薪ストーブアクセサリー暖炉メンテナンスヤフー店薪ストーブ情報バナー

触媒を国産に替えてアンコールの初焚き




寒波は間違いなく上空に来ているようで、確かに昨日は寒い一日だったが、
閑居所在地は、東北と言っても南端の県なので、空から白いものは落ちてこなかった。

北日本では大雪らしいが、南東北は除外なんだな(笑)


どんなに気温が低くても、薪ストーブがあるので構いやしないが、
正直、積もるような雪は要らねぇ~






きのうの朝は4℃で始まって、日中の最高気温は6℃までしか上がらず、
晩酌タイムの6時半には、また4℃に逆戻りだった。

そのあとも気温は下がり続けて、布団を敷いた9時には2℃だった。

それでもまだプラスの気温で、なかなかしぶとく氷点下にならない。


いつものように、朝は自室のグランデノーブルを焚き付けたんだが、
昼間の陽射しが期待できそうになかったので、初めて追加薪を2回して蓄熱させた。

ソープストーンの天板は、安物の温度計は250℃と主張していたが、
正確なもので計ると実際は225℃だった(笑)


その後はソープストーンが熱を温存、ゆっくり時間をかけて冷めてくれるから、
焚き直すことなく、布団に入るまでずっと快適に過ごしていた。



 


寒波的には予定通りなんだろうが、個人的には予想に反した冷え込みだったので、
きのうの晩は、ついにアンコールの初焚きとなった。

薪を組んで着火して、焔が大きくなるのをずっとながめていた。
琺瑯レッドの色の変化を見るのも久しぶりだ。


鋳鉄の薪ストーブと言うか、中でもアンコールは好きなんだよなぁ~
何故かこいつに火が入っていると、気分が良くて心も落ち着くみたいな・・・

アンコールとの付き合いは、旧モデル時代からなので20年近くになる。
要するに、古女房みたいな存在なのかもね(笑)






旧モデルのアンコールの触媒は厚みが2インチあるんだが、
現行モデルのフレックスバーンの触媒の厚みは、薄くなって半分の1インチになった。

これは二次燃焼室の構造が変わったからで、触媒に直結で排気を送っていたものを、
クリーンバーン燃焼させてから触媒を通過させる仕組みになった。


上の写真の四角い格子状のものはアメリカ製の純正触媒で、
厚みが薄くなってるのが、ファイヤーサイドオリジナルで国産の触媒だ。

見ての通りで、薄い分だけ未燃焼ガス(煙)の通過の負荷が軽減されているが、
実際、耐久性はどうなんだろう?

そこに興味があったので、付属してきた純正触媒を取り出して、
ファイヤーサイドの触媒を試してみることにした。


外観を見た限りでは、目詰まりはしにくくなったように思う。






新しい薪ストーブは、初々しく感じられていいものだ。




■ディープな話はこちらで!
 
 
 
ここまでスクロールしたと言うことは、記事を読んでくれたんだよね。
つまんなかったとしても、↓クリックお願いしますよぉ~
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
 
 
 
 

 こっちも面倒見てやってください。
 
 
※今朝の気温 2℃
 
 

薪ストーブと焔に関するものなら何でも、出品・落札いつでも参加無料
中古薪ストーブオークション

薪ストーブとアウトドアのありがた屋 / 送料0円ショップ

 
 
閑居人のブログ おヒマなら見てよね!
 
 
 

    
コメント ( 2 ) | Trackback (  )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする