OLD WAVE

サイケおやじの生活と音楽

この人だぁ~れ part-31:長沢由利香

2021-04-22 19:18:53 | 歌謡曲

恋はショッキング・ブルー c/w Nice To Meet You  / 長沢由利香 (ポリドール)

諸々の裏事情も含めて、様々に言われ続けている松田聖子ではありますが、不肖サイケおやじにしても、我が国歌謡界における彼女の実績や影響力は否定出来るものではなく、なによりも所謂「1980年代アイドル」の大ブームを呼び込んだのが松田聖子の存在だったと思います。

ですから、必然的に彼女のフォロワーが続々と登場して来たのは需要と供給の流れであり、平たく言えば松田聖子の「柳の下」や「二番煎じ」を狙ったアイドルは有象無象!?

例えば本日掲載のシングル盤を出した長沢由利香にしても、告白すればサイケおやじは実演はもちろん、テレビ等々でも全く接した記憶が無いアイドルシンガーなんですが、このジャケ写ポートレートのイメージや収録楽曲の雰囲気がモロに松田聖子しているという現実は侮れないものがあるんじゃ~ないでしょうか。

とにかく、作詞:宮哲郎&作編曲:川口真が提供のA面曲「恋はショッキング・ブルー」は過言では無く、ほとんどデビュー期の松田聖子の楽曲? と思わざるをえないほどですし、B面収録の作詞:新谷克己&作編曲:川口真による「Nice To Meet You」にしても、ちょいとニューミュージックっぽいところはありますが、それも然り!?

当然ながら、長沢由利香の歌いっぷりもトーシロっぽい松田聖子フィーリングが滲み出た節回しを披露しておりますから、松田聖子のファンにしてみれば面映ゆい気分に満たされたんじゃ~ないでしょうかねぇ~、当時は (^^;

ちなみに、このシングル盤の発売は昭和60(1985)年9月とされていますから、両面に収録された2曲のサウンド作りや楽曲イメージはリアルタイムの松田聖子のヒット曲に比べれば、明らかに古いわけですが、それも制作側の狙いどおりだとしたら、松田聖子の影響力は同時代のアイドル業界を支えていたエネルギーになっていたんですねぇ~~~!

それと、この拙文を入力していて気がついたと申しましょうか、A面の曲タイトル「恋はショッキング・ブルー」や発売元が「ポリドール」だった事から、サイケおやじとしては、ど~してもオランダのロックバンドとして一世を風靡したショッキング・ブルーを想起させられるわけですが、件のグループのメガヒット「Venus」のカバーバージョンが世界中で様々にヒットし、‎日本においても長山洋子や黒沢ひろみ等々のカバーシングルが売れていた事を鑑みれば、ここでの「ショッキング・ブルー」という単語は暗示的でもあり、早過ぎた感も強く、ど~せなら長沢由利香にも本家ショッキング・ブルーのカバーを演じて欲しかったと思いますが、もしかしたら、やっていたのでしょうかねぇ~~ (^^;

ということで、個人的には長沢由利香の人気とかブレイク状況は知る由もなく、結果的に「この人」シリーズでのご紹介となりましたが、こ~ゆ~アイドルシンガーが夥しく登場してくれたからこそ、昭和歌謡曲の世界は面白かったという確信は抱き続けております。

う~ん、今は昔の物語……。

コメント

イイですねぇ~~、人妻の素足にジーンズ

2021-04-21 17:25:48 | Singer Song Writer

11時のサンバ c/w あじさいの花 / 惣領智子 (RCA)

音楽が好きで、レコード蒐集に長年勤しんでいると、ど~してもシングル盤で持っていたい歌や演奏ってのに目覚めてしまう気持ち、皆様にもご理解いただけると思います。

もちろん、それが所謂シングルバージョン、つまりアルバムに収録されているテイクとは別物に仕上がっている場合はノー文句なんですが、それとは別な気分と申しましょうか、ひとつには日本で発売されるシングル盤には、ほとんどピクチャースリーヴが付いていて当たり前という嬉しい事情がありますし、それがジャケ買い趣味に繋がっている事は言わずもがな、しかし……、それ以外にもシングル盤には不思議な魅力が存在しているんじゃ~ないでしょうか。

このあたりの気持ちをサイケおやじの稚拙な筆では……、ど~にも上手く伝えられなくて、我ながらモドカシイわけですが、ひとつには、あのシングル盤の愛らしいサイズ、つまり「7吋」の世界観に魅了される何かがあるのかもしれません。

で、本日掲載したのは、どうにもサイケおやじをそんな気分に誘った1枚で、レコードそのものは惣領智子が昭和51(1976)年に出したアルバム「やさしく愛して」からシングルカットした「11時のサンバ 」を7吋盤A面に収録したものですから、楽曲自体は件のLPでも聴けるわけですが、しかし、ど~です、このジャケ写イメージの彼女から滲み出ている日常的な色っぽさは、殊更ジーンズに素足っていうところにグッと惹かれてしまうんですねぇ~~、サイケおやじは (^^♪

また、ちょいとネタばらし気味ではありますが、前述のLP「やさしく愛して」のジャケ写も実に着エロ的で、申し分ありませんので、気になる皆様はネットで検索可能と思われますから、ぜひともご覧くださいませ (^^♪

閑話休題。

そして肝心の収録A面曲「11時のサンバ」は作詞作曲:惣領智子&編曲:惣領泰則という家内制手工業の趣も愛らしい歌謡サンバで、歌詞の内容に現実味が薄いところを逆手に活かした様なサウンド作りと彼女の素晴らしい歌声が憎めない仕上がりかと思います。

しかし、それでも個人的には、やっぱりジャケ写イメージが先にあってこそのレコードっていうのが、このブツの魅力と決め込んでおります (^^♪

ちなみに、このシングル盤が世に出たのは昭和57(1977)年で、ここにB面収録されている「あじさいの花」は同年制作発売のアルバム「City Lights By The Moonlight」に入れられています。

ということで、皆様ご存知とおり、オンタイムでの惣領智子は惣領泰則と夫婦関係にあり、つまりは人妻としてのナチュラルな色気があって当然なのでした。

う~ん、それにしても、魅せられてしまいますねぇ~~~♪

コメント

ヤル気と根気

2021-04-20 20:15:34 | Weblog

久々に仕事が大縺れ!?

埒が明かないというか、マジギレ寸前でした、さっきまで (+_+)

これから策を練り直しってことで、本日は失礼させていただきます <(_ _)>

コメント

ザワザワした雰囲気は

2021-04-19 19:18:33 | Weblog

どうにも、病院には似つかわしくありませんねぇ……。

と、当たり前の事を再認識させられたのは本日、定期健診で何時もの病院へ行ってみれば、最近のコロナ禍で患者の移動とか、とにかく落ち着きが全くありませんでした。

サイケおやじは、それでも通例の検査から無事に帰れましたけど、院内を移動する毎に消毒とか、検温とか、それが当然とは思いつつも、鬱陶しい気分は不謹慎でしょうか。

とりあえず眼底検査で目の前が真っ白なんで、これにて失礼させていただきます <(_ _)>

どうか、皆様、御自愛くださいませ。

コメント

北野玲子の変容と輝き

2021-04-18 17:34:26 | 歌謡曲

白いおもいで / 北野玲子 (東芝)

以前ご紹介した北野玲子の、これは昭和53(1978)年11月の発売とされていますから、おそらくは「初恋景色」に続くシングル盤と思われます。

で、その収録A面曲「白いおもいで」は作詞:有馬三恵子&作曲:市川昭介から提供された、歌謡フォーク調のロストラブソングなんですが、前作「初恋景色」が王道演歌でしたから、いきなりの路線変更という事なんでしょうか、ジャケ写のイメージも、それらしく変容しているわけで、「猫顔マニア」のサイケおやじとしては、最初に彼女のレコードに遭遇した時のトキメキが幾分薄れてしまったのは偽りの無い気持ちです。

しかし、彼女の声の美しさは全く変わるどころから、ますます輝きを増しておりまして、むしろ歌謡フォーク系の楽曲を歌ってくれて大正解 ♪♪~♪

極言すれば、あべ静江のフォロワーという感じに仕上がっているんですが、字余り(?)っぽい譜割りが多用された曲メロの難しさがあり、それでいてキャッチーなフックがイマイチ不足気味の曲展開は勿体ないというか……。

もちろん、それが上手く纏まっているのは竜崎孝路のツボを押さえたアレンジと北野玲子のきっちりとした節回しがあればこそ、あらためて彼女の歌唱力にシビレてしまいます。

ということで、これも先日ゲットしたブツの中の1枚でして、しかも、この時には幸運にも彼女のシングル盤を他に2枚も入手出来たという幸運に恵まれました (^^♪

あぁ~~、猟盤の神様に感謝ですっ!

コメント

雨漏り無情

2021-04-17 19:33:48 | Weblog

ど~も、自宅車庫が雨漏り疑惑ということで、何年かぶりに中を整理整頓してみたら、やっぱり!?!

