浜床のふろしき

尾道市因島から日常を記します

根回し

2019年08月07日 | 日記
園芸の世界では、十分に成長した樹木を移植する際に、掘り出してからすぐに移植すると、根系を傷めることから、うまく活着できずに枯死したり生育不良に陥ることが多いとされています。そのため1~2年程度前に、根元近くの太い根を切断して、切断部周辺からの活発な新しい根の生育を促していきます。新しい根は、水分や養分をより活発に吸収することから、移植先でも活着することが期待できるため、うまく移植できるというわけです。但し、根切りの部位は適切に判断しないと、移植する前に樹木が弱ってしまうこともあるので、慎重に行わないといけません。

本来は、どうすれば正常な形で物事が進むか考えて、そのために事前に準備をしておくのが根回しだと思うのですが、「正常=自分に都合の良い」となっている現状がある気がします。
だから根回しがネガティブなイメージを持たれてしまうのだと思います。
実際には樹木のことを一生懸命に考えた職人の思いを表現した言葉なんですけどね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 温もり | トップ | 熨斗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事