堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

議定書に基づく特例 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-31 06:52:32 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

当該商標登録出願が、国際登録において指定されていた商品又は役務の範囲に含まれている二以上の商品又は役務を指定商品又は指定役務とする場合、その商標登録出願の一部を一又は二以上の新たな商標登録出願とすることができる。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

議定書に基づく特例 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-31 06:50:55 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

取り消された国際登録に係る国際商標登録出願について、パリ条約第4条の規定による優先権が認められていたとき、当該商標登録出願についても優先権が認められるためには、当該商標登録出願と同時に優先権主張の手続を行わなければならない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

議定書に基づく特例 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-31 06:49:17 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

当該商標登録出願が国際登録の日にされたものとみなされるためには、その指定商品又は指定役務が、国際登録において指定されていた商品又は役務の範囲に含まれていなければならない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

議定書に基づく特例 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-31 06:46:12 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

当該商標登録出願が国際登録の日にされたものとみなされるためには、商標登録を受けようとする商標が、国際登録の対象であった商標と同一でなければならない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

議定書に基づく特例 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-31 06:41:30 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

当該商標登録出願が国際登録の日にされたものとみなされるためには、国際登録が取り消された日から3月以内に商標登録出願をしなければならない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

創作非容易性 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-30 06:29:50 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

意匠登録を受けようとする意匠が物品の部分に係るものである場合、意匠法第3条第2項に規定される創作非容易性は、需要者を主体として判断される。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

意匠の新規性 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-30 06:28:02 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

インターネットを通じて利用可能となった意匠であっても、これにアクセス可能な者が特定の企業の構成員に制限され、かつ、社外秘の情報の扱いとなっている場合、当該意匠は、意匠法第3条第1項第2号に規定する電気通信回線を通じて公衆に利用可能となった意匠とは認められない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

意匠の新規性 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-30 06:26:12 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

登録意匠公報の発行日前の登録意匠については、意匠権の設定の登録がされたことのみをもって、意匠法第3条第1項第1号の適用の基礎となる公然知られた意匠として取り扱われることはない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

意匠の新規性 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-30 06:21:15 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

日本時間の午前中に外国においてテレビで紹介された新製品に係る意匠について、その日の午後に我が国に意匠登録出願をすれば、新規性喪失の例外適用を受けなくとも、この意匠登録出願に係る意匠は、意匠法第3条第1項第1号に規定する公然知られた意匠に該当するとして拒絶されることはない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。

技術的範囲 弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

2015-03-29 06:03:40 | Weblog
弁理士試験合格 弁理士専攻 代々木塾

特許庁長官は、裁判所から特許発明の技術的範囲について鑑定の嘱託があったときは、3名の審判官を指定して、その鑑定をさせなければならない。

これは正しいか。

平成26年度弁理士試験の試験範囲
 平成26年改正法がすべて試験範囲となります。
 ジュネーブ改正協定も試験範囲に含まれます。

講座案内
 H26ジュネーブ改正協定講座 4月開講
 H27商標審査基準講座 4月開講
 H27著作権法講座 終了済
 H27短答過去問講座(H26試験問題) 開講中
 H27短答直前対策講座 4月開講
 H27論文直前答練 4月開講
 H27塾長論文ゼミ・直前 4月開講

 詳細は、HPをご覧ください。