隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

「テレサ・テン」 記事一覧

2022年05月30日 | 音楽

1995年に突然なくなった台湾出身の歌手 テレサ・テン (中国名:鄧 麗君、英語名:Teresa Teng)。

 

 

1953年1月29日に台湾で生まれたテレサ。14歳の時に、台湾でプロ歌手としてデビュー後、瞬く間に台湾だけでなく、シンガポール、マレーシア、香港等のアジアで人気者になります。  

 

その人気に目を付け、日本では、1974年、21歳の時にアイドルとして「今夜かしら明日かしら」でデビューします。

 

しかし、デビュー曲の売れ行きが思わしくなかったことから、アイドル路線から演歌歌謡曲路線に転向し、日本デビュー2作目の「空港」が大ヒットします。   その後、「つぐない」、「愛人」、「時の流れに身をまかせ」等、次々とヒット曲を連発しました。  

 

彼女は、日本での数々のヒット曲だけでなく、アジア圏で広く親しまれ、まさに「アジアの歌姫」と呼ばれる存在でしたが、1995年5月8日、静養先のタイにて、42歳の生涯を終えました。

 

そんな、テレサ・テンさんに関する記事を、これまでに13回アップしています。

 

詳細は、下記一覧をご参照下さい。

 

==「テレサ・テン」 記事一覧==

1.   2013/9/15 『アジアの歌姫:テレサ・テン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8e93d5fd98bcd81822dc14020b19cc21

2.   2014/2/2  『アジアの歌姫:別れの予感 競演』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa5bfd6c3ed08ea35928dbb4c026f7ca

3.   2014/9/17 『テレビ番組:テレサ・テン生誕60周年スペシャル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a33dad8680da861b78ea0db2ad023314

4.   2015/3/29 『テレビ番組:没後20年 不滅の歌声 テレサ・テンのすべて』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1287b4f37f8086807fb5e1400d6392d9

5.   2016/12/7 『本と雑誌:テレサ・テンが見た夢』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc

6.   2017/7/31 『映画:いつまた、君と~何日君再来~』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e01d38357b90fb637344f6884fc8f42c

7.   2017/8/13 『音楽:何日君再来(いつの日君帰る)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4425ddc1e4ec8cc6548fd38b6b884763

8.   2017/8/26 『テレビ番組:歌謡ファンクラブ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfc0571e8a25157ae4aef226013579f4

9.   2019/4/17 『映画:芳華-Youth-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba7c3d70185efca9a6a2548e2349c814

10. 2019/5/17 『音楽:儂情萬縷 (からみあう愛情)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8770363380cc0c248abef06e0ece101

11. 2019/6/16 『音楽:月亮代表我的心』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0db87228bc1c1c08702d7250c6a25d0a

12. 2021/3/29 『映画:ラヴソング』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/176b734afd085edf4aaf9b17b7402706

13. 2021/8/20 『音楽:甜蜜蜜(テン ミ ミ)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca424ff194e17e65fd42f6b1e22801b3

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音楽 113曲 『The Covers 「2021年9・10月放送ピックアップ」』

2022年03月11日 | 音楽

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽 」の第113回は、『The Covers 「2021年9・10月放送ピックアップ」』をお送りします。

 

 

「The Covers(ザ カバーズ)」は、NHK BSプレミアムで、2014年3月31日から放送開始された、音楽番組です。2022年3月現在の放送チャンネルが、BSプレミアムとBS4K。放送時間は、毎週日曜日の夜10時50分~11時20分。


この番組では、ジャンルを超えたJ-POPのアーティスト達が、日本の歌謡曲やポップスを中心に、自身が影響を受けた名曲を、それぞれの持ち味でカバーし、新しい命を吹き込んでいきます。


