五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2018年03月13日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2018年4月号

 

 表紙は、『ひだまりスケッチ』より、ゆのっち!
 サクラ咲き誇る季節の到来が、穏やかに感じられる一枚絵。
 「ひだまりのむこうで、きみはわらった。」の言葉も、詩的で素敵。

 

 

 今月の「地学って楽しそうで賞」は、『恋する小惑星』

 

 コミックス1巻が、3月27日に発売の本作品。

 今回は、みらさんが桜先輩と2人で、ミネラルショーへ。
 鉱物・化石の展示即売会とのことで、地学要素が多めでしたけど、
 これがなかなか興味深いものでありました。

 アクセサリー用の素材も売っているらしく、女性のお客も多いのだとか。
 桜先輩も石大好きっ子ですから、めぼしい石を見つけたら即買いしていて笑!
 隕石やアンモナイトなども売っていて、何だか見ているだけで面白そう。

 いつもツンツン厳しい桜先輩も、大好きな石を前にして目を輝かせていて、
 みらさんとの距離もだいぶ縮まったような雰囲気もあり、よかったですね。

 みらさんたちは天文分野ですけども、桜先輩たちの地学分野も楽しそうと思わせる
 「石」への興味を惹かれる内容が、素敵でした。

 

 

【コミックス7巻、発売中!】

●はるみねーしょん (大沖 先生)

  

 はるみさんの地元の星とは・・・

 今回、はるみさんの地元の星について、盛り上がる一同。
 「地元の星」が、まさか星の名前にまで関わっているとは愉快でした(^^;

 また、文化的には日本に似ているらしく、地球にそっくりという話も出てますが、
 はるみさんたちは飛べるので、「地球の建物はドアが1階にしかないのが不便」
 とかいう一瞬、意味不明なワードまで飛び出してきていて笑!

 さらに、宇宙には様々な文明の星があると語るはるみさん。
 何気ない地元トークが、宇宙の真実を知る場になっていたのは可笑しかった。

 ブラックホールとか、星と星の間を行き来する前に行う健康診断や消毒の話など、
 規模が大きい割に、生活感ある会話が面白おかしい。

 他にも、宇宙人を捕獲した写真の話や、宇宙に送ったメッセージの真相が
 明かされたりして、内容は重大なのに軽いノリで話す様子も、場違い感あって楽し。

 などなど、はるみさんの地元トークが思わぬ宇宙の真実語りになった今回。
 そーゆーこと話してよかったのか、結局はるみさんの軽さで誤魔化されてましたけど、
 ユキさんとかじゅさんの友人特権うらやましい・・・と感じつつ、今後も楽しみです!

 

 

【連載スタート!】

●メイドさんの下着は特別です。 (みらくるる 先生)

  

 ハレンチ下着メイドたちの狂騒曲!

 ゲストを経ての連載スタート!
 住み込みメイドとして働くことになった蘭子さんだったものの、
 そこはメイドの制服を下着にするセンスのご主人様がいる場所だった!?

 といった感じの内容で、憧れのモデルであり、メイドの先輩でもあるツカサさんや、
 常識人のメグさん、ランジェリーメイドをこよなく愛する主・クラウンさんなどに
 囲まれつつ、非常識な下着姿の日々を送る蘭子さん。

 今回は、常識人であるメグさんのお話。
 穏やかで優しくて親切なメイドさん・・・ですが、やはり制服はランジェリー!
 しかも、ご主人様の仕込んだギミックにより、よりハレンチ仕様でたまりません(ォィ

 そして、そんなメグさんの実家に招待される蘭子さんとツカサさん。
 タワーマンションの実家は立派すぎて、メグさんがお嬢様であると察せられますが、
 さらにお姉さんであるナナミさんもいて、美人姉妹が眼福でした(ぇ

 豪華なマンションの一室で、超セレブなもてなしを受ける蘭子さん。
 そこで、ナナミさんにハレンチなメイド制服のことを相談するのですが・・・?

 なんてお話でしたけど、せっかく常識人のメグさんを救おうとした行動も、
 無駄骨に終わってしまって、蘭子さんとしては残念・・・だったのものの、
 何だかんだでメグさんも、ランジェリーを嫌がってるわけではなさそう?(´▽`;)

 などなど、常識人メグさんに焦点を当てた今回のお話。
 お胸が大きく、優しい彼女の意外な一面が見えて面白かったですね。
 広がるハレンチワールド、連載スタートとのことで、今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●スイート・ショコラティエ (加倉祭 先生)

  

 バレンタインに向け、チョコづくりをする少女たち。

 【主な登場人物】
 ・あおい : 料理上手の先輩。 ツッコミで、世話焼きポジション。
 ・みるく : 料理下手の後輩。 ボケで、世話焼かれポジション。

 バレンタインが近づき、チョコづくりをしたみるくさんですが、
 あおいさんは料理音痴の彼女を、手伝いたくない様子。
 けれど、何だかんだで2人して作ることになり・・・と始まるお話。

 上級者向けのチョコを作りたがるみるくさんに、型流しチョコや生チョコを勧める
 あおいさんですが、どうしたって、みるくさんは料理失敗してしまうのが愉快。

 そして同時に、チョコづくりを行いながら、女子2人の百合っぽいトークが
 繰り広げられるのも、魅力になっていますね。

 天然風味に直球で、あおいさんに好意を伝えるみるくさんと、照れのあるあおいさん。
 そんな2人のやりとりも面白味になっていて、みるくさんの作ったチョコを
 誰にあげるのか気にするあおいさんが、とても良い感じでありました。

 などなど、チョコづくりをめぐって、仲の良い少女2人が楽しい作品。
 何だかんだでラブラブな雰囲気がよろしいですし、つづきに期待したい所です!

 

 

●ユーレイと友達になる方法 (絶牙 先生)

  

 ユーレイに会いたい少女が出会ってしまったのは、ユーレイさん・・・?

 【主な登場人物】
 ・コダマ  : ユーレイに会いたい元気っ子。
 ・ツクモ  : コダマさんの友人で、相談を受ける。
 ・ユーレイ : ???

