部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



司馬懿サザビー完成しました。

ネット上の素組みの作例を見て、そのカッコよさに惚れて組み立て始めました。
仮組みしてみるとやはりカッコイイのですが、でもパッケージと微妙に違うような気が...
キットとパッケージののギャップを出来るだけ埋めることを目的に作製してみました。

作製は8月の末から取り組み始め、3ヶ月かかりました。



三国伝 司馬懿サザビー ~華麗なる策士~











 
■作製記

まずは素組み状態です。



カッコいいのですが、パッケージの絵と微妙に異なります。



まず目立つのは、頭部では、
・ヘルメット(兜)の羽飾りの形状と角度-キットはハッタリが少ない
・メインカメラ(?)の形状-張り出しが弱い
・ヘルメットの側頭の飾り形状-キットはハッタリが少ない
というところでしょうか。

この辺りを重点的に改修しました。




下半身では、
・フロントスカートの角度が異なる-キットでは内側のスライスター(?)が前垂れ飾りに隠れて見えない。
・脚部のフレアーが中途半端な広がり
と言うところ


①兜改造
兜は
・兜の羽飾りの各部延長
・顎の延長
・兜の後方への角を延長
・メインカメラ部の張り出し改造
を行いました。



兜の羽飾りはメインカメラ部分と羽をいったん分断。
メインカメラ部分はプラパンで前面に延長し、また角度も変えました。
後方への一本角は曲面を合わせるようにしてエポパテで延長し、硬化後に整形。
羽も各先端をエポパテで延長。ある程度の形で盛り付け、硬化後にそれらしい形に整形しました。
最後に羽は角度を変えてメインカメラに取り付け。

また側頭部の飾りもパッケージに対して印象が弱いのでエポパテで延長しました。
顎もエポパテで延長



右が素組み、左が改造後です。
兜のはったり加減を増しました。


②フロントスカート改造

フロントスカートの角度がパッケージと異なるため、いったんパーツからサイドのスカートとフロントスカートを分離し、フロントスカートの角度を変え再接着しました。

またフンドシの前垂れの先端もパッケージに比べて短く感じたので、エポパテで延長しました。





上が改修後、下が素組みです。



③脚部改造

脚部のフレア状になっているアーマー形状が、キットとパッケージで明らかに異なるため、エポパテで延長しました。




④その他

肩パーツにある衿状の部分ですが、ここもパッケージの印象に対して弱いので、エポパテで延長。
パッケージは下へ垂れ下がる形ですが、好みで上向きに立つ形で整形しました。


改造全体像です。




サフ塗布後の姿です。




■塗装

白部:ガンダムカラーNo.5
赤部:モザンレッド
銀部:スーパーシルバー
金部:ゴールド
グレー部:う~ん、適当なグレーをチョイス
以上、GSIクレオス

先に全身をベースとして白で塗装し、その後にガンダムカラーNo.5で本体色を塗りました。
その後マスキングし、モザンレッドを塗装。
ここで大失敗。マスキングが甘かったため、赤色がマスキングのフチを伝わり、白部分を侵食しました。
ベースが白色なので赤が点々としているとこは目立つんですよね。
泣きながらシンナーを軽く含ませた麺棒で赤をできるだけふき取り、その後で白をリタッチしました。
あちこち白の塗装面がガタガタで、うっすら赤みを帯びているところもあります。

金は筆塗りにしました。


スミ入れはタミヤのエナメル塗料ダークグレーで。

トップコートはGSIのスーパーコート(つやあり)です。


■おわりに

最後までご覧いただきありがとうございました。

初めての三国伝シリーズでしたが、楽しく作業できました。
(マスキングは大失敗して落ち込みましたが)

相変わらず写真が暗いですね









コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




昨日、レッドミラージュをパーツ洗浄。

WAVE製のレッドミラージュはプラ材質がやわらかいので、バンダイのガンプラでは考えられないほどヤスリの削りカスがエッジに残ります。
これがヒゲになってなかなか取りきれない。

パーツ全部に念入りにブラシをかけて、残ったプラのヒゲを排除。
その後、ハンドソープでさらに洗浄。
細かなディテールにつまった粉がきれいに取れて、見違えるほどディテールがはっきりしました。
今回はパーツ洗浄の威力を実感しました。

