詰パラ9手

2009-02-12 08:55:32 | 詰め将棋
きのうは午後から道場。対局やネット観戦などで過ごした。K五段が「一週間ずっと解けないでいる詰め将棋があるんですよ」と盤に作ってくれた。あれ?これって・・とTABO。そう、先日来北海道将棋連盟や大宮将棋センターの日記で話題になっていたあの詰め将棋なのだ。私だけすでに解答を見てしまっているので、解いている子どもたちの会話がおかしくてたまらない。そのうち、TABOが「ああ~~○×△□」と畳に転がって悲鳴を上げたので、「詰まなくてどうかなったの?」と聞いたら、先生が「これは間違いなく詰みましたね。あの様子だと『どうしてあんな筋に気付かなかったのか、悔しい』ということですね」と冷静な声で解説してくれた。まだ全員解けてないので、言いたくても言えない感想。土曜日の教室までには言えるようになっているだろうか。
コメント   この記事についてブログを書く
« まっすぐ向き合う | トップ | ラジオ放送 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。