堤卓の弁理士試験情報

弁理士試験に関する情報を提供します。

商標権の移転 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-31 09:41:53 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

団体商標に係る商標権は、団体商標に係る商標権としては、いかなる場合も移転することができない。
正しいか。

商標権の移転 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-31 09:40:25 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

地域団体商標に係る商標権は、いかなる場合も移転することができない。
正しいか。

商標権の移転 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-31 09:39:00 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

公益に関する事業であって営利を目的としないものを行っている者が登録を受けたその事業を表示する著名な標章に係る商標権は、その事業とともにする場合を除き、いかなる場合も移転することができない。
正しいか。

商標権の移転 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-31 09:35:50 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

指定商品が2以上ある商標権について、その指定商品ごとに分割して移転する場合において、相互に類似関係にある商品について異なった者に移転することとなるときは、いかなる場合もその商標権はその指定商品ごとに分割して移転することはできない。
正しいか。

罰則 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-30 14:55:49 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

審判の当事者は、特許庁からの秘密保持命令に反して秘密を漏らしたことにより、懲役又は罰金、若しくはその両方に処せられる場合がある。
正しいか。

罰則 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-30 14:54:25 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

審判の当事者は、詐欺の行為により自己の利益になる審決を受けたことにより、懲役又は罰金に処せられる場合がある。
正しいか。

罰則 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-30 14:53:03 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

審判の当事者は、正当な理由がないのに特許庁からの文書提出命令に従わなかったことにより、過料に処せられる場合がある。
正しいか。

罰則 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-30 14:51:42 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

特許庁からの呼出しを受けた当事者は、正当な理由がないのに宣誓を拒んだことにより、過料に処せられる場合がある。
正しいか。

罰則 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-30 14:48:39 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

審判での証拠調手続において宣誓した当事者は、特許庁に対して虚偽の陳述をしたことにより、過料に処せられる場合がある。
正しいか。

国内優先権 弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

2016-01-29 07:57:11 | Weblog
弁理士試験 弁理士専攻 代々木塾

甲は、パリ条約の同盟国において、発明イについて最初の特許出願Aをした後、発明ロをし、日本国において、Aに基づくパリ条約による優先権の主張を伴う発明イ及びロについての特許出願Bをし、さらに、Bのみを基礎とする国内優先権の主張を伴う発明イ、ロ及びハについての特許出願Cをし、Cについて特許権の設定登録がされた。乙が、甲のCに係る発明の内容を知らないで自ら発明ロをし、Bの出願後、Cの出願前に、日本国内で発明ロの実施である事業の準備を始めた場合、乙は、その準備をしている発明及び事業の目的の範囲内において、甲のCに係る特許権について通常実施権を有する。
正しいか。