毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




ユゲット・ドレフュスによるチェンバロのためのパルティータ。今週は1983年録音のアルバムを番号順(収録順)に楽しんでおり、これからきくのは第6番(BWV830)です。この第6番は3部構成のトッカータにはじまる力作で、終曲の疾駆するジーグも長大。ドレフュスの使用楽器は、特定モデルのないライナー・シュッツェによるチェンバロで、調律はピタゴラス・コンマの六分割法によっています(1点イ音≒410~412)。

CD : 90C37-7333→35(DENON)

90C37-7333→35

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« パルティータ... 「汝らは泣き... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。