浜床のふろしき

尾道市因島から日常を記します

無何有の郷

2019年10月20日 | 日記
「無何有の郷」とは、作為のない自然のままの世界。理想郷(ユートピア)だそうです。
南米のアマゾン森林破壊がなかなか収まりません。今年に入ってから九州より広い面積が火災で焼失しているとのことです。
自然発火もあるそうですが、その火災の多くは人の手によるものだそうです。
他にも開発という名の森林破壊も進んでいるそうです。
もちろんそこに住む人々にとって、焼き畑農業をする必要性があったり、生活する場所を確保するなど様々な理由があると思うのですが、無闇に森林が減らされることは避けなければいけない課題だと思います。
僕たちに出来ることは何があるのか考えないといけません。
無何有の郷を残すことが出来るでしょうか。
コメント

根回し

2019年08月07日 | 日記
園芸の世界では、十分に成長した樹木を移植する際に、掘り出してからすぐに移植すると、根系を傷めることから、うまく活着できずに枯死したり生育不良に陥ることが多いとされています。そのため1~2年程度前に、根元近くの太い根を切断して、切断部周辺からの活発な新しい根の生育を促していきます。新しい根は、水分や養分をより活発に吸収することから、移植先でも活着することが期待できるため、うまく移植できるというわけです。但し、根切りの部位は適切に判断しないと、移植する前に樹木が弱ってしまうこともあるので、慎重に行わないといけません。

本来は、どうすれば正常な形で物事が進むか考えて、そのために事前に準備をしておくのが根回しだと思うのですが、「正常=自分に都合の良い」となっている現状がある気がします。
だから根回しがネガティブなイメージを持たれてしまうのだと思います。
実際には樹木のことを一生懸命に考えた職人の思いを表現した言葉なんですけどね。
コメント

トイレ

2019年06月19日 | 日記
有川浩さんが「県庁おもてなし課」の中で観光地の大きな条件としてトイレの整備をあげておられた事に非常に感銘を受けました。

スポーツの試合に出かけた際にも、息子が幼い頃に一緒にお出かけした際にも、もちろん観光地に行った際にも、まず確認するのはトイレの場所です。

そしてトイレが無かったり、汚かったりするとガッカリして、その場所の印象は良いものではありません。

逆にトイレが綺麗に掃除されていたり、男子トイレにも子どものおむつ交換台があったりすると、とても好感が持てます。

最近ではコンビニで無償でトイレを使わせてもらえるとはいえ、尾道市(しまなみ海道)も観光地として好印象を持って貰うためには、もう少し誰でも気持ち良く使えるトイレの整備・清掃に力を入れても良い気がします。
コメント

転機

2019年06月01日 | 日記
何気ない日常の中でも様々な場面で人生の選択をしています。

今日は何を着て行こうか?
昼食に何を食べるのか?
その道を右に行くのか、左に行くのか?

その選択がもたらす影響がどれだけ大きなモノになるか考える事は殆ど無いと思います。
考えるとしてもラッキーか、アンラッキーかくらいのイメージでしょうか?

もしかしたら、着て行った服が評価された事によって将来の伴侶を得るかもしれません。
もしかしたら、食中毒で入院するかもしれません。
もしかしたら、…。

そんなことを考え出すとキリが無いけれど、自分の人生は数え切れない選択の連続で成り立っているんだなぁとも思えるのです。

そうは言っても、人生には大きな節目となる目に見える転機もあります。こちらの場合はハッピーか、アンハッピーかを考えるイメージでしょうか?

進学や就職、結婚などは間違いなく、自分で意識をする転機だと思います。

僕も大きな転機を迎えます。
ハッピーでありたいですね。
コメント

詳らか

2019年05月21日 | 日記
ブログ、FaceBook、Twitter、Instagram・・・・。
SNSでの自己発信は老若男女を問わず、様々な場所で行われています。
今までだったら自己完結していたり、身近な友人・家族で共有するだけだった出来事が全世界に向けて発信されるわけですからね。
例えば誕生日を登録しておくだけで、世界中の人から祝福してもらえる(かもしれない)わけです。
最近では旅行予定などをSNS上で情報公開して、家を空けることが分かってしまって
空き巣に入られたなんてことも聞きます。
良い面も悪い面もあるSNSですが、個人的にはそんなに詳らかに情報公開しなくても良いのではないかと思ってしまいます。
嬉しいことがあると誰かと共有したいという気持ちは分かりますけどね。
謎のある人の方が魅力的かもしれないですよ。
コメント

丹頂

2019年02月25日 | 日記


「タンチョウ(丹頂)」
ツル目ツル科の鳥。国産鳥類では最も大形の鳥で、全長140センチメートルほど。全体が白色で、喉から頸にかけてと、翼の内側の風切り羽の部分が黒色。頭頂は赤く裸出する。北海道東部の個体群は周年生息し、本州や九州ではまれに飛来する。姿が優美であり、長寿でめでたい鳥として、日本では古くから画題とされ、親しまれてきた。特別天然記念物。絶滅危惧種。丹頂づる。(大辞林より)

たまたま通りかかった道路脇にある散髪屋さん。
店主の名前が丹頂さんなのか、それとも丹頂鶴好きなのか、はたまた店主の髪型が丹頂なのか、客の髪型を丹頂にするのか…。
興味が尽きないところです。
長く親しまれる事を願います。
コメント

2019年02月17日 | 日記
自分の言動や感情に乱れを感じた時に振り返る必要があります。

なぜこの仕事を始めたのか?
ブログを書き始めたのはなぜか?
なぜサッカーの指導を始めたのか?

自問自答しないと時間に流されているだけの自分がいる気がします。
もちろん自問自答をしながらも経験を重ねることで少しずつ変化していくものがあります。
それは決して悪いことでは無いと思います。

でも何のためなのか?どこに主点はあるのか?を落ち着いて考える時間が必要なんだなと思うのです。
コメント

2019年02月09日 | 日記
「鼈」と書かれていても読めません。
もちろん書けません。

「スッポン」は常に僕の食べたい物ランキングの上位に位置しています。
しかしながら、未だに口にしたことはありません。
いや、スッポンスープは飲んだことがありますが、所謂スッポン料理と言われるものは食べたことがありません。

どうせ食べるなら美味しい処で・・と思いながら食べる機会を逸しているわけですが、
どなたか美味しいスッポン料理のお店を知らないでしょうか?

僕の思いつくスッポン料理は鍋や唐揚げなんですけどね・・・。
コメント

新春

2019年01月13日 | 日記


「平成最後の」という冠が付くイベントがこれから沢山あるんだろうなと感じますが、さっそく平成最後の出初式に出席してきました。

今年は穏やかな気候だったため、観覧される方も多かったように思います。

来賓の方の挨拶にもありましたが、昨年は逃走犯の捜索や西日本豪雨災害、地元の島で密集住宅火災など消防団として活動する事も多かったように思います。

今年は今日の天気のように穏やかな1年であってほしいなぁと願います。

コメント

2019年01月13日 | 日記


日本酒が飲めたらなぁと常々思います。
消防団では大きな行事や活動が終わった後の労いのために食事会を行ないます。
その会にはOBの方や地域の方が参加して下さる事もあります。

そして美味しいお酒を差し入れしてくれて、みんなで飲んだりしますが、僕は飲めない体質のため、楽しそうに飲んでいる横で眺めているだけなのです。

僕でも耳にした事があるような名前の日本酒たち、きっと美味しいんだろうなぁ。
コメント