ヤマジョウ建設

岐阜県産木材で外断熱工法の健康住宅!

地下の水みち

2020-07-13 11:45:56 | 健康住宅への取り組み

このところの豪雨にていたるところで被害が出ています。
今度、建築予定地にもちょっとした課題ができてしまいました。

予定地の隣の土地の地面から水が噴き出してきたので
どうしようかということです。

こういう事例はよくあることですが、まず地下での
水の流れであっても逆らうことなく自然に流していける
水みちをつくることかなと考えています。

敷地に入ってくる手前で水みちを断つ壁をつくったり
その周りに竹などを大量に埋め込んで水みちを
つくったり、有孔配管などで排水したりと方法はいろいろ
ありますね。

どちらにしても自然の水の力をそこで止めたりということは
一次的な対応になってしまい難しいことなのかなと思っています。

今回も前は無かった水みちらしく、ひょっとしたらモグラの
穴の仕業・・かもとの可能性もあります。


自然の力にはなかなか逆らえないのでうまく付き合っていかねばなりません。

このような対処も若いときにはすんなりできなかったことを思い起こすと
全てが経験として力になっているのだと改めて感じることができますね。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 


非住宅JAS製材品による岐阜県産材木造建物着工です!

2020-07-10 19:48:27 | 健康住宅への取り組み

岐阜市にて大型木造倉庫に取り組みますが
その前に事務所を木造にて取り組ませていただける
ことになりました。

かなりの突貫工事になります!

梅雨の雨間に地鎮祭を執り行い、基礎工事に
着手しました。

今月中には基礎を完成させて上棟までもっていきます。

コンパクトな事務所ですが断熱性能もしっかり確保した
省エネ事務所を提案していきたいと思っています。

もちろんJAS製材品認定の建物で進めていますので
皆さんにメリットがある建物になります。

岐阜県産材の木材を使用することで岐阜の山が元気になります。
それはどういうことか?

日本の山は人工林が多くを占めています。
その人工林は間伐など手入れをしてあげないと健全な山にならないのです。

手入れをする、間伐をする、出材をする、つまりは
日本の木材を使用してあげることがまわりまわって日本の山を
元気にしていることに繋がるのです。

日本の山を元気にすることを足元からみれば
岐阜の木材を使用することで岐阜の山を元気にしているということに
繋がります。

ぎふは木の国、山の国・・・という
県民の歌にもあるように山林面積を多く占める岐阜県は
自県の山をまずは元気にしていこうと思うわけです。


住宅だけでなく非住宅の建物にも岐阜県産材製材品がどんどん
使用されていく世の中になっていってほしいものです。

この流れができるだけで全然違う木材の流通になることと思います。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 


岐阜市にて地鎮祭を執り行いました!

2020-07-07 14:27:18 | 健康住宅への取り組み

過日、梅雨の雨間に岐阜市内でIT様邸地鎮祭を
執り行いました。
IT様は長期優良住宅グリーン化事業になります。
もちろんぎふ性能表示材100%住宅になります。

デザインと間取りをIT様のこだわりもあって
かっこいいお家になりますね。

床下利用もありますので街中の住宅には
もってこいだと思っています。

床下利用をするおかげで建築面積が減らせるので
街中では必要な駐車場スペースがしっかり
確保できるというメリットがあります。


今回は地鎮祭の時に古い井戸のお祓いもしっかりと
おこなってもらいました。

井戸や池などのお祓いはしっかりと行った方が
良いと思っていますので・・・

これで心置きなくすっきりとスタートです。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 

 


大規模基礎工事に奮闘中です!

2020-07-03 08:25:52 | 健康住宅への取り組み

高低差のある土地では基礎工事もかなりの
大掛かりな工事へと変貌します。
今回の土地は丘陵地帯の住宅地ということで
かなりの高低差があり、基礎工事と
相まって駐車場も組み入れるためかなりの
大規模工事となっています。

既存の名古屋式擁壁は残しつつ工事を進めますが
なかなか大変な作業になりました。

土が崩れてこないように土留め工をしつつ堀進めていきます。

まだまだ道路面より1m以上は掘り取りしますので
高低差は4mぐらいになるのかな。

敷地外に持ち出す残土処分もかなりの量になります。

丘陵地の住宅地には高級感あふれるたたずまいがありますが
費用的な面でもかなりの高級になることは必須です。

出来上がってしまうと素晴らしい景観になりますが
工事費との兼ね合いは計算に入れておかないといけないですね。

http://www.yamajo-cons.co.jp

 

 


FIT卒業の先は創エネ省エネの自家完結か!

2020-06-26 08:17:07 | 健康住宅への取り組み

先月から積極的にテスラ蓄電池を提案販売しています。
現在では弊社の施主様で10年以上前に太陽光発電システムを
採用されて既に卒FITされた方々が喫緊の提案先です。

(これはテスラPOWERWALL蓄電池の原寸大です。
H1150W755D155というサイズです。)

FIT制度により売電価格が40円台30円台の時代は過ぎまして
売電価格にはあまり魅力的な価格がつかないことは承知の事実です。

これまでFITにて充分料金的には10年間享受してきたわけですから
少ない売電料金でも損はしないわけです。

しかしながらこれからの時代、電気料金は徐々に上がる可能性はかなり
高いと思われます。
そのような状況で自分の家は自分の家で創エネから消エネまでが完結できたら
理想ではないでしょうか?
そのためには蓄電池の助けが必要です。

今回テスラ蓄電池を扱うことで高出力高性能、低価格という
コストパフォーマンスの良いものを提案できると思います。
ご興味あります方は何なりとお問い合わせください。





全館空調システム本体の更新です・・自社オリジナル施工

2020-06-25 14:40:42 | 健康住宅への取り組み

ヤマジョウでは全館空調に取り組んでから20年以上の
年月が経過しています。
本当に早い時代から全館空調に取り組んだのだなあ・・と
今更ながら思い起こしています。

今回も17年使用しました全館空調機を本体交換させて
いただくことになりました。

パナソニックの気調システムというエアコンがメーカーさんが
事業撤退ということで部品供給が途絶えてしまったために
本体交換ということになっています。

本来なら部品の交換でも寿命は延ばせたのではないかと
考えたりもしますが、、、仕方ないことです。

ヤマジョウではパナソニック気調システムの交換に当たり
エアコン部と全熱交換換気扇を切り離して設置組立しています。

エアコン部はダイキン製の天井埋め込みタイプを使用して
熱交換換気扇はパナソニック製を使用しています。

既存のダクトを活かして使用しますので交換後は当然ですが
電気代の効率も良くなり冷暖房の効きも向上していい感じに
復活します。
またダクトを通しての緩やかな空気の流れはそのままなので
エアコン独特の早い気流が起こりませんからそういう現象が
嫌いな方には緩やか吹き出しの全館空調システムが最適かと
思っています。

いまこの時期でも暑さ知らずで快適です。

もちろん湿度だけ下げてさわやかな空気感を楽しむことも
できますね。

全館空調システムに取り組み歩んできましたが、自社製作のタイプに切り替えても
かなり時間が経過しました。
ひとつひとつノウハウを蓄えながらの進歩だと思いますが
いま住宅の性能が格段に向上したなか、こうした全館空調システムが
非常にマッチする快適設備として注目されています。

早い時期から全館空調に取り組んでいてよかった!と改めて感じます。

また最近では住宅性能をもっと高めて輻射熱冷暖房機との組み合わせを
お薦めしています。

これは新営業所にて実演体感できますので是非お気軽にお声掛けください。


よろしくお願い致します。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 


名古屋市にて地鎮祭を執り行いました!・・急斜面の造成地

2020-06-24 08:35:17 | 健康住宅への取り組み

コロナの影響にて地鎮祭が延期になっていましたが
過日、名古屋市にて地鎮祭を執り行いました。

名東区などは丘陵地なので住宅地でもかなり
急斜面の土地に住宅が建っているケースは多いです。

今回もかなり高低差がある住宅地ですが、それを
利用した地下式の駐車場形式になります。

費用はかなり掛かりますが土地の有効利用という
ことで地価の高い土地ですとある意味有効なのかと
思います。

地下駐車場の構造申請に時間がかかりましたが
いよいよスタートです。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 


今年の梅雨は正統派梅雨って感じ!湿気対策はベーパーバリア!

2020-06-16 07:53:50 | 健康住宅への取り組み

昨日の投稿にも書きましたが、この近年の梅雨は
だいたい6月に梅雨入り宣言があると同時に晴れ天気が
続いて大方6月末まで天気が良いことが多かった。
7月に入ると大雨が続いたりして7月半ばで梅雨明けしたという
のがこの近年のパターンかと思います。

今年は正統派?というかしっかり梅雨入り宣言から
梅雨らしい雨天が続いています。

この時期には湿度が高い為、高温多湿の不快な
環境になりがちですが、ベーパーバリアのしっかりした
お家ならば除湿がしっかりとできます。

断熱材の室内側には不透湿の層が必要です。

これをベーパーバリアといいますが
これがしっかりしているかどうかで除湿がしっかり
できるかどうか変わってきます。

湿度は平均化しようとする働きが非常に強いので
壁でも天井でも床でも不透湿の層が無ければ
透過して湿度を平均化しようと働きます。

よく湿気取りの商品など押入などにおいても
その時には一時的に取れますが取っても取っても
同じように水が溜まってきます。
壁や床からかも透過して集まってくるのです。

ヤマジョウの外断熱工法ではお家の外壁側で断熱材の内側に
ベーパーバリアが設置してあります。
これが気密を確保すると同時に水分の透過を防ぎます。

これにより断熱材の内部での結露が起きにくいということになったり
屋内の除湿などコントロールできることになります。

梅雨というのは日本の季節として不可欠なものですが
確かに不快な時期でもあります。

性能のよいお家で快適な生活をしたいですね。


http://www.yamajo-cons.co.jp

 

 


春日井市にて地鎮祭を執り行いました!

2020-06-15 17:18:10 | 健康住宅への取り組み

梅雨の合間に地鎮祭を執り行うことができました。
今年は梅雨らしいというか、6月からしっかり
降りますね。


最近の梅雨といえば、6月に入梅したとしても
ほぼ6月中はてんっきが良い日が続き、7月になったら
雨続きというのが大方の梅雨仕様でした。

そういう意味で言えば、今年は正統派梅雨という感じかな。

梅雨の時期、全館空調とベーパーバリアがしっかりしている
住宅では湿度をしっかりと下げてあげることができます。

ヤマジョウの事務所ではこのところは冷房ではなく
ドライを運転しています。

湿度が10%以上下がりますと温度としては数度下がった感じがします。

冷房を使用しても同じ効果にはなりますが
あえてドライ運転にて快適さを享受しております。

湿度は平均化しようとする働きが非常に強いです。

不透湿の層がしっかりしていない壁などは湿度がしっかり
壁を透過して入り込んできます。
いわゆるエンドレス除湿を余儀なくされるのです。

断熱材の室内側には不透湿の層が必ず必要です。
ベーパーバリアと呼んでいます。

断熱性能が良くなればなるほどベーパーバリアや気密施工の
精度が求められてきます。

そこそこの性能ではなくしっかり〇〇点の性能を表示して
さらにその性能を長い間ずーーっと維持できるような
いい住宅をご提案できるように邁進しています。

この梅雨の時期に快適な生活が送れますように
みなさん勉強しましょう!!!

http://www.yamajo-cons.co.jp

 

 


和室の隠し部屋・・・畳スライド

2020-06-11 08:11:03 | 健康住宅への取り組み

ヤマジョウでは床下の活用を提案していますが、その中でも
和室の畳の下に収納を設けることも提案しています。

名付けて「畳スライド」そのままの名前ですが、これが
なかなか便利なのです。

簡単にいうと床の間や仏間の框の下に畳部分がするすると
入っていきまして、忍者屋敷のような階段が出現するという
仕組みです。

本来、和室の床の間などは和室の華の場所としては欲しいスペースでは
あると思うのですがその分収納にかけるスペースが無くなったりして
なくなく押入にしたり・・ということも多いと思います。

床下スライドを採用すると1年に何回も使用しないようなもの、でも
1年に1回は使用するものなどを収納しておくのにはもってこいです。
例えば、お雛様、5月人形、掛け軸や水盤など特に床の間廻りで
使用する調度品など便利です。
また年間にそんなに使用する回数があるわけではないゲストの布団など
収納に便利です。

このスライド方式ですが電動とかではなく、全くのアナログ仕様で
人力です。
使用頻度も少ないということもありますがなにより故障がないという
あってもシンプルな構造なので手直し簡単です。

こういったところもずーーーっと長持ち、ずーーーっと安心して
使用してもらえる設備が良いことだと考えています。


http://www.yamajo-cons.co.jp