部長職のお仕事
執行役員としての日々と趣味についてです
 



ブスジマックス-毒島さん原型のガレージキット、ダンバイン胸像を塗りました。
SCM2017のオーラバトラー祭りに参加した作品です。

初めてのガレキ作製もあり、終始ドキドキしながら作製を進めましたが、塗りの楽しさを体感。
ホント楽しい作製でした。


■ダンバイン胸像(原型:ブスジマックス)










全体にかなり青みが強く出てますねー べったりと見えるし(汗)

対して、作製完成時にiPHONE7で撮影した以下の画像の方がエレガントw
iPHONEって何だかんだ言っても凄いなぁー








■作製記

初めてのガレージキット作製なので、パーツ洗浄のやり方の調査・勉強からスタートでしたw
塗りに集中できるのって良いですね。ガレキの楽しさはそこかな。

チマチマと筆を入れるのって楽しいー


RRM誌のダンバイン作例記事で紹介されていた毒島さん独自の下地塗。今回、真似してみました。
ツイッタでもご本人からリプをいただいたりして、嬉し恥ずかし。ドキドキしましたw


作製の詳細はすみませんが過去リンクを参照してください。手抜きですみません(汗)
以下、過去の作製記事リストです。リンクで飛びます。

パーツ洗浄 その1

下地塗装、ベース塗装 その2

仕上げ塗装 その3

台座作製  その4


■あとがき
初めてのガレキ作製。楽しさを満喫しました。
SCMのオーラバトラー祭りがなければ体験出来ませんでした。YOUさん、お誘いいただきありがとうございました。
しかしオーラバトラー祭りは凄かった。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この週末、持ち帰り仕事で時間が喰われてます(汗)
年末、何かとバタバタ。

さて、遅くなりましたが12月2日、3日で参加してきたSCM展の覚書を。


今回のSCM、倶楽部ディフォルメ屋展示とSCMオーラバトラー祭りの2卓で参加させてもらいました。
2回目(3回目?)にして非常に充実した楽しい展示会、スタッフの皆様の意気込みをひしひしと感じます。来年も是非参加させていただきたいです。

まずはディフォルメ屋の卓の全景。

参加したSEED祭り含め、充実の展示。身内ながら流石です。

参加作品。
SEED祭り-過去作ですが、初めて(?)手持ちのGAT-Xシリーズの集合写真。

フリーダムが腰折れの重傷をおしての展示だったことは内緒w

NaGoMoキュベレイ、千葉しぼりシネマ選手権ブロックヘッドも持ち込みさせていただきました。

色々と感想や質問をいただけて、嬉しい限りです。持って行って良かった。

次は静岡ホビーショーですね。次回企画にむけて年明けから始動です。


つづいてSCMオーラバトラー祭り。
オーラバトラー展示として、空前絶後の超絶卓でした。参加出来てホント良かった。
画像は初日分しかありませんがこんな感じでした。

もう凄い、凄いの連発。あまりの凄さに私も皆さんもボキャブラリー消失w


参加作品。
まずは旧キットAB群。
ズワァース


レプラカーン


ビランビー


これだけ旧キット・HGABがならぶと壮観。ゲドを持ってけば良かったかなー


アナベル・サトーさんのご厚意で参加させてもらったABディフォルメビネット。


そしてガレキ作品。
毒島さん原型のダンバイン胸像。


amonさん原型のズワウス。


最終日にはamonさん原型祭りで、集合写真。
amonさんズワウス大集合。


amonさんディフォルメAB大集合

いやぁ、圧巻。
この写真が撮れただけでももう大満足。


ホント楽しい2日間でした。スタッフのみなさん、ありがとうございました!!!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。
昨日の夕方に中国出張から帰国したので1日半の休日。
身体がまだ眠りを欲してます。眠いー

さて、先週末はSCM2017に参加してきました。
ホント楽しい展示会で、また来年の開催が楽しみです。
記事カテゴリのオーラバトラー繋がりですが、参加したSCMオーラバトラー祭りについては中身が濃すぎて、今回の記事でかけるほど消化できてません。
次回記事で紹介させていただきます。