MCは、リリーフランキーと、水原希子(きこ)。水原さんは、四代目の女性MCで、番組スタート8年目を迎えた2011年4月より出演しています。


初代女性MCは、夏菜 (なつな) 。二代目が、仲 里依紗 (なか りいさ) 。三代目は、池田エライザ。


「隊長のブログ」では、『The Covers』を、これまでに四放送回を、取り上げています。詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/db1f6b5e5fd5615f973e5fbc759e1c8d

 

 

9月5日に放送されたのが、「郷ひろみスーパーナイト!第1夜~アッパーソングナイト~」と題して、デビュー50年目イヤーの郷ひろみが登場しました。

 


番組では、20代で歌った「セクシー・ユー」、40代で歌った「GOLDFINGER’99」のセルフカバー、さらにアン・ルイスの「六本木心中」の3曲を歌いました。


トークでは、驚異の65歳の肉体の秘密など、赤裸々に語りました。また、「バラードを歌うのは、リズム感が大切」との自説には、リリーフランキーと、水原希子も納得の表情でした。

 

9月12日には、「郷ひろみスーパーナイト!第2夜~バラード名曲ナイト~」のタイトルで、二夜連続として、放送されました。

 


スタジオでは、安全地帯の「ワインレッドの心」、高橋真梨子の「桃色吐息」をカバー。最後に、巨匠 バート・バカラックの名曲をカバーした最新曲「狐火」も披露しました。


リリーフランキーと、水原希子とのトークでは、NHKのアーカイブス映像から、「よろしく哀愁」など10代のころからバラードを歌ってきた郷の秘蔵VTRや、バラードへの思いや難しさを語る姿も紹介されました。

 

 

10月24日は、「宮本浩次(ひろじ)、バラードを歌う」と題して、宮本浩次がスタジオに現れ、バラードの名曲を歌いました。

 


宇多田ヒカルの「First Love」、柏原芳恵の「春なのに」を、フルコーラス生演奏で披露。


トークでは、お馴染みの宮本節全開の “宮本浩次劇場” を展開しました。

 

尚、次回の『The Covers』は、3月17日(木)よる11時15分から「milet ナイト!~チューリップ・Oasis名曲~」が、 再放送される予定です。

 


==「音楽」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~100曲  省略

101曲  2020/5/25  『シルヴィ・ヴァルタン「ワンサカ娘」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d549c1208b375fbae72721856d6ba43c

102曲  2020/7/6   『The Flying Pickets「Only You」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06dd800419b3052f1d27a6052c7aef9f

103曲  2020/8/13  『王 菲「夢中人」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ffb2e812e1865bd8e465e0389ae6fca

104曲  2020/12/14 『あいみょん「ハルノヒ」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/325cada5e5c80e129e2f7a43367f6ada

105曲  2021/1/2   『第71回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c85ff7cafb9d6d5cad7e738eb72e8875

106曲  2021/2/23  『原來你還在這裡(愛される花 愛されぬ花)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8042db469f07f3e632ec3461f7ffbec

107曲  2021/4/11  『ロバータ・フラック「やさしく歌って」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/825647e7a097e8b35ba5b2badef64c3d

108曲  2021/8/20  『甜蜜蜜(テン ミ ミ)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca424ff194e17e65fd42f6b1e22801b3

109曲  2021/9/11  『The Covers「中森明菜特集」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6aeb363c65a25457e71bbfb4d50c1c81

110曲  2021/11/28 『SONGS~2021年9・11月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdd13c76a9caf207b34673e81a152652

111曲  2021/12/19 『ちあきなおみ「黄昏のビギン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51fbea5235fec88c66a9f4a263b4d7cf

112曲  2022/1/3   『第72回NHK紅白歌合戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/da5fe5f3a3c18629d146f6136573ff97

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音楽 112曲 『第72回 NHK 紅白歌合戦』

2022年01月03日 | 音楽

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽」の第112回は、『第72回 NHK 紅白歌合戦』をお送りします。

 

 

