堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

請求項の補正 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-30 16:32:55 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

請求項1に係る発明イについて新規性がないとする拒絶理由通知がされた場合、請求項1に係る発明を発明ロに変更する補正をすることができるか。

特許出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-28 20:50:29 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、請求項1に発明イを記載し、請求項2に発明ロを記載した特許出願Aをした。
特許出願Aについて出願公開がされた日後、甲は、特許出願Aを分割して発明ロについて新たな特許出願Bをした。
もとの特許出願Aについて補正をしなかったときは、新たな特許出願Bの審査はどうなるか。

特許を受ける権利 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-27 12:54:59 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許を受ける権利は、譲渡担保の目的とすることができるか。

実用新案登録に基づく特許出願 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-26 16:51:38 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

 実用新案登録に基づく特許出願をする祭に、実用新案権を放棄しなかったときは、実用新案登録に基づく特許出願は、どうなるか。

特許無効審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-25 11:14:25 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、発明イの発明者である。乙は、甲から発明イを知って、甲に無断で、発明イについて特許出願Aをしたところ、特許権の設定の登録がされた。
丙は、乙の特許出願Aに係る特許権について、特許を受ける権利を有しない者の特許出願について特許されたことを理由として、特許無効審判Bを請求した。
この特許無効審判Bは、どうなるか。

国際意匠登録出願 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-24 10:13:56 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)国際意匠登録出願について意匠法4条2項の適用を受けることができるのは、どのような場合であるか。

(2)国際意匠登録出願の図面について補正をしたところ、要旨の変更に該当するときは、どうなるか。

(3)国際意匠登録出願に係る国際登録が消滅したときは、国際意匠登録出願は、どうなるか。

外国語特許出願 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-23 16:09:13 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)国内処理基準時を経過する前であっても、外国語特許出願を実用新案登録出願に変更することができることとしたのは、なぜか。

(2)国内処理基準時を経過しなければ、外国語特許出願の明細書又は特許請求の範囲について補正をすることができないこととしたのは、なぜか。



パリ条約の優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-22 06:32:53 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)国際特許出願においてパリ条約の優先権の主張を伴う場合、出願人は、日本国の特許庁に優先権の主張に関する手続をすることが必要とされるか。

(2)国際意匠登録出願においてパリ条約の優先権の主張を伴う場合、出願人は、日本国の特許庁に優先権の主張に関する手続をすることが必要とされるか。

(3)国際商標登録出願においてパリ条約の優先権の主張を伴う場合、出願人は、日本国の特許庁に優先権の主張に関する手続をすることが必要とされるか。

無効理由と拒絶理由 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-21 14:26:57 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)特許無効理由が、拒絶理由と異なる点について,説明せよ。

(2)商標登録の無効理由が、拒絶理由と異なる点について、説明せよ。

(3)意匠登録の無効理由が、拒絶理由と異なる点について、説明せよ。

特許法 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-05-20 05:28:25 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

(1)実用新案登録に基づく特許出願をする際に、実用新案権を放棄しなかったときは、実用新案登録に基づく特許出願は、どうなるか。

(2)特許出願について特許査定の謄本の送達があった日から30日以内に特許出願を分割して新たな特許出願をすると同時にもとの特許出願の特許請求の範囲について補正をすることがでるか。

(3)複数の請求項を有する特許権を請求項ごとに移転することができるか。