黎明の廃人日記

最近はやや更新が途切れがち、斜めに流し読み。
貴方にも私にも人生の役には立ちません。

すんげぇめんどくさそう(軽減税率

2018年11月10日 11時17分10秒 | Weblog

11月10日分。

 毎度。そういや最近ここ更新してないや、と今日になって思い出しました。幽霊です。例によって動画編集に意識が向いていたので、忘れ去ってましたね。10月中の投稿本数は4本、11月は1本現時点で投稿済み・1本を編集中。今月はペースを落として月間3本と予測しています。

 まあ、それはさておきまして、タイトルの話の方へ行きますか。

 

 職場で手空きなヤツが私くらいしかいない都合で、消費税軽減税率の情報収集は私にお鉢が回ってきそうです。その内に関連書籍買わないとなぁと思っていますが、世間様でも軽減税率の適用 or 適用外の判定基準に「ナンジャソラ」感が漂っているようで。私個人の感想も「メンドクサ」ですが。

 軽減税率の対象品目については、「原則」は下記の通りで2行しかありません。

 (1)酒類・外食を除く飲食料品

 (2)週2回以上発行される新聞(但し定期購読契約に基づくもののみ)

 ただ、これで厄介なのが「外食を除く」という部分で、んじゃ一体何が外食に該当するのか? という部分の判断について、国税庁もQ&A作ったりで諸々苦労している様子。どーでもいいですが、定期購読契約に基づく「新聞」を適用にしてますが、ホントにこれ生活必需品か?

 まあ置いといて、判断のベースとしては、「飲食料品の提供時点」で外食に該当していたか、そうでないかによるという感じです。そして、その「外食」の定義については以下だそうで。

「外食」とは…

 飲食店営業等、食事の提供を行う事業者が、テーブル・椅子等の飲食に用いられる設備がある場所において、飲食料品を飲食させる「役務の提供」

(カギ括弧付与は私の方で行っています)

 外食というのは「喰う・呑むする場所」と「調理」の両方を提供する「サービス(役務)」だということ。外食はあくまでも「食べ物の販売」ではなく「サービス(役務)の提供」と解釈し、よって「飲食物の販売」に適用される軽減税率にはあたらない、ということかな。

 最初から「持ち帰り」概念が無い or 持ち帰りしかない飲食店なら混乱しないんですが、一番悩ましいのはテイクアウト・店内飲食両方があり、かつ客数の多いコンビニ・ファストフード店だろうなと思います。イートインコーナーのあるコンビニも増えましたからね。押し寄せる客に一人ずつ「店内で召し上がりますか?」って聞くのも大変だろうなぁ……。

 なお当たり前ですが、レジシステムの都合上、持ち帰り・店内飲食の両方があり得る業態のお店では、そのお会計に軽減税率を適用するボタン・しないボタンを分ける必要があります。でもって、そのボタンを押す前に「どっち?」と客に聞かざるを得ない。もしくは「持ち帰り専用レジ」と「店内飲食専用レジ」にでも分けるか。

 

 

 コンビニに関してはすげー雑な話がありまして、「持ち帰り」でお会計を済ませた上で、店の外へ一歩出て、「店外」で座り込んで喰う分には「軽減税率適用」で問題ありません。但し、これで店内のイートインコーナーで食べた場合はアウトです。同じものを同じ店で買ってもこうなる。

 まあ、クッソ寒い or 暑い日とか、雨やら雪やらの日に、適温で雨風気にせず飲食が出来る場所が提供されるというのは、確かにこれも「サービス(役務)」ではあるよね、と。そこまでは分かるっちゃ分かるんですが、一般消費者にしてみれば「?????」ってなるよねそりゃ……。仕事柄(経理)でパンフ読んでみた側からしても、「うーん…」ってなるので。

 間違いなく「ルール違反」する「消費者」が出てくるでしょうが、それをどこまで追求するんだろうなーと。多分、違反者への牽制やらなんやらは、「販売者側」におっかぶせられるんでしょうし。共用スペースで飲食してゴミぽーいしていく手合いが大量発生しそうですが、あんまりその辺考えてないんだろーなーとか。


