黎明の廃人日記

最近はやや更新が途切れがち、斜めに流し読み。
貴方にも私にも人生の役には立ちません。

まあ続くかどうかはともかく

2018年06月10日 16時51分29秒 | Weblog
6月10日分。

 毎度。とりあえず例によって動画を一本、大体1週間で仕上げて投稿を終えたところで、昨日にうろうろと買い物へ出かけてきました。幽霊です。最近まともに自転車関連用品を買うことは無かったのですが、ようやく少しくらいは戻さねばということで。
 ……ただ、メインで使っていたロードバイクの方は、実質まる3年完全放置状態なので、かなり手を入れないと乗るのが危険と判断しています。そも部屋がぐっちゃまら状態なので、メンテするスペースが無い、どころか車体を部屋の外へ出すことすらままならないレベル。動画編集に全力を使ってしまっているので、こうなるんですよね。
 まあそんな次第で。最初から部屋の外へ置いてあり、一応現時点でちゃんと走るには支障が無いことが分かっている方の、下駄履き車体を少し組み替えて使ってみることにしました。

 下駄履きに使っているのは、ほとんど何となくで買った「Tokyobike SS」です。何年前でしょうかね、少なくとも休職するよりは前なので……これまた3年前くらいでしょうか? メインのロードの方は色々と「気を遣う」子なので、その辺をラフに、雑に扱って構わない下駄履き車体を持っておきたかったわけで。
 一応クロモリフレームですが、クロモリと言われると「なめらかな・柔らかい」乗り心地というイメージがある割に、少なくともTokyobike SSに関しては割と乗り心地は硬め。ネット上の評判をざらっとだけ見ましたが、「予想以上にこぎ出し重たい」という評があり、コレに関しては同感。確かに重たい。ただ、一度巡航に乗せてしまえばそれなりに走ってくれます。
 なお、SS、つまり「シングルスピード」を選んでいるのはわざとです。メインロードの方でつくづく思うのが、変速回りのトラブルがどうしても出てくるし、それがストレスだなぁということで。SSを買った当時も、その辺を気にせず雑に使い倒したいという理由で選んでいたものと思われます。もう覚えてないけど。あとは、変速系がついているとどうしてもお値段が上がるという事情もあるか。

 まあ置いといて。まる3年完全にブランクがあるので、最初からロードバイクに戻るのはあぶなっかしいなーという判断からTokyobike SSのパーツを若干積み替えて、当面身体を戻すことにしました。パーツの積み替えに関しては割と地味な事情もあって、ハンドルのグリップが経年劣化でベタ付くようになってしまい、どのみち交換必須でして。
 ついでなので、興味本位でのペダル交換と、地味に尻が痛いのが気になっていたサドルを交換してしまうことにしました。某茄子も出たし……。ペダルはフラットペダルとしては安めで評判の「三ヶ島」を選択、サドルはお値段の関連と、メインのロードで割と延々フィジークを使っていたことから、若干見た目で野暮ったいのは無視して「RONDINE」を選択してみました。
 ……んーで、せっかくくっつけて少しくらい走ってみようかなと思ったら、矢先に雨ですよ。しかも台風来てるとか何よ。一応交換作業は自前で出来るので、後は今日にでも付け替えてやろーかと思っていたら雨。そういえば天気予報でそんなことを言っていたような気がしたのを忘れてましたね。
 ともあれまあ、さほど劇的に乗り心地がよくなるとは思っていませんが、どのくらい変わるかなという半ば興味本位と、どのみちハンドルグリップは交換必須状態だったのでついでにやってみましょう。割と長期間籠もりっぱなしが癖になっていたので、最初は距離を短めに、散歩程度で動かすことになるでしょう。続くかは非常に怪しいのですけれども。

 ではでは。今回の更新はこのくらいにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これはまあ仕方ない…

2018年06月07日 20時07分30秒 | Weblog
6月7日分。

 毎度。ここ数日若干不調かな? と思っていましたが、今日になってメンタルダウンがハッキリ発生中。幽霊です。まあとりあえずまだ動ける程度なので、ひとまず様子見。毎度のコトながら、さも当たり前のことのようにネガティブ……を通り越して若干危険水準の思考が湧いてくるのはどうにかならんものか。
 まあ、他人へ害意が向かないだけマシと思うことにしましょう。


