ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日は生國魂神社で行われている第29回彦八まつりに。落語家たちが屋台運営。特設ステージでは落語家たちがバンド演奏。末社すべてににお参り。おみくじは36番吉。

2019-09-01 20:36:31 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで1200メートル泳いだ後、いくたま神社で開催されている第29回彦八まつりに。

自転車で入り口近くまで。

総合案内所でパンフレットをもらいました。

 

落語でお馴染みの すぐ近くの高津宮の富くじ 高津の富 の真似をして、生玉の富 

 

 

そして、まず、いくたま神社の拝殿へ。本日はいつもは閉まっている本殿の扉が開いていました。

米澤彦八の碑

 

末社すべてにお参りします。

精鎮社(弁財天社)に流れ込む滝に打たれている、白ブリーフ一丁のおっさんが。

近くで酒盛りしているグループの一員で、酒に酔って行ったようでした。

そして、稲荷社へ。

隣の源九郎稲荷社へ。
源九郎稲荷大明神や八兵衛大明神が祀られています。

以前、歌舞伎役者に不幸が続いた時代があり、その時、ひょうたん良先生は、歌舞伎役者に不幸・不運が続くのは、八兵衛大明神の祟りと言っていました。

鴫野神社へ。

あちこちで、ビールなどを飲む人が。

彦八まつり と書かれたバルーンが今年も飛んでいました。

ミストの中へ。

おみくじ(200円)を引きました。36番吉でした。

落語家たちが運営するむ屋台を見てきました。

そして、いくたま神社をあとに。

 

 

コメント (2)

本日は湯里住吉神社の夏祭りに。おみくじは40番小吉。これで今季の準神様による神社の夏祭り巡りレポートは終了。

2019-08-01 23:22:20 | 神社夏祭り

本日は、湯里住吉神社の夏祭りに。

湯里住吉神社の夏祭りは、住吉大社と同じく7月30日・31日・8月1日。

本日は3日目。

湯里住吉神社の夏祭りに行くのは初めてです。

駒川中野駅から自転車で、ちんちん電車時代の中野駅(現在はない)の駅前通りを南下。

南百済小学校の付近に提灯が、

湯里住吉神社の夏休みの屋台の列がここから伸びているのかなと思いました。

これは、南百夏まつりの提灯で、湯里住吉神社の夏祭りとは無関係でした。

本日と明日の開催です。

午後8時過ぎの段階で、本日は、終了していました。

そして、湯里住吉神社の夏祭りの屋台の一部が見えてきました。
通常の神社の夏祭りは、2日間ですが、住吉大社の夏祭りが3日間なので、この神社もそれに準じています。

東側の正面の鳥居。

 

 本殿・拝殿では、ちょうど、空手の演武奉納中でした。

布団太鼓と神輿。

北側の入口へ。

本殿・拝殿隣の稲荷社にお参り。

本殿・拝殿にお参り。

末社すべてにお参り。

通りすがりの人に撮ってもらいました。

社務所でおみくじ(100円)を引きました。

最初に40番、少し遅れて15番の棒が飛び出しました。

40番は小吉でした。

ちなみに、巫女さんに頼んで15番をみてもらうと末吉ということでした。

本殿・拝殿では、お神楽が始まっていました。

南側の出入口。

楠社。

本日は、人が少ないと言っている人がいました。
祭りも3日目は少なくなるようです。

湯里住吉神社をあとに。

これで、今季の準神様による神社の夏祭りレポートは終了しました。

 

 

 

 

コメント (1)

本日は2日間で3万人が来る熊野権現99王子の2番王子阿倍王子神社と阿倍晴明神社の夏祭りに。おみくじは中吉。末吉。福原愛の王子サーブはここから。

2019-07-28 23:44:56 | 神社夏祭り

本日は、熊野権現99王子の2番王子阿倍王子神社と阿倍王子神社が管理している安倍晴明神社の夏祭りに。

以前住んでいた山坂の自宅の近くになります。

グーグルの地図で、駒川中野駅からの自転車での道順を検索しました。駒川中野駅から2.7キロとなっていました。

法楽寺の前の道を西進。あびこ筋にぶつかったところで、あびこ筋を北進。適当なところを西進。

すると、のぼりが。

この付近一帯には、町中に紙垂がめぐらされています。

そして、王子商店街に。

先日、たまたま、テレビを見ていると、この商店街にある王子卓球所が紹介されていました。
ここには、福原愛ちゃんも通っていて、この卓球場の秘技、王子サーブをマスターしていったとか。