 まあそんなことをつらつら考えていたら腹が減ったので、コンビニ行ってきます。うちの近所のコンビニ、外国人学生さんと思しき、若い外人さんがほとんどになりました。今ですらかなりレジ業務が多忙そうなのに、更に彼らの手間増やす施策になるんだよなぁアレ。潰れないといいけど……近くて便利なので。


 ではでは。今回の更新はこのくらいにて。


コメント

まあ予想通り

2018年10月30日 23時43分53秒 | Weblog

10月30日分。

 毎度。渋谷ハロウィンのらんちき軽トラひっくり返しの話ですが、どうやら軽トラの運転手が先に乗れ乗れと煽った経緯があったようで。幽霊です。まあさすがに車ひっくり返されるまでは思わなかったのでしょうけれども、導火線に自分で火を付けてしまった感、かも?

 とりあえず、「若者世代の劣化」を象徴する話だといったような論調もありますが。ゲバ棒ぶん回して火炎瓶投げてた世代に比べれば、軽トラ一台ひっくり返して騒いだだけだし、むしろマシになったんじゃね? という指摘もありまして、まあ大人しくなったんじゃねーの、という気はします。あの騒ぎ自体はアホくさ、とは思いますけど。

 なお、ハロウィンの大元の形ではそもカボチャじゃなくてカブです。あれは収穫祭の時期にも重なっていますが、日本のお盆に近い意味合いを含むところもあります。ハロウィンの時期には「あっちの世界」とこっちとの門が開くので、魔除けの火をドルイドが焚き、各家庭のかまどにこの魔除けの火を持ち帰って新しく灯す、といった辺りがベースです。

 少なくとも、カボチャくりぬいて仮装するイベント行事ではありません。余談ですが、アメリカでは当初児童労働状態もありまして、ハロウィンの日の「トリック(いたずら」が憂さ晴らしも兼ねてマジもんでヤバイものがあったため、菓子と仮装のイベント、に何とかすり替えようとした経緯もあったとかなんとか。おおこわ。

 

 さて今日の夕方から各所報道が出ていますが、新日鉄住金への損害賠償訴訟において、韓国における最高裁が賠償命令を出したようですね。まあここまでの流れから見て、新日鉄敗訴の判決が出るだろうということ自体は予想していたので、むしろ予想通り。

 ひとまず、該当の方々にとっては給料の未払が事実として存在していたこともありますから、損害賠償の訴えを起こすこと自体は違和感は無い話。ただ、その賠償を要求する先は、本来であれば新日鉄ではなく韓国政府であるべきなのですが……と。

 1965年における「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」の文言に従えば、「両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が(略)完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。」と規定されています。

 また、韓国政府も自らの政府見解として、日本から支払われた無償供与の3億ドル(当時で)の中に、徴用工問題に関しては個人も含めその賠償用費用が含まれると認識している旨の書面があります。それをくるっと今更にひっくり返すのか……というわけで、日本政府側も当然ですが猛反発しているわけですね。さてはてどうなりますか。

 

 ネット上では「断交だ!」といった勇ましい声もありますが、ぱらっと韓国相手の貿易額を眺めてみると、月額輸出額で4,000億~5,000億円、輸入額で3,000億円くらいと、大体月額にして2,000億円程度の貿易黒字を出し続けています。年額じゃなくて月額です。

 この辺を考えると、断交するより、まあ「それはそれ、これはこれ」のスタンスで取れるもんは取った方が良さそうです。徴用工や慰安婦問題等に関しては毅然とした態度で断固拒否を貫きつつ、一方で貿易に関しては絞れるとこまで絞ってニッコリさせて頂く。片手で握手はしておきつつ、もう片手には銃を握る、くらいでいいでしょう。

 ……まあしかし、韓国って本当にこう……なんでしょうねぇ。国同士の約束事とか、そういうものを一切守る気が無い国、というのを自ら世界に喧伝している感じなのですが。いいのかしら、それで。もしかすると、今回の判決に関しては、むしろ韓国政府側も内心「こりゃぁマズい」と思っている、のかもしれませんけれども。

