ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

26日は、日本霊能者連盟JR奈良駅前鑑定室の引越し。

2010-02-27 01:29:09 | その他
カードカルトJR奈良駅前店を昨年5月に閉店しましたが、その隣のマンション2階にあった
日本霊能者連盟JR奈良駅前鑑定室の引越しを本日行いました。
大阪日本橋からカードカルト京都河原町店に看板と机を運んだ後、奈良に向かいました。
京都から奈良に向かっているとき大雨になりました。それで、雨を上がらすように、春日大社の神様にお願いしました。すると、奈良について、荷物を運び出すとき、雨が完全にやみました。そして、積み込みが終わると大雨に。そして、コピー機をひょうたん良先生のうらないやしろに送るため、三輪に向かいました。昔から、お寺の仏様に雨を上がらせてください。とお願いしても完全に無視されますが、その地域の有力な神社の神様にお願いすると、確実に、天候を変えてくれます。
本日の引越しで、カードショップ、占い店とも、奈良からは、完全撤退になります。
私は、昨年から今年いっぱい大殺界。おとなしくしなくてはなりません。
先月末に、カードカルト三国ヶ丘店を閉店。不採算店をすべて閉店したことになります。
当分、新規店も出さず、採算店だけの堅実経営となります。
来年からは、再び運気がよくなるので店を増やします。

日本占い師連盟に所属する先生で、井上真教先生を知るとある先生いわく、昨年6月井上先生がテレビ出演がきっかけで大阪市に生活保護費の不正受給がばれたのは、その年は数え62歳で大厄だったからだそうです。
コメント (3)

25日は、松尾大社・法輪寺・大覚寺に行きました。

2010-02-26 09:56:52 | その他
阪急のおでかけ切符 乗り放題お好きな2日間有効で1200円。の有効期限が月末に迫って、2枚残っているので、嵐山方面に。
なぜか、朝5時過ぎに目がさめ、朝の8時台の快速で大阪へ。三ノ宮から大阪。絶対に座れないと決め付けていたらそれが座れるのです。三ノ宮駅で、乗客の大半が降りてしまうからです。尼崎では、多数が乗り込み超満員電車に。
梅田から阪急で。桂で嵐山線に乗り換え。松尾駅で下車。駅前に大鳥居が。松尾大社で拝観中に、いろいろな人から電話が。昔いた、井上真教先生がつかまって新聞に載っているよ。って。宝物館を拝観し、天狗岩のある御前滝にご挨拶すると、言い知れない幸福感に包まれました。続いて、本殿で参拝。そこでも言い知れぬ幸福感に包まれました。
京都最古の神社、松尾大社の神様は、すごいと感じました。
たる占いにチャレンジ。慣れていないと入りません。おみくじを引くと吉。
松尾駅から電車に乗り、終点の嵐山駅へ。
そこで、まず、法輪寺へ。ここには、電気の神様、インターネットの神様、電電宮があります。電電宮のお守りを買い、おみくじをひくと小吉。がっかり。
そして、渡月橋をわたり、大覚寺へ。途中、嵯峨野釈迦 清涼寺が目につき、立ち寄りました。光源氏のモデルとなった人の別荘がありました。そして、大覚寺へ。京都御所とよく似たつくりとなっていました。おみくじをひくと吉。
帰りは、大覚寺から嵐山まで京都バスで。190円。
阪急嵐山駅から高槻市駅まで。そして、日本占い師連盟阪急高槻市駅前鑑定室へ。新人の占い師と雑談して、大阪日本橋の事務所へ。


コメント (3)