屋根に微細な穴が4か所ほど見つかりました。

大した事は無いと思いたいんですが、早く修理した方が、やっぱり正解と覚悟を決め、何時も世話になっている業者に連絡したところ、結局は車庫内を空けないと作業が難しいというわけで、今日はガラクタ運びで日が暮れました (~_~;

申し訳ありませんが、そんなこんなで、これにて本日は失礼させていただきます <(_ _)>

コメント

浅尾千亜紀を信じるのみ

2021-04-16 19:31:09 | 歌謡曲

昨日と今日のブルース c/w 信じられないの / 浅尾千亜紀 (CBSソニー)

掲載したのは最近入手した1枚で、とにかくサイケおやじが大好きな浅尾千亜紀が昭和44(1969)年2月に出した、これが……、アッと驚く裏名盤!

と、思い込んでいるのはサイケおやじだけかもしれませんが、まずは作詞:なかにし礼&作編曲:宮川泰という制作クレジットも眩しいA面曲「昨日と今日のブルース」は、王道の演歌ぶる~ぅすに仕上がっておりまして、そのジャンル特有のコブシの利いた粘っこい節回しは、青江三奈~八代亜紀と続く系譜のミッシングリンクみたいな、そんなこんなのバックのカラオケパートが、なかなかにモダンにアレンジされているのは、宮川泰の洋楽フィーリングが滲み出たところでしょうか。

一方、その意味で尚更にシビレてしまうのが同じソングライターコンビから提供されたB面曲「信じられないの」で、こちらはアップテンポのビート歌謡演歌なんですから、たまりません (^^♪

あぁ~~、このグルーヴィ~なコブシ回しと程好いお色気唱法の魅力には、好みのツボをギュ~~っと押さえられ、まさに歓喜悶絶しているうちに、ど~にも収録時間の短さが残念でなりませんっ!

でも、このシングル盤を入手出来たという幸運には素直に感謝です (^^♪

そして、これまたCD化は未確認ではありますが、機会があれがば、皆様にもお楽しみいただきたい、やっぱりこれは裏名盤と確信する次第でございます。

ということで、昭和40年代中頃から昭和50年代前半ぐらいまでの我が国歌謡曲は、本当に宝庫であり、有象無象が混濁した中から、光り輝く玉石を見つけ出すが如き作業、つまりは猟盤活動の楽しみは、まだまだ尽きる事が無い様です (^^;

生かされている事にも、感謝です。

コメント (1)

ノーキー・エドワーズの熱いリックが迸る!

2021-04-15 18:25:11 | Ventures

Hot Guitar Licks / Nokie Edwards (RJ Productions = CD)

   01 Alabama Jubilee
   02 Nokie Boogie A
   03 I Got a Woman
   04 Guitar Boogie
   05 Classical Gas
   06 Steel Guitar Rag
   07 Exodus
   08 Keep Searchin'
   09 Swat
   10 Cuando Cuando
   11 Brazil
   12 Fools Rush in

本日ご紹介するのは、2018年に出たノーキー・エドワーズの未発表セッション音源から作られたCDで、ということは、この偉人のラストレコーディング? と思われがちですが、実は中身は、1996年にフィリピンに招かれたノーキー・エドワーズが地元のミュージシャンとスタジオで録音した演奏集になっています。

もちろん、説明不要とは思いますが、ノーキー・エドワーズはベンチャーズのリードギタリストとして大活躍し、その影響力は我が国ばかりか、世界中に及んでいますので、フィリピンにも信奉者は夥しく、ここに聴かれるセッションを企画したラモン・RJ・ジャシントなる人物も、そのひとりとして、現地では放送局や様々なスタジオを経営する、ある意味では「芸能界の顔役」と云われているらしいんですが、それはそれとして、やはりベンチャーズにシビレた体験からギタリストとしても活動し、ノーキー・エドワーズとは古くから親交があったそうですから、ここに聴かれる演奏がリラックスした中にも躍動感に満ちている事には納得して歓喜悶絶 ♪♪~♪

しかも、上記した演目をご覧いただければ、これまたコアなファンならずとも期待でワクワクさせられる名曲ばかりだと思いますが、いかがなものでしょう。

もちろん全曲でノーキー・エドワーズが十八番のリックを全開で披露し、バックを担当したのは前述のラモン・RJ・ジャシント(g) 以下、ボロロン・エラハ(g)、ベン・テソロ(b)、ロリー・ロルダン(b)、エドニコラス(ds) という、おそらくは地元のセッションプレイヤーと思われる名前がジャケットに記載されておりますが、他にもキーボードやホーンセクションが入ったトラックもありますから、かなり周到な準備もあったのでしょう。

しかし、そんなこんなは考える必要が無いほどに、ここのでノーキー・エドワーズは親指に装着したサムピックに神業のフィンガーピッキングを絡ませて全篇で弾きまくりですし、バックの面々のリズムセクションとしての役割に徹したサポートには敬意すら感じさせる素晴らしさですよっ!