 

 ともあれ、今回の更新はこのくらいにて。ではでは。 

 

コメント

無縁は今後も増えるでしょうね(自分含む

2018年10月28日 23時39分22秒 | Weblog

10月28日分。

 毎度。金曜夜の内に若干無理をかけて単発動画を作成、土曜日は次の発想と素材探し……と虚脱状態に襲われてサボリ気味でしたが、今日は活動中。幽霊です。結果的に、土日ともほぼお外に出ていません。ハロウィン? 知らんがな。

 久々に動画の頭に結構手間の掛かる要素を突っ込んでおり、土日を潰してやっと1分半が出来てきたというくらいです。かつ、まだ後で再調整必須なので、一通り大体出来てからまた仕上げに戻ってくるはめになりますが……。それでも、編集作業していて楽しい(けど疲れる)と感じるのは嬉しいですね。

 

 さておきまして。タイトルの件は、「アングル:高齢化の日本で「無縁遺骨」増加、失われる家族の絆 」といった話から。これに関しては、実際今後もまだまだ増え続けていくんだろうなぁという気はしています。ぶっちゃけ、私自身も無縁遺骨という顛末になろうなぁと自分の終わりを予想しているくらいですけれども。

 個人的にはですが、この先「田舎暮らし」というのは一種の贅沢品になると思っており、高齢者ほど都会に「集めておく」方が良いとも思っています。過疎化している地域は「切り捨て」(インフラ維持費用をカット)し、お金がある人は田舎に住みたいならその分自前で支払ってね、という方向にする。日本ももう余裕のある国じゃありません。

 この方向に行く場合……でなくとも、「高齢者の一人世帯」は増え続けることになるんじゃないかなと。平均寿命は延びていますが、一方で未婚率も上昇傾向が続いている。その原因についての議論はありましょうが、今の数字だと特に男性の方の単身高齢者世帯が増えていくのではないかな、と。


 日本の今イメージされる「家のお墓」という制度自体は、そんなに歴史があるものではありません。ベースは江戸時代の檀家制度が前段として存在した上で、明治以降に家制度前提のお墓に関する制度が出来てきた感じ。今現在イメージされるお墓というのは、実質的に100年も歴史が無いわけです。

 お墓もまあ贅沢品の分類になっていく(既になっている?)だろうなぁとは感じつつ、世知辛い話ですがまともにお墓を新設しようとすると100万~300万だとか。そんな額は出せないわな……。今ある家のお墓に入れば良いじゃないと思いきや、こっちはこっちでお墓の管理トラブルの話だったり、継ぐ人がいなかったりという話もある。

 家族の単位から「核家族」へ人数規模が減って、更に今はもう「個人」が重視されるご時世です。まあ「消費」の単位は細分化した方が数も売れるので、そういう方向に進んでいったんだろうなとは思います……車とかスマホとか。その辺の流れに従えば、お墓だけ「家」の単位が維持されると思う方が変ではありますか。 


 我が家はどーすんでしょうかね、お墓。実家の方からはどうにもしちメンドクサイ話が漏れ聞こえてきており、その後を最終的に継ぐことになるのは社会不適合者の私です。そして私の後を継ぐ子は出来ませんので、つまり私のところで絶えることになる。そのこと自体については、割と前々からそうなるだろうと思っていたので恐怖感もありません。

 割とそういう状況の「家」って、うちだけじゃないのではなかろーかなーとか。この先もっと増えていくでしょう。まだ地方ではそこまで「悪化」はしないでしょうが、都会に分類される場所ではより希薄化が進むでしょうし、墓参りのために遠い「菩提寺」まで行くという習慣も無くなっていくんじゃないかな、と。

 私個人は、それでも別にいいんじゃないの、くらいの感覚です。自分の死後に自分の墓に参って欲しいとは思わないし、私の後に残る人はいませんからね。


 ではでは、今回の更新はこのくらいにて。


コメント

え、4桁区切り?