正月三日も、快晴の東京。元日、二日に比べて寒さが若干和らいだ感じです。


さて、大晦日の夜に観た「第72回 NHK 紅白歌合戦」(以下:紅白) の感想です。


今回の紅白は、1973年から使用してきた「NHKホール」 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff4128d984363cf3d7b7c71415ae1c2c が改修中のため、東京・有楽町の「東京国際フォーラム」 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e608dd0904212e34215baa9fbbbf3132 を、メイン会場として行われました。


前年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、史上初の無観客で生放送されました。2021年は、感染予防に間隔を空けて座るため、「ホールA」の約5,000人の収容人員に対して最大2,172人にとどまりましたが、有観客で開催されました。


今回のテーマは「多様な価値観を認め合おう」という思いを込めた「カラフル」。従来の紅組・白組各司会の区別をなくし、俳優の大泉洋(以下:敬称略)、川口春奈、NHKの和久田麻由子アナウンサーが、「司会」として出演しました。


審査員は、卓球の石川佳純、トライアスロンの谷真海、俳優の清原果耶・坂口健太郎・小池栄子、脚本家・演出家の三谷幸喜、でした。

 

三谷幸喜が、審査員を務めるのは、2003年の第54回、2011年の第62回に続き、三回目です。


また、「隊長のブログ」では、小池栄子が出演する作品・番組を、これで八本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bb40e88119360083fe32458c465a3b7

 

感想:テーマが「カラフル」ということなので、画質がより綺麗に見える「4K」で視聴しました。オープニングからステージ後方に飾られた大量の花など、従来に増して、彩り鮮やかな画面を楽しむことが出来ました。


メイン会場の「東京国際フォーラムホールA」だけでなく、同所の「ガラス棟」、渋谷・NHKのスタジオ、さらにはコンサート会場からの中継と、多元的に会場を使用し、演出効果を高めていました。


特に、ガラス棟でのパフォーマンスを映したカメラワークのテクニックには、感嘆しました。


初出場の上白石萌音と、2回目の薬師丸ひろ子。女優で歌手という点だけでなく、少女時代にデビューしたこと、本格的な歌唱法など、多くの共通点を感じました。

 

上白石萌音さんは、「夜明けをくちずさめたら」を歌唱。薬師丸ひろ子さんが、「Woman "Wの悲劇"より」を披露しました。

 

改めて上白石萌音さんは、将来、薬師丸ひろ子さんのように「大女優」と呼ばれるであろうことを、実感しました。


宮本浩二の東京湾上のクルーズ船からのパフォーマンス、迫力がありました。これも、中継技術の進歩に支えられているのでしょう。 


藤井風の岡山の実家からの中継と思わせておいて、実は「ホールA」のバックステージにいて、突然、舞台に登場し、観客だけでなく、司会陣、審査員まで、驚かせました。演出としては、目新しいものではないのですが、ごく一部のスタッフだけしか知らないで、サプライズを仕掛けるには、並大抵ではない苦労があったと思います。


俳優・松平健の「マツケンサンバ2」は、会場だけでなく、視聴者も盛り上げたでしょう。


白組のトリの福山雅治、大トリの紅組のMISIA、圧巻のパフォーマンスでした。


性の多様性を含め、さまざまな価値観を認め合うというテーマから、紅組・白組の対決色を薄めた演出でしたが、最後には、やはり視聴者・会場観客・審査員からの投票を行い、紅組が勝利しました。


優勝旗授与がなかったのは、対決色を薄めようと配慮したのだと思いますが、それなら勝敗の投票も止めてしまった方が良いのでは。さらに、これからは、審査員という呼び名ではなく、ゲスト観覧者で良いのではないでしょうか。

 

尚、「隊長ブログ」では紅白の話題を、これまでに;

2011年の『第62回 NHK 紅白歌合戦』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af9c29c15f7de6b4d892a2063a62598

2014年の『第65回 NHK 紅白歌合戦』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc9176f946dee3cf7865121b71db8201

2015年の『第66回 NHK 紅白歌合戦』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/31598bd46a167ef8461fd9a362ad6e2a

