浜床のふろしき

尾道市因島から日常を記します

世間話

2013年06月29日 | 日常

『若輩者』

Aさん「近所のCさんが死んだらしいねぇ。」

Bさん「まだ若いのに大変じゃねぇ。」

Aさん「ほぉよ、うちより2つ下じゃけぇ、大正5年生れよぉ。」

Bさん「ほぉねぇ、まだまだこれからじゃのにねぇ。」

まあ、たしかに・・・。

『健康管理』

僕「Aさん、あんまり食べすぎたら身体に悪いですよ。糖尿病があるんでしょう?」

Aさん「大丈夫!今朝インシュリンを打ったし、薬もちゃんと飲んだから。」

いや、それは・・・。

『笑えない本音』

僕「すみませんが、先月分の利用料金が残高不足で口座引き落とし出来なかったんですが・・・。」

Aさん「あー、すいません。婆さんがいつ亡くなるか分からんけぇ、全部出したんよ。」

僕「いや、そんな・・・。お元気にされていますよ。」

Aさん「この間、行った時に『もう死にたい』って、言ようるから、『呆けとっても、寝たきりになっても、あんたが生きとらにゃあ、俺が生活出来ん。』って、言うちゃったんよ。はっはっは(笑)。」


・・・・・。

コメント

奇跡のリンゴ

2013年06月28日 | 日常

コーチング
「奇跡のリンゴ」を読みました。

木村秋則さんが無農薬無肥料のリンゴを育てていく過程が描かれていますが、きっとこの本だけで木村さんや周りの人たちのことを理解した気持ちになるのは失礼なんじゃないかと思いました。

ただ、この本を読み進めていくうちに、今僕が考えている「コーチング」と「ティーチング」についてヒントを貰ったような気がします。

その人(モノ)が本来持つ力を引き出して、成長を促すことがコーチングであるとするなら、木村さんのしていることもコーチングなのではないか・・・と思ったりするのです。

もちろん、きちんと理解できていないし、整理できていないのですが・・・。

でも、この本を読んで自分の指導に関して手を差し伸べてもらった気がします。

コメント (2)

心はCOOL

2013年06月22日 | 日常
心はCOOL
立ち寄った自動販売機のキャッチコピーに惹かれました。

「心もHOTにおいし~い商品揃っています!」

そんなふうに言われたら、暖かい飲み物でも飲んで、ホッとしたいですよね。


えーっと、暖かいお茶は…、無いや。 じゃあ、暖かい紅茶は…、これも無いの? 仕方ない、ホットコーヒーは…、えっ~、無いじゃん。


いや、全部「つめた~い」って書いてるんですけど…。

コメント (2)

体育大会

2013年06月19日 | こども
体育大会
「体育大会」だそうです。 先日の打ち合わせの際に「体育祭」と言ったところ、「お祭りではありません」と注意を受けてしまいました。

僕らの頃は体育祭と言っていたけどなぁ…。 ちなみに文化祭はお祭りなんだとか…。


さて、息子が通う中学校の体育大会に行ってきました。 当日はPTA役員として駐車場係や受付などを手伝い、また来賓として挨拶もさせて頂きました。

まあ、挨拶は誰も聞いていないだろうから、「頑張れ~!」の一言で済まそうと思っていましたが、さすがに僕にはその勇気はなく、グダグダの挨拶となりました。


しかし、大切な来賓がまだ来ていないからといって、競技が始まってからもPTA役員の方を駐車場係として拘束するのは学校の姿勢としてどうなんでしょう? ちょっと気になりましたので、一言お伝えしておきました。

肝心の体育大会のほうですが、三年生がとても一所懸命にしていて嬉しくなりました。 息子は入場行進や準備体操などをダラダラとしていたので朝礼台の上から叱ってやろうかと思いましたが、その後は準備や片付けも含めて、頑張って競技をしていたので、成長を感じました。

様々な種目の多くは僕たちの頃から変わっていましたが、一番盛り上がるムカデ競争は健在でした。


中学生の頃に頑張って練習したことが思い出されました。


やっぱり頑張っている姿を見るとみんなを応援したくなりますね。

コメント

得点競技

2013年06月12日 | こども
得点競技
今週末に中学校の体育大会が行われます。 PTAとして若干の協力を行うこととなり、学校から資料を頂きました。


その中の得点競技を見て、目を疑いました。 「入場行進」や「準備・整理体操」が得点競技って…。

そうでもしないと、きちんと出来ない生徒が増えているって事でしょうか?

こんな方法しか無かったのでしょうか?

なんだか、悲しくなってきました。

コメント

夏祭り

2013年06月09日 | 因島
夏祭り
地域の夏祭りです。 毎年、神輿を担ぐために参加させてもらっています。

さらに今年は前厄のため、地元にいる同級生が中心になって20人くらい集まって参加しています。

みんな同じTシャツを着て歩いていますので、見かけたら声をかけて下さい。

コメント

道程

2013年06月05日 | 日常

う~ん、なかなか気持ちの整理が出来ないので、とりあえず報告まで。

先日、しまなみ海道100kmウルトラ遠足に参加してきました。

スタートが5:00ということもあり、一緒に出場した先輩と前泊して臨みました。

制限時間が16時間なので、単純計算でも1km×9分=900分(15時間)のスローペースでゴールインできます。

もちろん、信号待ちや坂の上り下り、休憩のことを考えるとそんなに単純にはいきませんが・・・。

さて、福山城をスタートして尾道に向かいますが、先輩がペースメーカーになってくれて、非常に余裕のある良いペースで進みます。

尾道までの約20kmは特に疲れもなく、順調に走れました。

そして、しまなみ海道の出発点である尾道大橋を渡り、向島を抜けて、因島大橋を渡り、因島(大浜)に到着します。

ここで約30kmですが、まだまだ大丈夫です。

因島ではいつも一緒に走っている仲間たちが迎えてくれました。

さらに40km地点でいつもサッカーの指導をしている選手たちと合流し、50kmの中間地点まで一緒に走ることにしていました。

実は、これが後々の結果に影響を与えてしまいます。

選手がいるので、やっぱり気を使うし、ペースが乱れるし・・・。

この間の10kmはとても疲れました。

中間地点ではマッサージをしてもらい、なんとか走れるようになったものの、ムリは出来ないので少しずつ進んでいきます。

60km地点の大三島までは問題なかったのですが、65km地点の伯方島に着いたところで油断をして腰を痛めてしまいます。

その後もなんとか誤魔化しながら走っていたのですが、大島に到着した73km地点でついに動けなくなって、無念のリタイアとなりました。

う~ん、まだ気持ちの整理が出来ていないんですよね。

とても悔しいし、完走した人を羨ましく思っているんだけど、なかなか次のステップに進めていないんですよね。

さあ、どうしたものか・・・。

Img_0175_3

コメント (2)