Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

第127回TOEIC(R)

2006-11-26 22:14:59 | 英検・TOEIC(R)

2年ぶりにTOEIC(R)公開テストを受けてきました。毎度の事ながら2時間(今回は2時間1分)の試験は疲れます。終了直後は目は疲れるし、首や肩は痛いし。普段は凝り性でありませんが、こうしてブログを書いている今でも多少肩が凝っています(笑)。

教室内は大学生または20代前半と思われる人ばかり。その中には主婦らしき女性や40代くらいの男性の姿もちらほらと。私の前に座っていた人は問題用紙配布前の10分間の休憩でスポーツ誌を広げていましたが、きっと会社命令で受験させられたのに違いありません。

前回受験したときと変わった点が幾つかありました。もちろん今年の5月から問題がリニューアルしたことが最も大きいのですが、それ以外にもあります。
まず、身分証明のチェックが厳しくなりました。以前は身分証明書の提示は教室前の受付のみでしたが、教室内で携帯電話のOFFをチェックする際にも試験官から提示を求められました。
そしてマークシートにも若干の変更が。受験番号、氏名、学歴などは従来どおりですが、職業、英語に関する経験(受験経験、英語学習年数等)の質問が変更されています。

リスニングテストは今回に限り1分増えて46分間。けれどもたった1分ですからその差は全然感じませんでした。Part 3&4では会話または長文の放送後に設問も放送されますが、その放送分は印刷されているし聴きませんでした。その代わり設問を解くとすぐに次の設問と選択肢を読みました。設問が放送される分解答時間が長くなったので、ずっと楽になりました。
時間配分が気になっていたリーディングですが、5分以上時間が余りました。時間を意識してかなり急いで解いていきました。ちなみにPart 5&6の解答時間は20分くらいでした。余った時間ではマークを塗り直したり答えをチェックしたりしました。
もちろん聴き取れなかった部分や分からない単語も多くありました。けれどもそういう場合は「空欄にしないでとにかく埋めてしまおう」と思い、すべてマークしました。

認定証送付は約4週間後。私の場合Webから申し込んだので、1週間早く結果(スコアのみ)を見ることができます。考えるだけでドキドキです。

コメント (2)

再びTOEIC(R)新公式問題集

2006-11-23 17:08:37 | 英検・TOEIC(R)

TOEIC(R)本番まであと3日。『TOEICテスト新公式問題集』の練習テストを解きました。はぁ、肩凝った(笑)。先日も解いたのですが、今回はまた別のテスト。この問題集はテスト2回分が収録されているのです。

気になる結果ですが…

パート素点換算点レンジ
リスニング 77 405-445
リーディング 88 415-470
TOTAL 165 805-915

と若干伸びました。新テスト形式に慣れたせいもあり、前回と比べると落ち着いてできました。それでもリーディングはかなりギリギリ。本番でも危ないかなぁ…。

これから反省会を兼ねて答え合わせをしたいと思います。また「こんなところでミスって!」などとぶつぶつ文句ばかり言うこと間違いないです(笑)。

TOEICテスト新公式問題集 TOEICテスト新公式問題集
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2006-04
練習テスト2回分を収録。本番前に必ず解くことをお勧めします。


神経内科

2006-11-22 14:47:26 | 日記・エッセイ・コラム

実は1週間ほど前から神経内科へ通っています。
妹の妊娠で姪を自宅に預け始めた7月あたりから気分の浮き沈みが激しく、ずっと苦しんできました。他人の行動を見るだけでいらいらする。1人で人込みを歩くのが苦痛。ちょっと注意されただけで落ち込む。急に嫌なことを思い出しては泣く。悪夢で急に目が覚める。職場の仕事内容&人間関係には悩まされる…。