この付近は、阿倍野区王子町と言います。王子は、阿倍王子神社があったから出てきた地名です。

要は、王子サーブの王子は、王子様から来ているのではなく、熊野権現99王子の王子から来ているわけです。

商店街を抜けると、あべの筋に。信号を渡った向かいに、阿倍王子神社が、

屋台の列。2日間で3万人が訪れるとか。

 

熊野権現に続く99王子のうちの第2王子社とか。

境内にも屋台が。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本殿・拝殿お参りの列。

後ろの人に撮影してもらいました。

 

本殿・拝殿前からの眺め。

末社すべてにお参り。

葛之葉稲荷神社。葛葉は、安倍晴明のお母さんの狐の話として有名です。

 

お隣のヤタガラス様にもお参り。

 

 

おみくじ(200円)を引きました。25番中吉でした。

 

 

お帰り口から出て、北に50メートルのところにある安倍晴明神社へ。

正面に見える高いビルは、あべのハルカス。

安倍晴明神社へ。安倍晴明の生誕地とされています。

 

 本殿・拝殿にお参り。

 

おみくじ(200円)を引きました。33番末吉でした。

本殿・拝殿内には、神輿が。

安倍晴明神社の鳥居。

もと来た道を安倍王子神社方面へ。

安倍王子神社の西側の鳥居前に戻ってきました。

実は、西側の鳥居の前の道・(安倍晴明神社への生き返りに使った)が昔からある熊野街道のようです。

まだ、お参りしていなかった末社に。

その末社から見た本殿・拝殿。

本殿・拝殿へ再びお参り。

鳥居を出て、阿倍野筋を渡ります。

ずらっと続く屋台の列。大きなビルは、あべのハルカス。

そして、駒川の自宅マンションまで。

 

 

コメント (7)

本日は日本三大夏祭りの一つ天神祭。生まれてこの方一度も行ったことがありませんが谷町線が混み浴衣姿の人が多いので気づきます。

2019-07-26 00:31:55 | 神社夏祭り

本日は、日本三大夏祭りの一つ、天神祭があったようです。

生まれてこの方、一度も見に行ったことはありません。

が、本日あったということは、毎年わかります。

なぜなら、通勤に使っている谷町線。

深夜帯なのに、すごく混んでいたり、地下鉄から降りてくる人に、浴衣を着た人を多く見かけるからです。

本日も、御堂筋線の天王寺駅から谷町線の天王寺駅まで連絡通路を歩いていると、浴衣を着た人が多数こちらに向かって歩いてきました。

こんな時間に谷町線天王寺駅に到着する電車はないと思っていたら、臨時便が出ていたようです。

23時台は、通常は、10分間隔の運行なのですが、本日は、5分間隔で走っていたようです。

到着した電車は混んでいても、天王寺駅で大量に下車するので、座れました。

 

コメント

本日は室町時代に京都の北野天満宮から分霊された天神ノ森天満宮の夏祭りに。夏祭りに行くのは初めて。四方に出入り口があるのに驚き。天神の森の駅前に。おみくじは48番吉。

2019-07-24 22:58:03 | 神社夏祭り

本日は、おととい阿部野神社に行く途中に、夏祭りの存在を知った天神ノ森天満宮の夏祭りに。

大昔、阿部野神社にお参りに行くとき、近くでたまたま見つけたので、お参りしたのに続き2回目。

夏祭りに行くのは、初めててです。

天下茶屋の整骨院に行った後に、行ってみました。

自転車で5分くらいのところにあります。

おととい立ち寄った天下茶屋跡のすぐそばにあります。

付近には、提灯が。

西の鳥居から入ります。

境内にいくつかの屋台が出ていました。

西側の鳥居をくぐるとすぐに2つの大きな供養塔が右手に現れます。

 供養塔の説明書き。昔は仇討というのがあったのですね。

その並びには、お地蔵さんが、ここは、神社の境内なのですが、

さらに2つ目の鳥居をくぐります。ここからが、完全天満宮の境内のようです。

 

ステージでは、太鼓が。

本殿・拝殿では、お祓いの儀式が。巫女さんが舞を踊っています。

 最後には、お祓いを受ける人に向けて、鈴をふっています。

本殿・拝殿にお参り。天満宮ですから、菅原道真公を祀っています。

 

通りすがりの人にとってもらいました。

 

末社にお参り。

いろいろな末社にお参り。

神輿庫

末社 右から 猿田彦命 天照皇大神 倉稲魂明神 を祀っています。

福引コーナーもありました。

おみくじがどこにあるのかわかりません。

 

巫女さんに聞いてみました。社務所にあるとか。

立ち入り禁止と書かれている建物に入りました。

 

社務所で、おみくじ(200円)を引きました。

48番吉でした。

そして、南の鳥居から出ました。

出たところは、チンチン電車の天神ノ森駅です。右手は、阪堺線の下りホーム。

阪堺電車の阪堺線。めちゃめちゃ減便されていることに驚きました。

昔は、10分に1本。それから、12分に1本。15分に1本。南霞町駅が、新今宮駅前駅に改称したころは、まだ、20分に1本走っていました。
以前は、恵美須町駅から出る阪堺線の電車が、浜寺公園駅まで行き、天王寺駅前駅から出る上町線の電車は、我孫子道まで、そこから乗り換えて、浜寺公園駅までとなっていましたが、
何年か前に、天王寺駅前駅から出る電車が、浜寺公園駅まで、恵美須町駅を出るすべてのでんしゃが、我孫子道どまりとなりました。

それで、乗客ががたっと減ったようです。それで、大幅減便。現在、1時間で2-3本の運行となったわけです。

 

踏切を渡ったところから。左手は、阪堺線ののぼりホーム。

 

 

本殿・拝殿の裏手。北側に。

東側の鳥居。

北側の鳥居。

四方4か所に鳥居のある珍しい神社です。

北側の鳥居から見た境内。

 

元来た西側の鳥居へ。

 

 そして、事務所まで。

 

コメント

本日は第42回今宮戎神社の夏祭りこどもえびすに。第40回今宮戎マンザイ新人コンクール(完全保存版)。入賞者の記念撮影。今年の福笑い大賞はコウテイ。

2019-07-23 22:47:57 | 神社夏祭り

本日は、事務所から自転車で20秒で行ける今宮戎神社の夏祭り・こどもえびすに。

マンザイ新人コンクール会場は、人でいっぱい。見るのは無料です。

以前は、そんなに人がいなかったイメージが強いのですが、今年は、すごい数の人。

昨日の予選で、225組から28組に絞られ、本日の決勝で15組に絞られました。

決勝15組中残り3組となっていました。

ステージにいたのは、ダブルヒガシでした。

 

司会の人は毎年同じ。40回中39回の司会をしたとか。

 

次は、紅しょうがという女性コンビ。

 

審査員が審査のため引き上げ。

8席があき、座れますが、今年は、殺到。座れませんでした。とにかく、今年は、人が多い。

審査中は、ステージでは、ゲスト漫才が行なわれます。

昨年、第39回新人漫才奨励賞に選ばれたパーティパーティ。

昨年の福笑い大賞をとったたくろう。

2年前に今宮戎神社マンザイ新人コンクールで福笑い大賞をとったさや香が。
司会者とのやり取りで、背の高い方は、大阪教育大学卒とか。

続いて、アキナが。

6名の審査員がステージ上へ。

決勝に残った15組が出てきました。前に写っている邪魔なおっさんは、朝日新聞の腕章を巻いた記者です。

 

 

まずは、福娘賞。福娘から発表です。

 

福娘賞は、怪奇!Yesどんぐりに。
商品は、お米です。

続いて新人漫才奨励賞。紅しょうがに。

 

香川登枝緒記念敢闘賞は、ダブルヒガシに。

 

今年の福笑い大賞は、コウテイに。

 

 

 

 

 

個別撮影に。

 

 

 

 

 

 

完全に終わりました。

21時21分でした。

ステージの裏が楽屋テント。

本殿・拝殿は閉まっていました。

自転車で20秒のところにある事務所へ。

 

 

 

 

コメント (3)

本日は今宮戎神社のこどもえびすに。たくさんのちびっこが。偶然巫女さんによる奉納舞を見ました。おみくじは7番半吉。第40回今宮戎マンザイ新人コンクールの舞台には多くの人が。

2019-07-23 21:48:02 | 神社夏祭り

本日は、今宮戎神社のこどもえびすに。

昨日は宵宮・本日は本宮。

事務所から今宮戎の南の正面の鳥居まで、信号が青なら自転車で20秒もかかりません。

本殿・拝殿の前に。巫女さんが舞を。

氷詰めの鯛が。

通りすがりの人に撮影してもらいました。

舞をしている巫女さんが2名に。一人は鯛をもち。もう一人は、釣りをざおを。

釣り竿で鯛を釣りました。

最後は、我々に向かって、幸せになる鈴を。

舞は終わりました。

境内に。

東南にある門から外に出ました。
屋台。突き当りは、昨日行った廣田神社。

東南にある鳥居へ。

社務所に行って、おみくじ(200円)を引きました。7番半吉でした。

スノーコーナー。

雪上のそりコーナーです。

第40回今宮戎マンザイ新人コンクールの会場。ものすごく多くの人がいます。

 

 

 

 

 

コメント (1)

本日は北畠親房・顕家を祀る阿倍野区北畠にある阿部野神社の夏祭りに。おみくじは22番大吉。旗上稲荷神社や旗上芸能稲荷社へも。帰り天下茶屋跡にも立ち寄り。

2019-07-22 22:40:23 | 神社夏祭り

本日は、廣田神社の夏祭りに行った後、天下茶屋の整骨院へ。健康保険適用で、20分の手もみ。自己負担180円です。

そこから、自転車で数分のところにある阿部野神社の夏祭りに。

南海の天下茶屋駅の一つ南にある岸里玉出駅近くにあります。

向こうの光は、岸里玉出駅のホームです。

ここから、まっすぐに東に向かいます。

 

本殿・拝殿へ。

この神社のご神体は、北畠親房公と北畠顕家公です。

通りすがりの人に写してもらいました。

水みくじではなく、通常のおみくじ(100円)を。

22番大吉でした。

そして、本殿・拝殿裏にある奥宮へ。

 本殿裏へ。

奥宮前で、祝詞を上げます。

祝詞は、なぜか、初めて読むのに、抑揚をつけてスムーズに読めます。過去世で神官を務めていたせいかもしれません。

行きしなは、本殿向かって右側から入ったので、帰りしなは、向かって左側から出ます。

出口(入口)の所で、お神酒を頂きます。

境内、散策。
夕方雨が降っていたので、シートがかけられています。

境内の南側に広がる屋台群。

 

北畠顕家公の像が。

南側の鳥居から本殿・拝殿方向を見る。

末社すべてにお参りを。

素人演芸会の舞台。本日は、夕方の大雨のため中止か。

本殿・拝殿隣の末社ふたつにごあいさつ。

隣の旗上稲荷社と旗上芸能稲荷社へ。

旗上稲荷社。

いつも、ここに来ると、祝詞を上げます。

 

 

そして、さらに奥へ。

白龍大明神にお参り。

さらに奥に進みます。

旗上稲荷芸能社へ。

 そして、もと来た西側の鳥居へ。
中央、眼下に見える光は、南海・岸里玉出駅のホームの明かり。

 

そして、今宮戎駅前の事務所に戻ります。

付近で見られる夏祭りのポスターは、すべて、天神ノ森天満のものです。
よくよく考えると、このあたりは、西成区。阿倍野神社は、阿倍野区北畠。

西成区側は、天神ノ森天満の氏子地域になるからです。

そして、天下茶屋跡の前を通りました。

向こうに見える提灯は、天神ノ森天満に続くものです。

天下茶屋と言えば、南海と地下鉄の駅名で、有名ですが、天下茶屋跡は、実は、岸里玉出駅のすぐそばにあります。

ここから、天下茶屋駅の前までは、自転車で3分でした。

天下茶屋跡をあとに、今宮戎駅前の事務所へ。

 

 

コメント (6)