絶交の井上真教先生が生活費保護詐欺で捕まったって。

2010-02-25 19:30:43 | その他
かつて、2005年ごろ、日本占い師連盟に一時期所属していた井上真教先生が、生活保護費詐欺で逮捕されたニュースが流れましたが、2005年晩夏に、日本占い師連盟と井上真教先生とは絶交状態となっています。2005年3月の関西1週間で初めて「キタの父」と紹介されたり、読売テレビ「当たるにもホドがある!占い七占神に聞け」 のテレビ番組出演は、うちに所属したいたころの話です。
井上先生は、住之江・北加賀屋に三光寺というお寺を経営していました。お寺といっても1戸建ての民家を借りたものですが、多数の仏像を安置。そこで、祈祷や先祖供養をしていました。天台宗の加持祈祷免許を持っているといっていました。本人が言うには、1回の祈祷料金が300万円とか400万円という超高額でした。ちなみに、真教は、天台宗のあじゃりからいただいたありがたい名前だといっていました。
テレビで有名になったら、井上真教先生にお祓いをお願いしたいという人が出てきました。井上先生は、あくまで日本占い師連盟所属で、日本霊能者連盟所属ではなく、祈祷料金が300万円とか400万円とか高額なので、そういうお金を取ったら問題になるので、私は、井上先生よりひょうたん良先生の方が良いですよと言って、ひょうたん良先生を薦めていました。そのことが、お客さんを通じて井上先生の耳に入り、絶交となったわけです。
年収は相当あるとみられ、生活保護を受けていたとはまったく知りませんでした。片方が義眼で、身体障害者の手帳を持っていたのは知っています。車も運転していて、乗せてもらったこともありました。
袂を分かれてから、昨年、千日前道具屋筋で、ばったり出会いました。
天満に店を構え、女性週刊誌に載っていて、お客さんがいっぱい来ているという羽振りのいい話はしていましたが、、。

ちなみに、2005年7月放送の読売テレビ「当たるにもホドがある!占い七占神に聞け」 は、超ひどい番組で、関西から何名か出た占い師は、引き立て役でした。要するに、すべての問題に正解し、優勝する東京の占い師はあらかじめ決まっていて、台本の中に、優勝授与などで、すでに占い師の名前が書かれていたということでした。関西から来た4名の占い師には、事前に正解が教えられてなく、実力が測られたというわけです。たいていが不正解で大恥をかいていました。そんな中、井上真教先生は、4問ぐらい、実力で正解。いい線を行っていました。

ニュース
占い師「キタの父」 生活保護費を不正受給容疑で逮捕


井上時弘容疑者 収入を隠して生活保護費をだまし取ったとして、大阪府警西成署は24日、大阪市西成区の占い師、井上時弘容疑者(62)を詐欺の疑いで逮捕した。井上容疑者は、大阪・キタの商店街で霊視鑑定などをする「キタの父」として知られており、占い師として出演中のバラエティー番組を大阪市の担当職員が見て、不正が発覚したという。

 発表によると、井上容疑者は2008年1月、18万円の収入があったのに、無職を装い、同市から生活保護費18万円を詐取した疑い。容疑を認めているという。

 市などによると、井上容疑者は、同市北区の占い店で、「井上真教(しんきょう)」を名乗り営業する一方、1999年11月から「目が不自由で働けない」として、生活保護を受給していた。

 担当職員が昨年6月、テレビ出演している井上容疑者に気付いた。「収入があるのでは」と問いただして不正が発覚、市が今年1月に府警に告訴していた。

 市は、昨年7月までの4年間に1069万円の収入があったとして、収入分の返還を求める方針。市が告訴して返還させる額としては過去5年間で最高となる。


コメント

JR西日本に送ったメール・ホーム表示と実際とは異なる電車編成は危険

2010-02-25 00:52:53 | その他
2月24日、三ノ宮駅午後2時8分発近江塩津行き新快速。ホームの行き先案内板では、12両編成で3分遅れとなっていた。
前から2両目、足元番号11のところで待っていた。ホーム駅係員アナウンスで、ただいま神戸駅出発しました。今しばらくお待ちください。とアナウンス。
列車編成数や遅れている理由については説明なし。
ホームに流れる自動音声でも、電車は12両で、足元番号12番から・・とアナウンス。足元番号9から12まで、各乗り降り口前には、4名から10名くらいが待っていた。
が、到着した新快速は、先頭が足元番号8に。間違って手前にとまったかと思い、車両を数えてみると8両。仕方ないので、足元番号8まで。足元番号9から12の4両分の停車位置で
待っていた約100名が一気に足元番号8の先頭車両へ。先頭車両は、超満員。
今まで、駅員のアナウンスでの車両数が実際の編成数と異なっていてそちらにメールを送ったことはあるが、ホームの表示とコンピュータ自動音声放送での編成数が実際と違っていたのは、過去、5年間で今回が初めて。三ノ宮駅から大阪駅まで、遅れた理由や編成数が8両になっている理由の車内放送はまったくなし。
芦屋と尼崎ではどうなっていたかわからないが、下車した大阪駅では、△3-10と実際の編成とあっていた。
三ノ宮駅では、乗り込む予定の乗客が、ホームの4両先までの場所まで待っているわけで、運転手がホームで乗り込むため待っている乗客につられて4両先に停車してしまう可能性もある。
また、足元番号12で待っていた乗客は、その新快速に乗り込むため4両分ホームを走らないといけない。ホーム表示、コンピュータ音声案内での編成数と実際の編成数が違うことは危険である絶対に避けてもらいたい。山本隆雄
コメント (1)

