落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

安室奈美恵 引退発表 その2

2017-09-24 17:09:22 | 芸能ネタ
昨日妹と会った。
私「お姉、確か持ってたと思って安室奈美恵のCD探したら、4枚出てきた。」
妹「えっ? 同じのが?」
私「・・・。まだ、そこまでボケてない。」

妹、私の宇多田ヒカルのCDを借りて、返すのを忘れてるのが絶対あるはずなんだが・・・。
覚えてないそうだ。

60歳近い姉妹の会話。
コメント

安室奈美恵 引退発表

2017-09-22 22:46:57 | 芸能ネタ
そうかあ、びっくりしたけど、子供の頃から30年、良く頑張ったからなあ。いろいろあったし。
本人が引退したいと思ったなら、それもそれで。

ソロデビュー後は沖縄アクターズスクールが観光地みたいになって、那覇空港から国際通り沿いのホテルや泊港間をタクシーで移動すると、わざわざ回って、タクシーの運転手さんが「あすこが沖縄アクターズスクールさあ」と説明してくれたもんさ。

CDあったよなあ。と、探したら4枚も出てきた。

1996年 SWEET 19 BLUES
1997年 Concentration 20
2000年 GENIUS 2000
2000年 break the rules

初期の4枚連続じゃん。もちろん、アムラーじゃない。この頃すでに、私アラフォーだし。

聞いてみるか。

コメント

「スキップ・トレース」

2017-09-14 21:37:33 | 映画
ジャッキー・チェン最後のアクション大作と銘打った「ライジング・ドラゴン」を観たのは2012年だった。

そして「スキップ・トレース」。いつもの、ジャッキーじゃん。そう、どこが最後のアクションだったんだ?「ライジング・ドラゴン」。
まあ、そんなもんさと、観た。



全体的にゆる~い感じだった。でも、いつもの感じのと言えばそんな感じで。ジャッキーは撮影時すでに60歳超えてたし。
香港ポリスだし。
冒頭、香港のぼろい家を壊すオープニングも懐かしい。もう、いいじゃん、これで。
思いっきりハードルを下げて楽しむ。



全体的にアメリカ向け中国観光映画だ。
親しい香港人同士の会話は広東語だけど、あとは英語だ。



アメリカ人の新相棒コナー・ワッツを演じるジョニー・ノックスヴィル、カッコいいわけでもなく、アクションが凄いわけでもなく・・・。ただのいい加減な詐欺師。
このコナーと、陸路でロシアからモンゴルのパオで暮らす人々や、中国の少数民族の風習を紹介しながら香港までの旅をするロードムービー。
これに、香港とロシアのマフィアが絡む。

アクションシーンは、このマフィアの女性達が頑張る。

黒幕も成程、という感じでストーリーもまあうまくできてる。



で、観てて困ったのが、サマンサ(ファン・ビンビン)の化粧。なぜ、ここまで濃いんだ? マカオのカジノでは客商売だから、まあ濃いメイクでもOKだ。ドレスは素敵だ。だが、階段を降りる時の黒い厚底の靴が変だなあと思って観てたら、その後のシーンでは赤いピンヒールに変わってた。作りが粗いなあ。
その後、普段着のはずなのに、アイメイクがもの凄く濃い。ノーズシャドウも濃い。



ジャッキーの刑事仲間の女の人がナチュラルメイクなので、濃さが際立つ。笑っちゃう位、濃い。このメイクで泳ぐ。当然、泳いだ後、メイクは全く流れていない。
素人の娘さんで、香港でここまでメイクが濃い人がいるとは思えないが。



エンドロールのNG集も、ゆる~い感じだった。
コメント

「新感染 ファイナル・エクスプレス」

2017-09-09 18:35:08 | 映画
結構前から、映画館で予告編をやっていた。しばらく、日本映画かと思っていたら、韓国映画だったのね。



すごい真面目に作られた、ゾンビ映画だ。真面目だから、極限状態に置かれた人間ドラマが主体の映画だ。
グロいシーンは一切ない。



ソウルから釜山への新幹線の中の閉鎖状況が舞台だから、登場人物が限られてて分かり易いキャラクター設定だ。
主人公の仕事第一のお父さんが、極限状態の中で娘へ愛情を取り戻し、必死で守る。頑張る。
私の両側の、一人で観に来ていた小太りのおじさん(多分私より若いんだろうが)2名は泣いていた。
妊婦さんの、旦那さんがとってもいい味を出していた。



悪役のバス会社の重役も、本当に嫌な奴を熱演していた。
ドア閉めろよ!