Webで病院検索してみたら自宅近くに神経内科があることを知り、早速電話。予約を入れて指定時間に病院へ向かいました。
治療代は高いのか、いろいろ根掘り葉掘り聞かれるのか、職場の人に知られるのではないか、行くまでは本当に不安でした。
病院内は至って内科とほとんど変わりません。患者さんも見た目は健常者。薬代や診察料は保険が適用されるのでそれほど高くありません。ちなみに初診で3,000円台。「神経内科は怖い&行きづらい」というイメージはすっかり消えました。
診断の結果は軽いノイローゼだそうです。はっきり言って「うつ病」と言われるよりショックでした。元々の性格と生活の変化から起こったらしいです。しばらく安定剤と病院通いは続きます。薬を飲みながらゆっくりあせらず治療していけば必ず治るそうです。
今の仕事は続けてもOK。職場の人にノイローゼのことは特に伝える必要もないとのことです。

数年前にもストレスが原因で胃炎を起こしたことがあります。その時は一般の内科へ行ったのですが、根本的な治療には至りませんでした。今思うとすぐにでも神経内科へ行けばよかったです。

はっきり言ってこの時代、神経を患ってもおかしくないと思います。職場でも家庭でも街中でも何だかピリピリしている。平静に居られること自体おかしいです。
こんなこと言っていたらまた病気を悪化させそう(汗)。お医者さんからはもう少し気楽になるようにと言われているのですが。


すっかり年末気分

2006-11-20 15:04:05 | 日記・エッセイ・コラム

今年もあと1ヵ月半を切りました。早いですよね。このところ急に寒くなり、さらに実感がわきます。ここのブログのデザインも冬バージョンに変更。近くのショッピングセンターや家電量販店ではもうクリスマスの曲が流れていました。

来年のカレンダー&手帳はもう買いました。手帳については長いことバインダー式を使っています。使い捨てよりもかさばるけれど、好きに中身を差し替えができるし便利。使い捨てだとアドレスを毎年書き換えなければならなくてめんどうだし(おいおい!)。今回は数年ぶりにカバーごと買い替え。地味な茶色から明るいピンク色にしました。「携帯電話にスケジュール機能がついているから紙の手帳なんかいらない!」なんて言う人もいるでしょうが、やはり紙の手帳は手放せません。
カレンダーは壁掛け式。愛犬がなくなったし別のデザインにしようと思ったのですが、結局は犬のキャラクターに。

ところで先日、用があって26日に行く予定のTOEIC(R)試験会場の建物を挟んで反対側の歩道を歩いていました。せめて教室とお手洗いだけでも見たかったです。部屋が広すぎて音が聴きづらかったり、お手洗い入口で行列ができたりすることもあるので、気になります。けれども「すみません、トイレ見学させていただけないでしょうか」なんて言えないし、結局は素通りして終わりました。


TOEIC(R)まで2週間弱

2006-11-14 17:16:33 | 英検・TOEIC(R)

TOEIC(R)の受験票に貼る写真を取りに最寄り駅前のスピード写真コーナーへ。入口のところに見本サイズが掲示されていましたが、3cm×4cmの写真の用途にはパスポート、履歴書と並んでTOEIC(R)もきちんと書かれていました。それだけ受験者が増えているということですか。
私ってホントに写真写りが悪いのです。今回撮れた写真も相変わらず不細工な顔。まるで指名手配中の容疑者みたい。これがスコア認定証に印刷されるなんて嫌だなぁ。

家に戻るとちょうど受験票が届いていました。受験地を見ると自宅からすぐ近くの某専門学校、しかも徒歩圏です。その付近はたびたび通る場所なので安心は安心なのですが、その分リラックスしすぎてしまうかも。

肝心な勉強はというと、それほど進んでいません。外出時に英文を録音したデジタルオーディオを聴いたり、自宅では洋書を読んだりしていますが、やはり心配です。リーディング対策として英文法書を読む必要があります。それにもう一度問題集を解いて形式になれること。やることはたくさんありますね。


カエル型カール

2006-11-11 16:49:25 | 日記・エッセイ・コラム

Karl スナック菓子カール(チーズ味)の袋を開けると、カエルの形をしたカールが出てきました。TVでカールおじさんの形をしたカールを見たことはありますが、カエルの形は初めて。こういう形が入っているのってどのくらいの確率でしょうか。あまりにも珍しいので、口に入れる前にデジカメ撮影。味は普通の形のカールと一緒でした。