 さておきまして。本日のネタはこちら、「スマホ自転車事故で在宅起訴 衝突の女性が死亡」といったところで。晒し上げたいわけではなく、実際にこれに近いことをやっている人も多いだけに、軽く見ていると自分も加害者側になりかねませんよ、という注意喚起も込めてです。
 最近ろくに乗っていませんが、ロードバイクで一般自転車よりは高速で走っていた時期もありますし、自転車ってのも凶器になるよな……というのは承知しています。それだけに、無警戒に、歩行者の延長といった感じで、割と自転車で無茶な乗り方をしている人を見ると、正直言って怖いんです。こっちに突っ込んできそうだなというのも怖いし、やらかしそうだなと見ていて怖いのもある。
 さすがにここまでやるヤツは少ないだろと思うかもしれませんが、「事故を起こした際、女は左手でスマホを操作し、右手には飲み物を持ち、左耳にはイヤホンをしていた」そうで。視線はスマホに向き、耳はイヤホンで塞いでしまった状態で、実質両手もふさがっているのでとっさの反応は出来なかったでしょう。
 ……多分、「いつもは大丈夫」だったのでしょう。「普段何も起こらなかった」から油断していたのでしょう。油断していたという感覚すら無かったと思われます。悪意も殺意も無かったろうし、人を殺すつもりなんて全く無い、普通の、「いつもの」ことだったのだろうなとも思います。……が、こういう結果が出てきてしまうこともある。

 実際問題として、自転車って簡単には止まりません。というより、ブレーキをかけないと危険だなと察知するまでの時間と、実際に指が反応してブレーキをかけるように動くまでの時間、ブレーキがきき始めてからの制動距離などを考えると、恐らく「このくらいで止まるだろう」と思われている距離よりも倍以上伸びると思って頂く方が良いでしょう。
 歩くのと全く同じくらいの速度ならまあともかく、実際の自転車の速度はもっと出ているので、止まるまでの距離と時間は思っている以上に長くなります。ついでにいえば、割と多くの軽快車(要するにママチャリのこと)はちゃんと手入れ・メンテナンスをされていないので、余計にブレーキが効きにくくなっており、止まるまでの距離が伸びます。
 その前提で、危険を察知する一番の感覚である視覚はスマホに、ついで周囲状況を察する聴覚はイヤホンで塞いでしまえば……まあお察し案件ですね。人体の重量60kg程度に、自転車本体の重量15kg程度が加算され、それに速度が乗りますから、まあ「痛い」では済まないこともあり得るでしょう。下り坂などで速度が増していればなお危ないでしょうね。
 見通しの良い道であっても、下り坂でなくとも、「電動アシスト付き自転車同士が交差点で出合い頭に衝突 88歳男性が頭強く打ち死亡 愛知」なんてことも起こります。見ていなかっただけなのか、お互い相手が止まるだろうと思い込んだ結果衝突したか、そんなところかなとは思いますが……。これも「いつもの道」で、「いつも通り」のことだったんだろうとは思うのですけれどもね。

 自転車にも免許をとまでは思いませんが、むしろ「大人にこそ」自転車の交通ルールに関しては、一度ちゃんと教えた方が良いのではないかなと。そんな気がします。


 ではでは。今回の更新はこのくらいにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うん、「分かっている」わけではないんだよなと

2018年05月29日 20時56分25秒 | Weblog
5月29日分。

 毎度。朝起きた時点でやたらと吐き気にぐるぐる振り回されて、やむなくお仕事休みの電話を入れるハメになりました。幽霊です。夕方前くらいまでいまいちそれが抜けないまま寝転がっていましたが、夜になってようやっと収まってきた様子。原因が分からないままなのが正直不気味ですが……変な物食べた記憶は無い。
 うーん、昨日何か普段食べないようなものを口にしたかしら……??? あまり思い当たる物がないけれど。