弘法院恵正先生に聞いた銀シャリ鰻さんの霊の話

2010-02-24 00:07:05 | その他
2月12日の炎上baseで、弘法院恵正先生の銀シャリ鰻宅の霊視の模様が放映されました。

http://www.uranai.gr.jp/kei-unagi.wmv

23日、弘法院恵正先生が、日本霊能者連盟大阪日本橋鑑定室に予約のあった4名の鑑定のためにきたので、その合間に銀シャリの鰻さん宅の霊視の件について聞いてみました。

まず、ドアのところにいる老婆の霊は、このマンションの持ち主でなくなったおばあさんの霊、いわゆる地縛霊ということでした。掃除機は、湖が見えて、電車が走っているとこの家にあったというと、その先輩芸人は、滋賀県に住んでいたとか。
鰻さんについている自殺霊は、鰻さんの身内の霊で、除霊して、赤の他人の霊なら、そのまま帰ってこないけど、身内の霊なら3日ほどで戻ってくるというわけで、3日で戻ってくる
と言ったそうです。ちなみに、プロデュサーから恵正先生が聞いた話では、鰻さんの父親は自殺したそうで、この身内の自殺霊は、鰻さんの父親と言うことです。
コメント (1)

グンゼのあったまる話でホットマジックというシャツをゲットしました。

2010-02-23 23:48:04 | その他
http://www.hotmagic-ep.jp/

ここの1152番 えむびーまん の話です。

皆さん、よかったら投票してください。

先月応募で、毎月50名様にあたるというホットマジックのプレゼントに見事当たりました。

今はなき母(ネット界ではチエママと呼ばれている)から、お前が赤ちゃんだったとき、田舎に帰るのに、大阪から江津まで、特急の指定席が取れずに、満員の自由席の通路に、隆雄をおぶって立っていたら、車掌さんが、あいている指定席を案内して、そこに座りと言ってくれて、指定席料金もとらずに座らせてくれた。と言う話を聞いていて、それを温まる話として書きました。
大阪から江津まで特急で8時間。母は、何時間も私をおぶったまま立っていなければならないのに、当時国鉄の親切な車掌さんは、優先座席もない時代に、独断であいている座席に案内して座らせるなどしていたわけです。本当に泣けてくる話です。
今のJR車掌には、そんなタイプの車掌はいないような気がします。


コメント (2)