Penguin ReadersでBill Gatesを読む

2006-11-10 13:14:59 | 本-洋書

"Penguin Readers"でBill Gates氏著の作品を2冊読みました。"Penguin Reders"というと映画の話題作やなじみの小説ばかり思い浮かべがちですが、意外とノンフィクションも多く出しています。

まずは"The Road Ahead (Penguin Readers, Level 3)" 。ページ数が少なく平易な文章で書かれているので、1時間くらいで読み終えてしまいました。
将来のインターネットについて書かれています。ネットバンキング、バーチャルリアリティ、ネット決済、ネット予約などなど、予測のほとんどが現実化してしまっています。10年前に書かれたそうですが、それほど古さを感じさせません。

The Road Ahead (Penguin Readers, Level 3)

The Road Ahead (Penguin Readers, Level 3)
書店での購入価格:¥ 662(税込)
発売日:1999-07-14
若かりしBill Gatesの写真が目印です。

The Road Ahead The Road Ahead
発売日:1996-11
こちらが原書です。

もう1冊は "Business at the Speed of Thought (Penguin Joint Venture Readers)"。Penguin Readersとしては英語レベルは難しめです。
コンピュータ&インターネットを活用して企業の効率化を目指そうというもの。ペーパーレスにしてコスト削減とか、Web取引による顧客とのコミュニケーションの円滑化など。悪い状況をいい方向へ導く材料にしてしまおうという著者のプラス思考にも感心しました。
ただし同じような文章があって巻末あたりから多少くどいと思うことも。全体的にはよい内容なのですがね、特にインターネットに関心のある方には。
「パソコンなんてめんどくさい」と思い腰を上げている中高年のオジサマがたにはぜひとも読んでいただきたい1冊です(もちろん和書で)。

Business at the Speed of Thought (Penguin Joint Venture Readers) Business at the Speed of Thought (Penguin Joint Venture Readers)
書店での購入価格:¥ 819(税込)
発売日:2001-02-19

Business at the Speed of Thought. Succeeding in the Digital Economy Business at the Speed of Thought. Succeeding in the Digital Economy
発売日:2001-12
こちらが原書です。

思考スピードの経営 - デジタル経営教本 思考スピードの経営 - デジタル経営教本
価格:¥ 1,000(税込)
発売日:2000-11-07
原書の日本語訳版。余裕があればこちらも読んでみたいです。

TOEIC(R)新公式問題集を解いてみました

2006-11-04 13:32:54 | 英検・TOEIC(R)

はぁ、TOEIC(R)受験1ヶ月前にして最悪です…(涙)。

TOEICテスト新公式問題集』の練習テスト1回分を本番と同じように解いてみたのですが、その結果は…

パート素点換算点レンジ
リスニング 67 350-400
リーディング 76 355-405
TOTAL 143 705-805

と、信じられないほどひどかったのです、トホホ…(また涙)。 28日の試験が心配です。

足を引っ張ったのがリーディング。いつもならギリギリまたは3~5分ほど時間を残すのに、今回は間に合わなくてなんと12問も残してしまったのです。
致命的なミスとして、時間配分を誤ってしまいました。今まではPart 5&6を30分以内で終わらせれば十分でした。今回の練習テストでも27~28分ほどで終わらせたので大丈夫だと思っていました。ところがPart 7の設問がリニューアル前と比べて8問増えて48問に。それを解き終わってから気づいたのでした(汗)。残り10分になってから焦ってしまうし、頭が真っ白になりかけました。Part5&6を20分~25分で解かないといけませんし、ますますスピードが求められますね。

リニューアル後は難しくなったと聞きますが、英語レベルそのものは上がっていないと思います。ただ長文問題が増えたために難しく感じるのでしょう。

当日までにやることとして、やはり多聴と多読でしょうか。広告、記事、ビジネスレターなど幅広く出題されるので、それに合わせて様々な英語に触れることが大事だと思います。
それと直前に練習テストをもう1回分やっておく必要があります。今度は時間配分に気をつけて解くようにしなくては。

TOEICテスト新公式問題集 TOEICテスト新公式問題集
価格:¥ 2,940(税込)
発売日:2006-04
TOEIC運営委員会が発行&編集した問題集。