 ユーレイに会いたがっているコダマさん、友人のツクモさんに相談していますが、
 ツクモさんは怖がりなので消極的・・・と思いきや、友人思いの彼女は、
 コダマさんのため、ユーレイに会うための方法を調べてあげることに・・・

 と始まるお話。
 そこで調べたはよいものの、ユーレイは人が多く集まる場所に引き寄せられるため、
 学校にいるかもとのことで、怖い思いをするツクモさんが可笑しかった(^^;

 それはともかく、使われていない体育館校舎にて、1人の少女に出会う2人。
 最初は転校生かと思うも、身体が透けていて尋常でない様子。

 何とかそのユーレイらしき少女とコミュニケーションをとろうとしますが、
 触れられないし、語りかけても返事はないしで、暖簾に腕押し。
 ユーレイさんの前で、2人コント状態になるコダマさんたちが面白かった!

 とはいえ、なぜかスカートたくし上げだけに反応するユーレイさんが謎過ぎる。
 そんなユーレイさんとコミュニケーションはとれるのか?
 気になりますので、ぜひとも、つづきに期待です!

 

 

【その他】

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生)

 巻頭カラーで二者面談! ゆのっちも吉野屋先生と面談しますが・・・
 ゆのっちにとっての不安は、緊張感やプレッシャーを感じてないこと。
 そこで先生は、B組の五十嵐さんと会ってみるように勧めるのですが、その狙いは?
 と気になる内容になっていましたね。 五十嵐さんは片目隠したヘアスタイルで、
 カッコよさげでしたけど、何かしら焦っているというか、イラついている様子。
 なぜ彼女をゆのっちに会わせようとしたのか、2人の関係がどうなるのか、気になります!

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生) 

 コミックス7巻は、3月27日発売! そんな今回、りんさんフランスへ。
 さっそくコウさんとラーメン食べてたのは笑いましたが、りんさんはロマンチックを
 求めていたようで不満顔。 ソフィーちゃんも一緒だったり、キス魔なカトリーヌさんの

 話に慌てたりと、りんさんの様子が逐一面白おかしかった(´▽`;) ヤキモチ可愛い。
 そして、コウさんの本番エスコートが様になりすぎて、コウりん派の大勝利でありました。
 2人だけの年明けの過ごし方が、あまりに最高だったため、ワタクシ有頂天でございます(ぇ

 

●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生)

 マラソン大会が憂鬱な春子さんでしたが、夏子さんの身体で足を捻挫してしまい・・・
 と始まった今回、それでも気にしない夏子さんの器の大きさがまぶしいですね。
 練習だけならと、春子さんの身体で走ることになった夏子さんでしたが、やはり体力が(^^;
 そんな様子が面白かったものの、あゆさんと2人きりになった夏子(身体は春子)さんが
 フラついて、とんでもないことになっていたのは衝撃でした! このアクシデントで、
 入れ替わりの条件が絞れることがわかりましたが、夏子さんとあゆさんの心情やいかに!?

 

●怪盗メイドはかまってほしい! (さこふ 先生) 

 サチさんがお嬢様と出会ったのは、サチさんが行き倒れていた時だった・・・?
 新人メイドに宇佐見さんに聞かれて語るサチさん、嬉しそうにしていて面白い。
 それだけ、お嬢様が好きなのだと感じられますが、最初は反抗的だったというから、
 今の姿からは想像もつかず、同時にお嬢様がいかにサチさんに優しく接したか察せられます。
 そんな話が興味深く楽しかったものの、サチさんが怪盗をやってる理由が、そのため???
 と思わず言ってしまいたくなるものだったのは愉快! なので、つづきに期待したいですね。

 

●正義ノ花道 (ウロ 先生)

 まつりさん、アラタくんに迫られる・・・?
 いつも通り2人の会話が始まったと思いきや、アラタくんに生徒会との和解を持ち掛けられ、
 まつりさんも同調するように、平和的な解決をめざす雰囲気が出来ていて、興味深かったり。
 そこから、アラタくんがまつりさんを口説き始めたのは驚きでしたが、彼女も照れまくりで
 ドキドキな流れになっていたのには、引き込まれてしまいましたよ・・・赤面が可愛かった。
 しかし、違和感から状況を打破するまつりさん。 この展開、めっさ面白かったです!

 

●異なる次元の管理人さん (榊 先生) 

 サブ管制室らしき場所へたどり着いたスズキくんたちでしたが・・・
 そこで謎の装置に入ったスズキくんとフェイエルさんが、別の場所へ飛ばされてしまい、
 ついにCODのメンバーと接触することになりますが、総長のケイエスさんがポラリスさんに
 似ていたり、Polarisが危機的状況にあることを知ったり、ポラリスさんが謎だったり、
 次元の歪みが気になったりと、てんこ盛りな展開に引き込まれまくりで面白かった~。
 ただ、前回といい今回といい、フェイエルさんが導いているんですよね・・・気になります。

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2018年02月09日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2018年3月号

 

 表紙は、なんとアニメ化決定『アニマエール!』
 いやはや、これには驚かされましたね~。
 こはねさんを中心に、皆そろってチアに励む姿がまぶしい!

 

 

 今月の「ゆるキャン△で賞」は、『mono

 

 今回、聖地巡礼! しかも、まさかの『ゆるキャン△』の(^^;

 アニメ放映中の『ゆるキャン△』ですが、本作と同じく、あfろ先生の作品。
 ということで、こんな話もできてしまうと・・・

 作中作品なので、同一世界ではないのかと思いきや、
 リンさんと千明さんが、今回の話の中にいるというので、探すのも一興

 だいたい漫画通りの場所ばかりなものの、そうではない所もあったり、
 さらに、作中で主人公の移動した距離にツッコミ入れたりと、
 メタ視点での解説が、興味深く楽しめましたね。

 今シーズン、私の観測範囲では好評な印象を受ける『ゆるキャン△』ですが、
 これで、あfろ先生の名も広く知れ渡ることでしょうし、本作も盛り上がるかも?
 次回も、聖地巡礼の続きということで、期待です!

 

 

【アニメ化決定!コミックス2巻・発売中!】

●アニマエール! (卯花つかさ 先生)

  

 夏の間、バイトすることになった一同ですが・・・

 花和さんの紹介で、喫茶店でバイトするチア部。
 制服がメイドなので、みんな可愛らしいのですが、ひづめさんだけいない。
 トビラ絵で、麗しい姿を披露しているのに、なぜ本編にいないのか!?