本日は今宮戎神社のそばにある廣田神社の夏祭りに。昼前に神社近くで枕太鼓の、オタロードでふとん太鼓の巡行にあいました。おみくじは34番吉。赤土稲荷神社にもお参り。

2019-07-22 22:11:30 | 神社夏祭り

本日は、11時から行きつけの歯医者へ。
歯医者へ行く途中、太鼓の音が。
近寄ると、廣田神社の枕太鼓の一団でした。

枕太鼓をたたいているのも青いハッピを着て引っ張っているのもちびっこです。

そして、歯医者に向かっていると、オタロードで、前方から来るふとん太鼓の一団とすれ違いました。

抱き枕のような細長い枕が2本あるのが枕太鼓。
逆ピラミッドのようなものが上に乗っているのが、ふとん太鼓です。
こちらも、子供が太鼓をたたいていました。

本日は、真田山プールは定休日。三宮へ用事で行って、その帰りに事務所によって、廣田神社の夏祭りに。
廣田神社は、今宮戎神社のすぐそばにあります。
向日に見えるのは、廣田神社。

同じ地点から南を見ると今宮戎神社。のぼりが立っているところが今宮戎神社。

廣田神社の境内へ。

廣田神社のマークになっているのが、アカエ。

本日見た枕太鼓が。子供たちがたたいています。

神輿。

本殿・拝殿前に。

お参り。

おみくじ(200円)を引きました。

34番吉でした。

 

枕太鼓をたたく小学生の女の子たち。

境内の出展者は、町内会。

隣の赤土稲荷神社に続く鳥居。

直接、赤土稲荷神社に行ける鳥居。

赤土稲荷神社から見た廣田神社の本殿。

同じく、横から見た本殿。

そして、廣田神社を後に。

その後、天下茶屋の整骨院へ行きましたが、天下茶屋駅近くにも、廣田神社ののぼりが。
今宮福祉協議会の前です。
廣田神社ののぼりには、アカエイのマークが。

 

 

 

コメント (5)

本日は真田山にある三光神社の夏祭りへ。獅子の噛みつきをして厄をとってもらいました。おみくじは中吉。枕太鼓を手でたたいてみました。

2019-07-21 19:40:19 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで1800m泳いだ後に、三光神社の夏祭りに。

当ブログでかつて話題にしましたが、夏祭りののぼりに、大河ドラマ真田丸の発表前は、真田山などは一切書かれていませんでした。発表されてからは、のぼりに、真田山が入っています。

真田山プールから自転車で2分くらいのところにあります。

三光神社の東側の石段を登っても行けますが、玉造駅から来た時の入口に当たる鳥居のある北側に回りました。

公園内にある臨時の駐輪場に自転車を置きます。

鳥居の石段のところまで、屋台が並びます。

鳥居から入ります。

石段を上がります。

屋台の列を見ます。

まずは、末社にお参り。

枕太鼓。

手でたたいてみると、いい音がしました。

おみくじ(100円)を引きました。3番中吉でした。

私も、獅子の噛みつきをしてもらいました。(無料)

駐輪場に。

もと来た道ではなく、西へ進みました。

 

 

 

 

コメント (3)

本日は東住吉区最大の神社の夏祭り山阪神社の夏祭りへ。おみくじは5番吉。先日駒川のマンションから見たふとん太鼓巡行は田辺の町内会のもの。神輿巡行と枕太鼓巡行だけが山阪神社のものとか。

2019-07-20 23:56:54 | 神社夏祭り

本日は、東住吉区最大の神社の夏祭り。山阪神社の夏祭りへ。

まず、8時前に、スーパーフレスコ駒川店へ。

午後8時から半額シールが貼られた惣菜や寿司などを買いあさり、午後8時20分ごろ駒川のマンションへ。

そこから、自転車で山阪神社へ。

午後8時半過ぎに、山阪神社の近くへ。

鳥居に向かっていきます。

鳥居をくぐります。

本殿・拝殿前では、何やら踊っています。

舞台では、だんじり踊りが。

そして、本殿・拝殿へ。

通りすがりの人に撮影してもらいました。

お参りします。

ひょうたん良先生の話によると、山阪神社には、ちっちゃい神さんがいてはったということでした。

この中のどこかに、神様がおられます。

向かって右手には、神輿も。

 

向かって左手には、枕太鼓も。

社務所で、おみくじ(200円)を引きました。5番吉でした。

その時、本殿内に、神輿と枕太鼓はありますが、巡行しているのを見たふとん太鼓は、ないのですかと聞きました。

当ブログ2019年7月7日記事 駒川のマンションの前を山阪神社のふとん太鼓が巡行。近くを神輿も巡行。神社の夏まつりの季節になりました。山阪神社の夏祭りは毎年7月20日・21日です。
すると、ふとん太鼓は、田辺の町内会でつくりはって、祭りに合わせて、巡行しているって。
山阪神社とは直接関係がないとか。
神輿巡行と枕太鼓巡行は、山阪神社がしているとか。

そして、隣接する山阪八日戎(やまさかすえひろえびす)社へ。

 

八日戎社の神輿。

再び境内へ。末社巡り。

荒川稲荷神社へ。

 

続いて、裏手から隣の公園へ。

ここは、もと、古墳とか。

百舌鳥・古市古墳群には、仁徳天皇陵や応神天皇陵がありますが、
仁徳天皇や応神天皇が生きていたころの古墳群は、ここ田辺古墳群となります。
ただ、田辺古墳群の大半は、つぶされて現存していないと言われています。

屋台の列が。多くの屋台が出ています。

神社の夏祭りとしては、生圀魂神社に次いで、多くの屋台が並んでいます。

再び、鳥居から入って、まだお参りしていなかった末社にごあいさつ。

氏子地域がわかります。阿倍野区阪南町や昭和町、長池町が氏子エリアになっているのが驚きです。

再び、本殿・拝殿前へ。

玉垣の一等地には、シャープ株式会社の名前が。

西田辺に長いことあったシャープ本社の場所が長池町。この神社の氏子地域になっているからです。

午後9時で、だんじり囃子などが終了で、境内は静かになりました。
本殿・拝殿前も閑散と。

この建物が社務所。おみくじもここで引きます。

そして、山阪神社をあとに。

本日は、蒸し暑い。午後9時の段階での大阪市の気温は、27.3度。

午後9時15分ごろ、自転車で駒川のマンションについたときは、汗だくでした。

 

 

コメント (2)

本日は堀越神社の夏祭りにと思ったら1週間前に終了していました。ネット情報はええ加減。おみくじは76番吉。でもお参り中にえむびーまん号の後ろのタイヤがパンと破裂。

2019-07-20 23:27:25 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで2000メートル泳いだ後に、堀越神社の夏祭りに。

ネットで調べると堀越神社の夏祭りは、本日と明日になっていました。

 

聖徳太子が建てた神社とのことです。

 

夏祭りの案内がありません。???

 

でも、提灯がつるしてあるので、最近夏祭りがあったようです。

通りすがりの人に撮ってもらいました。
下げているのは、プールカバン。

本殿・拝殿へ。

末社にお参り。

まずは、茶臼山稲荷神社へ。

続いて、熊野第一王子にお参り。

高津宮の中に、第三王子が。

黒龍社にお参り。

 

 

 

本殿・拝殿前にあるおみくじ(200円)を引きました。

76番吉でした。

 

表から、パンとタイヤがパンクする破裂音が。

本殿・拝殿前から表(谷町筋)を見る。

そして、堀越神社を後にすることに。

宮司さんがいたので、夏祭りは終わったのか尋ねました。
13日・14日に終わったと。

もともとは、13日・14日の固定で実施していたが、最近は、13・14日周辺の土日に変更になったとか。
今年は、13日・14日が土・日だったので、13日・14日に実施したとか。

鳥居の前の谷町筋に出て唖然。

自転車がパンクしていました。

後輪のタイヤが破裂していました。

先ほどの破裂音は、えむびーまん号の後輪タイヤが破裂した音でした。

そして、谷町筋を北進。最寄りの自転車屋、てるてる四天王寺店へ。

コメント (1)

本日は近鉄南大阪線沿線の人なら奈良県の人でも正しく読めるのに地元天王寺区の人は間違って読む河堀稲生神社(こぼれいなりじんじゃ)の夏祭りへ。雨の中。おみくじは高津宮に次いでまたまた大吉。

2019-07-18 19:49:37 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで1800m泳いだ後、河堀稲生神社へ。

真田山プールへ自転車で向かうときには、雨は降っていませんでしたが、泳いでいるときに雨が降ったりやんだり。
プールが終わった後は、大雨注意報が出され、本降りの雨に。

真田山プールから上町筋。いつもは、上本町6丁目交差点から千日前通りに入りますが、本日は、そのまま、南下。
五條宮前西交差点を少しだけ東に。
五條宮前からそのまま四天王寺東大門前を通り、北河堀(きたかわほり)交差点へ。

すると、太鼓が乗った台(河堀楽車)の巡行がなされているのが見えました。

楽車を追いかけました。

そして、河堀稲生神社(こぼれいなりじんじゃ)に。

近くに 北河堀 南河堀の地名があり、地名としての河堀は、かわほり と読みます。

よって、地元の人は、間違って、かわほりいなりじんじゃ と呼んでいる人もいるかと。

それに比べ、近鉄南大阪線では、阿部野橋の次の駅の名前が、河堀口(こぼれぐち)となっているので、針中野駅をかつて利用していた私は、河堀 とみて、素直に こぼれ と呼んでしまいます。

そのため、抵抗なく こぼれいなり神社 と読みます。

東側にある正面入口。

屋台のテントが続きます。

南西角の出入り口前に、自転車を置いて、正面の鳥居へ。

そこから入りました。

こどもてたちが太鼓をたたいていました。

本殿・拝殿へ。

雨が降っているので、みんなテントの中へ。
こどもが大半です。

オーダーが入ると神楽をするため待機する巫女さん。

お神楽受付は3000円という事です。

由緒書きを見ました。

河堀稲生神社は、崇峻天皇を祀っていることがわかりました。
仁徳天皇を祀っている東高津宮・高津宮。
敏達天皇を祀っている五條宮。
大阪の神社には、天皇を祀っているところが多くあります。

 

末社すべてにお参り。

桜樹稲荷神社。

桜樹稲荷さんの前には、普通はきつねなのに、獅子が。

雨が降るため、テントの下にひとが集まっています。
ほとんどが子供です。

 

おみくじ(100円)を引きました。15番大吉でした。


おみくじをひくと、ウチワがもらえます。

こどもによるお囃子。

こどもが太鼓をたたいています。

おみくじコーナー。

河堀稲生神社をあとに。
近くにある国道25号線を西進。

四天王寺南大門の前を通り、すぐに、谷町筋と国道25号線との四天王寺前交差点へ。

行きしなオオサカを登り、この交差点から谷町筋へ行ったところです。

帰りしなは、オオサカを下り、そのまま、西進。事務所に。

 

 

コメント (8)

本日は私が氏神以外の神社の夏祭りに初めて参加した仁徳天皇を祀る高津宮へ。茅の輪くぐりをしました。末社すべてにお参り。当然オメコ石・チンポ石にも。おみくじは1番大吉。

2019-07-17 21:36:11 | 神社夏祭り

本日は、真田山プールで1600m泳いだ後、高津宮へ。

第一片倉ビルに事務所があったとき、行きも帰りも、高津宮の前を通っていました。

実家が氏子となっている中井神社の夏祭りにはずっと行っていました。お菓子の引換券と福引の引換券が届けられるので。それをもらいに。

が、それ以外の神社の夏祭りには、行ったことがありませんでした。
真田山プールに行くときに通る道。
高津宮の夏祭りの際には、両側に屋台がずらっと並ぶので、祭りだと知るようになり、どんなものか、見に行くようになりました。

当ブログでは、昔から夏祭りに行った様子が記載されています。

高津宮 とかいて、こうづぐう と読みます。大阪人なら高偏差値高校の高津高校(こうづこうこう)があるので、こうづと素直に読めます。

いつも、このあたりに自転車を止め、この石段を登って、門をくぐって境内へ。

屋台の列は、千日前通りまで続きます。

石段を登り、門をくぐります。

登ったところにある西坂の案内板。

これが縁切り坂。西坂。上から見たところ。この坂は、上り下りしたことはありません。

御輿蔵。第二次世界大戦時の空襲で焼け残った唯一の建物とか。

絵馬殿

お囃子を常に行っています。

この前には、大阪市の市歌の碑が。

私は、大阪市民ですが、どんなメロディか知りません。

絵馬殿から降りる坂が相合坂です。

絵馬殿の絵馬。

喫茶 富亭カフエ セルフのかき氷って初めて見ました。

本殿・拝殿へ。

子供用の神輿。

お参りしました。

通りすがりの人に撮ってもらいました。

かち割が無料配布されていますので、もらいます。

南側の石段。

ここから上がると正面に本殿・拝殿が。

その前に茅の輪が。

この茅の輪に使われている葦は、なんと、いつも行く股ヶ池明神の前にある桃が池でとれたものだそうです。

この図に従って、茅の輪をくぐりました。

 