21日は清荒神・売布(めふ)神社・中山寺へ

2010-02-22 00:51:39 | その他
阪急のおでかけ切符の有効期限が今月末となったので、宝塚線の駅名となっている清荒神・売布神社と中山駅前にある中山寺に行きました。小さいころ親に連れられてきていたのかもしれませんが、いずれも、初めていくところです。三宮から阪急に乗り、西宮北口で今津線へ。宝塚で宝塚線に乗り換え、次の駅、清荒神駅で降りました。清荒神は、参道があって、石切神社の参道とよく似ていましたが、占い屋が数軒しかなかったのが、石切神社参道との決定的な違いでした。石切神社参道には、何十軒もの占い屋があります。15分ほど歩き、清荒神へ。かなりの参拝客がいました。初めてなので勝手がわからず、順路を逆に。本堂に参ってから拝殿に参りました。そしておみくじを引くと凶。今年は、生まれて初めてのおみくじの凶年です。そして、中山寺参道を通って、売布神社へ。今年が鎮座1400年ということでした。仏さんにはいつも無視されますが、神様とはちゃんとお話できます。売布神社の神様は、よく来てくれたといった上に、私の体を気遣ってくれました。霊能者から言わせると、私は、神様系ということですが、私は神社には行きたい気分にはなりません。お寺に行きたくなり、お寺ばかりまわっています。逆に、仏様系といわれている弟は神社ばかりまわっています。
そして、300メートル歩いて、阪急の売布神社駅へ。宝塚駅から見て、清荒神駅の次の駅にあたります。そして、電車で一駅。中山駅へ。電車のアナウンスでは、「次はなかやま・なかやまかんのんです。」JR中山寺駅からは徒歩15分。阪急中山駅からは徒歩1分。とあり、改札を出ると本当にすぐお寺の山門がありました。
入り口に干支の守り神の関連のお寺がいろいろあり、私は、いのししの守り神の阿弥陀如来様のお寺に。拝んだ後、おんあみりたていせいからうん とご真言を唱えながら、おみくじをひくと、吉が。めちゃうれしくなりました。そして、観音様がまつられている本堂へ。ここでも、おみくじがあり、おんあろりきゃそわか とご真言を唱えながら、おみくじをひくと、凶とほとんど内容の変わらない末吉が。がっかりしました。そして、大師堂へ。弘法大師様にご挨拶をしました。そこにもおみくじがあったので、なむだいしへんじょうこんごうと唱えながら、おみくじをひくと吉が。さすが、弘法大師様。
そして、中山駅から阪急に乗り、十三へ。そして、京都線に乗り換え、終点の河原町駅へ。
カードカルト京都河原町店へ行きました。そして、河原町から淡路経由で地下鉄恵美須町駅へ。そして、カードカルト大阪日本橋店へもどり、ひとつ下の階にある日コン連の事務所に。
コメント (10)

やらせと仕込が日常茶飯探偵ナイトスクープ2月12日放映分を延期

2010-02-12 18:40:22 | その他
弘法院恵正先生が1月25日に探偵ナイトスクープのロケに参加した話は、25日のブログに書いていますが、その後、恵正先生の出番カットの話が出て、恵正先生は、やらせだと激怒していましたが、結局、そのレポート自体が今晩の放映では出てこないようです。
10数年前、電気屋さんが1階と2階の間の天井裏で偶然見つけたブルーシート。赤ちゃんが中に入っているようにも思え、怖くてあけられなく放置。最近、幽霊が出るようになったので思い切って、あけようと決断したというもの。ロケは、1月25日夜。2月12日放映予定。となっていました。
恵正先生は、現地で霊視、何も入っていない。という結論を。その後、警察を呼んで、ブルーシートをあけたところ、やはり何も入っていなかったということで、恵正先生の出番カット。要するに、霊能者に、●●の遺体が入っているとか言わせておいて、あけて何もなかったというのなら面白いが、霊能者が中に何も入っていないといったのに、中をあけて、やはり何も入っていたというなら、面白くないからです。
結局レポートそのものがボツになったようでした。でも、ギャラの2万円はちゃんといただくことになっています。
探偵ナイトスクープといえば、昔、私が仕込みの通行人役に使われたことがあります。
自転車のアイデアコンテストで、母が自転車にかさたてをつけるというアイデアを出し、見事大賞をとり、景品として自転車をもらったことがあるので、さすべえのアイデアは、母のアイデアが元になっているのではないか調べてください。というハガキを出したのです。
すると、だいぶたってから、そのレポートではないけど、番組に協力してもらえないかという電話が。オーケーを出すと、日時指定で、駒川商店街にいておいてもらって、立原レポーターが道行く人を装った私に「昔、どんな遊びしましたか。」と聞くので、「息止め比べ。牛乳を口に含ませたまま歩いて、どれだけの時間我慢できるか。」と答えて、近くの公園で実際にしてもらいたいということでした。ちなみに、私が子供のころ、この地域では、そのような遊びはまったく流行っていませんでした。
ディレクターと携帯でやり取りし、通行人役の私に、立原レポーターが私に質問。「昔、どんな遊びをしましたか。」「息の止めあい。牛乳を口に含んでどれだけ歩けるか。」
と答え、駒川を渡った児童公園でロケ。牛乳を口に含んで行いました。私も立原さんもいい勝負でした。ロケ後、吐き出したときに牛乳は汚いのでと、水を口に含んでの撮り直しとなりました。
牛乳のとき、猛烈に息をとめていたので、撮りなおしの水のときは、体力出し切った後で、息がきれてハアハア。何もコメントできませんでした。
それで、立原さんにあっけなく負けてしまいました。数日後、出演部分カットの連絡が、、


