ハッカー伝言板改めえむびーまんの日記帳(山本隆雄ブログ)

日本コンピュータクラブ連盟・日本霊能者連盟・日本占い師連盟各理事長・メイドリラク萌とカードカルト経営者 山本隆雄の日記帳

本日は生まれて初めて住吉公園へ。有名な常夜燈を初めて見ました。南海本線は、少なくとも住吉大社から岸里玉出まで複々線となっていることを確認しました。

2021-01-10 19:46:59 | 名所・旧跡・博物館見学

1時間に4本しか普通電車が走っていない南海本線。
大阪市内で1時間で4本しか普通電車が走っていないのは、南海電車本線とJR阪和線、JR学研都市線だけです。

目の前で電車が出ていくのが見えたので、駅向こうにある住吉公園を散策することに。

常夜灯がこの公園にあることは知っていたので、探しました。
国道26号線の西側にありました。
ここから西が昔は海でこれが灯台代わりだったようです。

 

 

そして、国道を渡って。住吉公園に戻りました。
あと3分で次の電車。その電車を見逃し、13分後の電車に乗ることにしました。
公園内を散策。

このあたりが海であったようです。すみのえの粉浜のシジミ開けもみず・・
万葉集の歌が。。

そして、住吉大社駅の西側にある源氏物語の歌碑へ。

そして、普通電車に。

この駅では、複々線になっていました。
窓からもう一つの線路を見ていました。
次の粉浜、その次の岸里玉出まで、複々線は続いていました。

そして、難波まで。
そして、地下鉄で大国町まで。
今宮戎までいかないのかって、自転車を大国町駅前に置いているので。

コメント (7)

本日朝日新聞に載っていた鷹合まちさんぽをもらいに東住吉区役所へ。当ブログ読者も鷹合まちさんぽを見て正しく理解してください。

2020-12-21 18:46:12 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、中野の実家で、新聞を見ていたら、鷹合まちさんぽという冊子ができた記事が。
私は、昭和44年12月下旬から47年8月まで、鷹合地区(西鷹合町)に住んでいました。

本日、筒井さんに電話して配布場所を尋ねました。

遠方なら郵送しているが、近所なら東住吉区役所の1階受付に行ってもらってくださいということでした。
東住吉区役所にたくさん預けてあるということでした。

東住吉区役所に行って、鷹合まちさんぽをもらってきました。

当ブログのコメント欄に、百済人とか高麗川とかいうことを書いている人がいるので、鷹合まちさんぽをアップしておきます。正しく理解してください。

 

 

コメント (10)

本日は駒川のマンションから自転車8分で行ける長居公園へ。本日は郷土の森と長居植物園の無料エリアへ。帰り長居公園を出て駒川中野駅7分後の電車に。階段1段飛ばしで駆け降りました。

2020-12-06 18:06:22 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、天気が良いので、会社に出勤する前に長居公園を散策することに。

駒川の自宅マンションから長居公園北東口の入口まで、自転車で8分で来ました。

長居公園は、東住吉区の区域の1割を占める広大な公園です。

本日は、北東口に自転車を置いて、歩いて、郷土の森の中を通り、長居植物園の無料エリアへ行くことに。

郷土の森へ。

楽器の演奏をしている人も。

テントを張っている人も。

楽器の演奏をしています。

園芸販売店が。中を見ましたが、高い。
先日、シクラメンの鉢をスーパーフレスコで398円で買いましたが、
店内でシクラメンを見ると、同じ大きさの鉢で1500円とか1800円の値段がついていまた。

長居植物園のかつての正門前へ。

右手の門をくぐり、無料エリアへ。

建物の中へ。

様々な行事が中止となっていました。

建物の外に出て、無料エリアを散策。

裸像です。オメコがあるかないかは、手の下になっていて、わかりません。
中学生のグループが近くによって、眺めていましたが、オメコがあるかないかわからないようでした。

通りすがりの中学生グループに撮ってもらいました。

屋上庭園へ。

屋上庭園でした。

下に降りて公園へ。

BBQの売店が。

BBQコーナー。BBQを焼いている人もいました。

BBQコーナーの向こう側は、ヤンマーフィールド長居。サッカーの試合が行われていました。

向こうには、ヤンマースタジアム長居が。

照明塔。

郷土の森の中心の噴水へ。

水がありません。

ここは、池になっているはずなのに。

ここが池への水が流れているところとわかりました。

池や噴水の水がない理由がわかりました。

紅葉がきれい。

塀の高さに差があり、低い方には、上に返しがつけられていることに気づきました。

北東口に到着しました。

花がきれい。

とめてある自転車に乗りました。

公園から出た時間は、16時34分でした。
駒川中野駅に着いたのは、16時40分30秒でした。

地上にある改札から入り、ホームまで駆け下ります。
改札を抜けた段階で、電車の接近チャイムが聞こえてきました。

長い階段を1段づつ降りていたのでは間に合いません。

1段飛ばしで、駆け下りて、無事、16時41分発の大日行きに乗車できました。

61歳にもなって、地下鉄の階段を1段飛ばしで駆け降りることのできる人って、そういないと思われました。

体組成計で、いろいろと測定していますが、体年齢は、いつも、51歳と出ます。
体幹バランス年齢は、いつも、47歳と出ます。
体幹バランス年齢が若いので、階段を1段飛ばしで、駆け下りる事ができるのだなぁと思われました。

