部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



先週末、中京AFVの会に参加してきました。もう25回なんですね。
猛者揃いの中、結果は...次回また頑張ります。

今回はこの記事の最終です。
途中写真が余りありませんが、明かり塗装を中心に紹介。

まずは明かり塗装のベースとなる状態がこれ。

その4、その5あたりで既に紹介済みですが、基本色はミッドナイトブルーでベタ塗。その上からネイビーブルー系の戦闘機色を適当にチョイスして、ごくごく薄く希釈してまだら塗装。イメージは若干の月明かり。

影になる黒い部分にはジャーマングレーやブラックをこれまた極薄に希釈してまだら塗装。
石畳の石一つ一つをMr.ウエザリングカラーのマルチブラック、グランドブラウン、シェードブルーあたりで適当に色付け。

闇夜と言えども明かりはあるので、まったくの闇ではないし、黒一色に塗りたくるとイメージが損なわれます。
闇は漆黒ではなく、青基調だというところがポイントかなと思っています。僅かな明かりで色目も分かるし。逆にこれが夜のシーンの厄介なところですが...

で、いよいよ明かり塗装。

写真を撮り忘れましたが(汗)、まずはニュートラルグレーⅠを極薄に希釈して、街燈を中心に半円にグラデーション塗装。
根元は薄く、街燈からやや離れたところが一番濃く、周辺に行くほど薄くなるイメージで。
この時点でフィギュアーも所定の位置に立たせて、一緒に塗装しています。
間違っても別々に塗ろうと思わない事。周辺のグラデーションとパターンがずれるので危険です。

ニュートラルグレーⅠが乾燥したら、いよいよ黄色系の塗装。
黄色をこれまた極薄に希釈し、先のニュートラルグレーのグラデーションを撫でるように塗布。部分的に強めてムラも出しています。
ざっと塗ったら、この希釈黄色にオレンジを微量対して、黄色の外周部分にざっと塗布、さらに少しオレンジを足して、最外周部分にざっと塗布。
だいたい3段階で塗っています。


フィギュアは光があたる場所をイメージしながら、強弱をつけて色のせ。

(このあと個別でMr.ウェザリングカラーのスポットイエローで凸部分をフィルタリング、凹み部分にはマルチブラックで影付け強調してます)

石畳の塗装が乾燥したら、周辺部のオレンジ部分の最外周部分をMr.ウェザリングカラーのスポットイエローでフィルタリングして、少し色を馴染ませます。そうしないとオレンジがきつすぎて浮く可能性があるので。


明かりの基本塗装はここまで。
あとはMr.ウェザリングカラー各種、エナメル各種で、石畳の隙間を適当に色がなじむように埋めていきます。
また、人の足元、ベンチの下等はエナメルの黒で薄く色付け。


そもそもなぜ黄色なのか?
ドイツに出張した時、夜が割と全体に黄色いイメージだったことから、改めてネットで夜の画像を検索してみるとやっぱり黄色、黄色。
街燈が黄色の光が強いので、町全体が黄色に光ります。
目の構造が日本人と異なることに由来するようですね。
おかげでこういうシーンもディフォルメしやすい。もし日本と同じように蛍光色だと闇の中の光源とそれによる明かりを表現し難いです。


フィギュアの顔も半面は街燈色、半面は煙草の明かりで赤で染めてみました。

本当は哀愁を演出するためにこの赤を目立たせたかったのですが、なかなか難しい。次の課題です。


つづいて先の記事でも紹介しています、枯葉を配置。

明かりのある部分には黄味と赤味の強い落ち葉を、暗いところには黒染のキツイ葉を使い分けて配置。
黒い部分の葉にはさらにMr.ウェザリングカラーのマルチブラックを上から追加塗布。



あと水面について補記。
結局、モデリング・ウオーターとさざ波に相性は最悪の様で、綺麗にはがれました。


仕方ないので、最終的にはモデリング・ウオーターを補充充填して静止水面としました。

本当は静かな流れを再現したかったなぁ。


まぁ何だかんだとありましたが想定したイメージの7割は実現でき、AFVの会の会場も皆さんに沢山ご感想をいただけたり、タミヤ会長にもコメントをもらえたりと、苦労して作った甲斐がありました。
次はもっとドラマ性があるものにトライしたいと思います。

では、完成作品のご紹介。
「Light in the Darkness」





























コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いよいよ来週に迫りました中京AFVの会。
今日で作業は終わりの予定。

今回は先週末からおこなった水回りの処理の話。
今回はクリアのエポキシを使用してみようと準備してましたが、時間の関係等々もあり従来通りモデリング・ウォータを使用。


アクリルガッシュと混ぜ合わせながら、流していきます。


こんな感じに充填。


先の記事で紹介したリーフパンチで打ち抜いた落ち葉を散らしながら...
川の流れで隅の方に落ち葉が集まるように少し頭を使ってますw
静かな水面で、川岸が映ってます。

ホコリをかぶらないようにカバーに気を使い...


このあと、さらにモデリング・ウォータを投入して、落ち葉が沈むようにしたりしてます。
(ちょっとやり過ぎたw)
で、悲劇発生。
さて、一晩置いとこうとカバーすると...あれ?キムワイプが水面に触れている....????!!!!

粘度が高くなってからの悲劇。
キムワイプをひきはがしてみたものの、水面はぐちやぐちゃ。
まだ多少粘度が残っていたので、ある程度盛り上がった水面は平らになってくれましたが、被害のあとは見て取れる。
(ショックで撮無し)

何とか自身を納得させて、そのまま行こうと決心。

モデリング・ウォータは固まった後も表面がベタベタして、ホコリがくっ付く困った習性があります。
これを緩和させようと上からクリアを吹いたらまた悲劇が。
何か表面が白っぽくなり、さらにムラムラが目立つ(泣)

先のキムワイプによる凹凸と今回の失敗をカバーすべく、KATOのさざ波を投入ー


う~ん、上手く行かないなぁ。

で、静止水面もイマイチなので、えぃやぁで流れを付けてみました。


しかも、これ、朝になったら端が剥がれかかってもうダメポ.....(大泣)

浮き上がるのは縁に引っ張られていることもあり、少し縁部分をカットして落ち着かせてみましたが、果たしてどうなる事やら。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




追い込み、追い込みの日曜日です。

先週末の作業、小物の作製を。

ベンチ足元が少し寂しいのと、寂寥感UPを狙って、新聞を置くことを考えました。
ネットからフリーのドイツ新聞イメージ画像をひろって加工。
適当な大きさに縮小印刷して切り出し。

Mr.ウェザリングカラーで適当に色付け。
紅茶葉で色付けしようとしたらインクジェットの文字が完全に消えてしまい失敗www

古新聞ポイ感じに。

ベンチの足元に置いてみると良い感じに。


なかなか煮詰まることも多くなってきましたが、シェパード・ペインさんのHow to build DIORAMASを眺め読みすることで、イメージの拡大を図って、手が止まるのを防止しています。

やはりバイブル。

今日は水回りを仕上げます。

中京AFVの会まであと2週間。
なんとか終わりそうな気がしてますが、しわ寄せを喰らっているのが静岡HS向けのディフォルメ作品。
あと2カ月半で、どこまでやれるか非常に心配。

これから4月の期初にかけて仕事も激忙しくなるし、焦り感とプレッシャーがキツイwww








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月最後の週末になりました。来週末はすでに3月....早すぎる(汗)

さて、バイクビネットの作製ですが、ちまちまと進めています。
まずは前回のベース作製の続きから。

以前の記事で紹介した紙創りを使ってみました。
アイビーを使用しています。


ミッドナイトブルーで黒染め。


取説の指示に従って葉を曲げ加工しながら、ベースの石垣に瞬着で点付け。


もとのままだと葉の密度が寂しいので、長さ的に不用になった部分の葉を移植します。

密度を上げるとこんな感じ。

まずまずかな。葉の密度上げの効果は吉岡さんのダイオラマ パーフェクションに書いてあった通りですね。
形状はちょっとエイリアンみたいだけどwww この辺の形状の自然さ加減は慣れが必要なのかな...

続いて落ち葉の作製。

以前に購入したリーフパンチを使用して、ひたすら葉抜き。
形状を少し丸めつつ、エナメルで黒染めして色合いを加減しています。

大きい方の葉は1/35にはやや大きく感じますが、小さい葉だとゴミにしか見せない点が難点かなー 葉っぱらしいのは大きい方。
これを塗装したベースにばらまいて、マットメディウムの水溶き液で固定しています。

塗装したベースをチラ見せw

このあと葉の上にエナメルクリアを塗布して、少し濡れた感じにしてます(正確には濡れた感じにしたかった-なかなか上手く行きませんw)

ばらまいた落ち葉の上から、マットメディウムの水溶き液を垂らして固定するという雑な対応をしたので、メディウムの液が広がって、ベース面が汚くなって涙。
各種塗料を駆使してこの辺の修正等々に結構時間がかかりました。

で、ベースの状況をモノクロですがチラ見せでご紹介。

なかなか渋い感じになったと自画自賛w

ベースはこのままでも良いのかもしれませんが、多少は重厚感を出したいのと銘板を貼る位置が無いので、周辺に枠を付けることにしました。
ハンズで買ってきた木材をノコギリカットして枠作製。
枠を自作するのは実は初めてです。
大きさが場面優先なので、既存の額縁木枠ではサイズが合わないため、今回自作します。


ベースに合わせるとこんな感じ。



フィギュアの塗装もボツボツ進めています。



期日がだいぶ迫ってきました。
水辺の部分も作らないといけないので、まだまだ手がかかります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。
先週末につづいて休日出勤の無い週末。ホント助かります。
が、今週中に何度もボディブローダメージを喰らって、気が付けば精神的ヒットポイントが限りなくゼロ。ただ今、何をするのも億劫さんw
冬のウィークDAYは、朝は太陽が昇る前に出社して、帰りは当然のように夜。太陽をまったく浴びてない生活が続くので、地味にこれも効いてるかなと。

でもそんな個人の気分とは関係なく流れる時間。じわじわとやって来る春の展示会シーズン。
AFVの会と静岡HSに向けてぼちぼち進捗はしてますが、まぁいつも通り計画からダダ遅れ(汗)
リカバーで地獄を見そう...


で、今回はAFVの会向けのドイツバイクビネットその5です。

前回の記事でベースの塗装開始をお伝えしましたが、今日はその続き。
ミニアート社の石畳と石垣のジオラマベースを使用しているため、そこらじゅう石だらけ。
そのままだとディテールが活きないので、石ひとつひとつにちまちま色付けしました。

なんかいい感じ、とこの時点では自画自賛。

夜霧に濡れた石畳の雰囲気が欲しかったので、クリアをこの上からぶっかけました。

........大失敗

照明の光が反射しまくって、微妙な色の濃淡がつぶれて、単純一色の黒い道。
仕方ないので上からエナメルフラットベースをかけて反射を抑えようとしましたが、白っぽくなるばかり(泣)
結局、またちまちまと石畳を塗り直す羽目に。

いやぁ、クリアーって怖いわw

あと、フィギュアの塗装もスタート。
ベースに黒系をぬって、3段階でドライブラシ...のつもり。
あれ?ドライブラシってこんな感じだっけ?って、模型超初心者です。


さて、今日はこのあとから昼過ぎまで英会話教室が2コマ。帰ったら続きをやろう。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日はWF2019冬に行ってきました。
完全にフギュア寄りの購入で、今後フギュアネタがUPされる可能性が高いですw

そしてあわせて会場で購入したのがこれ「SCULPTORS 01」

会場での先行発売の様でした。

最近、造形作家さんのMOOK本が多数出版されて嬉しい限りですが、これは季刊誌の模様。
中身が濃いの濃いの。これはじっくり読みたい。
昨夜も読みかけてましたが、最終頁近く、横山先生の連載「造形で一生食べていく方法」の第一回目「プロの基本13カ条」が素晴らしい。
タイトルが造形で一生...となってるので、造形志望者にはもとより、一般モデラにもまったく合致する内容、さらにはリアルの会社生活にもバッチりと当てはまる金言集でした。
一般発売はあと数日先の様ですが、これは買った方が良い書籍だと思います。

さて、表題のビネットですが、休み初日に下地のミッドナイトブルーを塗り上げていたので、今朝からいよいよ本塗り開始。
各種グレーをまだら吹きしながら雰囲気重視の塗装。

久しぶりに丸一日予定の無い日なので、ゆっくり考えながら塗装しています...って、もう昼かー

今回は石垣の範囲が広くて少し間延びするので、デコレーションとして初めてこれを投入してみます。

今現在は、吉岡先生の「ダイオラマ パーフェクション3」の該当部分を熟読中。

はてさて、どうなることやら...



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。3連休です。今回は久しぶりにまるまる3連休が休みなのでホッとできます。

さて、ほぼ一か月後にまで迫ってきた中京AFVの会。
ぼっーとしているうちにだいぶ追い込まれ感が出てきてしまいました。
ちょっと加速しないと。

前回の記事その2がちょうどひと月前の更新。その間の進捗は....(滝汗)

まずは前回記事の続きでフィギュアから。

前回記事の最後の画像がコレ。


ここからいきなり頭が付いて、柵にもたれかかっています。

結構肘の高さ調整とか、角度調整とか、微妙な調整をしてました。

で、こいつは煙草を吸っているシーンなので、煙草の取り付け。煙草はモールドされていません。当然キットに付属もなし。
親指と人差し指の間に穴を開けて、0.3mmの真鍮線をぶっこみました。

まぁ、それなりに煙草(のようなもの)に見えるのでOKとします。

で、ベース。
先のフィギュアの画像にちらりと写ってますが、ビネットは街中のイメージです。
ミニアート社のジオラマベースを使用しています。


ベース自体は割と大きくて、戦車を置いてもそのままいける大きさをしていますが、今回はバイクがメイン車両なので、そのままだと大きすぎます。
必要な部分だけを切り出して使ってます。
階段も先端の部分はオミット。

バキュームキットは今回が初めてなのでかなり勝手が違ってて戸惑いました。
あちこち空気穴(?)はあるし、凸もあるし、そもそも一枚板からモールド部分を切り出すという概念がなかったので...

キットのバキューム板のままだとペラペラなので、強度に不安があり、ベースのベースにスチレンボードを突っ込んでます。


階段をあわせるとこんな感じ。


ビネットの大きさにあわせて柵も連結、必要部分だけ切り出し。

ここに冒頭の画像のようにフィギュアが寄りかかります。高さあわせが結構面倒でした。

階段下は川の想定なので、クリアレジン(?)を流し込むので、受け皿をあらかじめ取り付け。
スチレン部分のカバーもかねて0.5mmプラ板でぐるりと覆ってます。


ビネットベースの下には隙間があるので、クリアレジンを流し込むと流れて行ってしまうので、目地止めもしてます。


今朝、サフを吹きました。
さて、ここからが作製のミソなので、ひょっとすると展示会当日までこの作品については水面下に潜る事になるかもしれません。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。3連休です。でも最終日は出張です(泣)
とはいっても、年末年始休みに本当に頭の痛かった持ち帰り仕事が昨日でいったんトップ答申して決着。とりあえずは晴れ晴れとした感じ。

で、今回はドイツバイクビネットの2回目。フィギュアに関してです。

今回はバイクにフィギュアを乗せたビネットではなく、バイクは有り体に言えば背景で、このフィギュアと別アイテムが主役。

使うフィギュアはミニアート社製のドイツ戦車兵セット。

バイクでドイツ戦車兵とは、それ考証が雑すぎる!!!って叱られそうですが、まぁカッコ良さと雰囲気マッチングで選んでます。

実はこれともう一つ、ミニアートの同じくドイツ戦車兵セットからフィギュア候補をセレクト。

上半身、下半身、腕等のパーツをあれこれ組み合わせて、さらに先のパケ画像を掲載したキットからコートを取り出し、一番イメージに合う組み合わせを探しました。
使ったコートはこれ。