で、今回記事はそのオーラバトラー祭りに参加した作品、ミニズワウスとダンバイン胸像の台座銘板貼り付けバージョンについて。

今回の台座銘板は少し変わった作り方をしました。プラ板を真鍮板見立てて作る作り方には時間が無いし、いつもの金色名刺を使用する方法は少し味気ないしということで、この本に出てたアンティーク紙の作り方を参考に、紙ベースでトライ。

アンテークアレンジBOOK WOLCA氏著 株式会社ビー・エヌ・エヌ新社出版
色々ネタが詰まった本ですので、書店で見かけたら一読をお勧めです。

工程は簡単。
名刺印刷ソフトで適当に厚めの名刺台紙に文字印刷。名刺を切り出し、フチをやすり掛けしてぼろぼろに。角をちぎったりもしてます。
適度にぼろくなったらインスタントコーヒーを溶いた液に浸して、適度に茶色にします。当然漬ける時間で濃さをコントロール。
インクジェット印刷の文字も溶けだしますので、ちょっとつけて様子見て、またつけるという感じが良いかも。
オーブントースターで乾燥かねて少し焼いて出来上がり。

軽めに漬けたのがズワウスの銘板。

コーヒー液を直接垂らしてわざとシミを作ったりもしています。

ちょっと長めに漬けたのがダンバインの銘板。

文字の溶け出し具合で良い感じが作れます。


で、完成形のズワウス。
 

完成形のダンバイン。






やはり台座銘板があると締まりますね。


最後に会場の撮影ブースで遊びで撮った画像。

題して、森でこんなの捕まえちゃったw



大きな展示会は来春の静岡ホビーショーまでお休み。
今年も色々な展示会に参加できてホント良かった。得るものも大きく、刺激を受けまくりの一年でした。
絡んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。

来週はいよいよSCM2017.
準備もボチボチと進行中です。

さて、作製はSCMでのオーラバトラー祭り向けのズワウス作製の続き。今回で完成記事になります。

まずは本体。
塗りを進めました。



黒ベースのズワウス。
下地にミッドナイトブルーを塗り、上からクレオスのファントムグレー、MSジオン軍グレーをグラデ塗布。
羽の内側、コンバータ内側などは、下地に白をグラデ塗装した上から、クレオスのキャラクターイエロー、それにシャインレッド混色のオレンジ、シャインレッドでグラデ塗装。
羽は下部に黒部分を残してグラデ塗装としましたが、正直これは失敗だったかな。すっきりと内側ベースは全部黄色と決めてグラデにすれば良かった。
各部爪は、下地の上からニュートラルグレーⅡをグラデ。クリアを吹いた後でムーンストーンパールを少々(これを吹きすぎて銀色になっちゃった)

で、全体。

このあと各部適当にMr.ウエザリングカラーでフィルタリングしています。
主に3色使用。シェードブルーを奥まった隙間に、表面の色変化にレイヤーバイオレッド、部分的にマルチブラック。
手軽に色合いを変えられるので重宝します。
(といっても、撮影したり、遠目にみると全く違いが判らない自己満足領域ですがw でも自己満足は大事)

そして鳥かご。

籠は黒で下地塗装した上から、適当な金色でムラムラ塗装。
金をムラに置くことで金属感を出しています。

台座にはカウンターウエイトとして、少し重めの材質の木材を選定。
Φ2mmの真鍮線で手曲げw


ズワウスを入れ込むとこんな感じ。





脳内モデリング想定比で50%の出来ですが、まずまず満足。


今日、明日でSCMに向けての梱包作業まで済ませます。
ちょっと風邪ひいてますが....少し仕事で気が抜けるとこれだ。健康第一。

今日はオラザク発表(すでに前売り本でツイッタ上で情報は流れていきますが...)ですね。切手サイズ確定でも楽しみは楽しみ。
あと夕方から模型仲間とオラザク飲み会ー 熱燗飲んで風邪治そうw



■冬の参加予定イベント

「SCM2017 静岡キャラクターモデラーズ展示会」12月2日(土)、3日(日)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ダンバイン胸像に続き、ガレージキット(レジンキット)作製第2弾です。
今回作るのは、多数の素晴らしいディフォルメ オーラバトラーの原型を作られているamonさん作、ディフォルメ ズワウス(ミニ)です。
今年夏のC3で販売、入手出来たキットになります。

ミニマムサイズで原型作製された、素晴らしいディフォルメ-ズワウスですので、作製に力も入ろうというもの。

今度のSCMに持っていくべく、大特急で作製中です。

この素晴らしい頭部フォルム!