 まあ今は体調が戻っているのでとりあえず無視しておくにして、本日のネタはこちら、「怪しい動き…万引きか?! AIカメラが店内監視」という話と、それから「物流倉庫へのロボット導入進む 複数のAI協調で大幅時間短縮」という話の組み合わせです。参照先の話の要約は割愛、割と短めのニュースなので……。まあいずれにせよ、AIでこういうことが出来るようになったよ、的な話です。
 個人的に注目しているのは後者のニュースの方で、「複数のAIでの協調」を前提とした技術も増えてくるんだろうなぁ、と。今は割と前者のニュースのような「一つのAIでの機能」での話がまだ多いのですが、じきに「一つのAI」同士の機能衝突が起こってくるんじゃないかなぁ、とか。そういった流れになったときに、じゃあ「協調」してやってくれるようにしようね、という方向性になっていくだろうなと。
 それでも人間の仕事の全てがAIに奪われる……ということには、残念なことにならないんでしょうね。少なくとも今の学習の仕組みを考えると、AIはあくまでも「既存の事柄」に対しては膨大な学習量を積み上げて、ある程度「適解」っぽいものを出してくれるというものです。現時点では、ですけれども。逆に言えば、「未知の事柄」に対しては間違える可能性が非常に高い。
 また、現時点において、「既存の事柄」についてもミスはたまに発生します。そんな話がこちら、「AIスピーカーが勘違い?米で夫婦の会話を録音し送信」だそうで。音声で操作を指示できるということは、室内で「音声」が聞こえればそれを「指示として受け取る」可能性はあり、意図しない形で機能してしまうことはあり得る……という感じでしょうか。メーカ(アマゾン)曰く、「非常にまれな現象」ではあるそうですが、AIで厄介なのはその「非常にまれな」ミスが出ることですね。

 無論、人間がやってもミスは出てくるものなので、正味トータルのミス発生率は人間の方が大概酷いくらいなんじゃあるまいか、とも思いますが。ただ、AIがミスをする場合、その理由の一番根本的なところは、「何故そのミスをしてはいけないかを「理解しているわけではない」から」です。もしくは逆の言い方をするならば、「こうするのが正しいということを「理解しているわけではない」から」でもあります。
 膨大な件数の学習データに基づいて、こういうケースは○、こういうケースは×、というのを延々と積み上げ続けて、その結果として「今回のケースはあのケースとこのケースに近似しているので○」もしくは「今回のケースは既に学習済みのあのケースと同一なので○」、くらいの判定が出来る「だけ」。そのケースが何故○なのか、何故×なのかの「理由を理解しているわけではない」のです。
 ……なんというかとても当たり前のことを書いているわけなのですが、自分自身も割とここをうっかり勘違いしてしまいやすいので、わざとこういう書き方をしています。AIはあくまでも学習の積み上げで○×判定を積み重ねているに過ぎず、「理解してはいない」のです。歴史年表の丸暗記だけしてあって、「ナントカの乱」が起こったのはいつか? という問題には即答できても、ではその歴史的背景は何か? という問題には全く解答出来ない状態と言えば良いのでしょうか……。
 ただ、大量の「年表」を暗記出来ている状態なので、割と大体のパターンは「暗記」されており、普段めったなことがない限りは「理解してない」ということが表面化しません。ただ、稀に「理解していない」ことによる、結果的に誤った判断が発生することはある。そこを一応覚えておかないと、うっかり何かしら起こってしまうことはあるかもしれませんね。


 ではでは、本日の更新はこのくらいにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サブウェイ低迷してるのかー

2018年05月26日 23時09分56秒 | Weblog
5月26日分。

 毎度。5月では4本目になる動画を一本上げ終えて、まあ今月はあとはサボリモードでいいわなーと少し気が抜けたところ。幽霊です。ここ最近は特殊事情が無い限りは月に1本というペースのときも多かったので、その辺りに比べると凄まじくペースアップしていたことになります。

 まあただ、そこは割と分かりやすい事情もあって、種明かしをしてしまえば「ソシャゲ」というゲームの仕組みによるところが大きいんですよね。以前に投稿を続けていたものは、DMMの「かんぱに☆ガールズ」というソーシャルゲームを題材にした動画でした。
 ソシャゲを題材にしている以上、基本的に「ネタ」の確保は「運営さんが用意してくれる」イベントがメインになる。つまり、ネタが出てくるのを「待つ」必要があります。運営さん側も当然計画がありますし、常に盛り上がるイベントばかりを用意できるわけではないので、結果的に「ハズレ」の時期であるとか、「ネタにならない」時期が出てくる。
 逆に、今の動画はスチームでDLしてきたソロプレイのローグライクゲームなので、細かいアップデートなどは割と頻繁にあるものの、買ってくればその時点で「一通り」が揃っている状態です。このため「ネタを待つ」必要が無く、自分でプレイを進めればその分、常にネタを回収しに行ける形になりました。
 まあこの関係で、ネタを作ろうと思えばすぐに回収しに行けるようになったため、ペースを自分で制御しないとオーバーペースになるということに今更気が付くという……。以前が「受け身」型で、ネタが来たら動画作るという感覚でいたため、かえってネタがすぐ集まる現状だと、ネタが溜まってるから作らないと……という感覚に繋がっていたようです。いやはや、怖いコワイ。


