直ぐに歯が入る、腫れない痛まない、早く治るインプラント 日本口腔インプラント学会専門医 即時荷重専門書著者から情報提供 

腫れない痛くない手術で直ぐに歯が入る、早く治るインプラント治療のパイオニア 日本口腔インプラント学会専門医が情報提供

当院にご相談をお考えの患者さんへ

2019年07月08日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話
当院は大変忙しい医院です。

患者さん一人に対してしっかりと時間をお取りして治療をさせていただく、と言うやり方を開業以来させていただいています。

そのため、一人で1時間以上時には半日以上とか、1日がかりで治させていただく、と言う治し方をしています。

お陰さまで、即日のうちに歯が入ると言うご評価をいただき、治療のお約束の時間を早い者勝ちで取り合うと言う状態になっております。

そして、何よりも治す手が私一人ですので、1日にお一人様を治させていただくだけで手一杯、と言う状態になったりしております。

なので、申し訳ないのですが、皆さま平等に特別扱いする患者さんとかは作らず、治すやる気のある方、早くにお約束を取られる方から治させていただいています。

初診の患者さんの場合も、お一人さまを最低でも1.5時間のお約束をお取りして対応させていただいています。

治療の患者さんが入っておりますので、その合間、昼休みとか、診療を縫ってとか、で対応させていただいています。

なので、初診の患者さんの場合、ご相談だけで終わることが普通になっていて、次回から説明に納得いただけたら、それに沿って治療を始めます。

特に当院に多い抜歯即時インプラントで歯を直ぐに入れて欲しい、と言うご要望にお応えするのに1ヶ月以上お待たせすることも少なくてありません。

初診の次で抜歯即時インプラントで歯を入れて欲しい、と望まれる患者さんがとても多いのですが、なかなかそうはいかない状態です。

お電話いただいていても、申し訳ないのですが、処置中だったりして、出れないことも良くあります。

そこに関しましては、お口開けて頑張ってる患者さんがいる、とご理解いただきたいです。

以上、大変わがまま申し上げてばかりで、申し訳ないのですが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

留守電にメッセージを入れていただき、ご連絡先を入れて置いていただければ、私どもの方から手が空き次第ご連絡を取らせていただきます。

その場合、確実にご連絡の繋がる所をお入れ下さい。

宜しくお願いします。

PS:通院しておられる患者さんへ、お願い申し上げます。留守電に入れる場合、お名前をフルネームで入れて下さるようにお願いします。苗字だけですと、同性の方とかがおられて分からないことがあります。お手数ですが、宜しくお願いします。
コメント