきりたいのか?

それに、最初から老け過ぎだぜ。もっと、若いメイクして、額に髪の毛プラスした方が良かったのでは?

F003_2 一方、ユアン・マクレガーは、凄い! これがジェダイの騎士だったんだろうか? 金髪・青い目・白い肌・はにかむような笑顔? 少年か? しかも、わざとらしくない、ちゃんと色っぽいゲイのお姉さんだ。

主人公のスティーブンの次々犯す詐欺に巻き込まれて、再び刑務所に入るんだが、時々見せる妙に大胆な行動に、単にお人好しで初犯で刑務所に収容された訳じゃないんだろうとも連想させる。

とにかく、刑務所の中で、音楽をかけてダンスしながら、何度もキスする2人は良かったよ~。

奥さんの心情はなんとなく理解できる私であった。

コメント

その他 那覇2泊3日⑤

2010-03-22 21:59:58 | 旅行記・沖縄

01りっかりっか湯

ここに入るため、那覇セントラルホテルの湯に入り放題をネットで申し込んだ。フロントで1回ずつ券をもらって、ホテルからの通路を利用して、りっかりっか湯のフロントに行くと、タオルとバスタオルがもらえる。この「おまかせ手ぶらコース」って、単品商品だと休日1,450円!! 高い!

スーパー銭湯だと思って行くと、東京の銭湯のちょっと大き目なだけだよ。おまけに開店12周年記念だったらしいが、30周年位の雰囲気だった。ジェットバスのジェットの勢いがやたら強くて、痣ができるかと思った。

面白かったのが、銭湯を利用している人よりも、銭湯内のフックにかかっているビニール袋やシャンプーやリンスが入っているカゴの数が多い。どうも地元の利用者は私物を浴室内に置きっ放しらしい。

また、「飲み物を持ち込まないでください」「固形石鹸はお客様のお持ち帰りが多いので、設置を辞めました」という張り紙もあった。おおっ、おおらかな南国だ!

4回入った。

02雪花の郷

私にしては珍しく、ガイドブックを見て訪ねたお店だったのに・・・(まあホテルの近くだったからね)。

今ネットみたら、本店が大阪のチェーン店だったんだ・・・。なんだあ。

台湾発祥というから、沖縄に直接入ってきたのかと思ってた。

03 「雪花冰(しぇーほぁぴん)」の季節限定のストロベリーなんとか(忘れた。私はあまりこだわらない性格)を食べた。

確かに細かすぎる味付きかき氷だ。

美味しかったよ。

でも、私が入った時から食べ終わるまで、客は私一人だった。

04

05 06_2

コメント

「風樹」と「ガンガラーの谷」 那覇2拍3日④

2010-03-21 11:07:17 | 旅行記・沖縄

G1 3月8日(月)

友人が車を出してくれて、南部(北風が当たらないので海は穏やか)のオシャレなカフェ「風樹」でまったりランチ。

最近、こんな感じの、窓やテラスから海が見渡せる、おしゃれなカフェが沖縄に多い。

友人は、何度が来たことがあるのに、国道を曲がるところを間違えたりしてるのに、観光客がG2 G9 G10 ドンドン訪れる。

みんな、どうやってこのような店を知って、無事にたどり着くだろう?

観光客として、見習わなければならない根性だ。

お金があったら、私も経営してみたい。気が向いたら店員もしたい。

G3 それから、2時からの予約を取っていた、「ガンガラーの谷」のツアーに友人と参加。

「玉泉洞」という鍾乳洞で有名な「おきなわワールド」の向かいにある。

待ち合わせは、ガンガラーの谷のケイブカフェ。ここがカフェかあ、アイデアだ!

ツアーガイド1人に客は20名。1時間20分ほど、遊歩道をツアーガイドの説明を聞きながら、のんびり歩く。個人申し込みは、電話で前日予約で、一人2,000円。G5_2

すご~い神秘性や自然を期待して参加するとガッカリするけど、まあ、ちょっと変わってて面白いんじゃないの、位かな。

←見て分かる通り、鍾乳洞(入るのちょっとだけ)の中の、子宝を授かる神様の「男」の方。

玉泉洞の近くだから鍾乳洞はあるのは当然だし、国道17号線の下や横がコースだし、出口はおきなわワールドの従業員駐車場横だし。人骨の発掘現場もとっても小規模だし。

手軽な場所に神秘性をプラスして、うまく、商売に結び付けたなあって感じの場所だ。2,000円はちょっと高いかな?

おきなわワールドの無料エリアにある南都酒造所の地ビール「ニヘデビール」を私だけ飲む。

楽しかったのは、この後友人に連れて行ってもらった、「かりゆし市」だ。農家の直販所なんだが、安い!びっしり地元の野菜(ただの葉っぱにも見える。)が、ビニール袋に詰め込んであって100円。買って帰って3回野菜炒め・2回サラダで使って、ようやく使い切れた。マンゴーの時期に是非行きたい!

G8

コメント

シーサーを作ろう! 那覇2泊3日③

2010-03-15 22:33:00 | 旅行記・沖縄

T002 3月7日午前中の野戦病院か地獄絵図の見学が早めに終わったので、ホテルに戻り、午後2時からの壺屋でのシーサー作り体験を電話で申し込む。

国際通りをフラフラして、昼ごはんに「琉球珈琲館」で「海人カレー」を食す。ん~、普通のシーフードカレーより、魚介類が少ない。

地獄絵図を見た後、平気でカレーを食べられる私って・・・、まだダイバーかな?

T104それから、壺屋やちむん通りへ。

なんか前より(5年位前かな?)とってもオシャレな感じの通りになってた。

育陶園という所で、陶芸体験。店から通りを奥に入って、驚くほど緑がいっぱいの工房で、若いお兄さんにやり方を教えてもらう。

私がやっている途中で関西弁の若者3人、その20分後にも若い女性2人。すべて、お兄さん一人で対応してた。

本当はロクロを回して見たかったんだが、週末は客が多いので、シーサー作りのみの受付。実用品が良かったので、「皿シーサー」(3,000円+郵送料1,200円)にした。陶芸というより、粘土細工みたいで30分位で出来上がってしまった。

T103 マグカップ作って、絵付けしてっていうのをやってみたいが、長期滞在しないと無理だしな。サラリーマンはこれが限界かあ。

まだ、作品は到着していない。

出来上がりはもっと色が濃くなって2割ほど縮小するらしい。

別の店で、宮城須美子(人間国宝金城次郎の長女)のマグカップ2個買った。

T102T001 

コメント

鯨を見よう!那覇2泊3日②

2010-03-14 14:49:44 | 旅行記・沖縄

102 3月6日(土)の天国だった方のホエールウォッチング。晴天! 気温27度。暑い!

客は全員、救命具を付けさせられる。人数は20人位かな。この船は私は3,900円でネット申し込んだ。客の半分は外人さん。さすが沖縄。

でも、鯨が出ると一番いい場所を陣取って、他の人の通路にも当たるから邪魔なので、スタッフがずれてくれと言っても無視。

他には、日本人の幼児計4人の家族連れ2組もいた。自動車でも酔う幼児だし、観ても何を観てるか分からんないだろうに・・・。

109_2 いや、余計な御世話だ。鯨が出てくるまでは、泣き叫んで煩かったが、鯨が出てからは、私は船の前方に行ったので、存在を忘れた。

船は50人乗りの高級クルーザーだ。

出航後たった20分ほどで、スタッフが「はい!いましたよ!船の前が見やすいですよ」と言われ、前方に移動。場所的には那覇とチービシの間。鯨のすぐ後ろには那覇の街並みが・・・。おおっ手軽だ!

106  親子鯨で、子供の方が、2回、頭からジャンプ(ブリーチと言うらしい)してくれた。写真には撮れなかったけど。

尾っぽをきれいに上げるフルークアップダイブは、子供のためかうまくできないらしくて、尾が海面に上がってもそのまま上に上がらず着水してしまう。

一度、親のブロー(潮吹き)の際、声が聞こえた。ブローの音じゃなくて、声だったと思う・・・。

110 ←この水しぶきは、ブリーチの後。突然跳ねるから、自分の目で観るのが精いっぱい。

途中でダイビングボートなども加わり計10艇程が、親子鯨を取り囲む。結構並走したりして、シーシェパードに怒られないのかな?と、ちょっと思う。

ホエールウオッチング船では、NEWSというショップの船が、盛り上がってて楽しそうだった。機会があったら乗ってみたいと思う。

108 いやあ、満喫! 1時間位見て、スタッフも「もうそろそろ帰りましょうか?」。スケジュールだと3時間海上にいることになってたが、それは頃合いを見てという事らしい。

そして、翌日の7日日曜日午前。この日は地獄絵図を見た。

私は、沖縄に行く前に天気予報を見たら、あまりコンディションが良くなかったので、保険で2日間申し込んでいた。前日、ショップから確認の電話があって(実はホエールウォッチングの船の上だった)「明日は天候が良くないので、欠航の場合もあるので、朝の7時半に電話します」との事だった。

当日TVの天気予報をみると低気圧が近づいてきて、波の高さも3m。雨も今にも降り出しそう。欠航かな?と思いつつも電話を待つがかかってこないので、こちらからかけると、決行で今ホテルに迎えに行きますとの事。まじめな私は、あらかじめショップに指示されていた酔い止めの薬を飲む。

港まで車で送ってもらうと、やはり50人乗りの高級クルーザー。客は十数名。そろそろ出航かな?と思っていたら、なんと向こうから、OOBの団体30名様が!

しかも、カッコがピンヒールのブーツにスカートとか、折り目の入った白いスラックスとか。年齢層も60代が多い。おい!君たちはこれから、低気圧の来ている外洋にこの船でかっ飛ばすんだぞ! まさか、朝ごはん大量に食べてないよな? 大丈夫か?

111 大丈夫ではなかった。出航10分後からそれは始まり、20分後には地獄絵図だった。

ゲロ袋やティッシュをかかえたスタッフ2名が、天井に取り付けてある手すりを持って移動。もちろん、袋の到着を待ちきれない客もいる。

私は、酔い止めが効いたのか、まだダイバーだった頃の体質が残っているのか、全く酔わないし、見ても見慣れているので平気だったので、ご近所の人のゲロ袋の交換や水の配給を手伝っていた。立ちあがると危ないし、他にやることないしね・・・。

こんな時に限って、チービシ通り越して、渡嘉敷島の島影がどんどん大きくなってきても、鯨は見つけられず。結局、1時間強程で港に帰る。

港で、個人客は最初に払った4,000円を返してもらう。私は、最近見てない船酔いショー(ごめんなさい!あの団体客は2度と沖縄来ないかもしれない)が見られたし、自分はまだ船酔いしないんだと再認識できるチャンスが与えられてラッキーだったけど、他のお客さんは気の毒だった。なんで、このショップはこの海況であの団体客を受けたんだろう・・・。「3年船に乗ってて返金は初めて」とスタッフは言ってたけど、本当は団体客を受けた経営サイドと何かあったのではと、ちょっと勘ぐった私であった。

コメント

「しあわせの隠れ場所」

2010-03-11 01:14:36 | 映画

Shi003 サンドラ・ブロックがアカデミー賞の方を受賞した、とっても良い実話を元にした、とってもいい映画だ。

すごい事件が起こる訳ではないから、前半、ちょっと退屈だったけど。

アメリカの貧富の差のすごさを感じさせる映画でもある。

テューイ一家はお城に住んでるんだぜ。サンドラ・ブロックのファッションも最高!趣味がいいし、高そう。アクセサリーの使い方も素敵!

一人養っても、経済的に痛くも痒くもない。車まで買い与える。

旦那さんも仕事できるし、夫婦仲も良好。子供たちも、素性も分からない黒人の子と一緒に暮らすことで、学校で嫌な目に遭っているのに、無視できる立派な子だ。弟は、仕事ができる旦那の血を引いたのか、抜け目ない奴だ。

でも、貧乏な黒人達が住んでいる家も、日本人の家に比べれば広いんだよね・・・。アメリカって土地が広いからなあ・・・。

Shi001 一番すごいのは、ひどい育ち方をしたのに純粋であり続けたマイケルと、テューイ一家を引き合わせた神様だ。すごい確率だ。普通は、ディビットになるのに。マイケルと最後に対比させられるために、ディビットはマイケルに挨拶されたりやたらアップになってたんだね。

神様っているんだなあ、とも思わせる映画だ。

あと、アメリカの大学って、スポーツ馬鹿は入れないんだ。

サンドラ・ブロックって、「恋は嵐のように」の時、あまりにも胸がなくてびっくりしたけど、この映画では、あったな。

コメント

鯨を見よう!那覇2泊3日①

2010-03-09 23:11:09 | 旅行記・沖縄

なぜ、雪?昨日、Tシャツにパーカー着て、たまに暑くてパーカー脱いでたのに。同じ日本なのに・・・。

003 仕事が一段落したので、昨日の月曜日代休取って、6日の土曜日から2泊3日で一人で那覇に行ってきた。飛行機はJALのマイレージの特典。目的はホエールウォッチング。那覇に住んでる友達(ダイビングのイントラをしている)と夕飯を一緒にと言っていたが、夜も忙しくてなかなか会えなかったが、結局3日目に会えて、丸々1日遊んでもらった。

ホテルはネットで、「那覇セントラルホテル」を取る。国際通りの三越のすぐ裏で場所がいいのと、「りっかりっかの湯」という(スーパー?)銭湯を併設しているのが、選択の理由。いやあ、いつでも大浴場に入れる体になったんで、すっかり大浴場の有無がホテルの選択基準になった。

005  朝食+りっかりっかの湯入り放題で、1泊目が土曜なんで6,500円、2泊目が6,000円。これに1日あたり入湯税が150円加算される。ダイビングしてた頃は、1泊3,000円台が基準だったから、う~ん、大人になった。違うか!?