 さておいて、タイトルの件。かるーいニュースを触る感じですが、「サブウェイ低迷の理由は「やりとり面倒」?」といった話でも。サブウェイか-、言われてみればここ数年行ってない気がします。ただ、子供の頃に母親殿に連れて行かれた記憶が何回かあり、別段サブウェイに入る・サブウェイで注文するといったことに抵抗感はありません。
 私の場合はですが、ただ単純に「あんまり店を見かけない」・「自分の行動範囲に店がそも無い」という影響が一番大きい気がします。一箇所だけ、一応行ける範囲に店があるのは把握しているのですが、そもサブウェイに行くためだけに外出するということはないし……。基本出不精なもので、店が至近距離に無いと行かないんですよね。近所にあれば行く気はしますが。
 ……と思って店舗検索をしてみたら、実はよく動き回っている行動範囲に何カ所か存在していたことに今更気が付きました。あれー、こんなとこに店あったんだ……。全く気が付かなかった。

 久しぶりにサブウェイのメニュを公式サイトで見ましたが、うーん、何だろう。個々の具材単品は好きな物が多いのですが、いまいち食指が動かない。よくよく考えると、私個人の好みの問題として、あんまり「サンドイッチ」という形で食べる習慣が無い、サラダのような「生野菜」の形では野菜をあまり食べない、というのがあるんでした。
 野菜が嫌いなわけではないのですが、火を通した形で食べる方が好みです。茹で・蒸し野菜のような形か、コンソメで煮込んでスープにしてしまうか、そんな感じが好き。生の野菜って、物にもよりますが、かさばる割に実際の量ってスカスカなんですよねぇ……。ま、そこはあくまでも私個人の好みの話か。

 外食産業って、割と「おひとりさま男性」の客が一定のウェイトを占めてくると思うのですが。サブウェイの場合、基本的に男性層には「食い応えが物足りない割に高い」「注文がなんか面倒くさそう」と受け取られそうな気がします。プラス、男がひとりでサンドイッチを店で食ってるのって何か変じゃね? という感覚がありそうな気がします。吉野家・松屋ほどの気楽さが無いというか。
 サンドイッチというもの自体、「食事」にしては「足りない」か「高い」、軽く「おやつ」にするには「若干多い」うえに「高い」、のイメージです。適正な表現かは分かりませんが、「チマチマ食ってんじゃねーぞ!」という感覚になってしまう、のかも。このため、何か食べようかなと思ったときに、それが主力のサブウェイは全然選択肢として浮かんでこない。
 知名度が全く無いわけではない筈なんですが、「吉野家かマック(マクド)か、そこらにあるだろ」というのと同じ感覚では、「サブウェイそこらにあるだろ」と浮かんでこない。……ああ、むしろサブウェイの場合、競争相手は「コンビニ」になってしまうのかもしれません。その場合、大概すぐ近くにコンビニがありますから、競争に負けてしまう可能性はかなり高いかも。

 実際に食べに行ったことは何度もあるし、いざ食べれば美味しいかなとは思うのですが、店舗に足を運ぶまでに至らないお店……。というのが、私にとってのサブウェイのイメージ。よほどタイミングよく、空腹で・店を何かしら探していて・すぐ目の前にサブウェイくらいしか無い、という条件が揃っていないと行かないかな、という。
 日本人にとっては、アメリカなどで「サンドイッチ」として定着しているタイプの、サブウェイスタイルのサンドイッチはいまいち見慣れていないのが一つ。コンビニの「おにぎり」が近いカテゴリにおいて凄まじく厄介な競争相手になってしまうのが一つ。結構、今以上に強く強くアピールを出していかないと、低迷からの脱出は難しそうな気がしますね……。
 なお、4年で170店舗を閉鎖というのは、単純に出店のしすぎを適正化せざるを得なかっただけと思われます。プレジデントの元記事の方も読みに行ったのですが、サブウェイは調理設備を簡易に済ませられるため出店がしやすいとのことで、単にそもそもが店を簡単に増やしすぎただけだろうなーと。美味しいとは思うんですが、需要的にそこまで大きくはなさそうな。