 ひづめさん大好き花和さんでなくとも嘆きたくなりますけど、それはともかく、
 4人の働きっぷりが、こはねさん以外は様になっていて安心感・・・

 でも、こはねさんは、笑顔は良いものの、その他がダメダメ。
 とはいえ、明るく接客する様子は爽やかで、そのあたり見ていて楽しかった。
 花和さんも、ひづめさんが来たら、緊張のあまりポンコツ化してましたし(^^;

 などなど、チア部のバイト風景が愉快だった今回ですけど、
 みんな可愛らしくて、こーゆー活動も悪くないと思わされますね。

 そして、アニメ化決定とのことで、かなり驚かされましたが、大いに期待したい所。
 頑張る人を応援するチア部の活動が、どうアニメで描かれてゆくのか・・・
 そんなことを気にしながら、今後も楽しみです!

 

 

【コミックス3巻、発売中!】

●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生)

  

 千夏先生と美春さん・・・

 千夏先生も入れ替わりできる人で、今回はそのパートナー・金田一美春さん登場!
 ふんわりした千夏先生と違って、しっかり者な雰囲気が頼もしいものの、
 先生に振り回され気味なあたり、苦労が多そうです(^^;

 2人の関係は、「同居」でなく「同棲」と言っちゃうあたり、深いものっぽい。
 小説家だという美春さんの収入に、おんぶ抱っこする千夏先生という構図が、
 何ともそれらしい。

 それはともかく、春子さんと夏子さんが「付き合ってない」と知るや、
 「付き合ってないのにキスしてるのー!?」と驚く千夏先生が、ごもっとも(´▽`;)
 ですよね~、付き合ってないのおかしいですよね~、もう付き合っちゃえよ(ぇ

 そして、何だかんだで入れ替わりを、便利に使う千夏先生と美春さん。
 そこは春子さんや夏子さんと同じようで、親近感。

 などなど、千夏先生と美春さんという、新たな入れ替わりペアが興味深い今回。
 何にせよ、キスして入れ替わる関係は特別なものだと、改めて感じさせられます。
 きちんとお付き合いする大人コンビ、良いですね・・・と考えつつ、今後も楽しみです!

 

 

【コミックス1巻、発売中!】

●花降り宿のやどかり乙女 (大堀ユタカ 先生)

  

 老舗の温泉旅館で、仲居修行をする少女たち。

 「九条屋旅館」で仲居修行することになった千歳六花さん。
 仲居仲間である少女たちに囲まれながら、日々、忙しく過ごすことに・・・
 といった感じのお話です。

 今回は、学校の衣替え。
 制服では、あまり変わらないらしいのですが、旅館の制服に夏服はなく、
 そこで、旅館でも衣替えしてみようと、様々な服装を試すことに。

 くノ一にされる六花さんも、チャイナ服を着る柚さんも、可愛らしかったのですが、
 雪さんがナース・女教師・女性警察官になっていたのは、眼福でございました。

 そんなこんなで、しだいにコスプレ模様になる夏服さがしが可笑しかった今回。
 笑顔で夏服の提案を却下する月子さんが怖かったものの、六花さんたちが
 多種多様な服装で楽しませてくれる内容は、ワクワク感あってよかったですね。

 などなど、仲居修行する少女たちの物語。
 コミックス1巻も発売されましたし、ますます今後も楽しみです!

 

 

【連載スタート!】

●ゆず35歳@中学生やってます (がおう 先生)

  

 タイトルが誤植かと思うほど、異様な状況にいる35歳女性のお話。

 ゲストを経ての連載スタート
 浪人した女子高生も、25歳の女子高生も敵じゃない、35歳の女子中学生・・・
 失業後、可憐な少女好きの理事長に拾われ、中学生として過ごす田中ゆずさん。

 小柄で童顔とはいえ、そんな彼女が、本当の年齢がバレないようにふるまう様子が、
 面白おかしな4コマ作品になっています。

 中学生を演じようとしても、にじみ出てしまうジェネレーションギャップが愉快。
 バケツ持って廊下に立つなんて言ってしまって、なずなさんにツッコまれたり、
 最近の中学生が観るアニメがわからず困ったりと、「35歳」がのしかかります。

 あと、鎌倉幕府の成立した年も、「いいくに」ではなく「いいはこ」なんですよねえ。
 歴史の教科書もだいぶ変わっていて、覚え直すの大変そう(^^;

 また、ゆずさんラブで、百合を愛しつつもBLはNGという友人・なずなさんや、
 なずなさんを独占したがるよもぎさんなど、周囲の少女たちも面白い。
 今回さらに、もう1人増えそうな予感もありましたが・・・

 などなど、35歳で中学生やってる(ただし素性は隠し通さねばならない)女性の話。
 このとんでもない設定が愉快きわまりないですし、連載スタート、期待です!

 

 

【ゲスト作品】

●怪盗メイドはかまってほしい! (さこふ 先生)

  

 メイドやってる怪盗と、お嬢様な探偵のお話。

 【主な登場人物】
 ・サチ      : お嬢様が大好きなメイド・・・と同時に怪盗でもある。
 ・アンリエッタ  : 探偵やってるお嬢様。 怪盗を捕まえようといている。

 怪盗に逃げられて、お冠のアンリエッタお嬢様。
 そんな彼女をなだめるメイドのサチさんですが、実は彼女こそ怪盗その人。

 といった感じに、怪盗の正体を知らないお嬢様と、そのメイドである怪盗の
 交流と戦いの日々を描く4コマ作品です。

 怪盗として敵対しつつも、メイドとしてのサチさんは、お嬢様が大好き。
 おそばでアンリエッタお嬢様を愛でたり、怪盗の予告上で頭がいっぱいになると、
 自分のことばかり考えてくれていると喜んだり、そうした様子が可愛く面白い。

 そして、怪盗サチさんと探偵アンリエッタさんの対決も見所になっていたり、
 2人の関係を中心に面白味を感じますので、つづきに期待ですね!