ミニディフルメですので、各パーツが小さいー
一応全部に0.5mm真鍮線で軸打ち。ガレキ作製の練習のために、工程は一応きちんと踏みますw


一旦中性洗剤に付け置き→クレンザーでざっと洗った後、続いて煮沸。

専用鍋です。

その後、再度付け置きして、クレンザー洗い。
気泡埋めして、表面処理。


サフ吹いて、粗いところを再度表面処理。


で、工程がいきなり飛びますが、下地塗りから、本塗りへ。

ミッドナイトブルーを下地に全身吹いて、その上から、クレオスのファントムグレー→MSジオン軍グレーでグラデーション塗装。
ズワウスの羽や肩など、部分的に黄色&赤色がグラデで付く部分には、先に白で下地のグラデーション塗装。
表面処理している割には傷が目立つのはご容赦w

差し色となる本体の赤や青は別途エナメルで入れます。
先の黄色&赤のグラデはブラシでこのあと塗布予定。

で、本体完成だけでは面白くない。
せっかくのミニサイズのディフォルメを活かして、前からやってみたかった展示にトライ。

題して、オーラバトラーを捕まえちゃったw

まずはそのために鳥かごを作ります。
このミニズワウス、羽を広げると7~8cm程度なので、直径10cmの鳥かごを想定。
円周=2πrの展開寸法をざっと算出し、エバグリのプラ板を並べてかご編み。

円周の半分を接着貼り付けし...

丸く組み上げ。

残り半分を反対へ接着。


ちょっと高さがあり過ぎるのと、尖がり過ぎなので、先端で切り離し、中央部にかごの固定ベースを置いて形を整えます。


底板も10cm+αの現物合わせで作り、底面はめ込み式にして、籠の完成。



で、ミニズワウスを捕まえたイメージ構図がこちら。

別途、止まり木を準備します。


本体塗りと籠塗りでSCMにはギリギリの工数見込。

頑張ります。


■冬の参加予定イベント

「SCM2017 静岡キャラクターモデラーズ展示会」12月2日(土)、3日(日)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




SCM展まであと3週間。
順調にダンバイン胸像塗りは進み、今回が最終記事になります。

作業は前回の続きから。
前回画像がこれ。

ここから、まずコンバータの着色とキャノピー塗装を行いました。


コンバーターはこれも1/24ダンバイン作製時の残り塗料を使用。
当時のレシピでは「コンバーターの濃い青は、その薄い青(注追記:本体の色)に紫とシアンを追加して色味を濃くしています」でした。
これを5倍希釈で軽くふわっと色を乗せる感じで吹いています。
口(?)の同じ色で塗装。

キャノピーは、クレオスの濃緑色をクリアで1:1に薄めたものを5倍希釈を準備。全工程で白のグラデーションしている上から、これもふわりという感じで全面に塗布。
さらにその上から同じくクレオスの三菱系濃緑色をクリアで半分にして、6倍~7倍希釈。先の濃緑の上からまだらになるように塗布。
この後の工程で、この上からスーパークリアⅢを2層塗布しました。

さらにこの時点で目をクレオスのパール系のルビーレッドで塗装。ただし、イマイチ光り具合が弱いため、あとから塗り直しています。


続いて首回り。

タミヤエナメル金、赤、青、Mr.ウエザリングカラー各種で適当に色付け。

あとは各表面部位をMr.ウエザリングカラーのマルチブラック、レイヤーバイオレッドでフィルタリング。
色の変化をつけています。


前述の目の部分。
光り方が弱いので、銀+クリアレッドで塗り直しました。


で、あちこちに色を足して、とりあえず作業終了。
一応、完成画像です。






初めてのガレージキット(レジンキット)の作製でしたが、とても楽しめました。
キット原型はあの毒島さん。カッコいいダンバインの造形で、終始モチベーション高く作業が出来ました。
皆さんが毒島さんのオーラバトラー胸像を持ち込む、今度のSCMが楽しみです。


