ECHOES

ロックンロール・ライフ

The Doors /The Original Matrix Tapes

2017-03-30 19:54:30 | Weblog

そろそろ発売されているはずのドアーズ1stアルバムの50周年エディション。

オリジナルアルバムのモノラルアナログ盤。
ステレオ、モノラルのそれぞれCD。
それに、ブートレッグ初期からの定番音源、マトリックス・テープの最近発見されたというオリジナル・マスター・テープが収録されている。

ああ、2008年にRHINOからリリースされた2枚組はオリジナル・マスターではなかったのね。
67年3月7日の音源に、10日の音源をプラス編集して2枚のCDに詰め込んだものは、実際の演奏順でなく少し残念なものだったけど、それまでのブートレッグより音質は良かったし楽しめた。

さて、発見された50周年エディションに収録される音はどんなものか、期待は高まるのだけどがっかりさせられるのが収録曲の少なさ。

実際には19曲は演奏されているはずだけど、今回はわずか11曲しか収録されていない。
しかも、実際の演奏順もかなりいじられているよう。

発見されたオリジナル・マスターには全曲が収録されてなかった?
全てが収録されていたけどあえて小出しに、なんて事だったらとても残念、ですね。

ヒスノイズもたっぷり入っているけど演奏順に全ての音が収録されている、The Original Matrix Tapesというブートレッグを楽しみながら50周年エディションの到着を待つ夜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガセネタ

2017-03-27 20:39:58 | Weblog


特に思い入れが無いのだけど、ユニオン横浜西口行ったら普通に売ってたので買ってきた。

むかし、いろいろなパフォーマンスをやらかした人というイメージがあって、痙攣とかね。

レコードになったタコの法政学館のライブは、次はホントにやるらしいよなんて噂が流れ、けっこうドキドキして最前は嫌だから少し後ろから眺めていた。

決定的に俺がダメなのはそういう昔の話を尾びれをつけた伝説にしてペラペラ喋りたがるガキどもで、そういうヤツらに何故か人気があるガセネタ。

俺が芯から嫌っている数人の人間はこのバンドが好きで、年齢的にその時は小学生中学生か、そういうやつがいかにも体験者って顔で喋りまくる。

で、客観的に聴けばかっこいい音だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Rolling Stones/PITTSBURGH 1972

2017-03-07 17:10:44 | Weblog

72年のUSツアー。

フィラデルフィアから乗った飛行機で乱痴気騒ぎ。
そう、コックサッカーブルースで映されちゃったあれ。
あれが流出されたら、あれはヤラセだとしか言うしかなかったミック・ジャガー。

降り立った場所はピッツバーグ。

そのピッツバーグでのライン録音をレストアした音源。

ところどころ音はヨレてるけどバッチリのストーンズ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Iggy Pop /Live in San Fran 1981

2017-03-02 20:55:42 | Weblog

それまで高価だったビデオソフトが、比較的安価で出回り始めたころに初めて見たと思う。

Target Videoから出たイギーの1981年のライブ映像。
アルバムでいうとPartyが出たあと、メチャクチャやらかしてた83年の初来日の前になる。

初来日の時を思い出させるスリルいっぱいの内容で、近年の再結成ストゥージーズの映像よりずっと刺激的なもの。

最近になってAmazonプライム会員が無料で見れるビデオのリストにこれが入っているのを発見して驚いたけど、これはそのビデオのサントラ。

ひねりは全くなくて、ビデオの音だけをそのまま抜き出しただけ。

でも、それだけでも昔のイギーを演じるのではなくて、オリジナルのストゥージーズの続きの、制御しきれないスリルのあるイギーのライブを楽しめる。

初来日ライブに思入れが強い人はすぐに反応するはずだけど、easy actionから出たボックスにも収録されていた、カーズのリック・オケイセックがプロデュースしたFire Engineのスタジオ録音もボーナス収録。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ron Asheton & sonic's rendezvous band

2017-03-01 20:24:32 | Weblog


Fred Smithのsonic's rendezvous bandの存在を最初に知ったのはたぶんこのレコード。

ジャケットには大きくRon Ashetonとタイトルされて本人の顔写真が使われているので、みたところRon Ashetonのソロ・アルバムのようだけど、実際にはDestroy All Monstersのスタジオ録音4曲をA面に収録。