高津の富 と言えば、落語の演題で有名です。
この高津の富の舞台となったのが、ここ高津宮です。

そのため、高津の富亭という寄席があります。

 

これから、境内にある末社すべてにごあいさつをします。

 

大阪から熊野まで99の王子があったとされます。

現存しているので有名なのは、阿倍野区の阿倍王子神社です。

 

 

仁徳庭園へ。

高倉稲荷神社へ。

高倉稲荷の入口には占い屋が。

この神社の中にある末社にもごあいさつ。

そして、谷末社へ。

オメコ石やチンポ石にごあいさつ。

オメコ石。どこがオメコやねんと、

行き過ぎて振り返ると、見事なオメコが。

さらに進むとチンポ石が。

どこが正面なん?と言いたくなります。

そして、谷末社へごあいさつ。

そして、石段を登り境内へ。

隣の安井稲荷神社にお参り。

 

 

そして、末社すべてにお参りしたので、おみくじ(200円)を引きました。 1番大吉でした。

浴衣を来た巫女さんが、幸せになるようにと鈴を鳴らしてくれました。

テープルの上にある鈴を浴衣を来た巫女さんが、、

こちらで、1000円の厄除け笹を求めると、きれいな巫女さんが、鈴を鳴らしてくれます。

もう一つのコーナー。そちらには、おっさんが・・・。そちらで同じ1000円の厄除けの笹を求めると、
オッサンが、獅子舞の獅子で、頭を獅子の口の中に入れてくれます。

そして、午後6時になり、氏子奉納舞台でショーが始まりました。

 

 

先ほどまで営業していた富亭カフェは閉まっていました。

そして、お囃子の音につられて、絵馬殿へ。

 

絵馬殿の横から下を見る。

御輿蔵

中には大きな神輿が。

入ってきた門から出ます。高津宮の北西に当たります。

自転車に乗って、屋台の列の中を。

相合橋の片方の上り坂へ。

相合橋のもう片方の上り坂へ。

先ほどの坂の入口とこちらの入口から同時に石段を登り、途中の踊り場に同時に到着すると結ばれるとか。

そして、屋台の列の中を南へ。

突き当りは、千日前通り。

そして、今宮戎駅前の事務所へ。

 

 

 

 

コメント (3)

本日はいのちの会に行ったとき本祭のだんじりに遭遇してその存在を知った桑津天神社の夏祭りに。天神社の夏祭りは初めて。おみくじは32番吉。仁徳天皇の妃の病を治した神社。

2019-07-16 22:53:34 | 神社夏祭り

本日は、いのちの会に行った帰り、たまたま、だんじり(地車)の巡行を目撃、ついていって見つけたのが桑津天神社の夏祭りへ。

そのだんじり巡行は、秋に開催された本祭の時のものでした。

この神社とは、ご縁を感じたので、初めて、夏祭りに行くことに。

仁徳天皇の妃の病を治した少彦名の神を祀ったのが縁とか。

仁徳天皇の時代ですので、とても古い神社です。

駒川中野駅に19時7分に到着する電車で。
そこから、近鉄南大阪線に沿って、北田辺駅まで。
そこから、少し東にそれて、まっすぐ北に。

そして、到着しました。

こちらが南側の入口・鳥居です。

南側にある公園。屋台が立ち並びます。多くの人がいます。

舞台。

公園なので、遊具も。その隙間に屋台が。

本殿・拝殿のお参りする列に並びました。

列のひとつ後ろの人に、撮影してもらいました。

そして、順番が来たので、お参りしました。

お祓いを受ける人が昇殿していました。

そして、社務所でおみくじを。

中学生くらいの男の子と小学生くらい女の子が白い服を着て、詰めていました。
ようお参りと声をかけていました。

おみくじ(100円)を引くと、32番吉でした。

末社にお参り。

菊姫大明神から見た本殿・拝殿。

本殿・拝殿の上に並べられた提灯。町内会が書かれていて、氏子エリアがわかります。
桑津以外に、北田辺の一部や、阿倍野区美章園や生野区林寺が入っていることに驚きました。

末社すべてにお参り。八幡宮にも。

そして、公園の屋台群を見ました。

 

そして、桑津天神社をあとに。

スーパーフレスコ駒川店に立ち寄って食材を買った後に、駒川のマンションへ。

 

コメント (6)