さて、今週はまた中国へ出張。
行き先が今回は北方地域なので、めちゃめちゃ寒い(すでに氷点下らしい)のと、とにかく皆さん酒が強いので酒宴は地獄を見そう。すでに相当憂鬱w
出張から帰ってきたら、もう一つのレジンキットのamonさん原型のズワウスを進めようー


■冬の参加予定イベント

「SCM2017 静岡キャラクターモデラーズ展示会」12月2日(土)、3日(日)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、SCM展に向けたダンバイン胸像の塗装です。

先の記事の続きから。

まずはサフ状態。

ここは特に問題なし。
洗浄もOKで剥がれそうなところもありませんでした。

そして下地のミッドナイトブルー塗り。


オーラバトラーには下地にこれが似合う。

そのうえからダンバインの基本カラーをグラデ塗装。
色合いは以前に作製した1/24ダンバインのカラーがまだまだ残っていたので、それを流用。

当時のレシピ「ガイアのホワイトにクレオスの紫を少量、同じくクレオスの色の源のシアンを少量で適当(!)に調色」
画像を見る限り、なんか透明感があって良いですね。
実際にはグラデがかなりきつい状態です。

この上からダブルアールメカニカルVOL.05の毒島さんのダンバイン作例記事に倣って、アクリルガッシュの点描で下地に変化をつけます(...つけようと画策..あとで泣きを見ることはこの時点ではわかるはずもなくw)

何も考えず点描。
この時点でもう一度、毒島さんの作例記事を見直せば良かった。薄く溶いたアクリルガッシュを-と書いてある...
対して、濃いまま各所に付けていた私。これが後で悲劇の元。

アクリルガッシュ点描前に胸部キャノピーの下地塗装。

ミッドナイトブルー下地の上にガイアのニュートラルグレーⅡをグラデーション塗装。
その上からピュアホワイトをハイライトで塗布。結構まだらになるようにしました。
この上からグリーン系を塗布する予定です。
このままでもそれなりの雰囲気は出てますが。

で、次工程で、アクリル点描の上からクレオス系で作った隠ぺい力の弱いダンバイン基本カラーを塗布。
レシピは先のガイアでの基本色と同じです。

とにかくアクリル濃度が濃いので、上からかなり色を乗せないと目立ち過ぎが収まらない。
で、点描を埋めることに一生懸命で、気が付けば白塗りし過ぎ。
もっと薄く溶いて点描すれば良かった。
結果、点描が画像では全く写らない(大汗)

まぁ肉眼ではうっすら点描が見えるので、なんか下地にやってるぞーって感じはかろうじてするので、一応良いかと妥協w
アクリルガッシュが濃すぎて、部分的に塗装面がガタガタ。ここは困ったなあー どうやってリカバーするか思案。

頭部のグラデを消し過ぎたのももったいない...

今日はコンバータと口に少し濃いめの青紫とのせるのと、出来たらキャノピーまで色付けしたい。
(まぁ結局は基本塗装は今日終わらせたいということ)
少し用事がありって夕方まで塗装できないので、今日でどこまでいけるかは???です。



■冬の参加予定イベント

「SCM2017 静岡キャラクターモデラーズ展示会」12月2日(土)、3日(日)







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風前夜の嵐の予感。
端から外出を諦めているので、こういう日は作製が進む、かも?

で、本ブログでは初のカテゴリー、ガレージキットの作製です。
ガレージキットなるもの、大昔にコトブキヤのズワウスを何も知らないで作製したことがあるだけ。
その時は軸打ちとか、洗浄とか、まったく知らない状態での作製だったので、なんじゃこれは、塗装できないーとか、接着できないーとか、すぐ壊れるーとか、考えてみたら当たり前のことで悪戦苦闘してました。
結果、ラッカーという溶剤で洗いまくったことになり、最後は着色できましたが、あの重たいコンバーターを瞬着だけでずっと持たせることが出来るはずもなく、結果崩壊して何処へ消えてしまいました...いまから考えるともったいないことした。

で、月日は流れて20余年。ふたたびガレキにチャレンジする機会が来ました。
目標は12月の静岡でのSCM展。
ここでオーラバトラー祭りがおこなわれるので、既存作品の旧キット1/72ABとともに、このダンバイン胸像を持ち込みます。


※倶楽部ディフルメ屋もSCMに展示参加しますので、こちらにもメンバーとして参加します!