2018年10月27日 09時17分32秒 | Weblog

10月27日分。

 毎度。とりあえず水曜日に動画編集終了→木曜日の夕方に投稿、引き続いてごく短めの単発動画を昨日の夜に編集完了→月曜日夜を指定して投稿、で一段落。幽霊です。投稿を当日からずらしているのは、「投稿日」が再生数に及ぼす影響が大きいからです。
 大した影響が無いように思える話ですが、うちみたいな弱小投稿者の場合、再生数が「倍」になったりするのです。実際、少し前に「平日夕方」投稿でよく伸びた1本が1週間で2千再生、「連休最終日の夜」に投稿して伸びなかった分が20日ほど既に経過して未だ1千再生の手前。ちょっと馬鹿になりません。
 まあこの辺は「他の投稿者さん」との兼ね合いがありまして、やっぱり平日お仕事・休日編集という投稿者さんが多いのか、土日に新作の投稿があったりするんです。また、休日は「見る側」も出かけたりするので、動画の再生数の伸びは悪くなります。結果、平日(出来れば週の前半)に投稿する方が伸びやすくなる……のだろうと推測しています。
 そういや、最新で投稿した1本は、うちが作ったものの中では初めての「非ゲーム実況」の動画です。累計して151本作ってきたのですが、150本目まで全部ゲームの実況動画だったんですよね。「ゲーム」というタグの付かない動画も作ってみようかと、ふっと思ったので作った次第。少しは伸びてくれると良いんですが、結局は「いつも通り」の動画になった気がします。


 タイトルの件。ちょっとビックリしたんですが、「最近の小学校は数字のカンマを3桁ではなく4桁ごとに区切って教えてた?」らしいのです。裏取りを一切していないので本当なのかどうか分かりませんが、「小学校・桁区切り・4桁」で検索すると結構ヒットするので、実際にそうなっている学校もある、模様?
 私自身はあんまり子供の頃は「桁区切り」というものを意識したことが無く、どうだったかは正直覚えていません。ただ、今現在の立場で考えると、4桁区切りは止めた方が良いんじゃないかなぁ……という感想にはなります。何せ、「経理部」でお仕事してる立場なので。経理部で桁をミスするというのは致命的なので、さすがにこの件は「えー…(ドン引き」という感覚で眺めています。

 日本の「世界に誇る」企業、トヨタがネット上に公開している決算報告書を見てみましょう。ここでリンクを張ることはしません、ググればすぐ出てくるので。何桁で区切っているか? 3桁です。むしろ、企業の決算報告書として公開されているもの・社内報告資料として作成しているもので、4桁区切りで作成しているものなんて無いと思われます。
 これは、今のところはですが、世界標準(というか「英語」基準なのかな?)が3桁区切りだからであり、IFRS(国際会計基準)の話だけでなく、国内だけではなくて世界に対して決算報告を発表するために基準を合わせているからです。4桁区切りに関しては、日本語の単位で考えるなら確かに良いのかもなぁとは思うのですが、後々で「数字を読む」ことまで考えるなら止めた方がいいなぁと。

 まあ確かに、3桁での区切りって慣れてないと「???」ってなるのは分かります。

 特に「日本語の場合」は。


 ・1,000,000(3桁) → 100,0000(4桁):「百万円」
 ・1,000,000,000(3桁) → 10,0000,0000(4桁):「十億円」

 上記2例とかは割と視覚的に分かりやすいのですが、4桁で区切った場合、特に日本語での区切る単位とよく合致するんですね。「万」とか「億」の単位までいったときに、すごく読みやすくなる。
 ただ、では何故に3桁区切りの方が一般には普及しているのかと言えば、英語の方に合わせているから。「百万」で「million」ですし、「十億」で「billion」です。ついでに、「一千」で「thousand」となり、経理業務では「k円(キロ円)」=1,000円単位・「m円(メガ円)」=100万円単位という表記を多用します。

 ・1(3桁、まあ1です)
 ・1,000(3桁・thousand・一千)
 ・1,000,000(3桁・million・百万)
 ・1,000,000,000(3桁・billion・十億)
 ・1,000,000,000,000(3桁・trillion・一兆)