シングルルーム(11㎡)のはずが、ツインルームを運よく割り当ててもらった。壁は薄くて、隣や廊下の声が良く聞こえるけどね。まあ、しょうがないや。

3月6日(土)朝一の便で那覇に。この便しか空いてなかったからね。那覇空港に9時過ぎに着く。まだ、空港のいろんな設備がオープンしてなくて、空港の職員はトイレで「暑いねえ。」を連呼してた。そうかあ、今日は暑いのか・・・。

002_2 ホエールウォッチングは、座間味島まで渡ろうか迷ったが、座間味まで渡るお金と時間で、那覇からウォッチングに2回行ける事を考えて、那覇発を予約した。

ザトウクジラは、那覇の西にある慶良間諸島(その中に座間味島がある)近辺に毎年冬200頭以上やってきて、子育てをしてるらしい。で、冬のダイビング閑散期に那覇のダイビングショップで、ダイビングでチービシ(那覇と慶良間諸島の中間にある無人島)や慶良間まで行く大きい船を持っているショップが、那覇発の「ホエールウォッチング」を開催しているのだ。

午前発・午後発の2回で、1回3時間くらいで、料金は四千円前後。

私は6日(土)の午後と、7日(日)の午前、保険兼ねて2回、別々のショップに申し込んだ。この2回が、天国の体験と地獄絵図の観覧になるんだが、それはまた後日。

004 7日(日)の午後は、壺屋でシーサーを作って、8日(月)は友達の出してくれた車でオシャレなカフェでランチして、ガンガラー谷のツアーに参加した。

コメント

子宮筋腫6

2010-03-01 23:45:39 | 健康・病気

入院中のエピソード。

1.カテーテルだっけ?背中の管を押さえてたテープにかぶれる。

 起き上がれるようになった時、ベッドの、背中があたって箇所に直径10cm位の丸いシミがあるのには何となく気が付いてたんだけど。とにかくお腹の中の右側が痛くて、気にしてなかった。そのうち看護婦さんが気づいて「何で言わないの?痛かったでしょ。」

 どうもテープにかぶれて、膿が出てたらしい。それからは、看護婦さんやお医者さんが回ってきて「はい、傷見せて。」というので、お腹を出すと「いや、背中。」。

 まあ、背中は病院の責任だからね。退院してから背中をみたら、四角形に赤くなってて、1か月位消えなかった。

 私は痛みに強くて、肌は弱かったらしい。

2.思ったより傷が長かったのでショックを受けた!

 手術前の説明では10cm位のはずだったんだが、手術後、指で触るとヘソのすぐ下から、どんどん下へ伸びてて、俗に言う恥骨を避けるためか、右側にカーブしてて結構長い。15cm位に感じる。(今測るとヘソのすぐ下は傷が消えてて12cm位)

 えっー、こんなに長いの? ヘソのすぐ下じゃ(大人としての節度ある)ローライズのパンツが履けないじゃん。

 ショックを受けて、母親には言いにくいので、夜、妹にメールしてみる。妹から「ヘソの下に絵を描いちゃえばいいじゃん。タトゥーのシールもあるしさ。」

 フン。メールしなきゃ良かった。

3.同室の人は重病の人が多かった・・・。

 どうせ1週間の入院生活だし、気を使うのが面倒だったので、部屋の人には挨拶しかしなかった。でもカーテン越しに医師との、面会の人との会話が聞こえてくる。

 歯ぎしりと寝言がうるさいお婆さんは、抗がん剤の治療を受けに定期的に入院してるらしい。斜め横のお母さんは、子供が知的障害者なので一刻も早く退院したいのに、熱が下がらず、いろいろな検査を受けてもう10日以上たつらしい。

 救急車で夜中に運び込まれた若い声の女性は(気が付かなかったけど)、医師に「いろいろ検査したんだけど、分からないんだ。ただ1個、もしやと思う病気があるんだけど、検査に手間取るんだ。」「悪性リンパ腫じゃないですか?」「そうなんだ。心当たりあるの?」「実は~」などなど。

 皆大変だなあ。やっぱ、私のは中年女の盲腸なんだなあ。

コメント (1)