次の工程はサフ吹きです。
先の記事にも書きましたが、今回は初めてエアーブラシによるサフ吹きを行ってみます。
うまく行くと良いのですが。



さてナイトオブゴールドですが、少し浮気してつまみ食いしてみました。
頭部を仮組みして様子見。



フェイスは割といけそうな感じです。
正面から見ると少し細身ですが、MHは正面立ちであまり見ないので良しとします。
胴体へ仮組みしてつなげてみましたが、頭部はもう少し顎を引かせた方がカッコよくなりそうな気がします。

これから少しずついじっていきます。

前にも書いたけど、MHってやっぱりスケールモデルをいじっている感じですね。
明らかにバンダイのガンプラを組み立てるときとは違う感触。

浮気はここまで。

とりあえず司馬懿サザビーの写真撮影とUPおよびレッドミラージュのサフ吹きを急ぎます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




司馬懿サザビーですが、昨日にスミ入れおよびトップコート終了まで行きました。
いつもはつや消しのトップコートをかけて、マットな感じで仕上げるのですが、今回の司馬懿サザビーはパッケージの印象を重視して、つやありで仕上げました。

これから写真撮影、UPの段取りとなりますが、昨日から奥さんのご機嫌がイマイチなので、すぐに撮影に入れるかどうかわかりません...家族サービスしないとなぁ~


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ナイト・オブ・ゴールドです。
金ぴかの黄金の電気騎士。

レッドミラージュを組み立て中に、勢いで式典仕様のVer.3を購入したことは以前の記事に書きました。

Knight of Gold Version3


今はネットで作製記事を見たりして、作製イメージを固めています。
最初はいまいちかなぁと思っていましたが、先のレッドミラージュの記事にも書いたように、だんだんとなかなか行けるのでは?と思い始めています。

Ver3は式典用なので、あのバスターランチャーが無いのが寂しいなぁと思っていた矢先、WAVE最初のインジェクションキット、ナイトオブゴールド-ラキシス(もちろんバスターランチャーあります)を名古屋駅前のソ○マップで発見。
これも勢いで買ってしまいました。

Knight of Gold Lachesis



式典仕様の”Ver3”は”-ラキシスに”比べて、肩、首、フロント・リアスカートなどが新しいパーツになり、踵もヒールタイプになっています。
かたや”-ラキシス”はバスターランチャーがついています。

今考えているのは、Ver3ベースでバスターランチャーをくっ付けたら?ということ。
ネット上にも先例があり、色々参考にさせてもらっています。

実はフロントスカートもラキシス版の方がごつくて好きですし、その他にも入れ替えたい部品が出てくるかもしれません。

そんなこんなで何かやる気になってきました。

レッドミラージュの次はナイトオブゴールドかもしれません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日2つ目の記事UPです。

司馬懿サザビー やっと塗装のメイン部分が出来ました。
マスキングに見事失敗し、リテイクに時間を食いました。
現時点の状態です。



写真が小さいので粗が目立ちませんが、実際はリタッチのむらがあちこちにあり、非常に汚い仕上がりになってしまいました。
(反省)

マスキングの腕を向上させないといけませんね。今後の課題です。

あとは扇の塗装と全体のスミ入れ、トップコートで終了です。
ようやくゴールが見えてきました。

最初は曹操ガンダムが発売される前には完了させるつもりで作製を始めていましたが、ズルズルのびて、曹操ガンダムどころか孫権ガンダムまで発売されてしまいました。

今日はこれから持ち帰りの仕事をしないといけないので、多分今週はこれ以上手を入れられません。
完成は来週、写真撮影はその次の週くらいになりそうです。11月中に終わらせないと12月の週末は公私で行事があるのでなかなか進められなくなるのですが...

ゴールまで頑張ります。

さ~て、仕事だぁ~ あーぁ...



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




レッドミラージュを少しだけですが、昨日進めました。

表面処理が中心です。
軽く600番でヤスリをかけましたが、結構細かいところでヒケがありますね。
チマチマとそれを修正していました。
あとは組み立て後、目立つところのスジ彫りを深彫りしておきました。
いちおうサフを吹く予定です。せっかくのディテールが消えるのがいやなので。
深夜の作業なのでスジ彫り途中で居眠りしかけ、おもわずカクッとなって外れたところにスジ彫りしそうになりました。あぶなかった...
今後MHのディテールに関しては、深夜の作業は厳禁ですね。


で、作業後のパーツたち。



従来サフは缶タイプで吹いていましたが、かなり厚吹きになるためディテールの事を考えると缶タイプは怖い。
かと言ってサフレスとすると、ヤスリをかなりの番手までかけないといけない。
そうなると、ヤスリで800番→1000番→1200番ってやって、エッジがダレダレになるのは見えている。