 

 

コメント (2)

本日は3時間20分の乗船待ちで友ヶ島へ。午前11時ですべての乗船券が売り切れとか。滞在時間2時間30分しかなく第1・第2・第3砲台跡に。友ヶ島灯台にも。

2020-11-22 21:38:53 | 名所・旧跡・博物館見学

参考 当ブログ記事 2020年8月23日記事 本日の海水浴は50年ぶりに友ヶ島へ。いったん完全に廃れた友ヶ島。天空の城ラピュタの島としてよみがえりすごい観光客が。今回第1・第2砲台へ。孝助松と池尻浜で遊泳。

本日、午前11時発の友ヶ島行きに乗船しようと10時19分に加太駅に到着する電車で来て、10時38分に、友ヶ島汽船の乗船場に到着。

渡された整理券は、午後2時出発の便でした。友ヶ島発の最終便は、午後4時30分。2時間半しか滞在できないことになります。

3時間あまり、加太砲台跡や田倉崎砲台跡で過ごし、午後1時45分に乗船場へ。
乗車券往復2200円を求めました。
その時、整理券を持っていないのですが、午後3時の便に乗れませんか。
という男性が。
本日の乗車券は午前11時に完売しました。と。
人を乗せていくのは、午後2時の便が最後で、それ以降の便では、人は、乗せて行かないという事でした。
それ以降の便は、ピストン輸送で、島に渡った人を戻してくるだけということでした。

受付でもらった友ヶ島のパンフ。
本日は、友が島での滞在時間が2時間半しかないため、バンフにある名所探訪コース(3.3キロ)通りに行くことに。


友が島号に乗船する人の列。


船は、当然の満席。すべての座席が埋まっていたのて、デッキへ。
そこから海を見ることに。

加太海水浴場から続く城ケ崎。

左に見えているのが地ノ島の先端。

国民休暇村紀州加太の建物が山上に。ここは、深山第2砲台跡です。

友ヶ島・地ノ島全景。

友ヶ島・沖ノ島につながる虎島。

虎島(左)には、沖ノ島(右)から堤防を歩いて渡るには、危険とか。

地ノ島を見る。島の左手には岬町多奈川の街。右手は加太の街。

船は、沖ノ島・地ノ島の海峡を越えて、沖ノ島の北側へ。

神島。沖ノ島の手前にあります。淡嶋神社の神様は、もともとここにおられました。

野奈浦桟橋へ。

多くの人が、私が乗ってきた船で、加太に戻ろうと、並んでいました。

加太行乗船待ちの列。我々は、今上陸したところなのに。

通りすがりの人に撮影してもらいました。

友ヶ島唯一の宿泊施設。海の家。

8月23日に友ヶ島に行った時、この塔の下まで泳ぎました。
大きな岩の上に建てられていました。

8月に来た時、一人で泳いでいた浜。池尻浜。

廃墟となっている富士屋別館。
友ヶ島は、もともとは、キャンプや海水浴場として、私が小学生の時は、はやっていました。
が、その後は、さびれ、加太と友ヶ島を結ぶ船は、廃止されていたころもありました。
友ヶ島は、さびれるだけさびれていました。
が、その後、砲台跡が天空の城ラピュータと似ていると話題となり、現在のような大ブレーク状態に。

第2砲台跡。

時間がないので、表側のみ撮影しました。
裏手にも回れます。
そちらは、こちらでご覧ください。
当ブログ記事 2020年8月23日記事 本日の海水浴は50年ぶりに友ヶ島へ。いったん完全に廃れた友ヶ島。天空の城ラピュタの島としてよみがえりすごい観光客が。今回第1・第2砲台へ。孝助松と池尻浜で遊泳。

コースに従って、友ヶ島灯台へ。

8月の時も来ました。友ヶ島灯台には、アメダスがあります。
今年来た台風。大阪では最大瞬間風速が10mちょいでも、友ヶ島灯台では47.6m。を出していました。吹くとこには吹くんやなと思いました。

前回、行った後、友ヶ島についてサイトを見ていると、第一砲台跡に、UFOのような屋根のものがあることに気づきました。
前回、その存在にまったく気づかなかったので、今回どうしても見たいと思いました。
捜しまわって、発見しました。

内部。

近くに降りれる階段を発見。

中に入りました。

そして、第一砲弾あとに。

そして、コースに従って、池尻浜・孝助松へ。

8月23日に来た時は、この浜で泳ぎました。

そして、第三砲台に向かって山を登っていきます。

汗だくです。

途中、小展望台が。

神島がよく見えます。

そして、トイレへ。きれいなトイレなのに、水がまったく出ません。

第三砲台の厠あとのような建物。

第三砲台跡に到着。

まずは、大展望台へ。

タカノス展望台。前回、友ヶ島に来た時、友ヶ島灯台から見て、この人工物が気になりました。
なんだろうと思っていました。展望台の屋根だったわけです。

淡路島が目の前に。

神島。

飛行機が。

一等三角点。標高119.7メートル。

第三砲台跡へ。ここが、ラピュータの城と似ていると言われている場所です。

 

真っ暗で懐中電灯がいると友ヶ島汽船の売店で書かれていて、懐中電灯が売られていましたが、要所・要所には、明かりが。
懐中電灯なしで歩けます。

午後4時10分。最終便が出るまであと20分です。急いで山を下りました。

桟橋が見えるところまで来ましたが、船は見当たりませんでした。

みんな並び出したので、並びました。少し前に船が出て、その積み残しと私のように4時30分の便に乗ろうとしてきた人でした。

最終便は、午後4時47分出航。午後5時5分に加太桟橋に。
そして、加太駅へ。

午後5時27分発の和歌山市行に。
午後6時00分発の特急サザンへ。
午後6時59分南海難波駅着。
午後7時2分発の各停へ。午後7時3分今宮戎駅に到着。
午後7時5分に事務所に到着。

本日の費用。

南海電車往復 金券屋で6回分3600円で買った株主優待カードの2回分 1200円。
友ヶ島汽船 往復 2200円。合計で3400円。

 

 

コメント (1)

本日は友ヶ島に行くも乗船3時間20分待ち。待ち時間に青少年国際交流センター内にある加太砲台跡と田倉崎砲台跡に。いつの間にか砲台跡マニアに。

2020-11-22 20:08:36 | 名所・旧跡・博物館見学

昨夜、本日の行先をタロットで決めました。
またまた、加太・友ヶ島行に運命の輪のカードが。
本日も、昨日と同じく6時半に目覚まし。セット。
駒川中野駅を昨日の2本あとの8時7分発で。車中で、友ヶ島汽船のサイトを見ると、本日は臨時便を出して運行と。
今宮戎駅8時40分発の電車に。次の新今宮駅到着。8時41分。8時47分発の特急サザンへ。9時44分和歌山市駅に到着。
9時55分発の加太行きへ。

昨日と同じく10時19分到着。
電車の中には、友ヶ島に行こうとしている数十名が。

1回に100名しか乗船できないので、速足で・その軍団の先頭。11時00分発に乗換に乗りたいので。

10時38分に加太港に着くと、駐車場は満杯。すごい人の数。
整理券を配っていました。14時発の便でした。13時50分までに来てくださいと。

3時間20分待ち。

昨日、深山第一砲台に向かう途中、工事現場の壁に、加太観光の写真が。
その中に田倉崎砲台跡の写真が。

3時間20分の間に、田倉崎砲台跡に行くことに。
ここから1.6キロ。24分で行けるとのこと。
山道を上がっていきました。

しんどい。暑い。汗だく。

やっとなにやら建物が。

案内板を見ると

大便用個室。

小便用。

隣の小屋

 

砲台跡を見に行く人も受付に届け出なさいと言う事でした。

通りすがりのアベックに撮影してもらいました。

受付へ。氏名や電話番号を書かされます。帰るときには、申し出るようにと。

トイレに行くために、青少年国際交流センターの裏手に。

広場になっていました。

ここから、田倉崎砲台跡へ。

弾薬庫に。

上は、見晴らしの丘に。

 

この後行く、友ヶ島沖ノ島。

 

友ヶ島・沖ノ島 ズーム。

しばらく、行くと、田倉崎砲台跡に。


ここにも、展望台が。

弾薬庫へ。

 

このアスレチックのつり橋を渡ることに。

再び、見晴らしの丘へ。

あの休憩所に座り、お供えに使った黒糖まんじゅうを食べました。

受付でもらった地図の中に野立というものがあったので、行ってみると、

大正11年12月1日 摂政宮殿下御野立所 の碑が。

この円形の台の上からの眺め。

 

 

 

 

コメント (1)

本日は淡嶋神社のあと加太海水浴場へ。そして、深山第一砲台跡へ。見晴らし抜群の展望台で休憩。明石海峡大橋も。

2020-11-21 22:16:02 | 名所・旧跡・博物館見学

本文続く。

本日は、加太駅から役行者堂経由で淡嶋神社まで2.0キロ歩き、淡嶋神社から深山第一砲台跡まで3.9キロ歩き。深山第一砲台から加太駅まで3.5キロ歩きました。

1日で9.4キロ歩いたことになります。

 

コメント (3)

本日は平野町ぐるみ博物館のひとつ全興寺内にある駄菓子屋さん博物館へ。昭和レトロジオラマ展が。

2020-11-14 20:21:16 | 名所・旧跡・博物館見学

全興寺に行ったので、全興寺の境内にある平野町ぐるみ博物館の一つ駄菓子屋さん博物館へ。

昭和レトロジオラマ展が。

中に入ります。

この建物の外側は、平野の音博物館となっています。
廃止された南海平野線の音源がかなりあります。

平野は、空襲をまったく受けなかった町なので、戦前からの建物が多く残っています。
大阪市内最大のだんじり祭(観客数20万人)の町として知られています。
教科書に載っている戦国時代の自治都市は、堺・平野・博多。その平野がここです。

 

 

 

コメント (2)

本日真田山プール入場65分待ち。その間に近くの真田山(宰相山)山上にある5100基の墓がある我が国初の軍用墓地・旧真田山陸軍墓地へ。この時の大阪市の気温は36.7度。暑い暑い。

2020-08-29 22:07:02 | 名所・旧跡・博物館見学

本日、真田山プールヘ。

午後2時25分に到着。整理券は335番。入場は、午後3時30分から40分。

65分待ちです。

真田山プールの場合、蜜を避けるという事で、入場30分前まで、天王寺スポーツセンターのロビーに入ることはできません。

炎天下のなか、外で待たなければなりません。

近くにある真田山陸軍墓地に行くことに。

玉造駅から真田山プールに行く途中、通る道にある階段を登ります。

宰相山公園の碑があります。真田山公園ではないことに気づきました。

この先には、三光神社があります。

真田幸村公の銅像。

石段を上がります。

宰相山のピークです。

横には、三光神社の社務所の建物が。

真田山陸軍墓地へ。

大阪市のサイトでは、

----------------------------------------------------------------

大阪市に所在する日本で最初に設置された軍用墓地の旧真田山陸軍墓地について紹介します。

旧真田山陸軍墓地について

 旧真田山陸軍墓地は、明治4年(1871年)に日本で最初に設置された軍用墓地です。

 陸軍創設期に亡くなられた兵士をはじめ、西南戦争や日清・日露戦争、第1次世界大戦、第2次世界大戦における軍人・軍関係者の戦死者、病死者など、日本国民の生命・財産を守り、その使命を果たすために殉じた方が埋葬されております。

 旧真田山陸軍墓地には、5,000を超える墓石、8,000を超える方が眠る納骨堂などがあり、全国でも最大規模の軍用墓地になります。

所在地

 
-----------------------------------------------------------------------------------

西側に、墓地から外に出る出入り口がありました。そこから出ました。

すぐのところに真田山小学校の通用門がありました。

さらに西に行くと、心眼寺坂に出ました。午後3時2分でした。

午後2時半から午後3時まで、真田山陸軍墓地にいましたが、その間に、大阪市の最高気温が出ていました。

午後2時48分の36.7度でした。

心眼寺へ。

 

コメント (1)

本日は亡き父の婚姻前の戸籍謄本を取りに堺市役所へ。堺市役所は東住吉区役所と違い広いスペースに少ない人。待ち時間短し。堺と言えば古墳。駅前の反正天皇陵へ。

2020-04-23 23:12:55 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、亡き父の婚姻前の戸籍謄本をもらいに堺市役所へ。

今宮戎から各停で天下茶屋まで。

天下茶屋で和泉中央行きの準急に乗り換え、堺東まで。南海高野線の堺東駅までで各停が退避できる駅は住吉東だけ。そのため、各停に乗ると住吉東で後の準急や急行に追い抜かされ、堺東駅ではそれらが先着することになるので。

百舌鳥・古市古墳群のうち百舌鳥古墳群は堺市にあります。

堺東駅の改札。

地上へ。

向こうの建物が堺東駅。

堺市には、南海本線に堺駅。南海高野線に堺東駅。JR阪和線に堺市駅がありますが、乗降客数ダントツトップが、この堺東駅です。

 

