kazuフォトローグ

「徒然なる日常」を写真で語ります。

老舗の風格

2010年06月29日 | 日記
遠くから見たら、ただのデパートだけど、近寄ってみたら、堂々たる風格があります。
ゴシック建築の大聖堂を思わせるデザイン。でも、某、最近は、通りすぎるだけ。
百貨なんてそんなに必要ないもの。
コメント

都市の造形

2010年06月28日 | 日記
都会は、人が多くて、うんざりするのですが、上を見上げると、変わった造形に出会うことがあります。
すっきり晴れてれば、こんな風景も。ビルが暑さで蜃気楼?のように歪んで見えます。
コメント (2)

食べられないスイーツ

2010年06月28日 | 日記
良くできてます。ラーメン屋や洋食店でみかけます。
しかし、これほど見事なのははじめて。
おいしそう。これじゃ、店内に引き込まれますね。
東京・青山通りの洋菓子屋さん。
私は、ビールに串焼きなら、写真も撮らずに入るのですが・・・
コメント (2)

ピサの斜塔ではないけれど・・・

2010年06月27日 | 日記
どうみても不安定なビル。まっすぐなのに傾いている。
こんなビルで仕事してたら、三半規管がおかしくなりそう。
コメント (3)

僕たち盲導犬ではありません

2010年06月26日 | 日記
トイプーは飼い主に従順ですね。
しっかり信号待ちしています。
聞いたら、親子だそう。
傍目には区別つかない。
でも、みんな、しっかり、目の不自由な人のための道をあけてます。
コメント

これが国連大学だ!

2010年06月25日 | 日記
国連大学、何やってるとこかな、とプレート見たら、あの緒方さんが仕事してる以外は、わからず。
別に、講義してる様子もないし、事業仕分けの対象になるのかな?
コメント (1)

無国籍街並み、何処?

2010年06月23日 | 日記
ファインダーのぞいて、屋根上の看板なかったら、何処の国の街並みか、わからない。
日独伊、米仏露、中台韓、この国は、どーなっとるんじゃ。
通りには、国連大学のビルもあるし、ま、いーか。
コメント

ヒチコックの「鳥」思い出した

2010年06月22日 | 日記
多分、脚が赤いのでゆりかもめ、かな。
上野・不忍池で、ポテトチップスやってるおじさんに群がっていた。
目の前にくると、さながら映画「鳥」のように、人を襲うような錯覚・・・
ちょっとこわい。

 ゆりかもめ チップ求めて 宙を舞う

よく見ると、片足欠けてますね。誰かに悪戯されたのか。
コメント (1)

和館内

2010年06月22日 | 日記
旧岩崎邸、三発目。
洋館から和館に移る渡り廊下に、ミミズク?を描いた板戸があった。
誰もいなかったのでパチリッ。著名な人だったようだけど、わかんない。
(以上4枚、相方のペンタックス)
追伸;長谷川等伯展やってた国立博物館の設計も彼なんですね。道理で混んどる、わけだ。
コメント

旧岩崎邸、ステンドグラス

2010年06月22日 | 日記
旧岩崎邸、勝手口?のステンドグラス。
ビニール傘の柄、トリミングしきれませんでした。
コメント