 

 

●ラボメイト (涼海来夏 先生)

  

 研究室に入り浸る人々。

 【主な登場人物】
 ・杏   : ゲーム好き。 おしとやかだけど、ギャルゲーやる時は不気味。
 ・由梨  : アニメ好き。 研究に手がつかない。
 ・みさき : しっかり者っぽいけど、実はダメっぽい。
 ・姫   : 中二病っぽい。 みさきさんに弱い。
 ・麻友  : いつも寝てるし、研究室に泊まってる。

 研究室でたわむれる5人組を描く4コマ作品。
 それぞれに個性があって、様々なやりとりに面白味がありますね。

 中でも、皆を指導する立場で、オカンのようなみさきさんが、
 実はおバカで研究が白紙状態だったりするのは、ギャップが大きすぎでした(^^;
 でも、そんな所も、他の4人から愛されているのだから面白い。

 姫さんの中二病的な言動も愉快でしたし、この5人の活動をもっと見ていたい・・・
 ので、つづきに期待したい所です!

 

 

【その他】

●ブレンド・S (中山幸 先生)

 何やら、店の外でそわそわする男子高生を発見した美雨さん。
 お店へ案内しますが、彼のウブさが可愛いらしく、ウキウキしていて可愛い。
 そこで麻冬さんに、「手を出すのはひでりちゃんだけにしなさい」言われてて笑!
 実はこの男子高生、彩人さんの弟・隼人くんで、姉を心配してきたとのこと。
 とてもしっかりした少年でしたけど、美雨さんへの反応が初々しくて、気になりますね。

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生) 

 今回、2本立てで、秘密の作業!
 はじめさん企画のゲーム作りを進める青葉さんたちでしたけど、
 寝不足・疲労でクタクタになっているのを、りんさんに怪しまれています。
 結局、それがきっかけで白状させられていましたが、はじめ厳しく叱ったりんさんも、
 過去の自分とコウさんのことを思い出して、若手に好きにさせる事を選んでいたのは
 立派なことでしたし、そこから皆が一丸となって頑張っていたのは、素敵な風景でした。

 そして2本目は、りんさんの仕事。
 はじめさんと共に挑む企画会議は、しずくさんとクリスティーナさんを相手に、
 作り上げたテスト版を披露しながら、はじめさんの企画を推す様子は、戦いでしたね。
 「企画を通すって、こんなに大変だったんですね」と述べる青葉さんの言葉が、重い。
 また、本来の企画の人たちが抱く複雑な想いも含め、難しいことが色々あるものだと
 感じさせられましたが、テスト版の面白さが壁を壊してゆく流れは、清々しかったです。

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生)

 9月になっても暑さが残る季節・・・
 ゆのっちの部屋のエアコンで、電気代節約しつつ熱帯夜をしのぐ一同が面白い。
 学校では、吉野屋先生が職員室の冷房で冷えてシクシクだったり、腹巻したり、
 相変わらずな感じで愉快でしたけど、授業ではきちんと「先生」していて、
 ゆのっちと宮子さんが、ようやく「美術の先生」と認めていたのは笑いました!
 そして、受験をスキージャンプに例えるゆのっちの迂闊さにも(^^;

 

●まちカドまぞく (伊藤いづも 先生) 

 桃さんが、闇堕ちで消耗して疲労困憊・・・
 そこで小倉さんのススメで、「千代田桜の隠し泉」へ行くことになりますが、
 罠が仕掛けられていて、ちょっとした面白アトラクションっぽくて楽しかった!
 そして、ゴリゴリのバトル展開(?)となりつつも、シャミ子さんがズルっぽく
 勝利を収めていたのは愉快(´▽`;) これ一応、修行の一環じゃなかったのかな。
 それから小倉さんが暴走したりもしましたけど、桃さんは回復できてよかった。

 2本目は、ミカンさんのお部屋にG出現で大ピンチ!
 シャミ子さんに泣きつくも、シャミ子さんはティッシュでつかんで放り出すと聞き、
 動揺して呪いを発動させていたのは面白かった! 桃さんが貧乏クジじゃないですか。
 それにしても、ミカンさんとの会話の中で、シャミ子さんが桃さんと近いミカンさんに
 ヤキモチ妬いている感を出していたのは、ごちそう様案件でしたね(何だそれ)

 

●アカリ様 (とこみち 先生)

 3号連続ゲストの3回目! なのですが、この作品、続きがぜひとも読みたいですね。
 あかりさんのことを調べるため、戌亥さんの祖母様に会いに行く一同でしたけど、
 鳥居をくぐれなかったり、あかりさんにだけ大きな犬が見えたり、不思議がいっぱい。
 あかりさんが草を食べていた理由も、祖母様の話で納得できたのはスッキリでしたが、
 それでもわからないこと多すぎるわ、不吉な空気だわ、それでいて、あかりさん自身は
 気にしている風でもないわで、色々と面白く、真相も気になりますので、連載化希望です!

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2018年01月08日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2018年2月号

 

 表紙は、『ブレンド・S』より、苺香さんたち!
 ひでりちゃんも美雨さんも、みんな晴れ着でおみくじ引いています。
 アニメは放送終了しましたけど、そんな新年ムードで、今年も期待です!

 

 

 今月の「初々しいで賞」は、『NEW GAME!』より、コウ&りん!

 

 今回2本立て! その2本目で、コウさんとりんさんの過去が・・・

 新人時代の2人が、さん付けで呼び合っているのが新鮮でしたね。
 「遠山さん」に「八神さん」と、今から考えると違和感のある言葉が初々しい。

 そして現在、はじめさんの企画熱から、若手が一丸となって盛り上がる雰囲気も、
 初々しく高揚感あって、よかったですね~。

 しかし、かつてコウさんがりんさんに述べた「遠山さんは夢とかないの?」
 の問いかけが、りんさんに重く響いてくる内容には、やや不穏に感じられます。
 りんさんの夢はどこにあるのか・・・ 今後の課題になりそうです。

 

 

【移籍連載!】

●mono (あfろ 先生)

  

 写真を撮る少女たちのお話。

 「まんがタイムきららミラク」休刊に伴い、移籍連載スタート!(読切時感想
 廃部の危機にあった写真部は、映研部と合併したシネフォト部になって再始動。
 決意を新たにするさつきさんでしたが・・・

 と始まった今回、元映研の敷島桜子さんを加え、写真の話題にで盛り上がります。
 360°カメラで撮った景色をグルグルマップにUPしないのかと敷島さんに聞かれて、
 さつきさんが驚いてましたけど、これ個人でUPできるとは知らなかった。

 敷島さんは、映研の先輩さんの影響で、廃墟を撮影したいと言っていて、
 廃墟撮影の大変さなどを語ってましたが、本格的に大変そうなんですね、あれって。

 そんな風に、何を撮るかなどの話が興味深く面白かったりしつつ、
 春乃さんのペーパードライバー教習もあって、活動の幅が広がりそうで期待です。

 などなど、平和に始まりました移籍連載1回目。
 あfろ先生の作品が平穏無事にすむわけがない(偏見)・・・なんて、
 この作品でそんなことはないと思いますので、安心しておきたい所。

 ラスト、「聖地巡礼」オチに大笑いしつつ、カメラと少女たちの物語・・・
 ミラクでも期待していた作品でしたので、当然、今後も楽しみです!