そこで今回は瓶入りのサフを購入し、エアーブラシで薄く吹いて見ることにしました。
初めての経験なのでうまく行くかどうか...
(なんかエアーブラシでサフを吹くと目詰まりしそうで、それはそれで怖いのですが)


最近はレッドミラージュと司馬懿サザビーを平行して作業していますが、なかなかいい感じで進められています。
片方が煮詰まった時に別の一方をいじると手が止まらずにリズムに乗れます。

そんななか、先々週に購入したWAVE製1/144 ナイトオブゴールドVer.3の検討も始めています。
ネット上の先達の作例を参考にさせてもらいながら、作戦を練っています。
安価なインジェクションキットなので(それでもガンプラHGに比べると3~4倍の値段はします)、プロポーションなどはガレージキットにくらべると不満たらたらなのですが、きっちり作ればそれなりの物になりそうです。

最初は頭部など、取説やパッケージの作例写真を見て、イメージが違う~とがっかりしていたのですが、軽く組み合わせてみると意外にいけそうです。
問題は完全なモナカ割(フェイスのど真ん中に接着ラインが来る)なので、接着面に少しでも手をいれるとエッジがダレて、フェイス表情に精悍さがなくなるようです。
ここが作製の第一ポイントと思いました。何といっても人形は顔が命なので。

また眼の部分を塗装でいかに目立たせる事が出来るかもポイントかと。
しっかりと眼球がディテールされています。
(あの細かい部分によく入れたものです。すごいぞWAVE)
これを目立たせないと完成後に全身の金色にフェイスが埋もれてしまって、もっさりした印象になりそう。

それと全身パーツにものすごい量のヒケ、ウエルディング跡がでています。
全部のパーツをきっちり表面処理しないとグニャグニャな印象になりそう。
レッドミラージュに比べてずいぶんと古いパーツが主なので仕方ないと思いますが....
まぁそれだけにやりがい、組み立て甲斐がありそう。
レッドミラージュにしろ、ナイトオブゴールドにしろ、プラモデル、模型を作っている!作るぞ!という気分にさせてくれます。
なにかこうスケールモデルを作る気分に近いかも。
ガンプラ作製とは明らかに違った気分を味わえて新鮮です。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




司馬懿サザビーですが、マスキングをすませ塗装の二回目に入りました。
マスキングが見事失敗。赤が相当に白部分にはみ出してました。
リペアに相当時間をくいました。



今はこんな感じです。
完成は来週に持越しです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




司馬懿サザビーですが、一回目のマスキングが終了しました。
断続的ですが、結局、のべ4時間程度かかったでしょうか。
これから赤い部分と銀の部分の塗装に入ります。
その後の二回目のマスキングも地獄を見そうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




司馬懿サザビーを久しぶりにすすめました。
白ベースの塗装までは行ってあり、マスキングのところで手が止まっていました。

白の機体ベースに赤のラインと金の鎧飾り模様があちこちにあるので、マスキングが半端ではないなぁと腰が引けていました。

このままでは放置モードに入ってしまうので、思い切って本日着手。
一部ですが、こんな感じです。



今回はマスキング第一弾として白ベースに赤のラインの塗装のための作業です。
この後は赤の塗装と、金の塗装のための再マスキングの予定です。
赤の上に金の塗装時の時が問題ですね。マスキングが細かそう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




今朝、午前中いっぱいを使ってレッドミラージュを進めました。
前回作成した腕と肩の継ぎ目消しとベイル(盾)の作製です。

肩の裏側の継ぎ目は隙間が多く、溶きパテを使いました。
肩の裏口は完成後も腕の隙間から見える可能性があるので、きれいに仕上げたいところです。

ベイルを腕に接続する接続機構は左右の貼りあわせとなっていますが、ここもパーツの合いが悪く、継ぎ目がうまく消せないため、溶きパテを使用しました。

ベイルは内側のディテールパーツを接着すると塗装時に面倒になりそうだったので、羽目合いの確認と表面処理だけで、塗装後接着完成させることにしています。
ベイル表面は引けが多く、ディテールを消さないように慎重にペーパがけしました。

組み立てはあとは手首を残すのみです。






午後から外出して、調子にのってこんなの買ってみました。



WAVE製インジェクションキット 1/144 K.O.G Ver.3です。
ちょっといまいちかなぁと思いながら、とりあえず積んでみます。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )