kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

火星大接近だけど・・・

2018年07月31日 | 
15年ぶりに火星が地球に大接近するのだそうだ。
爺のコンデジは、最長デジタル換算で1200mm。
三脚立てて、スローシャッターで、こんなもの。
レリーズがどっかに行っちゃって、手押し。情けない。

肉眼では、オレンジ色に見えるのだが、仕上がりは、ほぼ黄色。
でも、何となくわくわくする。

お向かいの若夫婦がお出かけの様子だったので、「火星が地球に大接近してるんですよ」
と声かけたら、「ほんとだ、あれが火星ですか」と少しは興味を示してくれた。

大河ドラマの「西郷どん」の主人公西郷隆盛が、西南戦争の末に自決した1877(明治10)年、火星はちょうど大接近の年。
赤く光る火星を、人々は「西郷星」と呼び、そこに西郷の姿が見えるというわさがたえなかったという。

NHKはそんなことを知って、このドラマを企画したのだろうか。
コメント