2017年の『第68回 NHK 紅白歌合戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8eaea87adce9f542046930e63a441afe

2018年の『第69回 NHK 紅白歌合戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8648ed67e4ac188a18bc586a3794a546

2019年の『第70回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b614c1c9ff6724daa7390f0335e55db7

2020年の『第71回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c85ff7cafb9d6d5cad7e738eb72e8875

と、七回を取り上げています。

 

 


==「音楽」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~100曲  省略

101曲  2020/5/25  『シルヴィ・ヴァルタン「ワンサカ娘」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d549c1208b375fbae72721856d6ba43c

102曲  2020/7/6   『The Flying Pickets「Only You」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06dd800419b3052f1d27a6052c7aef9f

103曲  2020/8/13  『王 菲「夢中人」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ffb2e812e1865bd8e465e0389ae6fca

104曲  2020/12/14 『あいみょん「ハルノヒ」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/325cada5e5c80e129e2f7a43367f6ada

105曲  2021/1/2   『第71回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c85ff7cafb9d6d5cad7e738eb72e8875

106曲  2021/2/23  『原來你還在這裡(愛される花 愛されぬ花)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8042db469f07f3e632ec3461f7ffbec

107曲  2021/4/11  『ロバータ・フラック「やさしく歌って」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/825647e7a097e8b35ba5b2badef64c3d

108曲  2021/8/20  『甜蜜蜜(テン ミ ミ)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca424ff194e17e65fd42f6b1e22801b3

109曲  2021/9/11  『The Covers「中森明菜特集」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6aeb363c65a25457e71bbfb4d50c1c81

110曲  2021/11/28 『SONGS~2021年9・11月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdd13c76a9caf207b34673e81a152652

111曲  2021/12/19 『ちあきなおみ 「黄昏のビギン」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51fbea5235fec88c66a9f4a263b4d7cf

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音楽 111曲 『ちあきなおみ 「黄昏のビギン」』

2021年12月19日 | 音楽

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽」の第111回は、『ちあきなおみ 黄昏のビギン』をお送りします。

 

 


ちあきなおみ(本名:瀬川 三恵子)という歌手・女優をご存知でしょうか?


ご本人を見たことがなくても、ものまねタレント・コロッケの、岩崎宏美と並ぶ、十八番の形態模写と言えば、お分かりの方もいると思います。


しかし、人気絶頂の1992年(平成4年)に、突然表舞台から姿を消してから、39年。コロッケさんも、最近は、ちあきさんのネタを披露することも少なくなっているようです。


今日は、ちあきさんが歌った名曲「黄昏のビギン」を、紹介します。

 

尚、ちあきさんの略歴などは、こちらをご覧ください   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a45121300392eff5f098397a9e516725


11月30日に、NHK総合で放送された「うたコン」で、渡辺美里が『黄昏のビギン』を披露しました。彼女の曲を聴いていて、どこかで聞いたメロディーだと思いました。


MCの谷原章介か、アナウンサーの赤木野々花だったか忘れましたが、曲紹介で「水原ひろしのヒット曲」と言いましたが、隊長の記憶にあるのは、女性歌手の歌声です。


放送が終了し、しばらくしてから、草刈正雄が出演している都市型納骨堂「了聞(りょうもん)」のTVCMで、流れていることを思い出しました。


『黄昏のビギン』は、渡辺美里さんだけでなく、多くの歌手がカバーしていますが、隊長の記憶にある歌声は、ちあきなおみさんのはずです。


次に、このCMが流れた時に注意深く聴いてみましたが、歌声がちあきなおみさんではありません。調べたところ、歌唱は、畠山美由紀でした。

 

 


さらに調べてみると、名曲『黄昏のビギン』の作詞は、永六輔。作曲が中村八大、と言うヒットメーカーコンビ。デビュー曲「黒い花びら」で第1回レコード大賞を受賞した水原弘の、2枚目のシングルB面として1959年(昭和34)10月に発表されました。