駅前にそびえたつ堺市庁舎。

展望台に上ろうと思いましたが、新型コロナの関係で閉鎖。残念。

そして、亡き父の婚姻前の登記簿謄本の発行を受けました。

堺市の窓口はすいていて、すぐに発行されました。

そして、堺東駅に。

堺東駅のすぐ横に、古墳があったので行ってみることに。

踏切の向こうに見える木々が茂るところが古墳だと思って行ってみることに。

そこは、古墳ではなく府立三国ケ丘高校でした。

ひょうたん良先生は、この高校に行ける学力はあったそうですが、富田林高校進学したそうです。

大学名は出さないのかとコメント欄にありますが、本人から聞いたわけではないので、大学名は正しいかどうかわからないので書かないのです。
ひょうたん良先生は、R大卒と教えてくれたそのフリーライターから聞いた出身大学は本当かどうかわからないからです。そのフリーライターからは、松井市長は、近大中退と聞かされていました。大阪市の側近が京大卒。なんで近大中退のやつに仕えなあかんねんと言っていると聞いていました。それで松井市長は、近大中退と信じていましたが、昨日の記事で近大中退を見出しにつかうと、コメント欄にご意見が。念のため調べると松井市長は近大中退ではなく、福岡工業大学卒でした。
こういうことになるので、学歴については、本人から直接聞いたこと以外は書かないことにしているわけです。
この建物の前に北に進む道があったので、北に行くと、100メートルもいかないうちに、

 

反正天皇陵にぶち当たりました。

5世紀ころの古墳が現在まで、このような大都市に残っていることはすごいことだと思われます。

3世紀ごろの古墳は、田辺古墳群と言って、東住吉区内にありますが、原型をとどめていません。
山坂神社とか君塚とかが田辺古墳群の古墳あとにあるとか言われています。

堺東駅に向かいます。

堺東駅の東側の改札へ。

これが、人口83万人の政令指定都市の玄関口の駅だとはとても思えませんが、

帰りも、準急に乗り、天下茶屋駅で各停に乗り換え、今宮戎駅まで。

コメント (4)

本日は諏訪山公園へ。ビーナスブリッジへを通り標高160mビーナステラスへ。ベンチに座り神戸の街を見ながらひょうたん良先生とおしゃべり。

2020-03-21 21:45:53 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、諏訪神社・諏訪山稲荷神社へ行った後、定番のビーナステラスへ。

諏訪神社・諏訪山稲荷神社から10分ほど山を登ると、ビーナスブリッジが見えてきます。

ビーナスブリッジに上がっていきます。

渡った先は、標高160メートルのビーナステラスとなります。

通りすがりの人に撮影してもらいました。

ビーナステラスからは神戸の街が眼下に。

愛の鍵モニュメント。

ベンチに腰掛けます。

ベンチからの眺め。

望遠鏡が2基あります。無料で見られます。

レストランもあります。

このレストラン。カフエのみの利用はお断り。コース料理を頼まない限り入れません。と入口に書いてあります。

 

ベンチには、私のジャンバーを。これを置いておかないと、アベックに席をとられてしまうからです。

愛の鍵モニュメントへ。

鍵がかけられています。

カップルの名前が書かれています。

中には、こんな鍵も。

愛のプレート

 

レストラン下には、駐車場が。
4月から11月の土・日・祝には、三宮から森林植物園行きのバスが走り、ビーナスブリッジというバス停がこの駐車場のところにあります。

見晴らし抜群のレストラン。コース料理をオーダーできるお金持ちしか入れません。

トイレに行きました。

 

午後6時になったので、下山することに。

諏訪神社・諏訪山稲荷神社に再び立ち寄り、ごあいさつ。

そして、下山。標高90メートルの金星台へ。

 

そして、下山。

自転車のところへ。海抜50メートル。

午後6時22分に止めていた自転車に乗りました。

帰りは、下り坂。自転車ではスピードが出ます。

4分後の午後6時26分にセンタープラザ西館前につきました。

午後6時27分に、カードカルト店内に入りました。

 

 

 

 

コメント

本日は恵那峡近くにあるストーンミュージアム・博石館へ。日本最大のピラミッドの中に入り満足。恐竜のうんちの化石と真っ赤なむルシェのトラクターに驚き。720円で最高に楽しめます。

2019-12-23 23:24:57 | 名所・旧跡・博物館見学

湯快リゾート恵那峡国際ホテルを出て、恵那峡展望台や大井ダムはたつきさんの見たいところで、ストーンミュージアム・博石館は、私が行きたいと思ったところです。ビラミッドに入りたかったからです。
大井ダムの近くにあります。

広い駐車場は空っぽ。営業していないのでは、、、と思ったら、レストランの周辺だけ何台か車が。

レストランの前に、博石館の受付がありました。

割引クーポンを出し、一人800円→720円に。
めいめいでお金を出して、入場券を買いました。
3か月以内ならタダで入れる券がついていました。
パンフ。

 

