ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日は近鉄南大阪線沿線の人なら奈良県の人でも正しく読めるのに地元天王寺区の人は間違って読む河堀稲生神社(こぼれいなりじんじゃ)の夏祭りへ。雨の中。おみくじは高津宮に次いでまたまた大吉。

2019-07-18 19:49:37 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで1800m泳いだ後、河堀稲生神社へ。

真田山プールへ自転車で向かうときには、雨は降っていませんでしたが、泳いでいるときに雨が降ったりやんだり。
プールが終わった後は、大雨注意報が出され、本降りの雨に。

真田山プールから上町筋。いつもは、上本町6丁目交差点から千日前通りに入りますが、本日は、そのまま、南下。
五條宮前西交差点を少しだけ東に。
五條宮前からそのまま四天王寺東大門前を通り、北河堀(きたかわほり)交差点へ。

すると、太鼓が乗った台(河堀楽車)の巡行がなされているのが見えました。

楽車を追いかけました。

そして、河堀稲生神社(こぼれいなりじんじゃ)に。

近くに 北河堀 南河堀の地名があり、地名としての河堀は、かわほり と読みます。

よって、地元の人は、間違って、かわほりいなりじんじゃ と呼んでいる人もいるかと。

それに比べ、近鉄南大阪線では、阿部野橋の次の駅の名前が、河堀口(こぼれぐち)となっているので、針中野駅をかつて利用していた私は、河堀 とみて、素直に こぼれ と呼んでしまいます。

そのため、抵抗なく こぼれいなり神社 と読みます。

東側にある正面入口。

屋台のテントが続きます。

南西角の出入り口前に、自転車を置いて、正面の鳥居へ。

そこから入りました。

こどもてたちが太鼓をたたいていました。

本殿・拝殿へ。

雨が降っているので、みんなテントの中へ。
こどもが大半です。

オーダーが入ると神楽をするため待機する巫女さん。

お神楽受付は3000円という事です。

由緒書きを見ました。

河堀稲生神社は、崇峻天皇を祀っていることがわかりました。
仁徳天皇を祀っている東高津宮・高津宮。
敏達天皇を祀っている五條宮。
大阪の神社には、天皇を祀っているところが多くあります。

 

末社すべてにお参り。

桜樹稲荷神社。

桜樹稲荷さんの前には、普通はきつねなのに、獅子が。

雨が降るため、テントの下にひとが集まっています。
ほとんどが子供です。

 

おみくじ(100円)を引きました。15番大吉でした。


おみくじをひくと、ウチワがもらえます。

こどもによるお囃子。

こどもが太鼓をたたいています。

おみくじコーナー。

河堀稲生神社をあとに。
近くにある国道25号線を西進。

四天王寺南大門の前を通り、すぐに、谷町筋と国道25号線との四天王寺前交差点へ。

行きしなオオサカを登り、この交差点から谷町筋へ行ったところです。

帰りしなは、オオサカを下り、そのまま、西進。事務所に。

 

 

コメント (8)

昨日のgooブログアクセスランキングで当ブログは287万6442ブログ中72位→89位にダウン。昨日の訪問者数2045。昨日の閲覧数9336。

2019-07-18 19:18:46 | 当ブログ関連
過去の日別ランキング
7月17日(水)
89
9336PV |2045UU |2876442ブログ中
7月16日(火)
72
8707PV |2253UU |2876326ブログ中
7月15日(月)
58
9218PV |2507UU |2876185ブログ中
7月14日(日)
91
13112PV |2082UU |2876036ブログ中
7月13日(土)
82
9576PV |2067UU |2875935ブログ中
7月12日(金)
85
12799PV |2186UU |2875802ブログ中
7月11日(木)
79
12510PV |2321UU |2875672ブログ中
※リアルタイムの総合ランキングとは集計方法が異なります。
過去の週別ランキング
7月7日 ~ 7月13日
71
79472PV |16649UU
6月30日 ~ 7月6日
83
59043PV |14373UU
6月23日 ~ 6月29日
73
51992PV |15794UU
コメント (2)

当ブログ記事の昨日のアクセス数人気ランキング50。だんじりに遭遇してその存在を知った桑津天神社の夏祭りに・大国町の駅名となった大国主神社(敷津松之宮大国神社)の夏祭りへが人気。

2019-07-18 18:58:54 | 当ブログ関連
ページ毎の閲覧数
コメント (2)

発達障害あすぺようへいこと岡山のマサからの1万通にも及ぶメール。うち未読7781通。皮肉にも発達障害者に対する教育研究の日本第一人者はアスペようへいこと岡山のマサのオカン。

2019-07-18 09:51:01 | 当ブログ関連

 当ブログ2019年1月18日記事 許せない!大学教授の息子で発達障害なら人を殺しても懲役16年。私も大学教授(4月より大学副学長)の息子から1万通ものメールが一方的に送り付けられ憎たらしいコメントを。それでも耐えています。怖いので。

