羽を休める鳥のように

きっとまた訪れる薄紫の夕暮れを待ちながら

ゴミのやま

2019年03月19日 | Weblog
大変だと覚悟はしていたが、これほどだとは思わなかった。
業者に一括して処理を頼む、という選択肢が無い訳ではない。
でも去年から少しずつ整理してきたつもりだったし、
なんとなく「親に託された」感じがしてじぶんで仕分けしよう、と思った。

天袋、物入れ、押入れ、引き出し、ソファの裏、台所すべて、とにかくすごい。
不燃物、プラスチック、紙類、衣類、そのほか・と分けていく。
でもここにきて協力者、まあ、夫なんだけど、がようやく現れたので、
一人で奮闘しているよりはだいぶ違う。
庭にある物置も奥が深かった。
ここで暮らした30数年分だけではない。
母がとっておいたわたしと兄の「思い出のあれこれ・通知表まで」。
父の書類、本また本、大量の写真。
それどころかわたしが結婚するとき実家に置いて行ったものたちが
大きなダンボールの中で眠っていた。
手紙、日記、ノート、写真、40年前のじぶんと再会するとは思わなかった。

父の蔵書、よく分からない壷たち、母がきちんとしまっていた「国民服」、
何故か天袋から出てきた山下清の掛け軸などは、
ライン査定を頼んで鑑定してもらい幾らかで引き取って貰った。

それにしても、まだまだ家の中はすごい。
ゴミの山。
三鷹市は不燃ごみが月に二度しかない。古紙、古着も4回しかない。
とても出し切れないので粗大ゴミと同時に多量ゴミとしてネットで申し込み、
有料で回収してもらう。そういうことをもう10回以上している。
一回に袋ゴミを5個位、家具、寝具などと同時に出す。
ゴミにだすのも容易ではない。
自治体によっては車でゴミセンターに何でも持ち込んで1キロいくらで処理できるという。
三鷹にはそういうシステムがないらしい、と諦めていたらひとつだけあった。
車で持ち込み!これだ!と喜んだら、持ち込めるのは可燃ゴミだけ。
大量の紙類がまだまだあるのだけれど、それは資源ごみだからダメらしい。
ガッカリ・・・。可燃ゴミだけ持ち込めるって・・・生ゴミ?

これらの片付けが終わらないので、自分のものに手が回らない。
来月、引越しできるのだろうか。
コメント

お別れ

2019年03月15日 | Weblog

タオタオ、くまくま、コンコン。
こどもたちの小さな手にいつも
抱かれていた。
タオル地のくまは初めての出産で、早産を避けるため実家にいた時に手作りした。
赤ちゃんが舐めてもいいように、タオル。
不器用な若い新米ママの作。

長男が六歳になった頃書いた
「くまくまのぼうけん」という
長いお話も出てきた。
スケッチブック1冊、彼が絵も
文も書いていて時々わたしの解説がついている。
くまくまはいつも幼い息子と一緒にいた。
パンダのタオタオは紙おむつのプレゼント当選品。オムツ使用者本人の長女のものだった。
そして時が経ち歳の離れた末っ子には布製の手作り絵本と、
手人形のキツネが与えられた。
コンコンはmadeinU.S.A.である。

オトナになった子どもたちは、
このこたちを実家において
巣立っていった。
家は取り壊される。
たくさんのものを捨てる。
子どもたちがまた会いにきた。
そして別れの時がくる。
愛猫、駿が眠る寺院では、人形供養もするという。
明日、雛人形と一緒に連れて行く。
「くまくまはオレが供養する」と
息子からラインがきた。
コメント

引っ越し準備 3

2019年02月15日 | Weblog
ちょっとみない間にブログの
スタイルが変わっていてビックリした。
2月も終盤に向かい寒い日は
あまり動かずに手元で出来る作業をしている。
3月になって暖かくなったら、
庭に二つある物置にとりかかる。
先日、山梨に転居した次女が手伝いにきた。
小さい頃好きだったオモチャ類が
玉手箱のようで歓声をあげていた。
ものすごく懐かしい!
わたしも同じ。
だけどもう別れを告げる時がきた。
この家にあるものの7割は処分していく。
一昨日、忘れていた衣装ケースを
5箱発見した。
昭和なワンピが何着か出てきた。
お気に入りだったロングスカート。
銀座のOLだったわたしの愛用の
青いトレンチコート。
それこそわたしの玉手箱みたいだった。
昭和なワンピは写メして娘たちに
ラインした。
「可愛いー」と二人からすぐに反応があり、
明日さっそく長女が見に来るという。
コメント

引っ越し準備 2

2019年01月31日 | Weblog
カーブスは電話して早めに
「面談」の予約をとり無事に退会した。
「休会」を勧められたけれど、
とりあえずやめる。
ヨガは続けたいからなるべく
通う。今のところが好き。
仕事は人手不足でなかなか辞められない。
でも行く日をぐんと減らして、
無理しないつもり。

片付ける作業というのは、
いる、いらないの作業で、
自分がどういうおばあさんに
なりたいかのイメージトレーニングみたいな気がする。

長女がきて、いらない本の箱詰めを手伝ってくれた。
まず11箱。
さよなら、ありがとうと思いながらたくさんの物達に別れを告げる。


次に住む所もようやく決めた。
保証人になってくれた長男に、
明日会いに行く。
コメント

引っ越し準備

2019年01月26日 | Weblog
気力、体力、余力のあるうちに7人と一匹で住んでいたこの家を片付けて
どこかへ行こう、と思い付いたのが去年の夏だった。
二世帯住宅は収納がいっぱいあって片付けてもキリがないように思われた。
でもやるしかない。
土地は所有のものではないので処分するにあたって交渉が必要である。
わからないことがいっぱいあった。
調べたり依頼したり連絡を待ったり面談をしたり、
そういう交渉事と家の中の片づけと、次に住む家を探す作業で、
疲労困憊している。
テキパキと動いてくれて頼りがいがあって気遣いもしてくれる人が
そばにいればいいのだけれど、そういうヒトは始めからいないのである。

そんな今日この頃、「そうだ」と思いついて6年ほど通ったスポーツジムに行き
「引っ越すのでやめるよ」と伝えたところ、
「店長と面談が必要なので2月に予約してね」と言われた。
でも一か月前に申告でしょ?と聞いたら大丈夫、という。
その日は運動もせず近くのスーパーで段ボールをもらって帰った。
そしてふと昨日調べたらやはり翌月に退会するには前月末に手続きしなくてはいけない。

2月に店長と話しても3月分まで会費がとられるのは確実だと思う。
1月は一回しか行けてないのに6千円。
始めた頃は運動不足と膝痛、もちろんお腹周りの脂肪も気になって、
「女性だけの30分トレーニング」カーブスは自分にピッタリだと思った。

多少不快な出来事もあったが気にしないようにしていた。
さいごくらい気持ちよくやめたい。
コメント (2)