ピンボケです... でもこれがカッコいい造形なんだよねー

勢いでやっているので、前後比較できる上手い画像がありませんが、まずは柵に寄りかかる戦車兵をイメージしています。
そのために、フィギュアを少し前かかがみに。




つづいてこの腰の角度に合わせて、コートに何段階かに分けて切込みを入れ、ぐいっと曲げてます。




コートの前閉じ部分は別パーツになってて、これを切った貼ったで背中の大パーツや人体に無理やり沿わせて取付。






隙間は無理やりエポパテで埋めて、とりあえずコートとフィギュアの一次加工は完成。







コートの裾や縁は削り込んで薄くしています。キットはかなり厚いんだぁな。
表面処理はこれからですので、かなり汚いですが、まずまず思った形にはなりました。

次は頭をのせて、全体の雰囲気を見ていきます。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




急激に寒くなって、風邪が抜けきらず、いつまでたっても体調不良から回復できません...

今回からドイツバイクサイドカーの作製記です。最終的にはビネットネタになります。
お題はライオンロア社製 1/35 L3508 ドイツ軍用バイク ツェンダップ KS750 w/サイドカー


イメージしているビネットネタから1/35のサイドカーのバイクを作りたく、キットを探してました。
最初はタミヤのB.M.W.R75と思っていたのですが、MMW最初の頃のキットのようで、かなり作り的もそれなりの模様で、イメージと少し合いませんでした。
SCMでマスターさんから他にもメーカーキットがあることを聞き、ネットでざっくりと検索してすぐ購入できそうなものをチョイス。
この時点でツェンダップ製とB.M.W.製の違いも分かってませんでした(超無知w)
後追いで調べてKS75とR75の違いを知った次第。

で、開封。

まぁパーツの細かいこと、細かいこと... ガンプラならパーツの多さに萎えますが、このバイクキットは本体1ランナー、サイドカー1ランナーの
2ランナー構成なので、非常にわかりやすい。
作っててもパーツの多いイライラはありませんでした。
で、気が付いたのはガンプラで萎えてるのはパーツの多さと言うより、ランナー枚数の多さで、ランナーを探すのがイライラと萎える原因だったかもしれないということ。

組立も結構複雑ですがパーツの合いあいはとても良いので、ストレスは思ったほどありませんでした。

取説はわかり難い点が多いですが(個人的に)...

まずはエンジン。


タイヤ

スポークがエッチングパーツで精密です。タイヤのトレッドは複数パーツを組み合わせて再現するのですが、組立は方向性があるのか凹みがあるように見えるタイヤも。この辺りは取説からは上手く読み取れない。

フレーム

この挟み込みと位置出しが一番難しかった。

引き続き本体

バリは多いです。簡単に取れますが...

相乗り用シート。

この部分の台座の取付で暫し悩みました。
シートの台座をを取り付けるフレームの受け側の高さが左右で異なっている。そのままつけると斜めに傾いでしまう。
フレームが曲がっているのかと何度も見直しましたが、どうも違う様なので、シートの台座の低くなる方に0.3mmプラ板をかませて高さ調整しました。

引き続き本体

ドライバーシートの下のスプリング部分。本当のスプリングも同梱されていますが、とても付けられる気がしないので、プラスチックパーツを使用。

前輪部分を組み付け、仮組。

エッチングパーツが結構多い。パーツの厚みは薄いので、アートナイフでも簡単に切断出来て助かります。

BOX

蓋ロック用の蝶番と南京錠までエッチングパーツについてますが、老眼では見ることが出来ませんw


本体横

こんな感じです。


サイドカー

今回パーツの合いが悪かった唯一の部分(前述のシート台座高さ違いを除くと)
前面部分に隙間が出来たので、瞬着で埋めました。逆に言うとそれくらいで済むレベル。

サイドカー各種分を取付



バイク本体はAパーツ、サイドカー部分はBパーツ構成となってます。
本体のAパーツはそれほど気にならなかったのですが、比較するとBパーツにはパーティングラインがかなりあります。
全パーツにあると言っても良いくらいなので、気が抜けません。

ぼちぼち組み付け完了。








バイクの組み上げはまずはここまで。

この後からはフィギュアーの選定と加工に入ります。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実に10/7以来の更新です。過去これほど更新期間を空けたことがありません....(滝汗)
出張や展示会準備や展示会に追いまくられていたとご容赦ください。
ようやく秋の展示会ラッシュも終わり、平常運転に戻りましたので、ブログ更新も平常運転できる、はずw

途中放置の記事も多いので、トピックス毎にクローズしていきます。

まず今回は「飛行機ビネットを作る」のクロージング。
以外に記事更新してなかったので、既に工程を追い切れません。内容がとんでるところもありますがご容赦。

前回記事は何と8/15、夏休みまっただ中。もはや遠い過去ですw
前回記事 → ここ
カチューシャ改造の記事でした。

改造内容はいきなり飛びますが、こんな感じでまとめましたwww

タミヤのピンクサフ状態です。
前回記事から足の上げ方や角度をさらに調整していた気がします。

で、いきなりですが塗装に入ります。

革ジャンとジーンズ短パン、革ブーツのイメージ。
革ジャンはラッカーのオレンジ吹いた上からエナメル茶系でウオッシング。上から光沢クリアを吹いてます。
ジーンズ短パンはインディゴブルーよりやや濃いめのブルーを吹いて(適当に選んだので品番は失念)ます。
革ブーツはマホガニー(だったと思う)

で、頭をつけて、こんな感じ。
金髪はダークイエローにしています。

光が当たっている感じにするのために白でドライブブラシしてますが、ウザすぎたので、実際はここから少し落としてます。

さらにフィギュアを追加。
カチューシャに絡む相棒を置くことにしました。
背景になるFOKKERがドイツ空軍機なので、全体をドイツ系でまとめたかったため、ジャーマンシェパードを選択。
タミヤの動物セットを使用しました。

そのままカチューシャと絡めるとポーズに違和感。

犬が正面向き過ぎで堅いw

で、犬の改造。

この犬キットのポーズを変えます。

残酷、首切りw


斜め向こうを向くようにしました。


カチューシャにすり寄るようになりました。

シェパードの塗装はネットの画像を見ながら。

このあとつや消しを吹いたり、フィルタリングしたり、あれやこれや。


メインのカチューシャ玩具は座席や操縦桿や方向舵ワイヤーなどの装備を付けた後に、ベース色としてダークイエロー(?)を吹きました。
ベニヤ板のイメージです。

この上から茶系や各種色をフィルタリングして、木造っぽく仕上げました。


つづいてベース。
ベースはヨーロッパの倉庫内のイメージをつくりたかった。で、石を敷きました。イメージ先行ですw

煉瓦ブロックは東急ハンズで買ってきたもの。
隙間は石膏粘土で埋めてます。

ビネットは屋内の情景をイメージしてます。
複葉機が収められている倉庫内で子供が遊んでるシーンのイメージ。
かといってビネットを壁で囲うのも嫌だったのでかなり思案。
アイキャッチの含めて、窓がある壁を想定して、薄暗い倉庫内に窓からの光が差し込んでいる風景で室内を表現するようにしてみました。

そのためにまずは窓から差す光の型紙を作ってマスキング。


スモークグレーを吹いて、薄暗い雰囲気とのコントラストを作りました。


窓枠、機体、フィギュアでさえぎられる部分に影を付けました。



銘板を貼り付けて...


で、出来上がり。


ナゴモの展示会場で撮影した画像。背景が白で良い感じ。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