 

 

【連載スタート!】

●先パイがお呼びです! (むっしゅ 先生)

  

 ぽんこつ生徒会長を世話する少女のお話。

 ゲストを経ての連載スタート!
 倒れていた生徒会長さんを助けたことをきっかけに、彼女のピンチに駆け付けると
 約束した少女・相馬よりこさんが、今日も今日とて会長に呼ばれます。

 今回は、「漆島きなこ様を崇める会」の存在が示唆されていますが、
 その「漆島きなこ」さんこそが生徒会長さんの名前だと明かされていて驚き。
 そういえば、ゲスト時は名前出てこなかったですね(^^;

 さらに、その会を敵視する少女・塩田ゆきさんも登場。
 彼女も会長のファンらしく、会長の話をするときは嬉しそうなのに、
 会長に迫る者には厳しいという性格が、面白かったり。

 そんなゆきさんや、彼女をからかうような立場の佐藤さんなども出てきて、
 広がりを見せ始めた本作品。

 ここからどのような日常が描かれてゆくのか・・・
 連載スタートということで、楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●我が家のスライムさん (よしなお 先生)

  

 スライムと一緒の生活。

 【主な登場人物】
 ・音海響花 : 友達いない女子高生。 スライムと同居中。
 ・ミーヤ  : スライムだけど、人型(少女)になっている。

 ゲームで遊んでいたら、画面から飛び出してきたスライム。
 「女の子に絡むのは最高だよ~!」と言っちゃうスライムさんは、
 少女に変身して、響花さんと一緒に暮らすことに・・・

 人間の姿だと魔力を消費するらしく、動物に絡みついて魔力吸収するスライムさん。
 そこで、響花さんに絡みついて生活しようとする所が、危険で可笑しい(^^;

 そして、何だかんだで一緒に暮らすことになる2人。
 スライムとの共同生活なんて、どんなものになるのか?
 気になりますので、つづきに期待です!

 

 

【最終回!】

●トモダチヅクリ (GAGAGA 先生)

  

 コミックス2巻は、1月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後は、文化祭後のお時間。
 演劇成功を祝う一同ですが、秋先輩が脚本を麻乃さんに褒められて、
 照れている所が可愛らしかったり、照れる理由に納得したり(^^;

 そんな皆での会話が面白おかしく、同時に感慨深かったりもしましたけど、
 麻乃さんが受けている誤解が、妙な方向=正義の番長へ進んでいたのは笑いました。

 しかし、“正義の番長”になった麻乃さんに対して、“裏番長”と評判だった静さんは
 むしろ麻乃さんのそばにいることで嫉妬の対象になっているらしくて愉快!
 中にはカップリングを愛でる人もいるようですが。

 そして、麻乃さんに友人が増えた現在を眺めながら、
 芽衣さんが感慨深げにしているのも、よかったですね~。

 そんなこんながありつつ、麻乃さんと静さん2人の会話になりますが、
 皆への感謝をどう示すかという話に、静さんが特別なことは必要なく、
 「気持ちを言葉にして返す」のがよいのかもと、語っていたのが印象的でした。

 ラスト2人のやりとりで、麻乃さんが気持ちを言葉にしていて、
 まさに、そのことが友達らしい雰囲気を醸し出していたのも、素敵でありました。

 などなど、友達いない2人から始まった「トモダチヅクリ」の物語。
 友人間の距離を測りかねて、周囲から恋人かと勘違いされる愉快な一面がありつつ、
 それでも真面目に人間関係に取り組む2人を応援したくなる面白味を感じていました。

 2人に多くの友人ができて大団円を迎えながら、最後は2人でシメとなった最終回。
 彼女たちのトモダチヅクリは今後も続いてゆくのでしょうが、これにて物語は完結。
 名残惜しいけれど、楽しませていただきましたー!

 

 

【その他】

●ブレンド・S (中山幸 先生)

 麻冬さんの友人・風間彩人さんが登場!
 外見的には美形バンドガールといった趣ですが、優秀でマジメな女性。
 と思ったら、マジメすぎて冗談の通じない所が難点らしく、苺香さんのドSを
 本気にして切腹まで考えるほど追いつめられていたのは、気の毒ながら大笑!
 そんな彩人さんの参加で、ますます面白くなりそうですね。

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生) 

 2本立ての1本目は、風邪っぴき青葉さん。
 北海道旅行で調子乗り過ぎたため、風邪をひいて寝込んでしまってますが、
 りんさんはじめ、皆からの労いメールが届いて、返信が大変そう(^^;
 また、猫とたわむれる様子が可愛く面白かったり、ねねっち&ほたるんが
 お見舞いに来たりと、色々と楽しかったですね~。

 

●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生)

 1月27日、コミックス3巻・発売! そんな今回、キスってどんな感じ?
 あやめさんから「キスってどういう風にするの?」と聞かれ、肉食系な返答をする
 夏子さんに笑いつつ、色んな人に同じ質問をする様子が面白かったですね。
 冬美さんの“上級者”な答えも、千夏先生の強引さも、まるで参考にならないし(^^;
 キス目的のキスに照れる春子さん可愛かった! あやめ&ゆりの関係も気になります。

 

●まちカドまぞく (伊藤いづも 先生) 

 闇堕ち桃さん再び!?
 唐突に闇堕ちフォームになってしまった桃さん、魔力の調整が効かないようで、
 早く元に戻ろうと努めるものの、なぜか上手くいかずに悪戦苦闘・・・
 小倉さんの推測で、闇堕ちの原因が「負の感情」にあるとわかりましたけど、
 「負の感情」を羞恥プレイのように公開する桃さんが愉快でありました(´▽`;)
 シャミ子さんがらみの「負の感情」は、彼女への好意の裏返しですからねえ。

 

●メイドさんの下着は特別です。 (みらくるる 先生)

 ご主人様に頼まれた買い物のため、大都会・東京へやって来た蘭子さん。
 ツカサさんの等身大抱き枕に釣られていたのは笑いましたけど、慣れない都会に
 戸惑う彼女が、電子マネーを理解せずに改札を通ろうとする姿など、愉快でした。
 そんな蘭子さんの都会模様が楽しかった今回ですけど、やはり本作の魅力は
 ハレンチな描写にありますよね(ォィ。 そのあたりをもっと堪能したいので、
 連載化希望であります!(正直)

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2017年12月01日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2018年1月号

 

 表紙は、『ブレンド・S』より、夏帆&麻冬さん!
 ちょっとオシャレなクリスマスの装いといった雰囲気でしょうか。
 アニメも絶賛放映中です!

