ECHOES

ロックンロール・ライフ

Forward/Another Dimension

2017-05-27 04:58:42 | Weblog

古い友人のひとりは、俺がジャズやレゲエやその他の音楽に興味を広げても、けっきょくはパンクに帰ってくるのはわかってると言う。

耳や頭で音楽を聴いて楽しむのではなく、体に直接作用し反応して、良い歳したおっさんをクラブチッタのステージからダイブをさせてしまうバンドがForward

少し前に出たモーターヘッドのカヴァーを含む4曲入の7インチは既に品薄らしいけど、これに限らずどのレコードでもCDでも聴けば反応する俺の体。

このところ連続でライブに行ったけどまたすぐに行きたい。

Go to Dive!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SYLVAIN SYLVAIN/New York's A Go Go

2017-04-21 19:49:32 | Weblog


10年以上前にeasy actionから出たSYLVAINの2枚組。

クリミナルズ時代のbowery butterfliesと98年のbaby sleep doll、過去の2枚のアルバムをカップリングしたもの。

ジョニー・サンダースとデビッド・ヨハンセンの影になり気味の人だけど、ドールズのストレートなロックンロールぶりの要素ってのはこの人の個性かなと。

98年のアルバムのバラード曲とかグッときちゃうし、ドールズ・バージョンよりスピードアップさせたトラッシュのセルフカヴァーは最高。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MAD CONFLUX / CRAZY ACTION PARTY

2017-04-20 20:26:41 | Weblog

80年代の横須賀のハードコア・パンク・バンド、マッド・コンフレックスの編集レコード。

各種オムニバス提供曲に未発表LIVEを加えた全43曲を収録。

2005年に出たCDをイタリアのF.O.A.D.がアナログリリースしたもの。

以前のCDは音量レベルが低いと聞いていたけど、今回のレコードはそこら改善されてど迫力の音になってます。

以前のCDを聴いてないので比較出来ないけど、今回のレコードの音の良さは間違いのないところ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

BOB DYLAN/TRIPLICATE

2017-04-14 21:42:21 | Weblog

ディランのスタンダード・カヴァー集の続編、なんと3枚組。

前の2枚より更にスタンダードの世界に入り込んでいるなと。
入り込んだままにならないように、そろそろ戻ってきて欲しいなって思うのだけど、けっこう気に入って順番にリピートしています。

各レコードにそれぞれタイトルがついているので別物として聴けるのだけど、CDも3枚組だと割り増し感を持つ人もいるだろな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PUNKS NOT DEAD

2017-04-11 21:35:29 | Weblog

ワッティー、頑張れ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Damned /Tokyo 2017

2017-04-07 20:57:04 | Weblog

ダムドが初来日した時、ブライアン・ジェームズはもちろんだけど、キャプテンも不在で期待は薄れるばかりだった。

でも、ライブを見てみるとやっぱり凄くて、ダムドって実はラットじゃんと思った。

さて、ダムドのドキュメント映画が日本で公開されて、それに合わせるのごとく来日までしてしまった。

チケットの売れ方も早かったようで、それは明らかに映画の効果だろなと。

このところのライブ盤も聴いていて、ラットがいないのも知っている。

俺の周囲での盛り上がりも空々しく感じる俺は地元でのライブに行くこともなかった。

そんなダムドのクアトロでのライブ・ブートレッグ。
最近よくあるイヤーモニターを傍受したもの。
マルチというインフォだったけど、聴いてみると1か2程度のイヤーモニターを傍受して、客席の声をミックスしたといったもの。

音質は良いのだけど、ダイナミックさに欠ける音。
ギターの音が小さめなのが致命的なのかも知れない。

実際のライブではそんな事はなかっただろうし、行った人はみんな楽しんだようだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Scott Morgan /Take A Look

2017-04-06 21:06:15 | Weblog

デトロイトの帝王、Scott Morganの73年録音の7インチ、Take A LookにSoul Moverの2曲収録。
easy actionから出たボックスにも収録されてる。

2000年にはじめてCDに収録されていて、その時に限定1000で出た7インチ。

Scott Morganはヴォーカルだけで、Fred Smithがギターで参加。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Rolling Stones /Street Fighting Man in Fhiladelphia

2017-04-05 09:29:07 | Weblog

またまた81年のUSツアーなんだけど、9月26日のフィラデルフィアでのライブ。

これの前日25日はオフィシャルでの出せちゃうレベルのブートがあるのだけど、これはサウンドボードながら少しだけラフな音。

そして、この日だけMonaをやっているんですね。
しかも1000円だし(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Rolling Stones /KBFH Broadcasts

2017-04-04 10:13:51 | Weblog

最近よくある某ブートメーカーの廉価ブートレック。

定番音源ばかりだけどプレスでジャケもついて、俺のようにブート初心者で金がないやつでも安心して手を出せる。

これはストーンズ73年のブリュッセルとロンドンでのライブをキングビスケットアワーで放送されたもの。

同じテープから曲を変え編集を変え3回の放送があったそうだけど、3回の放送をそれぞれ3枚のCDに収録して値段は1000円。

ストーンズブートの超定番、ナスティ・ミュージックの元になった音源、ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Doors /The Original Matrix Tapes

2017-03-30 19:54:30 | Weblog

そろそろ発売されているはずのドアーズ1stアルバムの50周年エディション。

オリジナルアルバムのモノラルアナログ盤。
ステレオ、モノラルのそれぞれCD。
それに、ブートレッグ初期からの定番音源、マトリックス・テープの最近発見されたというオリジナル・マスター・テープが収録されている。

ああ、2008年にRHINOからリリースされた2枚組はオリジナル・マスターではなかったのね。
67年3月7日の音源に、10日の音源をプラス編集して2枚のCDに詰め込んだものは、実際の演奏順でなく少し残念なものだったけど、それまでのブートレッグより音質は良かったし楽しめた。

さて、発見された50周年エディションに収録される音はどんなものか、期待は高まるのだけどがっかりさせられるのが収録曲の少なさ。

実際には19曲は演奏されているはずだけど、今回はわずか11曲しか収録されていない。
しかも、実際の演奏順もかなりいじられているよう。

発見されたオリジナル・マスターには全曲が収録されてなかった?
全てが収録されていたけどあえて小出しに、なんて事だったらとても残念、ですね。

ヒスノイズもたっぷり入っているけど演奏順に全ての音が収録されている、The Original Matrix Tapesというブートレッグを楽しみながら50周年エディションの到着を待つ夜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加