羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

2006年01月21日 | Weblog
雪が降ると嬉しいのは、何故でしょうね。

子供の頃に遊んだ記憶が甦るから?

雪の舞い降りてくる空を見上げるのが

とても好きです。

世界が静かになって、こころも静かになっていく。

都会で経験する降雪は限られているから

ロマンチックに浸れるけれど、

北国ではどうなのでしょう。

やっぱり「もう、うんざり、」とか思ったりするのかな。

ずっと昔、ボーイフレンドが学校の宿直のアルバイトを

していて、冬休みのある朝、会いに行ったことがあります。

とても雪が降った翌朝でした。

方向音痴のわたしが辿り着けるように

彼は学校近くの通りまで出てきてくれていました。

「あ、よかった、あそこだ・・」と彼を見つけたものの

コートのポケットに手をつっこんで足元ばかり見ながら

慣れない雪道を慎重に歩いてやっと到着したとき

彼は「雪道歩いてるの、なんだか似合うね」

と言ってくれたのです。

「そう?」と笑いながらも(どういう意味だろう?)と

考えていたあの日のことを

今でも懐かしく思い出します。

彼とS君と、わたしのたった三人で文芸サークルを

作っていました。

そのときの彼とは遠く離れて暮らしながら

今も年賀状だけは途切れることなく続いています。

あの雪の日、もう覚えていないんだろうなァ。
コメント

広島土産

2006年01月15日 | Weblog
息子の彼女が、『広島に帰省して来たのでお土産です』

と可愛いキティちゃんをくれました。

他にもお菓子やらお茶やら、いろいろ・・。

それを自分の手で渡したい、と主張してくれました。

彼女とは二度ほどしか会っていないのですが、

話はたまに息子から聞いていました。

それで、彼女の悩み、というか心配事を伝え聞き、

わたしなりの感想を述べておいたのです。

それが多少なりとも役に立ったようで、

今回は久しぶりに会えてその報告をしてくれました。

あァ、少しは参考になったみたいで良かったな~と思い、

お土産のお礼とともに、

自分の考えを簡単にまとめて今朝、メールしました。

押し付けがましくならないように、

自分の考えを述べる、というのは難しいですね。

でも素直な彼女はしっかりと受け止めてくれて

本当に良かったと思います。

良かったと同時に、彼女の悩みの深さも

知ることになりました。

苦悩が深ければ、相手の言葉もずしりと響くもの。

安易なことを言ってはいけない。

けれど柔軟に心を寄り添えるなら、

そしてそれを言語化できそうなら、

若いひとに伝えるのも悪くないな、と思った日でした。
コメント