のコメントに アスペようへい こと 岡山のマサ から以下のものが。

--------------------------------------------------

最近は毎日メール送ってねえだろうが❗❗😼 (アスペようへい)2019-07-18 07:14:13最近は毎日メール送ってねえだろうが❗❗😼(旅行いったり、かわったことがあったときしか)いつもいつも日本人全員死ぬだの東日本大震災から3ヶ月以内に福島の原則、子供全員死亡するだの誰からもいわれてないのに勝手に思い込んで興奮して大騒ぎしてキチガイで俺以上の発達障害者のアンタが何いってやがる❗❗😼長年、奇跡的なまでに個人的見解をハズシ続けて、それなのにそれで金とろうとして、何回か金払っちまったし霊感商法詐欺で刑事告訴するぞ❗❗😼

--------------------------------------------------

岡山のマサからのメールは、すべて、まさホルダーに振り分けられるように設定しています。

7781通は、マサから届いたメール総数ではなく、マサから届いた未読のメール総数です。

昔は、いちいち、目を通していたので、送られてきたメール総数は、1万通に達すると思われます。

 

まさホルダーを開けると、最近は、毎日ではなく、どこかに行ったときのみ送ってきているようですが、

当ブログで、以前、まさからのメールは、まさホルダーに自動的に振り分けられ、見ていないと書きました。
それでも、メールを送り続けるのが、発達障害の人の特徴です。

最近のメールの一覧をご覧ください。

どこかに行ったときの報告です。

こういう頻度で、メールが送られてくるので、私の感じる恐怖もみなさんにご理解いただけることかと思われます。

 

 

コメント (8)

許せない!大学教授の息子で発達障害なら人を殺しても懲役16年。私も大学教授(4月より大学副学長)の息子から1万通ものメールが一方的に送り付けられ憎たらしいコメントを。それでも耐えています。怖いので。

2019-07-18 01:18:53 | 時事ネタ

高野山の大僧正で、高野山大学の教授の息子が、近所の小学生5年生を殺害した事件。
発達障害があるという理由で、たったの懲役16年。許せません。

私なんか、岡山のさる大学教授(4月からは副学長に昇格)の息子から1万通ものメールを送り付けられています。読んでいませんが、
ブログコメントでは、憎たらしいことを書かれても、神経を逆なでしたら、何をされるかわからないので、黙って耐えています。
なぜなら、発達障害だからです。

事務所の前で、待ち伏せされて、個人的見解を100%はずすくせに。。死ねと言って、ぷすっと刺されたらたまったものではありません。
捕まって、裁判にかけられても、発達障害だから、刑が軽減され、16年に。
許せません。

発達障害のものが引き起こした犯罪については、刑を減刑するのではなく、加算すべきと考えます。

 

---------------------------------------------------------

 

https://mainichi.jp/articles/20190716/k00/00m/040/049000c

和歌山・小5男児殺害、26歳男に高裁も懲役16年判決 1審の心神耗弱認定は破棄

 

 
森田都史さんの遺影に手を合わせる父親=紀の川市後田の自宅で2019年7月3日午後3時9分、木原真希撮影
 
 和歌山県紀の川市で2015年に小学5年の男児を殺害したとして、殺人罪などに問われた中村桜洲(おうしゅう)被告(26)の控訴審判決で、大阪高裁(和田真裁判長)は16日、懲役16年とした1審・和歌山地裁判決を破棄した上で、改めて懲役16年を言い渡した。高裁が独自に行った精神鑑定で被告は発達障害の一種と診断されたが、完全な刑事責任能力があったと判断した。
 

弁護側と検察側の双方が控訴し、刑事責任能力の程度が最大の争点だった。

     裁判員裁判の1審判決(17年3月)は、起訴前に検察が行った精神鑑定結果を基に、被告が事件当時は統合失調症か妄想性障害で、心神耗弱状態だったと認定。影響は限定的だったとして懲役16年(求刑・懲役25年)を言い渡した。

     控訴審では、高裁が独自に再鑑定を実施。1審とは異なり、発達障害の一種「自閉スペクトラム症」だったと診断された。ただ、鑑定医は法廷で「幻聴や妄想もあり、障害が事件時の行動や動機に影響した」と証言していた。

     弁護側は「精神障害の影響で、被告の供述に信用性はない」などとして、被告の自白を証拠採用した1審判決は不当だと主張。刑事罰に問われない心神喪失の状態だった可能性もあると訴えていた。

     一方、検察側は、被告が殺傷能力の高い凶器を使い、切りつけた後に血痕を洗うなどしていたと指摘。「精神障害の程度は軽く、心神耗弱だったとしても犯行への影響は乏しい」として、量刑を重くするよう求めていた。

     1審判決によると、中村被告は15年2月5日午後、紀の川市後田(しれだ)の空き地で、森田都史(とし)さん(当時11歳)の頭や胸を大型ナイフ(刃渡り約48センチ)で刺すなどして殺害した。【村松洋、戸上文恵】

 

コメント (9)