堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

商標登録出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-31 08:52:52 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、自己の商標登録出願Aについて拒絶をすべき旨の審決の謄本の送達を受けたので、審決の取消しを求める訴えを東京高等裁判所に提起した。当該訴えが裁判所に係属しているときに、甲は、商標登録出願Aを分割して新たな商標登録出願Bをした。新たな商標登録出願Bは、もとの商標登録出願Aの時にしたものとみなされるか。

商標登録出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-30 06:20:58 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

商標登録出願の分割と同時にもとの商標登録出願について補正をしないときは、新たな商標登録出願は、どうなるか。

意匠登録出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-24 07:44:11 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、ボールペンとシャープペンシルからなる一組の筆記具セットの意匠について意匠登録出願Aをした。
甲は、意匠登録出願Aについて、拒絶理由の通知を受けたので、指定期間内に意匠登録出願Aを分割してボールペンの意匠について新たな意匠登録出願Bをした。
意匠登録出願Bは、どうなるか。

意匠登録出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-23 12:21:00 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、自転車の意匠イについて意匠登録出願Aをした。
甲は、意匠登録出願Aについて、拒絶理由の通知を受けたので、指定期間内に意匠登録出願Aを分割して自転車用ハンドルの意匠ロについて意匠登録出願Bをした。
意匠登録出願Bは、どうなるか。

講座案内 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-21 17:48:14 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

講座案内

PCT逐条解説講座
パリ条約講座
TRIPS協定講座

趣旨講座
論文基本問題講座
事例問題講座

短答条文解析講座
短答基礎答練

論文基礎講座
論文基礎答練

初級論文ゼミ
塾長論文ゼミ

青本(第20版)講座

口述問題集
口述練習講座



パリ条約の優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-20 05:16:30 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、パリ条約の同盟国にした特許出願Aに基づく優先権の主張を伴う特許出願Bをした。
乙は、特許出願Aの日後、特許出願Bの日前に、特許出願Cをした。
乙の特許出願Cは、甲の特許出願Bを引用して特許法29条の2により拒絶されることがあるか。

国内優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-19 05:45:21 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、自己の実用新案登録出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをした。
乙は、実用新案登録出願Aの日後、特許出願Bの日前に、特許出願Cをした。
特許出願Cに係る発明ハが実用新案登録出願Aの最初の明細書に記載された発明ハと同一であるときは、乙の特許出願Cは、甲の実用新案登録出願Aを引用して拒絶されるか。
ただし、甲の特許出願Bは、出願公開されることなく、取り下げられたものとする。

国内優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-17 05:31:47 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、発明イについて特許出願Aをし、特許出願Aについて出願公開の請求をしたところ、特許出願Aについて出願公開がされた。その後、甲は、発明イと発明ロについて、特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをした。甲は、特許出願Bに係る発明イと発明ロについて特許を受けることができるか。

8月の講座案内 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-16 10:02:47 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

H30趣旨講座(通信)全18回
平成29年8月24日(木)~12月21日(木)
毎週、木曜日にテキスト(PDFファイル)のみを提供します。
解説講義はありません。
条文ごとに各規定の趣旨をまとめたものです。
論文試験、口述試験に有効です。

H30論文基本問題講座(通信)全16回
平成29年8月24日(木)~12月7日(木)
テキスト(PDFファイル)のみ提供します。
解説講義はありません。
最近の論文式試験では、基本問題の出題が復活しています。
今後もこの傾向が続く可能性があります。

H30パリ条約講座(通信)全4回
平成29年8月25日(金)~9月15日(金)
パリ条約について、新たに資料を作成し、あらためて解説講義をします。
パリ条約の条文のうち、短答試験に出題される可能性のある条文を、順番に解説します。

H30TRIPS協定講座(通信)全4回
平成29年8月25日(金)~9月15日(金)
TRIPS協定について、新たに資料を作成し、あらためて解説講義をします。
TRIPS協定の条文のうち、短答試験に出題される可能性のある条文を、順番に解説します。
第31条の2の解説も含まれています。

国内優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2017-08-16 10:00:27 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

先の特許出願Aの出願人と異なる者が特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う後の特許出願Bをすることができるか。