いぬぶし秀一の激辛活動日誌
おかしな議員[わんちゃん]の激辛日誌です。日々感じたこと、活動報告、行政への提言など、本音で書き込む人気ブログです。
 



 色々な場面で、様々な立場の人に出会う。そして、様々な「顔」をされる。長い人付きあいの経験から断言できるのは、顔(人相)その人の性格などは、ほぼ一致するものだ。

 世界中の不幸をしょいこんでいるような人相をしている人に、明朗快活な人はいない。さらには、顔は、その人がどんな人生を歩んで来たか、の証明書だとも思う。決して親のせいではない。それは、背が高いとか、やせているとかは遺伝子の影響が大きいはずだ。しかし、人相は後天的なものだ。その人が、努力したか、学んだか、遊んだか、厭世的なのか等、生き様が顔に現れる。

 毎月月末になると「多重債務者」として、いくつかの金融機関に返済に出かける。この担当者の「顔」も様々でおもしろい。金融機関にとっては、当初の約定より遅延している「要注意先」いや「破綻先」の債務者だから、内心は「不愉快」だろう。

 ところが、満面の笑顔で迎えてくれる支店長がいる。反面、犯罪者を見るような目つき、声で対応する金融機関もある。実に面白い人間模様である。前者のような支店長がいると、ATMで入金出来ても、ついついご挨拶をしに窓口をたずねる。さらには、お客さんも紹介し、返済も「ここだけは」早く終わらせよう、との気持ちにさえなるもんだ。

 お役人でもそうだ。どうせやるんだったら、区民が喜ぶ対応をすればいいのに、わざわざ怒らせるような対応をする。きっと、顔つきも悪い、つまらない人生をおくってきたんだろうな、と哀れんでしまう。

 飲食店のアルバイトやパートも同様である。満面の笑顔が出来る者、逆に不愉快な顔でお客を迎える者。結局は、後者は職を失うことになる。自業自得である。

 こんな言葉がある。幸せだから明るいのか、明るいから幸せなのか?
私は、後者である、と信じている。笑顔をすることにお金はかからない。いつもニコニコ笑顔で応対。きっと、「しあわせさん」も、そんな人を見捨てないだろう。

 さあ、私の顔は、どう映っているんだろう。ニコー!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 見知らぬ女性... 正直に言えよ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。