堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

講座案内 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 07:09:53 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

H27短答答練会 お申込み受け付け中

H27論文答練会 お申込み受け付け中


講座案内 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 07:09:25 | Weblog
講座案内 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

H27短答合格過去問講座(平成26年度短答試験問題)(通信のみ)
平成26年度短答試験問題について解答のプロセスを詳細に解説する講義形式の講座です。
全60問を全6回で解説講義をします。
毎回、10問の問題について解答のプロセスを詳細に解説します。

H27短答合格直前対策講座(全4回) 平成27年度弁理士試験用
合格基準点(39点)を突破するための講座
平成27年4月7日(火)~4月28日(火)全4回
毎週火曜日 19:00~21:30
特実法 2回
意匠法 1回
商標法 1回
4法に限定して重要条文の最終チェックを行います。
講義形式の講座です。

H27短答合格直前模試 全2回 平成27年度弁理士試験用
3時間30分で60問の問題を解答する実践的な模試です。
第1回 平成27年4月29日(水・祝日)12:30~16:00
第2回 平成27年5月5日(火・祝日) 12:30~16:00

H27論文合格過去問講座(平成26年度論文試験問題)(通信のみ)
平成26年度論文式試験問題について解答のプロセスを詳細に説明します。

H27論文合格直前答練(全9回)
平成27年4月5日~5月31日 全9回
毎週日曜日 午前9:30~12:30(又は12:00)
特実法→意匠法→商標法→特実法…という順番
特実法 午前9:30~12:30
意匠法 午前9:30~12:00
商標法 午前9:30~12:00
ライブ解説あり

H27論文合格直前対策講座(全4回)
論文試験で問われる可能性のある問題と解答をQ&A形式で作成します。
第1回 5月26日(火)19:00~21:30
第2回 6月2日(火) 19:00~21:30
第3回 6月9日(火) 19:00~21:30
第4回 6月16日(火)19:00~21:30

H27論文合格直前模試(全3回) 平成27年度弁理士試験用
1日で3科目の答案を作成する実践的な答案作成練習会です。
第1回 6月7日(日) 9:30~17:25
第2回 6月14日(日)9:30~17:25
第3回 6月21日(日)9:30~17:25
ライブ解説あり






特許権存続期間満了後の通常実施権 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 07:06:25 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

甲の特許権Aと乙の意匠権Bが同日の出願であって、特許権Aが意匠権Bと抵触する場合、特許権Aの存続期間が満了したときは、甲は、特許権Aの範囲内において、意匠権Bについて通常実施権を有する。

これは正しいか。


意匠権と専用実施権 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 07:04:12 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

甲の登録意匠イに係る意匠権について、甲が専用実施権を設定している場合、その設定行為で定めた範囲内について、甲は、業としてイ及びこれに類似する意匠の実施をすることができず、かつ、当該意匠権を侵害している者に対し、差止請求権を行使することができない。ただし、イは秘密意匠ではない。

これは正しいか。


意匠権と商標権の抵触 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 07:01:50 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

甲の意匠権が、その意匠登録出願の日前の出願に係る乙の商標権と抵触する場合、甲が、自己の登録意匠の実施をするため、乙に対し商標権についての通常使用権の許諾について協議を求めることができる。

これは正しいか。


意匠権の通常実施権 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-31 06:57:57 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

本意匠イ及びその関連意匠ロの意匠権者甲は、イの意匠権についての通常実施権を乙に、ロの意匠権についての通常実施権を丙に、それぞれ許諾することができる。

これは正しいか。


意匠権の侵害訴訟 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-30 07:47:36 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

意匠権者甲が乙に対して提起した意匠権の侵害に係る訴訟において、乙は、当該登録意匠に係る意匠登録出願が、二以上の意匠を包含するものであるため、当該意匠登録が意匠登録無効審判により無効にされるべきものと認められるとの主張をすることができる。

これは正しいか。


特許公報 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-30 07:43:59 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

出願公開後、拒絶理由通知を受ける前に、特許出願人が特許法第17条の2第1項の規定による補正をした場合、その補正は特許公報によって公表される。

これは正しいか。


特許請求の範囲の補正 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-30 07:40:09 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

外国語書面出願に関し、最後の拒絶理由通知において指定された期間内に特許請求の範囲について補正をする場合、その補正が、誤訳の訂正を目的とするものであるときは、当該拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものに限られないが、誤記の訂正を目的とするものであるときは、当該拒絶理由通知に係る拒絶の理由に示す事項についてするものに限られる。

これは正しいか。


補正 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2014-12-29 09:21:24 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

最後の拒絶理由通知において指定された期間内にした特許請求の範囲の減縮を目的とする補正について、補正前の請求項に記載された発明と補正後の当該請求項に記載された発明の解決しようとする課題が同一でないことが特許権の設定の登録後に認められたときでも、そのことを理由として特許が無効とされることはない。

これは正しいか。