堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

H23/3/27 飯田橋ゼミの案内

2011-03-27 09:28:07 | Weblog
飯田橋ゼミの案内

4月3日(日)から直前対策ゼミを開始します。
毎週日曜日に開催しています。
通学又は通信で参加できます。
午前中は短答ゼミ、午後は論文ゼミです。
参加を希望される方は、下記のアドレスにお知らせください。
詳細をお知らせします。
tsutsumi@dream.com

H23/3/25 平成23年改正法について

2011-03-25 07:20:10 | Weblog
平成23年3月11日の特許庁HPに平成23年改正法の案が掲示されました。
国会を通過し公布されると、平成24年度の弁理士試験の範囲は、平成23年改正法となります。
平成24年度の弁理士試験を受験される予定の方は、平成23年改正法の勉強を開始することが必要です。
論文試験の終了後は、平成23年改正法の勉強をスタートすることをお勧めします。

飯田橋ゼミでは、7月中旬から平成23年改正法特別ゼミを開催する予定です。

なお、民主党政権のもとでは、平成23年改正法が国会審議未了で成立しない可能性もあります。

H23/3/18 弁理士試験の試験委員が公表されました。

2011-03-18 13:36:37 | Weblog
弁理士試験の試験委員が公表されました。

知財高裁判事の部眞規子さんが試験委員になっています。
部眞規子さんの裁判例はチェックしておくことをお勧めします。

H23/3/2 特許庁HP 論文式試験における得点調整及び合格基準について

2011-03-02 12:04:21 | Weblog
2月25日の特許庁HPに下記の事項が掲示されました。
論文の採点基準を明確にするようです。
詳細は、特許庁HPで確認してください。

論文式試験における得点調整及び合格基準について

■論文式試験(必須科目)の得点調整について
論文式試験(必須科目)は、受験者が多数に上ることから、各答案用紙を複数の試験委員が分担して採点を行います。

その際、試験委員間及び試験科目間の採点格差が発生し得ることから、以下の方法により調整を行います。

<得点の算定方法>
各受験者の得点は、当該受験者の素点(点数)が、その採点を行った試験委員の採点結果の平均点からどの程度離れた位置にあるかを示す数値(偏差値)により算出して、これを当該受験者の得点とします。