それはカントリー&ウエスタンのスタンダード曲にしてアップテンポのド頭「Alabama Jubilee」、スタジオリハーサル的なノーキー・エドワーズのオリジナルとされる「Nokie Boogie A」、レイ・チャールズの代表曲というよりも、今やR&Rの定番にもなっている「I Got a Woman」、そしてロカビリーやジャズ系の有名ギタリストが数多く名演を残している「Guitar Boogie」と続く4連発で、既にリスナーの皆々様にしても、絶対に震えて浮かれるんじゃ~ないでしょうか (^^♪

あぁ~~、このビート感と十八番のリックの乱れ打ちは、カントリーロックの醍醐味はもちろん、ベンチャーズサウンドのひとつのキーポイントをノーキー・エドワーズなりに表現した、全く自由な天才性の証明と思うばかりです。

しかし、だからこそ、ベンチャーズではノーキー・エドワーズの後任を務めたジェリー・マギーが代名詞的に弾いていたメイソン・ウィリアムスの大ヒットカバー曲「Classical Gas」が、ここでは幾分考え過ぎてしまった感が……。

なぁ~んていう不遜な思い、どうか……、ご容赦くださいませ <(_ _)>

そして中盤、「Steel Guitar Rag」では、これぞっ! やっぱりノーキー・エドワーズならではの凄いギタープレイが堪能出来ますし、有名な映画音楽として「栄光への脱出」という邦題がある「Exodus」は哀愁が滲むテーマメロディを活かしたアレンジと演奏がニクイばかり ♪♪~♪

さらに、その意味でサイケおやじが大いに気に入っているのが、デル・シャノンのヒット曲のひとつにして「太陽を探せ」の邦題がお馴染みの「Keep Searchin'」で、原曲のキモだった泣きメロと解放感に溢れたサビの展開を前半は低音弦をメインに、中盤からはベンチャーズ風味を入れた、本当に世界中のファンが望むところを存分に聴かせてくれるんですねぇ~~♪

終盤のアドリブプレイもイイ感じ♪♪~♪

ちなみに、この「Keep Searchin' / 太陽を探せ」はテンプターズの「エメラルドの伝説」やシャネルズの「街角トワイライト」のネタ元になっているとサイケおやじは思い込んでいるんですが、いかがなものでしょう (^^;

閑話休題。

こ~して、この音源集も後半に入って、うっ!?

と、思わず呻かされるのが日本でも人気が高かったアメリカ制作のアクションテレビドラマ「Swat / 特別狙撃隊S・W・A・T」のテーマ曲で、なんとっ! これまでの演奏の流れとは一変したファンキーなリズムとビート、さらにホーンセクションまでも導入した、ある時期のベンチャーズもやっていたサウンドの再現を狙った様なトラックなんですが、流石はノーキー・エドワーズ!

ニューソウルなリズムギターをバックにしながらも、カントリーロック由来の泥沼ファンキーなフレーズを積み重ねて山場を作る職人技が冴えまくりですよっ!

もう、このあたりになると、ファンとしては端座して聴き入るのみの心境なんですが、続く「Cuando Cuando」、そして良く知られたラテンの名曲「Brazil」における南国グルーヴの心地好さは格別で、これはフィリピンでのセッションという環境が関係しているとしたら、結果オーライの大正解と思うばかりです (^^♪

そして、いよいよの大団円と申しましょうか、泣きメロが胸キュンのスタンダード曲「Fools Rush in」は、ライトタッチのカントリーロックにアレンジされていますから、ノーキー・エドワーズの十八番のリックがテンコ盛り ♪♪~♪

こりゃ~~、やっている当人達だって、楽しいに違いないという仕上がりで、羨ましくなるばかりです (^^♪

ということで、ベンチャーズやノーキー・エドワーズのファンならずとも、音楽好きならハナからケツまで楽しめる音源集ですよ、これはっ!