 

 

 今月の「再登場ゲストで賞」は、『メイドさんの下着は特別です。』

 

 再び登場、ランジェリー・メイドたちのハレンチ模様(ォィ

 今回は、蘭子さんが1人で屋敷の掃除をすることに・・・
 ご主人様のご命令とあればと頑張る蘭子さんですが、ランジェリーで働く姿は、
 その、なんだ、アレですね(ぇ

 そんなハレンチ模様が、可愛く楽しい本作品。
 ご主人様も、ランジェリーを堪能するだけでなく、デザイナーとしては一流で、
 そのあたりもギャップになっていて面白いですね。

 たまにはハレンチを楽しむのもイイじゃない。
 そうした精神で、2号連続ゲストに期待です!

 

 

【最終回!】

●疾風ういんどみる! (晴野しゅー 先生)

  

 コミックス2巻、12月27日発売! ・・・ですが、最終回!!

 最後なのに、ふーこさんとつむじさんが決裂!?
 合宿の夜、つむじさんが「もう・・・乗らないから」と、ふーこさんに告げています。

 これには、ふーこさんもショックを受けて、つむじさんがヨット部をやめてしまうと
 慌てていましたけど、つむじさんは部をやめるわけではなく、ふーこさんとは
 「乗らない」と述べている所が気になります。

 それを聞いて、ふーこさんは自分が嫌われたと再びショックを受けますが・・・?
 なんてお話が、ふーこさんとつむじさん、2人の関係に焦点を当てた内容となっていて、
 興味深い最終回でありました。

 まあ、嫌われたというのは、ふーこさんの杞憂で、つむじさんにしてみれば、
 先を見据えたヨットへの本気を見せつける決意だったわけで、なかなか清々しい。

 一緒には乗らないけれど、ライバルとして切磋琢磨し合える関係へ。
 そんな所が良い雰囲気になっていましたね。

 2人のやり取りを見ていた先輩たちも、互いに自分が勝つと述べていて、
 チーム内での緊張感が出てきているのも、良い傾向なのかもしれません。
 ラン先輩なんて、つむじさんの言葉に感激してるし(^^;

 そして、他校のライバルたちともまた、再戦を期して友好ムードなのが良い。
 これはぜひとも、次のレースも観てみたかった・・・

 などなど、ふーこさんとつむじさんの新たな関係が生まれつつ、シメとなった最終回。
 ヨットという題材をもとに、少女たちの躍動感あふれる姿が魅力的な内容で、
 私はクールビューティな颯先輩がお気に入り、好き作品でしたよ!

 風を見る少女ふーこさんとヨットとの関りは、これからも続くわけで、
 そんな光景を思い浮かべつつ・・・楽しませていただきましたー!

 

 

【ゲスト作品】

●私の頭をなでなでするな!
 (原作:枩葉松 先生/作画:小鳥遊 先生)

  

 大きいのと小さいのと・・・

 【主な登場人物】
 ・サクラ  : 小さい方(130㎝)。 新入生代表になるほど優秀。
 ・オボロ  : 大きい方(190㎝)。 可愛いもの好き。

 入学式で出会ったサクラさんとオボロさん。
 大きなオボロさんに驚きつつも、誇らしげに「こう見えても新入生代表」だと
 語るサクラさんでしたが、いきなり「かわいい」と頭なでなでされてます(^^;

 そんな所から始まる2人のお話。
 新入生代表としてスピーチする場で、飛び級と思われてしまい、荒れるサクラさん。
 そのため、友達ができないと悩んでいたら、オボロさんがやって来て、なでなで。

 2人で一緒に帰ることになるものの、やっぱりなでなでばかりするオボロさん。
 そうした様子が可愛く、面白味になっている4コマ作品ですね。

 大きいけれど運動苦手で、おとなしめなオボロさん。
 一見クールだけど、サクラさんの相手をするときはデレデレの笑顔。
 そんな彼女の態度に、何だかんだで融和してしまうサクラさんも可愛らしいです。

 なでなでされることを拒絶しつつ、まんざらでもなさそうなサクラさん。
 彼女を愛でるオボロさんとのやりとりが楽しいので、つづきに期待です!

 

 

●アカリ様 (とこみち 先生)

  

 三角の鳥居をくぐった少女は・・・?

 【主な登場人物】
 ・あかり  : 三角の鳥居をくぐってしまい、何かがおかしく・・・?
 ・えーこ  : あかりさんの友人。 三角の鳥居について警告するも・・・
 ・住職   : お祓いとかできない。
 ・麻呂   : 謎のちっこいおっさん。

 三角の鳥居を前にして、友人えーこさんに電話するあかりさん。
 あやしいから容易にくぐってはダメだと、えーこさんに言われたものの、
 ネコを追いかけていたあかりさんは、通ってしまい・・・

 と始まるお話。
 何やらホラーチックで、本誌としては珍しいタイプの4コマ作品ですね。

 ネコは見つかったのだけど、鳥居が崩れたり、夢に謎のおっさんが現れたり、
 不吉な雰囲気が醸し出されつつ、それが淡々と語られる所が面白いですね。
 あかりさんが動じない性格なので、怖さはあまり感じないという(^^;

 しかし、心配したえーこさんが住職にお祓いを頼むも、霊感ないので無理
 みたいな話をされていたのも、可笑しかった。

 そうした滑稽な展開が愉快・・・と思いきや、とつぜん奇行に走るあかりさん。
 まるで何かに取り憑かれたような不気味さで、これはちょっと背筋凍りましたね。
 その時の影が烏帽子をかぶった人のようで、さすがに不吉でありました。

 などなど、ホラーな雰囲気に引き込まれてしまった本作品。
 当のあかりさんが平静なので、そこまで恐怖は感じないものの、不気味さは絶品。
 3号連続ゲストらしいので、これは大いに期待です!