今回も、恵正先生は、ブルーシートの中身は、赤ちゃんのミイラ化された遺体に間違いない。などと言っていたら、放映されていたかも知れませんが、
恵正先生は、放映されることより、自身の霊視能力の高さ、プライドを選んだようです。

今夜深夜1時5分から59分。関西テレビのよしもと炎上BASEには、恵正先生は登場します。

2月17日追記
2月19日放映予定にありました。風呂場の天井裏に死体が、、
よって、本ブログタイトルも中止から延期へ。
コメント (1)

看板の件、大阪市建設局、中山路上違反物件担当係長と長々と電話でしゃべりました。

2010-02-11 21:06:36 | その他
9日の日、まず、中央工営所に電話を入れると担当がいない。ということで、担当が午後4時ごろ帰ってくるので電話させるということでした。
大阪市屋外広告物条例についてわからない点があったので、大阪市役所に電話して、いろいろときくことにしました。
最初、建設局に応対に出た女性に条例にある適用除外に対する説明をもとめ、その後、中山路上違反物件担当係長から
電話をもらいました。
大阪市屋外広告物条例。適用除外となる自家用看板は、自分の土地にあるときだけで、道路に出たとたん、広告物として扱われることに。要するに、道路上に置かれているすべての看板は、広告物に当たり、違法、撤去の対象となるということでした。地域を決めて、重点的に看板を撤去しているとのこと。撤去された看板は、建設局のある南港に集められ、3000円で返しているとのこと。撤去時、何の連絡もなかったことを不満に言っておきました。撤去する前に、看板の持ち主に指導すべきだと要望として伝えました。
その後、建設局中央工営所の落海という人から電話が入りました。
ビルの堺筋側の歩道に置いていたカードカルトの看板が撤去された件について聞きました。
昨年12月7日に撤去予告を貼り、12月18日午前10時に、撤去したということでした。撤去予告は何枚かはったが、撤去作業時に、設置されたままのがカードカルトの看板だけだったので、カードカルトの看板だけ撤去したということでした。
裏筋側のビル入り口の電飾看板に予告が貼られたとき、カードカルト営業中だったのに、指導することなく撤去予告を貼るのかたずねたところ、意外な回答が。
1階路面店で、その間口の間の路上においてある看板だけを店頭看板とみなし、看板の持ち主に指導し、看板から見えないところにある店舗のものについては、紙を貼ることが指導となり、その店に断ることなく看板を撤去するということでした。
要するに、カードカルトの並びの薬局の電飾看板には、撤去予告が貼られず、カードカルトの看板だけに貼られていたのは、憶測としては、薬局は1階路面店なので、看板を撤去する旨を直接、店に指導し、カードカルトだけは、ビルの7階にあるので、店頭看板とはみなさず、貼紙だけでよいとしたのではないかということでした。
憶測と書いたのは、貼られたのが営業時間中という確たる証拠がないからです。
私が、8日午後4時に、カードカルトに行こうとして貼紙を見つけたので、店長が12時にはなかったというのは、見落としかもしれないので。
電話でしゃべっていて感じ取ったことは、看板撤去時は、路上に出ているすべての看板を撤去するので、他の店が看板を路上に置いている時間帯なら、カードカルトの看板も大丈夫というものでした。
撤去された堺筋側の看板もおきっぱ。撤去予告を貼られた裏通り側の電飾看板もおきっぱだったので、納得できました。要するに、日本橋にある路上や歩道上に看板を置いている多くの店と横並びしておけばよいわけです。
現在は、営業時間外は、建物内にしまっているので、撤去の心配はなくなりましたが、、。
でも、店員に今までなかった電飾看板の出し入れという余分な重労働が加わります。
撤去された堺筋の看板は、アーケードの柱と柱の間という邪魔にならないところに設置され、撤去予告を貼られた電飾看板も、人通りのないビル側にそって設置しているので、通行の支障はないと思われますが、、。
しかも、看板をおきっぱにして10年。一度も指導や警告を受けたことがありません。
当然、愛染橋病院ができるまでは、通行量の少ない閑散とした裏通りだったからです。
看板の設置が通行の支障にあたるかどうかの判断もせず、杓子定規的に、撤去するのはさすがお役所仕事だと思われました。
カードカルト大阪日本橋店、2年前と比べて、売り上げが4割も落ちています。
初めて日本橋に来て、堺筋のアーケードを歩いている人は、歩道にあったカードカルト入り口は裏通り側・愛染橋病院側の看板が撤去され、カードカルトの存在を知るすべがありません。
大阪市は、もっと店が儲かるように協力すべきで、置いていても支障のない看板まで撤去という店にとっては、マイナスなことはすべきでないと思います。
看板の置いている場所から見えない1階店や2階以上にある店すべての看板が、建設局から店頭看板の扱いを受けていないので、違法広告物として、持ち主に断りもなく、知らないうちに撤去されてしまうことがあります
2階から上の店は、看板なくして、お客さんは入ってきません。路上に置く看板の存在は大切です。それを違法だからという理由だけで、撤去してしまうのは、、、
皆さんはどうお考えですか。