受付前の雨受付

受付前の陸橋を上っていきます。ここは、入館者だけが通れる陸橋です。

陸橋の上から。

道路の向こうのエリアへ。

エントランス。

大きな建物。本館に入ります。

本館の中。係員はまったくいません。

 

大阪人の感覚では、触れるように、こんなん並べて大丈夫なんと思ってしまいます。
無人の建物で、こんなものを展示していると、大阪の感覚では、なくなってしまうとしか思えないのですが、

ピラミッドバックに記念撮影。

 

いよいよ、日本最大の石のピラミッドへ。

ピラミッドの中は迷路になっています。また、石棺へ続く階段もあります。
まずは、迷路に挑戦。

 

くねくねと、行っても行っても先がふさがっています。
何回も元来た道に戻ります。
泣きそうになります。
そして、非常出口の→表示を頼りに、出口へ。

ゴール。

ストーンミユージアムの外にも、石が、、。この辺は、石の産地のようです。

何かあるので、行ってみますが、

中には、これだけ。

そして、ピラミッドの横に内部につながる階段を発見。立ち入り禁止になっていますが、登ってみると。

そして、あたまがぶつかりそうになるので、後ろ向きに降りました。

そして、迷路入口で今度は、上に上る階段を。

先ほどの場所につきました。

こちらが、先程登ってきた立ち入り禁止の階段。頭がぶつかるので危険なので、立ち入り禁止にした模様。

そして、表へ。

外から見ると。

そして、まだ見ていないエリアへ。

100年前のピアノ。

 

そして、恐竜のうんちを見に。

 

いろいろな動物のフンの化石も。

トイレの展示も。

女子用立小便器。

 

そして、黄色に陸橋を上って、鉱山体験館へ。

こちらも無人。

いくつか展示室がありますが、どれも意味不明。

体験コーナーは、まだ、午後2時半なのに、本日終了。と思いきや、営業は、土・日のみ。

意味不明の展示が続きますが、ここが大阪なら、こんな無人の建物の中にある展示品はなくなります。

通路を下に降りたところにあるトラクター。

なんとポルシェのトラクターとか。

そして、駐車場へ。

ここは、広大な敷地に建物がいくつもありますが、ほかに、客がほとんといないので、独占感が半端ではありません。
職員も有料体験コーナー受付以外には、だれもいません。
防犯カメラも全くついていません。
大阪の人は、このミュージアムに行っても、展示品パクリ放題とは思ってはいけません。

続いて、恵那峡国際ホテルの近くにある弁天島にある弁天さんへお参り。

 

コメント (3)

本日は大正13年完成の日本初の発電用ダムである関西電力大井ダムに。恵那峡にあるダム。奥渡神社へ。

2019-12-23 23:11:03 | 名所・旧跡・博物館見学

恵那峡周辺の観光。続いては、関西電力大井ダムへ。
大正13年完成の日本初の発電用ダムということです。

駐車場から急な坂を下りていきます。

途中分岐があり、下流方向に進むと、奥渡神社がありました。

さらに進むと、一般の人は、行き止まり。眼下には、発電所が。

そして、先程の分岐点まで戻り、ダム堤に進みます。

ダム堤の上流。

ダム堤を歩いていきます。

下流方向。

上流方向。

対岸まで歩いていきました。

対岸から見た大井ダム。

そして、対岸からダム

戻ってきました。関電の建物の手前に案内板がずらり。

福沢桃介のレリーフ。

今もちまちまと工事をしています。

向こうの建物へは、関電関係者以外、出入りできません。

帰りは、ハアハアと言いながら、坂を上って、駐車場まで。

 

 

 

 

 

 

 

コメント (1)

本日駒川から自転車で事務所へ。途中、飛田新地の中を。日本最大の売春地帯。お姉ちゃんが玄関に座り手前にはやりてばばあが。写真撮ったらあかんとか。

2019-12-19 22:07:00 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、駒川の自宅マンションから大国町(今宮戎駅前)の事務所まで、自転車で。
最短経路は、昔のチンチン電車・南海平野線の線路伝いでとなります。

あべの斎場前から昔のチンチン電車道の坂道で、飛田までおります。そして、大阪ロータリーから堺筋を北上します。

飛田では、堺筋に出るのではなく、街中を通ってみました。

日本最大の売春地帯です。旧赤線地帯です。

写真とったらあかんよ。ジェスチャーで✖を出すやり手ばばあ。

どこの売春小料理屋でも、玄関に売り物の女の子を座らせます。
入口手前には、やり手ばばあが。

異様な雰囲気です。

私は、この町のお世話になったことはありません。

中学校の時、社会科クラブの部長をしていました。

中学3年生の時、ブロック大会で、69年の歴史に幕を閉じる南海電車平野線。というテーマで研究発表をしました。

その中で、飛田通いが盛んだったころ、南海平野線は、2両編成で運行されていたと説明しました。

その時、飛田通いは何ですか。と質問されたらどうしようかハラハラしていたのを今でも覚えています。

ませたガキではなかった私は、飛田通いの意味が分からなかったからです。

平野線の沿線には、飛田駅があったのは知っていましたが、しけた駅だったからです。
駅前に商店街があるわけでもなく、さびれた街に、2両編成にしないといけないぐらいの人がなぜ押し寄せたのか、
全く、想像がつかなかったからです。

