kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメに占領されるパチンコ

2018年06月13日 | ディスプレー


パチンコから離れて何年になるだろう。
JR神田駅前。
派手な店頭はアニメのキャラばかりだ。

むろん爺は知る由もない。
が、ドアがあいたら、あの喧噪ともいえる音が外に漏れてくる。

現役のころ、会社から帰る途中、神田駅前のパチンコ店に入り浸ったものだ。
そのころ、そんなに居酒屋へは行っていなかったのか。

あまり記憶にない。
居酒屋は異業種の常連客とのたわいない会話が楽しかった。
が、パチンコは台と向き合う孤独な作業である。

運が良ければ、100円が何十倍にもなるが、大方はその何十倍もの金をつぎ込んで、
あきらめることになる。

結局は金と時間の浪費と思ってやめた。
続けていたのは、やはりギャンブルにつきものの射幸心があったからなのだろう。

今も、萌えのアニメキャラクターが店頭をかざっているのは、
スマホのゲームに満足できない若者が、パチンコ店に足を運ぶせいなのか。
わからない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨時に映えるガクアジサイ | トップ | ヤマボウシが咲いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ディスプレー」カテゴリの最新記事