堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

無効審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-30 10:10:17 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許出願人が、その発明に関連する文献公知発明が記載された刊行物の名称その他のその文献公知発明に関する情報の所在を、特許出願のときに知っていたにもかかわらず発明の詳細な説明にこれを記載しなかったことは、いかなる場合でも特許無効審判における無効理由とはならない。
正しいか。

無効審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-30 10:09:02 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許がされた後、条約の改正により、その特許が条約に違反することとなったとしても、そのことは特許無効審判における無効理由とはならない。
正しいか。

無効審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-30 10:06:46 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許無効審判の審決がなされ、それに対する訴えが提起されて裁判所に係属しているときは、何人も、同一の事実及び同一の証拠に基づいてその審判を請求することができない。
正しいか。

無効審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-30 10:04:23 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

医薬品の特許発明に係る特許権について、特許権の存続期間の延長登録がされた。この延長登録出願は、当該特許権の専用実施権者が、特許法第67条第2項の政令で定める薬事法の規定による承認を受けることが必要であるために、特許発明の実施をすることができない期間があったことを理由として、なされたものである。この場合、その延長登録の出願人が当該特許権の専用実施権者であったことは、延長登録無効審判における無効理由とはならない。
正しいか。

無効審判 理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-29 08:06:54 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

商標登録がされた後において、その登録商標が、地方公共団体を表示する標章であって著名なものと同一又は類似のものとなっているときは、利害関係人は、そのことを理由として商標登録の無効の審判を請求することができる。
正しいか。

取消審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-29 08:05:13 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

商標権者が指定商品について登録商標を使用し、他人の業務に係る商品と混同を生じさせることについて故意があったとしても、商標権者の不正使用による商標登録の取消しの審判(商標法第51条第1項)により、当該商標登録は取り消されることはない。
正しいか。

取消審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-29 08:03:53 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

不使用による商標登録の取消しの審判(商標法第50条第1項)において、被請求人が請求に係る指定商品に類似する商品について登録商標の使用をしていないことについて正当な理由があることを明らかにしたときは、当該商標登録は取り消されることはない。
正しいか。

取消審判 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-29 08:02:29 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2以上の指定商品に係る商標登録に対して、それらの指定商品について不使用による商標登録の取消しの審判(商標法第50条第1項)の請求をしたとき、請求人は、指定商品ごとにその請求を取り下げることができる。
正しいか。

登録異議の申立て 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-29 07:57:58 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

登録異議申立人は、商標登録の取消しの理由の通知があった後は、仮に当該商標権者の承諾を得たときでも、当該登録異議の申立てを取り下げることはできない。
正しいか。

出願の分割 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2015-11-28 13:36:00 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許出願について拒絶をすべき旨の最初の査定がされ、特許出願人が当該査定の謄本の送達があった日から2月後に当該査定に対する拒絶査定不服審判の請求をした場合、当該特許出願人は、その審判の請求後であっても、当該査定の謄本の送達があった日から3月以内であれば、当該特許出願の分割をすることができる。