堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

特41条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-31 05:56:29 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをしました。
特許出願Aの願書に最初に添付した明細書には、発明イとその実施例としてイ1とイ2が記載されています。
特許出願Bの請求項1に発明イが記載され、請求項2に発明ロが記載されています。
特許出願Bの願書に最初に添付した明細書には、発明イと発明ロが記載され、発明イの実施例としてイ1とイ2とイ3が記載され、発明ロの実施例としてロ1とロ2が記載されています。
特許出願Aの日後、特許出願Bの日前に頒布された刊行物Pに発明イ3が記載されています。
特許出願Bの審査はどうなりますか。

特41条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-31 05:46:31 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イを創作したので、発明イを刊行物Pに発表しました。
その後、甲は、発明イについて特許出願Aをしました。
特許出願Aは、刊行物Pに発表した発明イについて特許法30条2項の適用を受けることができる出願です。
その後、甲は、発明イの改良発明ロを創作したので、特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをしました。
特許出願Bの請求項1に発明イが記載され、請求項2に発明ロが記載されています。
特許出願Bにおいて、刊行物Pに発表した発明イについて特許法30条2項の適用を受ける旨が記載され、特許出願Aにおいて提出した証明書面を援用する旨が記載されています。
特許出願Bの新規性又は進歩性の判断は、どうなりますか。

特41条1項 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-29 14:19:38 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イについて特許出願Aをしました。
甲は、特許出願Aについて乙に仮通常実施権Bを許諾しました。
その後、甲は、乙の承諾を得ないで、特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Cをすることができますか。

実4条の2 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-29 06:32:27 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲が、考案イについて実用新案登録出願Aをしました。
乙は、実用新案登録出願Aについて仮通常実施権Bの許諾を受けています。
甲は、実用新案登録出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをしました。
乙の仮通常実施権Bは、どうなりますか。

特41条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-29 06:29:30 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イについて特許出願Aをしました。
乙は、特許出願Aに基づく国内優先権の主張を伴う特許出願Bをすることができますか。

特74条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-28 15:15:09 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲が発明イを発明しました。
乙は甲から発明イを知得して甲に無断で発明イについて特許出願Aをしました。
その後、乙は、特許出願Aに係る発明イについての特許を受ける権利を丙に譲渡し、出願人名義変更届を特許庁長官に提出しました。
その後、丙は、特許出願Aに係る発明イについて特許権の設定の登録を受けました。
甲は、丙に対して特許権の移転を請求できますか。

特34条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-28 06:31:37 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

A会社が発明イについて特許出願A1をしました。
A会社は、特許出願A1に係る発明イについての特許を受ける権利をB会社に譲渡しました。
その数日後、A会社は、特許出願A1に係る発明イについての特許を受ける権利をC会社に譲渡しました。
その数日後、C会社は、特許出願A1について出願人名義変更届を特許庁長官に提出しました。
その数日後、B会社は、特許出願A1について出願人名義変更届を特許庁長官に提出しました。
特許出願A1の出願人は誰になりますか。

特49条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-28 06:29:20 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イを独自に完成しました。
A会社は、甲から発明イに係る特許を受ける権利を譲り受ける契約をしました。
その直後、A会社は、発明イについて特許出願A1をしました。
特許出願A1の日から3日後に、甲は、発明イについて特許出願甲1をしました。
(1)A会社の特許出願A1は、拒絶理由に該当しますか。
(2)甲の特許出願甲1は、拒絶理由に該当しますか。

特49条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-28 06:01:20 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イを独自に完成しました。
A会社は、甲から発明イに係る特許を受ける権利を譲り受ける契約をしました。
その直後、甲は、発明イについて特許出願甲1をしました。
特許出願甲1の日から3日後に、A会社は、発明イについて特許出願A1をしました。
(1)甲の特許出願甲1は、拒絶理由に該当しますか。
(2)A会社の特許出願A1は、拒絶理由に該当しますか。

特34条 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

2014-07-27 05:30:56 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾 30年の実績

甲は、発明イを独自に完成しました。
A会社は、甲から発明イに係る特許を受ける権利を譲り受ける契約をしました。
その直後、甲は、A会社に無断で発明イに係る特許を受ける権利をB会社にも譲渡する契約をしました。
甲とB会社の譲渡契約は、有効となりますか。