特にギター好き、ギターを少しでも弾いた事のある皆様には、一度は聴いても後悔しないはずと、激オススメです。

なにしろ、殊更前半はシンプルなリフとアドリブフレーズ主体の曲ばかりですから、ノーキー・エドワーズも手練れの技を存分に披露しておりますし、語弊があるかもしれませんが、ちょいとばかりシバリの多いベンチャーズでのプレイよりは、相当に自由に弾いている様に感じるんですが、いかがでしょうか (^^♪

あぁ……、現世では永遠にノーキー・エドワーズの新しい演奏は聴けませんので、今後も同様の未発表音源の登場を心待ちにしているのでした。

コメント (1)

不調…

2021-04-14 20:04:42 | Weblog

……、あぁ……、またリモートアプリが作動不良です (>_<)

早く帰って、私用のマシンをチェックしなければ……。

本日は、これにて失礼させていただきます <(_ _)>

コメント

胸キュン千円の旅とルーツ・オブ・ニューミュージック

2021-04-13 18:07:52 | ニューミュージック

千円の旅 / ポップコーン (MGM / ポリドール)

所謂「ニューミュージック」というジャンルの端緒は知る由もありませんが、それを広く一般大衆に認識させたのは昭和54(1979)年に桑江知子が大ヒットさせた「私のハートはストップモーション」だというのがサイケおやじの考え方であり、そのルーツは荒井由実と名乗っていた頃のユーミン、加藤和彦、尾崎亜美、そしてブレッド&バターやハイ・ファイ・セット等々のシンガーソングライターや都会派のグループだと思えば、ど~しても取り上げておきたいのが、昭和48(1973)年に本日掲載のシングル盤を出したポップコーンと名乗る女性デュオです。

しかし、最初っから言い訳を繕う事になるんで、申し訳ない気持ちでいっぱいなんですが、サイケおやじはポップコーンのレコードは、これっきりしか所有しておらず、グルーブそのものについても、松尾理恵子と山崎綾香の2人組という以外に、プロフィールやキャリアに関して、全く知るところがありません。

それでも、ここに収録のA面曲「千円の旅」には最初に聴いた瞬間から、その洋楽系オシャレ度数の高さにイチコロにやられましたですねぇ~~♪

なにしろ基本は「気ままな旅」と「乙女心」の夢見る世界観に現実の厳しさを対比させた様な歌詞の世界をソフトロック調の歌謡ポップスに色付けした雰囲気ながら、全体的にはバート・バラカック系の所謂「A&Mサウンド」に加えて、ジャズっぽさも微妙に感じられるコーラス&ハーモニーの妙、さらにはシンプルでありながら、実は奥深い音作りがきちんと纏められている感じでして、いゃ~~、こんなイカシた洋楽(?)が日本でも制作されるのかっ!?

みたいな、そんな大いなる勘違いをさせられてしまったんですが、これって、つまりは前述した「ニューミュージック」のプロトタイプだったのかもしれないなぁ~~、なぁ~んていう、これまたトンデモ系の勘違いをさせられてしまうわけですよ (^^;

で、肝心のソングクレジットはポップコーンの2人の共作であり、洗練されたアレンジを担当したのが馬飼野康二と確認出来ますが、この仕上がりの素晴らしさは曲作りの段階からだったのか、それともアレンジを附していく過程で練り上げられたのかは推察出来ずとも、とにかく松尾理恵子と山崎綾香の2人が素敵な歌声を披露している事には聊かの衒いもないと思います。

そして冒頭に述べたとおり、これが世に出た昭和48(1973)年と云えば、ユーミンがデビューシングル曲「返事はいらない」を出したのが前年7月であり、「ニューミュージック」の礎ともされる傑作LP「ひこうき雲」の発売が昭和48(1973)年11月だったという歴史を鑑みても、やはりポップコーンの登場は早過ぎたのかもしれません……。

実際、このシングル盤が売れていたという事は無かった様で、サイケおやじにしても、アルタイムじゃ~経済的な問題から買えませんでしたので、例によって中古ゲットを狙いながら、入手までは相当な年月を要したほどです。

しかし、やっぱり現物のレコードで聴く「千円の旅」の素晴らしさは格別でありました (^^♪

あ~ぁ、この胸キュンなコーラスワークとメロディラインの美味しさは、何度でも聴きたくなる事、請け合いですよっ!

ちなみにジャケ写のイメージは、それこそ当時流行っていた「ディスカバージャパン」なる旅行キャンペーンがド真ん中ではありますが、おそらくはポップコーンの2人であろう人物の面立ちが……、はっきり確認出来ないのは残念というか、勿体無いと申しましょうか……。

ということで、この「千円の旅」がCD化されているかは未確認ですが、機会があれば、皆様にもお楽しみいただきたい名曲にして名唱です。

うん、今の季節にもジャストミートですからねぇ~~♪

コメント