 英語的には上記な感じで、3桁での区切りごとに単語が設定されている。んでまあ、今のところ日本でのPC関連業務とか、あちこちで目にする数字は某窓ズの悪名高きエクセルをよく使うのと、海外というか英語圏への情報開示といったところで3桁区切りが「普通」です。良い悪いは別として……。
 正味な話、私みたいな年寄りはもう手遅れなので脇に置きますが、この先の日本はもう衰退していく一方になります、少なくともしばらくの間は。そこを考えると、「日本語だけ」を前提にせず、外へ出て行けるようにするためにも「英語」を扱えるようにしておく方が良い。そして、英語の基準で考えれば、当たり前ですが3桁区切りの方が馴染む。

 子供にとって、「基準がふたつある」というのは凄まじく混乱をもたらすと思われ、そこを考えるならもう最初から「3桁区切り」で教える方が良いんじゃないかなぁと感じます。まあ、私自身は仕事の関係もあって「3桁区切りでないとそも仕事出来ない」環境だからこその感想なので、 あくまでもそういう立場からの発言ということで。

 ではでは。今回の更新はこのくらいにて。

コメント

新しいおもちゃだぁ

2018年10月20日 22時28分55秒 | Weblog
10月20日分。

 毎度。Steam(ネット上でPC用のゲームをDL出来る総合サイトのようなもの)を経由して、「V-Katsu」なる新しいおもちゃを手に入れたので、ちまちまといじくり回して遊んでおります。幽霊です。地味に、既に投稿している動画にもそこから若干程度ネタを放り込みつつあります。
 これ、本当はVR装置がないと本領発揮しないもので、大元の目的はバーチャルYouTuberの活動を支援するための、無料アバター作成・アニメーション等動作部分の支援をするためのもの……なのですが。実のところ、キャラクタの作成だけならVR環境がなくても出来るし、特にVチューバーでなくともDL出来るので、キャラメイクだけして、若干のポーズ取らせるくらいなら充分にいじれます。
 うちの動画の場合、どうしてもゲーム画面と2Dの立ち絵イラスト(拝借品)で組むしか無く、MMDなどを触れる知識も無かったのですが。V-Katsuがあくまでも「ごく簡易な」物として3Dっぽい「立体風」素材を作る道具としてなら割と活用出来る、ということに気が付いたので、動画でどうやって使うと効果的かなぁと、今作っている1本で諸々お試し中です。

 動画用とは別ですが、見本程度に雑な新規モデルをひとり作成。画像ですが載せてみます。

 

 

 

 

 作成30分ほど。元々デフォルトでモデルが10人かもうちょっとくらい入っていますが、一番最初にデフォで表示されているモデルの子をベースに、それなりに自分の好みに合わせて体型やら目やら変更して作ってます。いじれる範囲は「まあほどほど」程度ですが、衣装とかアクセサリ系統の選択幅がかなり狭いので、衣装の部分ではあんまり望み通りのものは作れませんね。
 ただ、その辺をいちから自分で作ろうとすると壮絶な時間を食わされるので、ソレを考えれば選択幅が限られるにしても、ワンクリックで着せ替えできるというのは非常にありがたいです。自由度が下がる代わりに手軽さが大きく上がっているので、おもちゃ程度に遊ぶには充分です。

 動画に使う場合、MMDほど思い通りの動かし方は出来ないので、扱いとしては「一枚絵」です。ただ、その一枚絵が立体風になっていることと、呼吸をするような胸の上下、まばたきなどのちょっとした動きをしてくれる、というのが利点となります。
 細かいパーツのめり込みだったり、破綻だったりはしょっちゅう発生しますが。まあそこらは無理のない範囲でポーズを取らせるか、干渉しにくそうなパーツに切り替えるか、破綻の見えないような角度で撮影すればいいかなーとか。そういうくらいの「気遣い」をしてあげれば、一応は動画での「ひと味」くらいには使えそうです。

 ……とまあ、そんな感じでご紹介でした。ではでは、今回の更新はこのくらいで。
コメント