Where there's a will, there's a way.

Yukiの英語学習、読書記録、日常を書いたブログです。

「ビブリア」シリーズ読了

2018-09-15 20:52:34 | 本-その他
断続的に読んでいた「ビブリア」シリーズ全7巻を読み終えました。
古書を巡る事件ってどんなのだろうと読み進めていきましたが、期待どおりの作品でした。太宰治やシェイクスピアなど、実存する本が続々登場しますが、それらの内容を知らなくても楽しく読めます。
あとがきによると、本シリーズは番外編などで今後も出るようですが、発売されたらまた借りて読みたいです。

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
クリエーター情報なし
KADOKAWA

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから

2018-09-13 14:07:51 | 本-その他
図書館から借りた『どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール』を読了。
著者はマッキンゼーやリクルートなど、12回も転職したといいます。今では転職は昔よりも当たり前になっていますが、そこまで転職するのは珍しいかもしれません。
コラムの1つ、「どこでも誰とでも働ける英語力」はとても興味深い内容でした。「Google翻訳」もありますし日常生活レベルでは英語は不要だけれど、ビジネスの場だとどうしてもある程度の英語力が必要になるとか。やはり場合によっては英語を勉強した方が有利ですね。
これから新しい仕事に就くところだし、今のところ別の会社へ履歴書を送る必要はありませんが、世の中の様子を見るために月に何度かは転職サイトを覗くのもありかななんて思いました。

どこでも誰とでも働ける――12の会社で学んだ“これから
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社

転職します

2018-09-11 20:44:09 | 転職
もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は6月末で退職していました。
前々から退職のことは考えていました。けれどお金のこととか病気のことを考えると、なかなか踏ん切りがつきませんでした。
たしかに前職は人間関係にも恵まれていて無理のない仕事で良かったと思います。ただ、このまま自分の特技や能力を生かせないのは嫌だったし、数ヶ月は失業を覚悟で辞めることにしました。
知り合いの方の縁故により、在宅勤務での仕事が決まりました。その方とは1ヶ月ほど前からメッセンジャーで何度もやりとりし、実際にもお会いしました。昨晩も自宅近くのファミレスで、仕事の下準備をしてきました。今回は初の英語の読み書きを伴う仕事で、長年勉強してきたことがやっと生かせます。約1週間後には本格的に仕事が始まってくることでしょう。
1つだけ残念なことに、失業保険は1円も貰えません。自己都合による退職の場合、辞めてから3ヶ月経たないと貰えないのです。それでも早く仕事が決まった方が精神的にも安心ですよね。
Ameliaの翻訳トライアルは、仕事に支障のない程度で挑戦を続けようと思います。ただし仕事に慣れるまではしばらくお休みします。

小説 盛田昭夫学校

2018-09-11 10:35:21 | 本-その他
図書館から借りた『小説 盛田昭夫学校(上) (講談社文庫)』と『小説 盛田昭夫学校 (下)』を読了。
本書は20世紀時代のソニーの歴史を小説化したもの。タイトルに「小説」が入っているものの、事実を基にして書かれているのでほぼノンフィクションでしょうね。上下巻合わせて850頁以上あるけれど面白く、早く次の章が読みたくてウズウズしてしまいました。細かい描写があるところも良かったですね。
ウォークマンとかカラーテレビ、携帯ラジオなど今では当たり前に存在していますが、発売された時は最先端だったようですね。ソニーという企業が存在していなかったら時代は変わっていたかもしれません。

小説 盛田昭夫学校(上) (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社

テレビ最終戦争 世界のメディア界で何が起こっているか

2018-08-30 20:54:13 | 本-その他
図書館から借りた『テレビ最終戦争 世界のメディア界で何が起こっているか (朝日新書)』を読了。
本書では日本国内だけでなくNetflixやAmazonなど、海外のTV事情が取り上げられています。日本のTV事情に割かれているページが少なくてちょっとがっかりでしたが、海外企業による影響は決して小さくありませんので読んで損はありませんでした。
このまま行くと、もしかすると従来のTV放映は過去のものになってしまうかもしれません。月額数百円または無料でいつでもどこでも好きな番組を見た方がずっと楽しいですよね。そういう私も最近、Amazonプライムビデオで「舟を編む」を楽しみました。

テレビ最終戦争 世界のメディア界で何が起こっているか (朝日新書)
クリエーター情報なし
朝日新聞出版

スマホゲーム依存症(2回目)