 

 

【その他】 

●ブレンド・S (中山幸 先生)

 秋月くん、ケガをして休むの巻。
 店長さんはともかく、夏帆さんが一緒にお見舞いに来たのは想定外だった秋月くん。
 思いっきり焦る姿が可愛かったですね(ぇ。 夏帆さんは何も気にしてないのに(^^;
 そして、キッチン担当の秋月くん不在は大きく、何とか皆で料理ができるまでの
 時間稼ぎをする様子が楽しかった! ひでりんの“新曲”ノリノリで笑!

 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生) 

 今回も2本立てで、ツバメさんの実家の旅館へお泊り話。
 ツバメさんが母親からゲーム会社就職を反対されていると知った一同。
 かと言って、何ができるわけでもなく、ツバメさんがどうするのか見守るのみ。
 母上はツバメさんの決心を聞いて、涙目で怒っていたのがいたたまれません。
 一方、紅葉さんも、ツバメさんに何か言うべきか迷っていて・・・

 2本目の冒頭、子供時代のツバメさんと母上の仲良しっぷりが、逆に辛い。
 でも、うみこさんが2人の関係が良いものだったことを、今のツバメさんから
 感じているようで、そのことを聞いたツバメさんが良い表情をしていたのが印象的。
 さらに、紅葉さんからも彼女の本心を告げられて、前向きになれていたのがよかった。
 ツバメさんから、母親への感謝を込めた言葉が届く流れに、しみじみでしたよ。

 

●すわっぷ⇔すわっぷ (とめきち 先生)

 千夏先生は入れ替わりを知っている・・・?
 なぜ知っているのか聞き出そうとする夏子さんたちでしたが、要するに先生も
 入れ替わり経験者らしく、パートナーさんが2人の関係を見抜いたのだとか。
 先生のパートナーさんは多芸多才、鋭いタイプのようで、先生のポンコツぶりと
 良い対比になっている所が面白い。 このパートナーさんも気になりますね。

 

●ネコじまにゃんだフル (御北きぬ 先生) 

 最後の家庭訪問先は、ロンという褐色系少女のお家。
 ゲーム好きで、禁止されているテレビを使っていることから、寧々子さんが
 ゲーム勝負で勝ったらテレビ没収、ロンが勝ったら黙認ということに・・・
 そこで始まる勝負が面白かったわけですが、大人げない寧々子さんの容赦なさに笑!
 でも、おかげでロンさんが学校へ来てくれることになって、一件落着が楽しかった。

 

●ぽちはおまわりさん (七篠ねこ 先生)

 村の収穫祭のお手伝いをするぽちさん。
 相変わらずドジっ子ぶりを発揮してますが、リスのマリスちゃんに励まされ、
 感激する様子が可愛らしい・・・ まあ、失敗を期待されている所が問題ですが(^^;
 その後、メイさんの作った巨大ジャムパイに挑んだり、オバケ話が出てきたりと、
 楽しい時間を過ごしていますが、ぽちさんがオバケを怖がらない理由が微笑ましく、
 さらに謎のお子様が気になったりもして、今後に期待が高まりますよ!

 

コメント

◆ まんがタイムきららキャラット 感想

2017年11月01日 | ◆4コマ誌⑨ 不定期 きららキャラット

2017年12月号

 

 表紙は、アニメ放映中『ブレンド・S』より、苺香さん!
 ハロウィン仮装でドSな雰囲気。 皆の形をした人形も可愛らしい。
 なお今月号には、中山幸先生の描き下ろしクリアファイルも付いてます。

 

 

 今月の「イケメンで賞」は、『Aチャンネル』より、ナギ!?

 

 文化祭当日、演劇部の宣伝をするナギですが・・・

 男装姿がイケメンすぎて、女子に大人気状態。
 るんさんたちは、そんな様子を見ながら普段のナギを思い出してて笑!
 だらだらしているメガネさんですからね(^^;

 それでも、るんさんは「カッコイイ」と評していて、
 ユー子さんも少し間をおいてから同意しているのが、いじらしさを感じさせます。
 ちょっと頬を赤らめながらというあたり、微笑ましい。

 それにしても、ヒラさんやケイ子さんが、イケメン王子をナギだと気付かず、
 るんさんやユー子さんを呼び捨てしているのを聞いて誤解してしまい、
 2人それぞれの反応を見せていたのが、可笑しかった!

 

 

【コミックス4巻、発売中!】

●ブレンド・S (中山幸 先生)

  

 何やら、ぷんぷん丸な苺香さん。

 どうも、店長と語るはずだったアニメを、先に兄と店長に観られたことが
 我慢できなかったようで、兄には怒って、店長にはそっけない態度をとってます。

 おかげで、Sっぷりに磨きがかかっていたものの、担当テーブルを間違えたり、
 珍しく失敗つづきで、何やら様子がおかしくなってしまい・・・

 なんて感じでしたが、美雨さんや麻冬さんに相談した所、
 自分でも何でこんなことになっているのか、苺香さんはわかっていないようで、
 「本当にドSの悪い子になっちゃったのでしょうか!?」と嘆いているのが可愛い。

 そこへ、店長がやって来て「一緒にアニメ観まセンか?」と提案。
 そのことが功を奏したのか、いつも通り素直になる苺香さんがよかった。

 やはり、アニメを先に観るかどうかではなく、「店長と一緒に」が重要なのでしょうね。
 店長の隣でアニメを観る苺香さんの視線と笑顔が、とても素敵でありました。

 などなど、珍しく不機嫌になる苺香さんが、不穏ながらも可愛らしかった今回。
 アニメも放映中の本作品、ますます絶好調といった趣で、今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●精霊さまの難儀な日常 (琴慈 先生)

  

 公園に現れたのは、炎の精霊!?