家で母に飛田通いの意味を聞いても、そんな言葉聞いたことがないと言います。父に聞いても、教えてくれません。
学校の職員室で、片っ端から先生に聞いてみたことがあります。
女の先生は、母と同じリアクション。飛田通いという言葉は聞いたことがないと言います。
男の先生は、ニタリとしますが、教えてくれません。
本当に、困ってしまいました。
ブロック大会では、だれからも、飛田通いって何ですか。
と聞かれなかったので、ほっとしたのをいまだに覚えています。

 

コメント (3)

本日は大阪地裁に行き、生まれて初めてA君の刑事事件の裁判を傍聴しました。次回の裁判では私が情状証人として出廷します。

2019-11-27 20:27:33 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、A君の第一回、公判。

10時50分から別館の331号法廷で。

昨日、弁護士に法廷に入れる時間を聞いたら、5分ぐらい前からと。10時50分に来てくださいと。

それで、3分前につく予定に。

本日は、谷町線の文の里駅で信号機故障、昨夜に続き、遅延発生。

駒川中野駅10時5分発大日行きに乗車。途中、谷町6丁目でいったん改札から出て入り直し、次の電車(駒川中野発10時13分発相当)に乗車して、南森町で下車。
ピタパマイスタイルの登録駅が大国町と谷町6丁目なので、こうすることで、駒川中野駅から南森町駅まで交通費がかからず行けます。

4分遅れとなっていました。

グーグルマップを見ながら、急いでいきました。

別館なので、北側の入口から入ります。

南側は、テレビでよく見かけるあの建物。本館があります。

別館。

別館の入口で、手荷物検査が。

飛行機に乗るときと同じ要領です。

エレベータで3階へ。

目の前にある331法廷に。

時計を見ると、ちょうど10時50分。

A君が前に立っていました。

傍聴席を見ると、10数名がいました。

後ろに、フリーライターの福原さんと。最前列に、フリージャーナリストの今西憲之さんがいました。

私は、最前列に座りました。

私以外の傍聴者は、みんなノートにメモをしていました。

私だけがメモを取らずに聞いていました。

裁判長と書記官。

国選弁護士1名。検事2名。それとA君の看守2名が、柵の中にいました。

起訴事実の読み上げがあり、特に争われる点はないという事でした。

今年3月の事件では、A君が見張り、かつて店長を務めていたB君が一人で入って、金庫内の金を盗んだというもので、得た金を折半でという話になっていたとのことでした。

B君は、30万円しかなかったと言って、A君に15万円しか渡さなかったという事でした。

A君は、わずか15万円もらったために、逮捕された9月20日からずっと留置されていて、少なくとも、判決の出る来年3月までは、自由の身になれないわけです。

次回は、追起訴の内容での公判となります。

私が、情状証人として出廷します。

次回の公判日。12月25日の午後3時10分からと決まって閉廷しました。

この間、約20分でした。

私が法廷に入ったときは、すでにA君は手錠などを外され、普通の状態でいましたが、終わってから、手錠をかけられ、腰にベルトをまかれて、その上から、ひもが通されていました。

その際、A君は、私に一礼していました。

弁護士とがこちら側に来たので、あいさつをして、名刺交換しました。今西さんも、週刊朝日の名刺を出して、交換していました。
そして、見知らぬ女性も。その女性は、弁護士事務所の弁護士かなにかで、名刺交換していました。

福原さんは、さっさと出ていました。

そして、私が弁護士に何か尋ねようとしたら、今西さんが、法廷の外でと言って、法廷の外に出て、廊下でしゃべりました。

そして、今西さんと大阪地裁の前の喫茶店へ。

二人で、いろいろとしゃべっていました。

普通は、大きな事件の公判では、少し遅れて始まるのが慣例だそうですが、今回は、裁判長がもう始めましょうかと言って、

2分前から始めたとか。

それで、私がきっかりの時間に法廷に入るとはじまっていたわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)

本日はいろいろな文化施設にタダで入れる関西文化の日。無料開放施設で大阪市内で入場料が一番高い600円の大阪歴史博物館へ。日本最古の都・難波宮や世界で6番目の大都会であった大大阪時代の展示に驚き。

