OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

歌謡フォークは、いぬいゆみ

2014-12-04 14:29:45 | 歌謡曲

冬が春に恋をして / いぬいゆみ (RCA)

いぬいゆみは昭和40年代後半から活躍した歌謡フォークの女性シンガーで、まあ、今となっては後に芹洋子がエバーグリーンな代表作にしてしまった「四季の歌」を既に昭和47(1972)年に出していて、それなりの小ヒットさせた事ぐらいしか記憶されていない存在かもしれませんが、当時はなかなかメジャーな印象がありました。

なにしろリアルタイムのアイドルや大御所と共にテレビの歌番組に出演する事も多く、ラジオでも彼女のレコードは相当にオンエアされていましたからねぇ~~。

そのハートウォームな声質と節回しの安心感は、しかし時として鋭い感情表現も含むものでしたから、幅広いファン層に支持されていた事が逆にマイナス要因になってしまったとしたら、ちょっぴり残念な気持ちに……。

さて、そこで本日掲載のシングル盤は昭和47(1972)年に発売されたもので、サイケおやじとしては特に作詞作曲:荒木とよひさ&編曲:小杉太一郎によるA面曲「冬が春に恋をして」が好きでたまりません。

ライトタッチの曲調を優しく歌ってしまう彼女は、まさに癒し系♪♪~♪

ちなみに曲を書いた荒木とよひさは、今や作詞家の巨匠のひとりとして説明不要ながら、活動初期には作曲もしていた事は侮れず、前述「四季の歌」も荒木とよひさが学生時代に書いたものという伝説(?)は有名だと思います。

ということで、いぬいゆみは何時間にかフェードアウトしてしまった感も強いんですが、包み込むような優しい歌唱が特徴的でしたから、AOR系ニューミュージックをやっているとしたら、ぜひともそれは聴いてみたいと長年思い続けています。

しかし残念ながらサイケおやじは彼女のキャリアや残したレコードに関する知識が無いので、中古屋でコセコセと猟盤作業をやってきたわけですが、それらのジャケ写に登場しているいぬいゆみほどフォークギターが似合う女性は少ないように思います。

機会があれば、数は少ないながらも手元に集めた彼女のブツをご紹介させていただきますね。

コメント   この記事についてブログを書く
« 蠱惑の瀬川映子 | トップ | 帰れない… »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌謡曲」カテゴリの最新記事