 【主な登場人物】
 ・麓灯里    : ふわふわおっとり、たまに鬼な少女。
 ・不知火皐羅  : 炎の精霊と自称する少女。
 ・笠松澄乃   : 灯里さんの友人。
 ・フェニ    : サラさんの相棒。 不死鳥・火の鳥。

 灯里さんと澄乃さんが公園にやって来た所、花壇が燃えていると大騒ぎ。
 そこには、全裸な少女が立っていて・・・と始まるお話。

 その少女・サラさんは、自分を「炎の精霊」と名乗るも、2人の反応が薄くて笑!
 澄乃さんはセールの豚肉を買うために帰っちゃうし、灯里さんは「意見陳述」を
 聞いてあげられるとか言ってるし(^^;

 その後、サラさんが本物の炎の精霊ということや、公園の火元を消してくれたことが
 判明して、灯里さんがあらぬ疑いをかけたと土下座していたのは可笑しかった!

 灯里さんにとって、公園の花壇は大事なものらしく、それを守ってくれたサラさんに
 感謝していますが、実はサラさんには隠していることがあって・・・

 なんて話が、一筋縄ではいかない物語になりそうで、期待が高まります。
 灯里さんのキャラクターが愉快ですし、3回連続ゲストとのことで、今後も楽しみです!

 

 

●ゆーま! (瀬名慈孝 先生)

  

 UMAを研究する女子高生たち。

 以前、ゲスト登場もしたことある作品ですね。
 「きららベース」にて連載中。
 電子版コミックス1・2巻が、配信開始されているようです。

 今回は、UMA研究会の文化祭展示を考える会議~。
 ということで、オカルト研部長を兼任する水ちゃんを呼んで、てんやわんやです。

 文化祭の展示に、UMAの説明文を載せるのはともかく、水ちゃんの写真を
 展示しようとしているのは意味不明すぎて笑!

 それを皮切りに、部員たちの水ちゃんいじりが始まっていて可笑しかった。
 ちょっとやりすぎて泣かしていたのは、どうかと思いますけど(^^;

 オカルトを科学で解釈する会話も面白かったですし、
 ビッグフットを否定する水ちゃんの言葉を、部室の外で聞いてしまうイェティさん
 なども愉快でした!

 そんな本作品の電子書籍版コミックス1・2巻が発売中とのことで、
 ますます今後も注目です!

 

 

●ぽちはおまわりさん (七篠ねこ 先生)

  

 お犬の駐在さんは、今日も村の平和を守ります!

 【主な登場人物】
 ・ぽち  : お犬のおまわりさん、方向音痴。
 ・みけ  : 双子の子猫、冷静。
 ・たま  : 双子の子猫、元気。

 ぽちさんは、動物の村のかわいい駐在さん。
 今日も村の平和を守るべく、頑張っていますが・・・

 双子の子猫・みけ&たまが迷子になっているというので、家まで送ることに。
 しかし、ぽちさんは方向音痴なうえに、すぐそばにある双子の家に気付かない所が
 可笑しかったり(^^;

 そして、3人で家を探す様子が、愉快に繰り広げられます。
 道中、村の人たちに会いながら、それぞれのトラブルを解決してゆくのも楽しい。
 ほとんど、ぽちさんが空回りして、双子が解決するのが面白い所でしたけど。

 うさぎのラビィさんも、羊のメイさんも、ふくろうのフーさんも可愛かったですし、
 双子の可愛さももちろん、ぽちさんの頑張る姿がけなげで微笑ましくて、
 とても、ほのぼのしながら読むことが出来ました。

 などなど、動物の村のかわいいおまわりさんのお話。
 村の住人たちや、ぽちさんの魅力に惹かれましたので、ぜひとも続きを期待したい!

 

 

【その他】 

●NEW GAME! (得能正太郎 先生) 

 今回、2本立て! 1本目は、ほたるんに会いに行く紅葉さん。
 堂々と美大の前で「星川ほたるさんを探しています」と書いた紙を持っていて愉快。
 でも、その甲斐あってほたるさんに会うことができ、交流していたのは面白い。
 彼女の絵に圧倒されながらも、自分の作品を見てもらおうとする向上心はさすがです。
 そんな紅葉さんの行動が頼もしく、2人の交流が楽しいお話でしたね。

 2本目は、ツバメさんの実家である旅館に、社員旅行へ行くことに。
 ツバメさんの父上は、人見知りすぎて矢文(?)で会話するのが可笑しかったけど、
 母上の方は厳しい方で、ツバメさんのイーグルジャンプ入社を快く思っていない様子。
 そんな空気の重さに、ツバメさんが落ち込んでしまう展開が、心苦しかったですね。
 でも、彼女の心情に気付いた紅葉さんや、ねねっちの行動が良い結果を導く・・・かな?

 

●正義の花道 (ウロ 先生)

 生徒会は、正義か悪か・・・?
 執行部隊を従える生徒会の面々が登場してましたが、会長のすみれさんは小さくて、
 役員の高城あざみさんや、執行部隊の轟くんに、妙な愛され方をしていたのが愉快!
 もう1人の役員・龍宮いちかさんは、ぽんやりしつつも常識人っぽい?
 生徒会に、まつりさんやアラタくんが標的にされているようで、気になる所ですね。

 

●ひだまりスケッチ (蒼樹うめ 先生) 

 夏休みも終盤、プールに来たゆのっちたちに、茉莉さんも付いてきてますが・・・
 バスの中で宿題やっていたら酔ってしまったらしく、顔色悪くてお気の毒(^^;
 ゆのっちは一緒にいましたが、茉莉さんが元気になると、即遊びに行ってて愉快!
 しかし茉莉さん、帰宅後、レポートの宿題が終わっていないことに気付いてピンチ。
 そこで、ゆのっちのアイデアで、楽しいレポートが提出されていたのはよかったですね。

 

●はやしたてまつり♪ (高坂曇天 先生)

 月さんがふうさんに、何やら相談があるようで・・・
 あの月さんが、消去法で相談相手を選んで、ふうさんを頼っていたのは面白い。
 相談内容は、巌さんにお詫びの品を買いたいので、何が良いか考えてほしいというもの。
 そこから2人で、ああでもないこうでもないと、買い物する様子が楽しかったですね。
 結局、ふうさんの助言に基づいて、良い品を選べていて安心でしたけど、ふうさんへの
 「感謝」もまた、微笑ましかったです。

 

コメント