堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-30 06:40:00 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、指定商品aとbに使用をする商標イについて商標登録出願Aをしました。
その後、甲は、指定商品bを分割して新たな商標登録出願Bをしました。
もとの商標登録出願Aについて補正をしませんでした。
商標登録出願Bの審査における取扱いを説明してください。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-29 04:27:27 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲と乙が共同で特許出願Aをしました。
甲が単独で特許出願Aを分割して新たな特許出願Bをしました。
特許出願Bは、どうなりますか。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-28 06:55:35 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

仮通常実施権に係る特許出願を実用新案登録出願に変更したときは、仮通常実施権はどうなりますか。

特許庁の情報

2012-11-27 12:56:36 | Weblog
特許庁の情報です。
平成25年の商標法の改正において、「音」、「動き」、「ホログラム(立体画像)」、「色彩」、「位置」の5種類の新しい商標を商標法上の商標として認める方向のようです。
しかし、「におい」については、今回の改正では、商標に含めることは、見送るようです。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-27 07:03:08 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許法80条1項に規定する通常実施権は、なぜ認めることとしたのでしょうか。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-26 06:09:40 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

商標法3条1項柱書では「自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標」と規定しています。
そのように規定した理由を説明してください。

弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-25 05:29:29 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

意匠登録出願の分割の時期的要件と、商標登録出願の分割の時期的要件とは、異なっています。
その理由を説明してください。

弁理士試験 論文対策 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-24 02:54:28 | Weblog
弁理士試験 論文対策 弁理士専攻 代々木塾

甲の特許権Aに係る特許請求の範囲の記載は下記のとおりです。
【請求項1】機構aと機構bを備えた装置。
【請求項2】機構cを備えた請求項1記載の措置。
甲は、特許権Aについて訂正審判Bを請求して、請求項1のみの内容を下記に訂正したいと考えています。
【請求項1】機構aと機構bと機構dを備えた装置。
甲が訂正審判Bを請求する際に特に留意すべき事項を説明してください。

弁理士試験 論文対策 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-24 02:14:31 | Weblog
弁理士試験 論文対策 弁理士専攻 代々木塾

訂正審判、特許無効審判、訂正の請求については、平成23年改正法を十分にチェックしておきましょう。

弁理士試験 短答対策 弁理士専攻 代々木塾

2012-11-23 06:49:31 | Weblog
弁理士試験 短答対策 弁理士専攻 代々木塾

平成25年度の短答式試験では、著作権法の改正、特許協力条約に基づく規則の改正の影響があります。
早期に改正点をチェックしておくことをお勧めします。