B面にsonic's rendezvous bandのスタジオ録音、City Slang、Sweet Nuthin'、それにDangerousにAlright with Meのライブが収録されている。

今でこそ比較的簡単に両バンドの音源は聴けるし、内容は物足りないけど、当時にしてみれば貴重なもの、だったんですね。

フランスのREVENGEという、イギーポップのレアな音源を出していたレーベルからリリースされたもの。

そう、ストゥージーズのRon Ashetonに、ドラムでsonic's rendezvousに参加していたScott Ashetonのその後のバンド、という企画レコードだったわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Empty Set /Thin Slim & None

2017-02-24 20:24:22 | Weblog

The Empty Setという聞きなれないバンドのCDだけど、実はロン・アシュトンがプロデュースしてギターでも参加している。

Destroy All Monstersの後期のドラム、Billy Frankがメンバーのバンドで、そこらの関係でロン・アシュトンが絡んで、なんてとこなんでしょう。

ストゥージーズの曲もしっかりカヴァーしてるデトロイト直系の音だけど、比較的おとなしめに録音されたスタジオ・アルバム。

実は2in1で後半にはライブ・アルバムが収録されてるけど、それはもう期待通りのロン・アシュトンを聴ける。

スタジオ録音はされてなかったストゥージーズやDestroy All Monstersの曲もやっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Scott Morgan Band/Rock Action

2017-02-21 20:23:06 | Weblog

easy actionから出た3枚組ボックスに3曲だけ収録されていたThe Scott Morgan Bandの1988年リリースのアルバム。

メンバーはフレッド・スミスを除くsonic's rendezvous bandの3人。
Gary Rasmussen、Scott Ashetonに、Scotts Piratesにも参加していたKathy Deschaineがヴォーカルで参加。

というか、このバンドがScotts Piratesに名前を変えたって感じ。

このCDやScott Piratesの2枚のアルバムはけっこう入手が厳しいというのは残念。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Marjinal/Anti Fascist and Racist Action

2017-02-20 20:13:38 | Weblog


昨年、NHKのドキュメントを見て気になっていたバンド。
インドネシア、ジャカルタのパンク・バンド、マージナルの新しいアルバム。

絶版で原盤も無い1999年に発表された1stアルバムを、現在のメンバーでリメイクしたものだそう。

日本語の歌詞も添えられていてストレートにメッセージは伝わるのだけど、それ以上に言葉のパワーを感じさせられる。

言語が違っても感情気持ちが伝わる音楽や歌はあるもので、マージナルはそんなバンド。

このCDの売り上げは、NHKのドキュメントにも出てきた、中部ジャワ州クンデン山脈での国有企業によるセメント工場建設と稼働反対運動をしている農民始め、正義を勝ち取るために戦っている人々の活動に捧げられるそう。

これは、あるイベントで先行発売されたのだけど、4月には発売されるそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Wayne Kramer/Ramblin' Rose

2017-02-15 20:25:55 | Weblog

Wayne KramerがMC5を解散のあと、活動を再開させた77年にリリースした7インチ。
Ramblin RoseとGet Someの2曲収録。

キャプテントリップからもリリースされたCD、Cocaine Bluesに2曲とも収録されていたけど、オリジナル・シングル中古価格300円で発見。

嫌なことばかりの世の中だけどたまには良い事もあるもんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Mad for the Racket/Racketeers

2017-02-14 21:14:48 | Weblog

このところ、Wayne kramerの処分してしまっていたり買い逃していたアルバムをAmazonでまとめ買い。

まとめ買いと言ってもCD代金1円で送料が350円、総額351円なんてものがほとんどだけど、これは1500円くらいしたと思う。

Wayne kramerがダムドのBrian Jamesと組んだアルバム。
バックはベースにガンズのDuff Mckagan、ドラムにポリスのStewart CopelandにブロンディのClem Burkeといったメンバー。

曲はダムドのカヴァー I Fall 以外は二人の共作になっているけど、実際にはそれぞれの個性が強く出てどちらが作った曲かわかりやすい。
自分の作った曲でそれぞれヴォーカルとリードギターをやるっていう仕組み。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加