浜床のふろしき

尾道市因島から日常を記します

彼の進む道

2012年03月31日 | こども

息子が小学校を卒業して、4月からは中学生になります。

卒業式でもっと感極まって泣くのかと思っていましたが、自分で思っていたよりも冷静でした。

もしかしたら、PTA会長として昨年度の卒業式にも出席していたからかもしれません。

さて、息子は新たなスタートをするにあたって、いくつかの選択を行いました。

まず一つ目は『どこの中学校に進学するか』です。

僕たちの時代を考えると地元の公立中学校に進むのが当たり前だった気がしますが、近頃は校区外の公立中学校へ選択入学することも出来ますし、私立の中学校に進む子どもも増えてきています。

実際に息子の同級生も5人ほどが島外の中学校に進学します。40名少しの学年から5人ですから、10%を超えます。

そんな状況だったので、息子も当初は島内の別の中学校に進学することも考えていたようです。

しかし、明確な目的や意思があったわけではなく、話をするうちに地元の中学校に進む道を選びました。

そして二つ目は『どこでサッカーをするか』ということです。

僕がサッカーの指導をしているため、幼い頃からなかなか一緒に遊ぶことが出来ませんでした。

自分の息子をほったらかしにして、他のサッカー少年の相手ばかりしてきたので、淋しい想いもたくさんしてきたと思います。

そんな息子が幼い頃にサッカーを始めて、「お父さんのチームでサッカーをする」と言っていたのは、きっと一緒に過ごす時間が欲しかったからだと思います。

そして遂に僕が指導する中学生チームに入れる年齢になりました。

でも彼がその気なら、もっと強いチームでサッカーをすることも選択できたはずです。(実際に県トレセンで一緒にプレーした選手たちとサッカーをしたかったと思います。)

それでも僕が指導するチームでサッカーをする道を選びました。

僕は指導者として、そして親として大きな責任があると思います。

息子と過ごす中学3年間が僕にとっても息子にとっても一生の宝となる時間になるようにしたいと思います。

これからも色々な道を選んで進む彼が自分の名に誇りを持てるようになってほしいと願います。

コメント (2)

ニューマップ

2012年03月29日 | 日常
ニューマップ
因島の今年のおせったいは4月10・11日に行われるそうです。(地域によって異なります)


因島観光協会のブログによると、今年で札所建立100年だそうで、「因島八十八ヶ所巡り」のマップもリニューアルされたそうです。


さっそく因島総合支所しまおこし課で頂いてきましたが、たしかに分かりやすくなっています。


関係者の皆さんお疲れ様でした。

コメント (4)

オープン

2012年03月21日 | 日常
オープン
僕が住む島にもコンビニエンスストアが増えてきましたが、まさかこんなチラシが配られるほど近所に出来るとは…。


たしかに便利だろうけど、子どもをもつ親として色々と心配するのも事実です。

そんな親の心配をよそに一号来店者を狙って息子がオープンを楽しみにしています。

コメント (4)

神様のカルテ

2012年03月17日 | 日常
神様のカルテ
本屋を歩いていて、文庫本になった『神様のカルテ』を見つけて手にとりました。

映画化されて、ずいぶん話題になったのに、流行からかけ離れた生活をしている僕は今更ながら興味を持った次第です。

実際に人が最期を迎える前の大切な時間を一緒に過ごさせて貰っている僕としては心の葛藤など共感する作品でした。


おそらく映画の中の櫻井翔くんや宮崎あおいさんはイメージそのものだろうなと想像もしたりして…。


うん、映画も見てみたい気がしてきた。 それに『神様のカルテ2』も読んでみたいし…。 早く文庫本になってくれると嬉しいのだけど…。

コメント

no rain , no rainbow

2012年03月07日 | 日常

東日本大震災の復興支援をしているボランティアで、胸に「no rain , no rainbow」のロゴが入ったシャツを着て活動しているグループがあると聞いたことがあります。

ハワイの諺だそうですが、日本語にすると「雨が降らなければ、虹を見ることは出来ない」とでも訳すのでしょうか?

詳しい意味は理解できていないけれど、僕なりに解釈するならば「何かを成し遂げるためには努力が必要である」とか「幸せを求めるならば、苦労を知らなければならない」ということだと思います。

もちろん、震災からの復興を考えた時には、そんなに単純には考えられないかもしれませんが・・・。

もうすぐ僕がサッカーを通じて指導してきた中学生が卒業を迎えます。

今後の彼らの長い人生、苦しい時も迷う時もたくさんあるでしょう。

でも、それはきっと彼らの力になるはずです。

それを見守り、応援できる身近な存在でありたいものです。

コメント

経鼻内視鏡

2012年03月04日 | 日常

昨年くらいから同級生が病気で亡くなったとか、心筋梗塞で入院したとか、色々な病気が身近なものと感じられる話を聞くようになってきました。

今までは『自分は大丈夫だろう』という根拠のない自信がありましたが、そうも言っていられない年齢になってきたのかなぁと思うようにもなってきました。

そう思っていた矢先、なんとなく喉から胃にかけて違和感が続くようになり、『もしかして・・・』と心配になりました。

そこで病院に行って、『経鼻内視鏡』による検査を受けてきました。

いわゆる胃カメラですが、口から入れるよりも苦痛が少なくて済むということで鼻からしてもらいました。

といっても、僕自身は初体験なので、どれほど苦痛が緩和されたかは分かりませんが・・・。

検査の結果は「異状なし」ですが、おそらくストレスによるものだろうということで、しばらくは胃薬を服用することになりました。

誰かストレス解消方法を教えてください。

コメント (4)