登場人物の背景や性格がきっちり描かれているから、感情移入しやすい。
感動ではないけど、善人が死んでいくのはやっぱり哀しいな。



最後、唄が生き残り者を救う。ゾンビは音に反応するはずなのに、とちょっと思う。
トンネルの中を歩くんだが、ゾンビは暗闇ではうまく歩けないのに、あの人たちは知らなかったのか?
とちょっと思う。



おばあさんの妹が、変なメイクなんだが・・・。
その人がやっちゃう行動も、ちょっと変。
気持ちは分かるから、テンションン下がらず見続けられるけど。



主人公は、「トガニ-幼き瞳の告発-」の人だった。韓国のテレビドラマ、全く観てないし、映画もあんまり観ないから。

ゾンビの動きは、ブラピ主演の「ワールド・ウォー Z」と同じ。大勢ですごっい勢いで走る。ゾンビを下敷きにして、その上を走る!
人間にたかるが、食べるわけではなく、とりあえず咬む。そして感染。
たくさん出ているので、中にはあまり演技してないゾンビもいたぞ。

私は、このB級っぽい邦題、好きだけどなあ。



観てる時は怖くないんだが、身近なアジアのゾンビ映画で、登場人物の顔も日本人と変わらず、
ストーリーも「アイアムアヒーロー」ほど、ぶっ飛んでないので
だんだん身近に感じてきて。
観終わって2時間位したら、怖くなってきた。
コメント

横浜

2017-09-03 22:37:47 | まち歩き・神奈川
やっぱいいよね~。横浜って。








コメント

「トランスフォーマー/最後の騎士王」

2017-09-02 15:07:32 | 映画
あれっ?
「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」 じゃないよね。中世のイギリスの騎士が出てきて、その騎士の墓にある剣とか杖とかを探して、「選ばれた者(主人公)」が大活躍!
同じじゃん。

マイケル・ベイ監督の能天気アメリカ万歳ハリウッド映画(前作はそれに最大マーケットの中国を大切に的要素がプラス)のはずなのに、冒頭いきなりアーサー王と円卓の騎士団があ!それに、サイバトロン(オートボット)という、良い方のロボット生命体が味方して。それは延々と続いて、ナチスドイツを攻撃する連合軍にもバンブルビーが大活躍してる。なんだ、そんなに仲良かったのに、アンソニー・ホプキンス演じる老人(しかも最後のジェダイか?)が所属してるウィトウィック騎士団以外は、覚えてなくて、今はサイバトロンを滅茶滅茶攻撃してるぞ。恩知らずな人類だ。ってか、イギリス人、記憶力ないのか?

まあ、盛りだくさんの内容で。それなのに、オプティマス・プライムは洗脳されてもっと悪役として活躍するのかと思ったら、ちょこっとだけで。で、我に返ってから、あの竜のロボットに乗って、どこに行ってたんだろう? オスプレイが、まともに着陸できない創造主クインテッサいる宇宙船みたいのに来るのに、なにモタモタしてたんだろう?
というか、トランスフォーマー達(悪い方も含めて)、結構弱いんだけど。前作までは、強かったよねえ。みんなどうしたんだ?

まあ、面白かったのはアンソニー・ホプキンスと執事のロボットのやり取りで。C3POの偽物と呼ばれてた。英語と米語の違いが分かったら、もっと面白かったのかな。

アメリカは広すぎて・・・。廃車置き場でオートボット達があんなにのびのびと逃亡生活を送っているのに、今まで発見されなかったなんて。

イギリスが舞台で、行った事のある場所がいっぱい映って楽しかった。

ウィリアム・レノックスを演じるジョシュ・デュアメルは、1作目の時は本当にカッコ良くて、可愛かったのに。あれから10年。すっかり落ち着いてしまいました。

マイケル・ベイって、女の趣味が一貫してて、そこは凄いよね。色が浅黒くて、スレンダーで、でも胸が大きい。別にいなくてもいい14歳の女の子も胸、かなり大きい。ヒロインのヴィヴィアンは、博士号をいっぱい持ってるのに、なぜか常に、胸のボタンをはずして、胸強調。監督の言う事には従がわないとね。降ろされちゃうしね。

なんか、バタバタしてて、トランスフォーマー達の魅力が余り感じられない映画だった。



コメント