永六輔さんに関する記事は、こちらをご覧ください  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/43a41daed86454d90e408badc6a971b6


CMで使われた、ちあきなおみさんの『黄昏のビギン』で、おそらく隊長の記憶に残っているのは、多分、2011年にトヨタ自動車の「ReBORN DRIVE FOR TOHOKU 宇都宮篇」で流れた時だと思います。


また、1999年から2003年に4期連続で、ネスレ日本の「ネスカフェ・プレジデント」で、使われています。


さらに調べてみると、ちあきなおみさんのマネージャーを務めた、古賀慎一郎さんの著書「ちあきなおみさん 沈黙の理由」に、


“1991年10月、京成電鉄・スカイライナーのCMで、ちあきさんの歌う『黄昏のビギン』が流れ始めた。同年7月に発表されたアルバム『すたんだーと・なんばー』の中からシングルカットされた楽曲である。今でこそ多くのアーティストにカバーされ、日本の名曲となっているが、この当時、既に初発表から30年以上経過しており、まさにちあきさんの歌唱によって、新しく生まれ変わり、蘇ったのだ。”


と、書いてとあります。


このことを知ってから、CMでの楽曲の一部ではなく、フルコーラスで聴いてみたくなりました。(下のビデオは、二番の歌詞です)


現在、手元にある彼女のアルバムは、2005年10月にテイチクが発売した「ちあきなおみ大全集」2枚組アルバム。Disc-2の1曲目に、『黄昏のビギン』は収録されています。


それと、2013年10月テイチク発売の「ほのぼのと,切なさと,懐かしさと,ちあきなおみの “黄昏のビギン” はあなたの恋する勇気をサポートします。」です。タイトル通り、1曲目に収録されています。このアルバムは、ちあきさんとこの曲の再評価に伴い、発売されたのでしょうね。

 

 

黄昏のビギン

作詞:永六輔

作曲:中村八大

編曲:服部隆之

歌唱:ちあきなおみ

 

 

 

(一番)

雨に濡れてた たそがれの街

あなたと逢った 初めての夜

ふたりの肩に 銀色の雨
 
あなたの唇 濡れていたっけ

傘もささずに 僕達は

歩きつづけた 雨の中

あのネオンが ぼやけてた

(二番)

夕空晴れた たそがれの街

あなたの瞳 夜にうるんで

濡れたブラウス 胸元に

雨のしずくか ネックレス

こきざみに ふるえてた

ふたりだけの たそがれの街

並木の陰の 初めてのキス

初めてのキス

 


==「音楽」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~100曲  省略

101曲  2020/5/25 『シルヴィ・ヴァルタン「ワンサカ娘」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d549c1208b375fbae72721856d6ba43c

102曲  2020/7/6  『The Flying Pickets「Only You」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06dd800419b3052f1d27a6052c7aef9f

103曲  2020/8/13 『王 菲「夢中人」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ffb2e812e1865bd8e465e0389ae6fca

104曲  2020/12/14『あいみょん「ハルノヒ」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/325cada5e5c80e129e2f7a43367f6ada

105曲  2021/1/2  『第71回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c85ff7cafb9d6d5cad7e738eb72e8875

106曲  2021/2/23 『原來你還在這裡(愛される花 愛されぬ花)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8042db469f07f3e632ec3461f7ffbec

107曲  2021/4/11 『ロバータ・フラック「やさしく歌って」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/825647e7a097e8b35ba5b2badef64c3d

108曲  2021/8/20 『甜蜜蜜(テン ミ ミ)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca424ff194e17e65fd42f6b1e22801b3

109曲  2021/9/11 『The Covers「中森明菜特集」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6aeb363c65a25457e71bbfb4d50c1c81

110曲  2021/11/28『SONGS~2021年9・11月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdd13c76a9caf207b34673e81a152652

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音楽 110曲 『SONGS ~2021年9・11月放送ピックアップ~』