このダンバインの胸像、尊敬する毒島さんの原型作品。
初めてづくしですが頑張ります。

まずはキット状態。

軸打ち済みの画像です。

で、パーツ洗浄。当然初めて。
ネットでガレキの洗い方を検索して勉強。
タッパにいれたぬるま湯に中性洗剤をぶち込んで、漬け置き洗い一昼夜。
クレンザーでひたすら磨きました。


気泡埋めもやり方わからぬまま、とりあえず瞬着とエポパテで埋めるべきところは埋めました。
エポパテ使用が正しいかどうかは??? 食いつかんような気がするが、まぁモノは試しw

で、今朝、サフ吹き。



本当に接着できるのか、マスキングで塗装が持って行かれないか、すごく心配。

塗りのイメージは、毒島さん作例記事掲載の永久保存版RRMVol.05、そのダンバイン作例塗りに準拠するつもり。
オーソドックスなダンバインカラーでガレキ特有の塗りを楽しんでみようと思います。






■秋の参加予定イベント。

「第4回千葉しぼり展示会 全日本シネマ選手権」10月28日(土)



■冬の参加予定イベント

「SCM2017 静岡キャラクターモデラーズ展示会」12月2日(土)、3日(日)





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先週末は静岡でSCM展に参加してました。

倶楽部ディフォルメ屋のメンバーとして参加。
展示会、懇親会ともに充実した時間をすごせました。

倶楽部ディフォルメ屋のブースの全景。

力作ぞろい!
静岡HSでの展示とは一味違った展示内容。ディフォルメとそれ以外のカテゴリ展示にもまとまりがあって良い感じ。
展示のデザインって大事だと再認識。aspさん、お疲れ様でした。

会場はクラブ展示と一般参加展示で構成されてましたが、どれも力作。レベルが高くて圧倒されまくりでした。
今回のアップでは展示会の内容の画像をオーラバトラー中心に。というか、いつもそのパターンかもw
完全に個人的趣味に偏ってます。

今回、AB目玉のYOUさんの展示。
新旧ディフォルメ・サーバイン!!!



ディフォルメABの金字塔!
いつかは(おそろしく遠い先でしょうが)超えてみたい目標です。

YOUさんオリジナル造形のズワァース!

造形、塗りとも素晴らしいー

毒島さん原型のズワァースの胸像!

本当に凄い塗りで、何度も何度も見てました。こんな風に塗れたらガレキの作製も楽しいだろうなぁ。


つづいて宮田さんのAB作品
WAVEのあのヴェルビンが登場!

カッケー!!! でもお高いんでしょ???ってやつで、なかなか手にすることも、ガラス越しでなく直接見る事の出来る機会も少ないキットですので、もうじっくり拝見しました。
お話を聞くと、表面処理は結構大変だったそうです。

G-worksさん原型のサーバイン胸像。
綺麗な塗りで、サーバインの美しさが引き立ってます。再見ですが、何度見てもため息のでる美しさ。

宮田さんとお知り合いになれたのは、2014年のモデスポで展示されていたこの胸像からです。

つづいて我らがディフォルメ屋会長のaspさんのダンバイン!

旧キット1/72を上手く処理されていて、短期間でここまでキットの質を引き上げられる腕前はさすが!
私もダンバインを作らなくちゃ...実はまだ主役機のダンバインを作ってないんです(汗)

そして今回、AB好きモデラーの視線をさらったYataroさんのSDビルバイン!

もうコメントの必要もありません。凄いディフォルメ作品。ツイッターの”いいね”の数がそれを証明しています。
凄いなぁー SDと呼べるレベルに作りこまれたAB作品。

そして、今回のSCM展の記念になる一枚。
YOUさん、Yataroさんのディフォルメ作品と、私のダンバインでの記念撮影。

SCMに参加してよかったー


で、カテゴリが変わって、私も参加したガルパン展示。
モデラーのパワーが結集した成果。

登場車両がほぼコンプ(?)



私がヘッツアーで参加した大洗チーム。

戦車作製はこれで2回目でしたが、このような展示は盛り上がりますねー ただちゃん、お疲れ様でした!!!