 ……さて、我に返ってみると、何故にサブウェイで延々文字数を増やしているのか。ということに気が付いてしまったので、おしまいです。たまにこの辺、コントロールが効かなくなるのが色々自分でも困りものです。まあ原因は承知していますが、治るもんじゃないのがなー。
 ではでは。今回の更新はこのくらいにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やりがい(強制)って一体

2018年05月22日 22時53分19秒 | Weblog
5月22日分。

 毎度。とりあえず日大アメフトの選手の会見は拝見しました。そこ自体よりむしろ失笑を誘ったのは、その会見を受けての日大広報部のコメントの方であり、「日大広報部コメント「QBつぶせ」は事実も“誤解”「思い切って当たれ」の意味 監督の指示否定」だそうです。
 リンク先まで読みに行くのが面倒臭い? では親切にそのまま引用して差し上げましょう。

*****(以下引用)*****

 会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。
*****(引用終了)*****


 まあ、大学側としては実際、問題はあくまでもアメフト部の中に留めておいて欲しい話でしょうから、「大学側の責任」を認めるようなことは口が裂けても言えないでしょう。公式のコメントとしてもまあ、責任を認めない方向性でいきたいのならそう言うだろうな、という範疇を出ません。
 ……が、これはもう既に発火してしまった箇所へガソリンを注ぎかけるようなものであって、鎮火ところか大炎上確定案件じゃなかろうかなぁ。当該選手本人側は、大学と部に対応を任せれば、このコメント通りに「誤解」で済まされて切り捨てられると判断し、当人が前に出ての異例の会見という形に踏み切らざるを得なかったものかと察します。


 さてその話題とは別に、今日にぱらっと見つけたニュースの中で「おいおい…」案件がこちら。「東京五輪・パラのボランティア 「やりがいPRを」組織委」だそうで、スミマセン都民として大変申し訳なく思います、はい。
 いや、人手が「大量に」必要ということは分かります、実際に必要を満たすだけの人を確保しようとしたら壮絶な金額になるであろうことも推察します。……が、万単位の人数への「雇用の提供」の機会である筈のところを、「やりがい」を報酬としたボランティアでまかなおうというのはさすがにちょっと。
 善意で「手伝って頂く」こと自体は決して悪いこととは思いませんが、「善意を強制して頭数に最初から織り込む」のは筋違いであるように感じてならないのです……。「東京で行われるオリンピックだ」ということ以上のPRが「まだ必要」という時点で、織り込みの数をあまりにも高く見積もりすぎているのではないのかなぁと非常に疑問なのですが。

 そういえば、「やりがい」で「ボランティアやバイト」というところで真っ先に思い浮かんだのが「ディズニーリゾート」の「キャスト」さんです。お給料的には時給数字をハッキリ公表しており、間違いなく楽なお仕事ではないとは思いますが、キャスト全員に特典が保証されており、教育プログラムやキャリア支援プログラムもある。
 働き方にも選択肢が用意されており、まあ確かにこれはこれで「やりがいを強くPR」しているのは間違いありませんが、しっかり報酬・褒賞を用意しているからこその話です。まあ、個人的にあの夢の国は「この上なく現実的で資本主義的な夢」の国だと思っており、ディズニー好き好きという感覚は全くありません。単純に、「やりがい」は良いけど「報酬」も当然必要だよね、というたとえとして出しているだけです。
 ちゃんと報酬を保証していれば、変にPRを空振りするより必要数が集まるように思うのですが……。ぱらっと募集要綱案のページも見に行きましたが、少なくとも「無報酬・交通費その他自己負担」でもやろうと思える内容ではないかなぁという印象。まあそも私では応募要項を満たさないとして弾かれるでしょうが、それだけの要求ラインを「ボランティア」に求めること自体がどうなんだろうなー感も。
 うん、恐らくこの「やりがいをPR」してボランティアを増やそう作戦は、ずっこけることになるでしょうね。

 ではでは。今回の更新はこれくらいにて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加