2019-11-17 20:30:17 | 名所・旧跡・博物館見学

本日は、関西文化の日。いろいろな施設が無料開放されます。

https://www.kansaibunka.com/kansaibunka/about/

昨日なら、自然史博物館と植物園双方が無料開放であった長居公園に行っていたのですが、本日は、自然史博物館しか無料開放されていません。

それで、やんぴ。

通常の入場料が一番高いところで、かつ、行くのに交通費がかからない場所という事で、探し、大阪歴史博物館へ行くことに。
大阪城の近く、NHK大阪ホールと同じ建物にあります。

自転車で行くことに。

谷町筋から250メートル東に入ったところにあります。

谷町筋に行くので、このあたりから行くと、上町台地のきつい坂を登らないといけないので、坂の直下にある松屋町筋で北上し、中央大通りで谷町筋へ。
これなら、坂が緩やかなので。

午後2時20分に事務所を出発。午後3時前につきました。駐輪場に自転車を止めます。

駐輪場。建物は、NHK大阪ホールと同じ建物のようです。

受付に置いてあったパンフ。

エレベータで10階へ。そこから7階まで下がっていきます。

エレベータを降りると、日本最古の都 難波宮の大極殿が。

そこからの眺め。

四角いところに、この大極殿はあったとのこと。

通りすがりの人に撮影してもらいました。

百済の国の位置がいまいちわかりませんでしたが、今の韓国の西海岸にあったのですね。

そこから多くの人が日本に渡ってきて、現在の東住吉区などに住んだのですね。現在でも、百済と言われている地域があります。

日本最古のまじない木簡が見つかった桑津も東住吉区にあります。
桑津天神社のあたりです。

 

 

前期の難波宮復元模型。

長岡京が作られたときに、その資材を使うために難波宮がつぶされたという事です。

後期難波宮の復元模型。

エスカレーターで9階へ。

エスカレーターのところからの眺め。

エスカレーターの踊り場のところにあった絵。

住吉大社が描かれています。太鼓橋でわかります。

驚いたのは、住吉大社の前に海があることです。

9階の中世・近世の展示場へ。

安治川口の模様。

当ブログで パチモン という言葉がよく使われますが、
パチモン という言葉は、元来、安治川口で使われていた言葉だそうです。
もともとの意味は、8分目のもの という意味だそうです。

江戸時代の摂津国八十八所巡礼案内

法楽寺も南たなべ法楽寺として載っていました。

江戸時代の大阪市街地。

田辺や平野の地名はありますが、駒川や中野の地名はありません。

 

そして、エスカレーターで8階へ。

特集展示 なにわの考古学2019へ。

そこに置いてあったパンフ。

住吉区や平野区の半分ぐらいが遺跡なのに驚きます。

そういえば、地下鉄谷町線の開通が平野区の遺跡の為に何年も遅れたのを覚えています。

 

8階からは7階の展示場。大大阪時代の街の様子が見られます。

そして、エスカレータで7階へ。

大阪が大大阪と呼ばれ、大阪が日本最大の人口をもつ都市(2位は東京)で、世界で6番目の大都会であったころの地図です。
現在の住之江区、住吉区、阿倍野区、東住吉区、平野区を称して住吉区と言っていたことがわかります。

現在の大正区、生野区、都島区、旭区、城東区、鶴見区、淀川区もないことがわかります。

大大阪として編入された地域は、黄色で。元からの大阪市は青で。

東住吉区の矢田地区や平野区の瓜破地区・長吉地区・加美地区、生野区の巽地区はまだ大阪市に編入されていないことがわかります。

また、近鉄南大阪線の今川駅。この地図ではこまがは(駒川)駅と表記されています。また、JR阪和線の長居駅が臨南寺前駅となっているのもわかります。

現在の東住吉区の地名でこの地図に表記されているのは、住吉区の桑津町、北田辺町、田辺本町、今林町、今川町、中野町と矢田村の矢田部、枯木、富田、住道だけです。(西田辺町は現在の阿倍野区)
湯里や駒川、鷹合の地名はありません。

大大阪時代の町並み。

戦時中の空襲を受けたところの地図。

浪速区がほぼ全域が焼けているのに対して、
大阪市南部の東住吉区や阿倍野区、住吉区は、焼失地域が少なくなっています。
終戦時に東住吉区には14万人の人口がありました。

 

そして、17時の閉館で17時10分に。係員が閉館時間ですよと言いに来て、エスカレータではなく、エレベータを案内され、エレベータで1階へ。

外に出ました。

ペットボトルと缶コーヒーを持ってきていましたが、飲む時間がありませんでした。

それで、高床式の建物を復元したところの前に、ベンチがあり、そこに座って、缶コーヒーを飲みました。

午後6時前に事務所につきました。

 

コメント (6)