今回AB以外で、ハートを鷲づかみにされた作品を最後にご紹介。

スエキチさんの重騎士グリモア!
本当にすごいです。もう目が釘付け状態。
このようなオリジナル作品を作れる才能のかけらでも自分にあれば、模型生活はもっと楽しくなるだろうーって、久しぶりに人をうらやましく思う気持ちでいっぱいw


最後の最後に自分の参加作品を。
今年のNaGoMoで展示したバイストンウェル物語。


千葉しぼり展示会3の旧キット王選手権に参加したガリアンワールド。


昨年のNaGoMoに出したCBジオラマを引っ張り出して、一般参加卓に置かせていただきました。


とても楽しい展示会でした。来年も機会あれば参加したいなぁ。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




週末です。
いよいよ来週に迫った旧キット王選手権。最後の追い込みの週末。昨日は九州出張で帰路の飛行機が遅れに遅れ、帰宅したのは日付が変わってから。
既に作業気力もなく爆睡。本当にこの土日が勝負となりました。
超滝汗状態ですが、なぜか余裕のブログ更新中w

さて、先週末はブログ更新を休みましたが、その理由は表題のNaGoMoのコンテストと日曜展示会に参加していたため。
コンテストは前回記事で作製内容を紹介していたディフォルメビネットで参加。
結果、とてもありがたい事に、 WildRiver荒川さんから「 WildRiver荒川賞」を、参加したノンジャンル部門では「ノンジャンル部門賞」をダブルで受賞することが出来ました!
投票いただいた皆様方、応援くださった皆様方、本当にありがとうございました。

参加した作品の全景です。


作製内容は過去記事の通りですが...
「ディフォルメ・ビネットを作ろう!」
「 ディフォルメ・ビネットを作ろう!その2 」
2作品を1作品にするためにベースに雛壇をおいて、ビネット2作品を置きました。
ベースは100均で買ってきたコルクボード掲示版にニス塗り。
そこに書店で買ってきたヨーロッパの古地図複製品を貼り付け。なお地図はそのままだとケバケバしいので、ブラシで茶系ラッカー塗料をぶわぁーって感じで吹いて、古びた色合いにしました。

全体を表すストーリーボードも和紙に印刷した後、同じく茶系塗料でブラシ塗装。ちょっとこれも古びた感じにして、全体的に茶系で色彩統一しました。

各部のアップ。
まずはダンバインビネット。

キノコの赤がアイキャッチャーになってくれていたようで、やはり赤は強し!を改めて実感しました。

つづいてズワァースビネット。

基本的に色彩を排除した色合いにしたので、ダンバインとの陰陽対比が上手くいったかと自画自賛w
色々試した挙句、結局は綿を使ったオーラ表現もまぁまぁ及第点だったかなということで、とりあえず良かったよかった。

上から。


仮想ストーリーで全五話を設定していましたが、雛壇の下が空いていたので、できたらここに小さなビネットの第二話「楽園」を置けたらベストでしたが、まぁそれは望み過ぎということでwww


テーマ部門賞受賞のラトキエさんのオーライザー(寂寥感がたまらなく素敵。おめでとうございました!!!)、個人賞3部門受賞(素晴らしい!)のうーオヤジさんのジオラマと記念撮影。


つぎの画像は同じく個人賞受賞の皆さんの作品。エスタさんのドラン(ホント素晴らしい! 投票しました!!!)、中佐殿のゼロ戦(素晴らしく、もう言葉もありません!)、前述のうーオヤジさん(3部門受賞、おめでとうございます!)のジオラマです。


最後になりましたが、栄えある大賞はSOLさんの作品!
もう本当に飛んでるようにしか見えません。凄い!!! 塗りも素晴らしく、懇親会の時に秘訣を教えてもらいました。

大賞、おめでとうございます!


来年もナゴモは開催されるとの事でしたので、また楽しみが出来ました。

....まずは来週に向けた準備だな(大汗)


■お知らせ

・第三回千葉しぼり展示会、全日本旧キット王選手権。11月5日(土)です。
 
 参加します! ガリアン、プロキマス、ウィンガル・ジーで参戦(の予定)...う~滝汗



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