羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

過ぎ行く5月

2020年05月15日 | Weblog
長女が届けてくれた母の日のアレンジメントは、いま分割して玄関と洗面所に。
さいしょはこんな感じだった。


一人暮らしの窓辺がパッと明るくなった。
うちにいるからスマホ見てる時間も増え
ネット購入する事も少し増えた。
そんな時、アマゾンから心当たりのない
商品購入のお知らせメールがきてビックリした。
焦って購入履歴を確認したけど買ってない。
よく見ると転居前の住所になっている。
発送準備中らしいけど履歴にないので
キャンセル出来ない。
カスタマーセンターはこういう時期なので電話受付はしてなくてチャット。
どうやら以前使っていたアカウントを使われたらしい。コワイ。
その後、アカウント閉鎖を申請して
ようやくホッとしたのもつかの間、
同じ事態が数回も発生して非常に疲弊した。
何回もアマゾンとチャットした。
要領を得ない説明も多くイライラする。
担当部署から改めてメールしますと言ったので1日待っていたのに来なかった。
やはり釈然としないので再度チャット。
ようやくメールはきた。
分かったような分からないような終わり方で今日が4日め。
緊張感のあるアクシデントだった。
不審なメールをあけた覚えもないし、
原因はハッキリしないけど仕方ない。
アカウント…じぶんは1人なんだから
アカウントも1つでいい。
整理するべき事柄がここにもあった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ステイホーム

2020年04月26日 | Weblog
実はブログを他でちょっとだけ、
書き始めている。
ひっそりと静かに小さな声で、
じぶんだけの素直なブログ。
公開はしているが日にちが浅いのと
ハッシュタグつけたりしないので、
アクセスはほとんどない。
読者獲得が目的ではないのでそれでよし。
ところが、ふと、ここに戻ってみると
毎日それなりの数字が出ていて
訪問者がある事実に「うー…」と思う。
居留守を使っているような落ち着かない感じ。
それで時々は戻って来ようと思ったりする。
とりあえず時間がたくさんある。
昨日から300ピースのパズルを始めた。


300なんてカンタンだろうと思ってた。
1000ピースの名画シリーズも買ってある。
しかし!藤城さんの絵は精密で非常に
細かい。やりがいがある。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

退職と転出

2020年04月01日 | Weblog
4月になった。
退職をして転出届を出す人と一緒に
市役所に行く。
今日もつめたい雨が降っている。

昨日読み終わった本
井上荒野「あちらにいる鬼」
これは図書館で予約した本。
図書館は閉まっているが予約本は
受け取れるのでバスで行って来た。
返却日が4月28日となっている。

3月に読み終わった本で書き忘れた本
「小川洋子と読む内田百閒アンソロジー」。
いま友人のところにある。
今日、アマゾンで注文した本、
「アウシュビッツのタトゥー係」

こうしてたくさんの活字がすっかりと
どこかに収まり、ようやくわたしは
ぽつぽつと書き始めるのかもしれない。
そうだといい。
やはり書いているじぶんでいたい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春がきても在宅

2020年03月30日 | Weblog
延期になったり中止になったりする事が
続く春。
冬晴れ、早春、春本番、と窓の景色も
変わり散歩道には桜が咲いた。
「書こう」と思うことは何度もあった。
ここのブログかツィッターか、詩や雑文を載せているサイトか、。
書きたいことはふるふると降り積もり、
そして結局なにもどこにも書かず沈黙。
降り積もったものは春の雪のように溶けたりはしない。
たぶん「思い」なのだ。
そんなことあったね、と自分で思い返すための一人称の記録。

1月から3月に読んだ本。
窪美澄「トリニティ」
天童荒太「ムーンナイトダイバー」
村上春樹 川上未映子
「みみずくは黄昏に飛びたつ」
桜木紫乃「氷の轍」
天沢退二郎「光車よまわれ」 
若竹七海「暗い越流」
千早茜「桜の首飾り」
中島京子「夢見る帝国図書館」
佐野洋子「死ぬ気まんまん」
篠田節子「スターバトマーテル」
「美神解体」
「介護のうしろからがんがきた」
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬晴れの日、在宅。

2020年03月30日 | Weblog
久しぶりにアップした記事を読み返すと
じぶんはとてもげんきで
すこやかな感じがする。
そうだろうか?と思う。
そうでもない、と思う。
怠け者だからぐだぐだしている。
うちにずっといるのもつまらないけど
出かけて行くのもちょっと面倒くさい。
出かけた先で誰かと会ったりするのも
おっくうだったりする。
日に当たるために散歩に行くのは
わりあい好きだ。
誰とも会わないし話もしない。

だけどきっとそれが連続すると
人恋しくなるんだと思う。
知り合いや家族や友だちに会いたくなる。
ぐだぐだしてる不健全な感じも気になり
始める。
それが予測できるから予定をたてる。
出かける日の予定。
出かけるじぶんをイメージして
カレンダーを眺めて落ち着く。

今は仕事もたまにしか行かない。

朝も夜も仕事をかけもちして
頭痛薬を飲みながら必死にがんばって
いた時も確かにあった。
ぐだぐだしてるヒマは
そういえば全くなかったが
健やかに日々過ごしていた訳じゃない。
混濁の流れにのみ込まれそうな毎日だった。
どうにかここまできた。
いまはまたここで羽を休めている。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする