日本大学文理学部社会学科・後藤範章ゼミナールの日誌☆

社会学科後藤ゼミナールの実態とゼミ生の生態が一目で分かるゼミ日誌! しかと見れ!!!

2月5日 納会@たつみ

2019-02-05 21:00:00 | 2018年度

みなさんこんにちは。後藤ゼミ4年の長谷川です。

口頭試問を兼ねた4年生の卒論発表会の後は、今年度ゼミ生全員で集まることは最後なので、

納会を行いました。

場所は後藤ゼミがいつもお世話になっている下高井戸の「たつみ」です。

いつもお世話になっております。ありがとうございます。

上記写真:3年吉野君(右奥)にお酒をつぐ3年菊池さん(左)

後藤ゼミでは昨年12月に今の3年生に執行代を交代したので、

今回の幹事はイベント班長那須さんと会計班長山下君です。

お二方、後藤ゼミは大人数でのイベントも多くなるので、大変かと思いますが、頑張ってください。

上記写真:3年川本君(茶色の帽子をかぶっている)を中心に話が弾みます

上記写真:4年佐藤(義)君(左)、4年春山君(中央)、3年長岐君(右)。何やら恋愛や旅行の話で盛り上がっていたようです。

後藤ゼミ生はしゃべることが好きなので、頻繁に会ってはいるものの、この日も時間があっという間と感じられるくらい話が弾みます。

お互いの恋愛事情、卒業旅行はどこに行こうか、3年生の就職活動、後藤ゼミのあり方(ここだけ真面目な話)など、

様々な話が交わされました。

そして、あっという間に時間も過ぎていき、最後のゼミ長の挨拶、後藤先生の挨拶が行われました。

上記写真:ゼミ生に向けて話をするゼミ長3年岩切君(中心奥)

「今回のような飲み会に頻繁に行けるぐらい仲よく、何でも言い合えるゼミを作っていきたい。」と抱負を語ってくれました。

上記写真:ゼミ生に語りかける後藤先生(中央)

後藤先生からは、「近年の卒業生は、卒業後あまり顔を出してくれない。それでは寂しいので是非顔を出してほしい。」

との話がありました。

私は大学院に進学するので、大学に残ります。なので、今の3年生と4年生の関係の橋渡しをしていきたいと思います。

今年度の活動はSMB班で行うWeb改定をのぞき、すべて終わりました。

私自身ゼミ長をさせてもらったのですが、大変な1年間でした。

この記事を書いている今、以下のような様々なことがよみがえります。

・6人の4年生に対し、18人の3年生が入ってきたこと

・4年生が手探り状態の中、3年生に仕事を教えることが大変だったこと

・朝日新聞社とコラボをするにあたり、先生から厳しい指導を受けたこと

・個々のやる気とゼミ全体のレベルアップを図るのに苦労したこと

等々

色々なことがありすぎて苦労してきた1年間でしたが、後藤先生曰く「この程度のことで全然大変なことではない」ということなので、

ゼミ生一同この先の厳しさを感じています。

ですが、社会人になる前の「訓練期間」として、ゼミでは良い経験をさせてもらったのかと思います。

重ね重ねになりますが今年1年間のゼミは私1人で作り上げたのではありません。

卒業生の皆様、社会学科事務室の皆様、ゼミ生のみんな、そして後藤先生の支えのおかげで、なんとかゼミを回せてきたのかと思います。

私たち4年生は人数が少ないことで苦労しましたが、今の3年生は人数が多いことで苦労するかと思います。

時には衝突することも、塞ぎ込むこともあるかもしれません。ですが、ゼミ生みんなの目指すところは一緒だと思うので、

一致団結して頑張ってください。応援しています。

今後とも後藤ゼミをどうぞよろしくお願いいたします。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

文責:長谷川圭亮(2018年度4年ゼミ生)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2月5日 後藤ゼミ卒論発表会... | トップ | 3月26日 サブプロジェクト「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年度」カテゴリの最新記事