2018-08-28 14:32:28 | 本-その他
スマホゲーム依存症』を再度読みました。
私の場合スマホゲームは「どうぶつの森ポケットキャンプ(ポケ森)」しか遊んでいないけれど、これは依存症になる可能性が高いと感じます。このゲームも基本的には無料で遊べますが、課金すればレアなアイテムが入りやすくなるので楽しさが何倍にも増すことでしょうね。それに頻繁にアップデートがあるから、終わりなく遊べます。最近、「ポケ森」もイベントが随分増えて、忙しいくらいになってしまいました。ちなみに私は自宅内でのみ遊ぶと決めていますし、課金はしていないし、長くても1日30分くらいしか遊んでいません。
本書では「いつでも、どこでも」がかなり強調されていますが、本当にそのとおりです。スマホは生活上欠かせないものとなっていますし、常に繋ぎっぱなしになっています。電車の中だろうと待ち合わせ中だろうと、ちょっとの時間さえあれば、いつでも遊べてしまいます。ホント、アルコール中毒やギャンブル中毒よりもたちが悪いです。
スマホゲームそのものが悪いとは言い切れないけれど、依存症にならない程度に上手に付き合っていきたいですね。

スマホゲーム依存症
クリエーター情報なし
内外出版社

amazon 世界最先端の戦略がわかる

2018-08-27 20:57:02 | 本-その他
Kindle本『amazon 世界最先端の戦略がわかる』を読了。非常に興味深い内容で、あっという間に読み終えてしまいました…。
本書ではAmazonの成長の秘密、プライム会員、他社への影響など、Amazonを利用していれば必ずしも知りたくなる内容が書かれています。ネット書店としてスタートしたAmazonですが、今では買えない物が殆どないくらいに商品数が爆発的に増えていますし、音楽や映画配信、オリジナルのタブレット端末やスマートスピーカーの販売など普段の生活スタイルも変えつつあります。
日本国内のプライム会員の年会費は今のところ3,900円と格安ですが、将来は値上げされてもおかしくはないでしょう。配送無料など、手厚い特典が盛り沢山ですからね。だからAmazonをついつい使ってしまうのかもしれません。でもお願いだから、年会費はアメリカ並みの1万円以上にはならないでほしいです…。
それにしてもこれだけ顧客を第一に考える会社ってそうそうないかもしれません。だからAmazonは瞬く間に大企業になったのですね。将来のAmazonを想像するのは難しいですが、またまた思い切ったことをしてくれるでしょう。

amazon 世界最先端の戦略がわかる
成毛 眞
ダイヤモンド社

さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について

2018-08-26 20:27:27 | 本-その他
図書館から借りた『さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ 560)』を読了。
著者と私の歳が非常に近いことから、本書を読んで非常に親近感を覚えました。初めて電話線でインターネットに繋いだ時の感動は今でも忘れられません。彼は「パソコン通信」時代からネットに繋いでいたそうですから、相当インターネット歴は長いですね。
今ではスマホなどで常時接続が当たり前になっていますし、ネットとリアルの境目がなくなっています。たしかにネットに繋がるのは便利ですが、その分疲れてしまうことも。それに好きな情報だけ手に入るのはいいけれど、他の分野に目が行かなくなって情報が偏るのも事実です。

さよならインターネット - まもなく消えるその「輪郭」について (中公新書ラクレ 560)
クリエーター情報なし
中央公論新社

生き返るマンション、死ぬマンション

2018-08-26 13:58:40 | 本-その他
図書館から借りた『生き返るマンション、死ぬマンション (文春新書)』を読了。
築18年のマンションに住んでいて他人事ではないと思い、本書を読んでみました。
やはり上手にやりくりしているマンションとそうでないマンションと分かれるようですね。本書でも取り上げられている某マンションは最上階にレストランやジムがあるなんて凄すぎ…。一方で建て替えや耐震性の問題で大変な思いをしている住人さんが多いのも事実です。
果たして今住んでいるマンションは…?引っ越してから一度大規模改修が行われたけれど、いつかは老朽化で取り壊す日がやってくるのも事実。その頃にはひとり暮らしになっているはずですから、お金のことなどちょっと不安ですね。

生き返るマンション、死ぬマンション (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋

SHOE DOG

2018-08-17 14:26:07 | 本-その他
図書館から借りた『SHOE DOG(シュードッグ)』を読了。
ナイキ創設者フィル・ナイト氏自ら記す、彼の人生の一部(1960年代~70年代)とナイキの初期。正直「長~い」と思ったけれど、それだけ波瀾万丈の20年間だった訳です。
会社の資金が底を突くのがしばしばだったようですが、それでも彼の奮闘ぶりはすさまじいものがあります。それと意外にもナイキと日本との関係が深かったのも興味深かったです。
正直スポーツ関連には疎くて最初は本書に期待をしなかったのですが、小説のように本書を楽しく読めて良かったです。

SHOE DOG(シュードッグ)
クリエーター情報なし
東洋経済新報社