方針を決める建設局と現業部門建設局中央工営所の看板撤去担当部署に対する霊的な働きかけをするかどうかについては、日本霊能者連盟理事長として、土曜日に、霊能者と相談して決めたいと思います。







コメント (3)

本日浪速区の広報係に送った大阪市建設局中央工営所に対するクレーム

2010-02-08 21:30:26 | その他
ビルの入り口の逆側にあたる歩道上に、看板を置いていたから、昨年末撤去された。また、本日、営業時間中に、ビル入り口においていた看板に、撤去予告が張られていた。同じ道に面した並びの看板には、撤去予告は貼られていない。
ビルの7階で営業していると1階に置く看板は必須のものである。看板なしでは営業が成り立たない。
そんなに大きなものでもないし。大阪市屋外広告物条例では、第7条適用除外 3項に、自己の氏名、名称、店名若しくは商標又は自己の事業若しくは営業の内容を表示するため、自己の住所又は事業所、営業所若しくは作業場に表示する広告物又は当該広告物を掲出する物件で市長が定める基準に適合するもの とあり、屋号と電話番号と営業内容だけが書かれた看板は、広告物扱いにならないのではないか。
撤去された看板も、屋号と営業内容・電話番号だけで、同じ住所の場所に立てられていた。柱と柱の間にあり、通行の妨げにならないものであった。長年設置していたのに、急に、撤去するとはどうしてか。
説明してもらいたい。また、近隣で同じような設置看板があっても、撤去されていないし、撤去の対象となっていない。不公平である。
責任ある立場の人から、責任ある説明を求めたい。
また、撤去する基準、要するに公平さに対して、納得のいかない説明の場合、担当者の実名をあげて、ネット上で公開して、議論を深めたい。
日本コンピュータクラブ連盟 理事長 山本隆雄

コメント (3)

今日は歩きとチャリで再度山・大龍寺へ。星祭に参加。

2010-02-03 22:42:50 | その他
本日は、節分。再度山大龍寺の星祭に参加しました。本日は、自転車と徒歩で標高400メートルにある大龍寺に行きました。行きは、自転車に乗ってまたは押しながら、市が原まで。市が原に自転車を止め、市が原から大龍寺の山門までは、約20分間徒歩。
大龍寺では、星祭のお経のあと、豆まきが行われ、巻き寿司が出され、西南西に向いて、無言で食べました。巻き寿司を2本もらったので、2本丸かじりしました。
午後から護摩焚きがあり、お加持を受けました。
行きは、神戸のマンションから大龍寺まで70分。帰りは、自転車で坂を下り、35分でした。
コメント