堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

特許権の消滅後 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-29 12:18:15 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)特許権の消滅後に、特許無効審判の請求をすることができるか。
(2)特許権の消滅後に、訂正審判の請求をすることができるか。
(3)特許権の消滅後に、差止請求権を行使することができるか。
(4)特許権の消滅後に、損害賠償請求権を行使することができるか。

商15条の3 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-28 16:41:25 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

商標法15条の3の規定を設けた趣旨について説明せよ。

画像 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-27 10:04:19 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)意匠法2条1項の要件を満たす画像とは、どのような画像であるか。
(2)意匠法2条2項の要件を満たす画像とは、どのような画像である。

特許権の移転の請求 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-25 14:39:58 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許権の移転の請求を認めたのは、なぜか。

商標登録出願の変更 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-24 21:35:34 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 

通常の商標登録出願を地域団体商標の商標登録出願に変更できるのは、どのような場合であるか。

講座案内 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-24 19:20:41 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 

青本(第20版)講座(通信)全30回の予定
早割料金適用期間中
青本・第20版の出版後、スタートします。全30回の終了時期は4月末とします。
毎週土曜日に音声ファイルのURLをメールで提供いたします。
青本・第20版の解説を詳細に説明する講座です。
独学では理解が困難であるところを解説で補充します。
短答・論文・口述のいずれにも役に立ちます。

職務発明 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-23 11:23:56 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 

 職務発明について、その発明者が先に特許出願Aをし、1週間後に会社が特許出願Bをしたときは、特許出願Bは、どうなるか。

発明の実施 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-22 11:10:16 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 

(1)特許法において、物には、プログラムが含まれることとしたのは、なぜか。
(2)特許法において、物の発明について、その物を輸出する行為が、その発明の実施に該当することとしたのは、なぜか。
(3)甲が、靴の製造装置の発明イについて特許権Aを有している場合において、乙が、発明イの技術的範囲に属する靴の製造装置を使用して靴Pを製造し、その靴Pを販売しているときは、甲は、乙に対し、靴Pの販売を差し止めることができるか。

講座案内 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-20 14:46:29 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

青本(第20版)講座(通信)全30回の予定
青本・第20版の出版後、スタートします。終了時期は4月末とします。
毎週土曜日に音声ファイルのURLをメールで提供いたします。
青本・第20版の解説を詳細に説明する講座です。
独学では理解が困難であるところを解説で補充します。
短答・論文・口述のいずれにも役に立ちます。

H29論文基本問題講座(通信)
平成28年12月3日(土)スタート(全16回)
最近の論文式試験では、基本問題の出題が復活しています。
今後もこの傾向が続く可能性があります。
そこで、基本問題を確認するための講座を開講します。
受講形態は、通信のみです。

H29口述逐条問題集 全36回
平成28年12月スタート
毎週、約12問の問題と解答を記載したテキストをPDFファイルで送信いたします。
全36回で完結します。
解説講義はありません。

分割出願 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-11-19 14:13:59 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)甲は自己の特許出願Aを分割して新たな特許出願Bをした。分割と同時にもとの特許出願Aについて補正をしなかったときは、分割に係る新たな特許出願Bは、どうなるか。
(2)甲は自己の意匠登録出願Aを分割して新たな意匠登録出願Bをした。分割と同時にもとの意匠登録出願Aについて補正をしなかったときは、分割に係る新たな意匠登録出願Bは、どうなるか。
(3)甲は自己の商標登録出願Aを分割して新たな商標登録出願Bをした。分割と同時にもとの商標登録出願Aについて補正をしなかったときは、分割に係る新たな商標登録出願Bは、どうなるか。