2021年11月28日 | 音楽

隊長が好きな歌手や曲を紹介する「音楽」の第110回は、『SONGS ~2021年9・11月放送ピックアップ~』をお送りします。

 

 


『SONGS(ソングス)』は、NHK 総合テレビで、2007年4月11日から放送開始されている、音楽番組です。2021年11月現在の放送時間は、毎週木曜日の夜10時30分~11時15分。


この番組では、クオリティの高いサウンドと映像で、J-POPの名曲を届けてくれています。


「番組の責任者」として、2018年5月12日放送の第458回から、毎回登場しているのが、俳優の大泉洋。


ナレーターは、俳優の戸次重幸(とつぎ しげゆき)です。

 

9月16日に、「桑田佳祐スペシャル」と題して放送されたのが、4年ぶりに『SONGS』に登場した桑田佳祐。

 


『SONGS』は、「番組の責任者」と命名された大泉洋さんの、既存のインタビュアーとは異なる、ゲスト・ミュージシャンとのユニークなやり取りが、魅力の一つなのですが、桑田佳祐さんも、ハチャメチャさでは、負けません。


番組冒頭、二人が落ち合ったのが、ボーリング好きの桑田さん行きつけのボーリング場。大泉さんは、桑田さんからマイボールをプレゼントをされたり、二人のボーリング対決など、どこが“音楽番組”かと思わせる展開です。


もちろん、それだけで終わるはずはなく、その後の対談では、大泉さんからの逆襲も。


後半は、ミニアルバム「ごはん味噌汁海苔お漬物卵焼き feat. 梅干し」の収録曲5曲を、スタジオで披露してくれました。

 

 

11月25日の放送は、女優としてだけでなく、歌手としても活動する薬師丸ひろ子の歌手活動40周年の記念番組でした。

 

 

マイク・タイソンなどとの意外な交友関係を含め、大泉さんが薬師丸さんの素顔に迫りました。


薬師丸さんは、「セーラー服と機関銃」、「探偵物語」、「あなたを・もっと・知りたくて」、「メイン・テーマ」、「Woman “Wの悲劇”より~」の過去のヒット曲だけでなく、連続テレビ小説「エール」での独唱が話題になった、讃美歌「うるわしの白百合」、松任谷由実が薬師丸に送った最新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」も、披露してくれました。


 
尚、次回・12月2日(木)午後10時30分から放送予定の『SONGS』には、2人組音楽ユニット「YOASOBI(ヨアソビ)」が、初出演します。

 

 


==「音楽」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/3678fc15237d27e4c95dd294d571ba2d

1~95曲  省略

96曲   2019/12/14『石川さゆり「天城越え」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c04d2e78de4f74c7d3259167d1468d83

97曲   2020/1/8  『第70回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b614c1c9ff6724daa7390f0335e55db7

98曲   2020/1/15 『クリスマスの約束 2019』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c10511bead705e00ee50f304f17f3056

99曲   2020/2/19 『高倉健「網走番外地」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dbac715e63ad0d9ce4652c87a28d8518

100曲  2020/4/8  『渥美清「男はつらいよ」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf965e9ce071af6c90d06330b2698456

番外編 2020/5/7  『訃報:ジャッキー吉川さん』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/934b2f74b6d870f7433f8fe6ee43fecf

101曲  2020/5/25 『シルヴィ・ヴァルタン「ワンサカ娘」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d549c1208b375fbae72721856d6ba43c

102曲  2020/7/6  『The Flying Pickets「Only You」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/06dd800419b3052f1d27a6052c7aef9f

103曲  2020/8/13 『王 菲「夢中人」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3ffb2e812e1865bd8e465e0389ae6fca

104曲  2020/12/14『あいみょん「ハルノヒ」』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/325cada5e5c80e129e2f7a43367f6ada

105曲  2021/1/2  『第71回 NHK 紅白歌合戦』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c85ff7cafb9d6d5cad7e738eb72e8875

106曲  2021/2/23 『原來你還在這裡(愛される花 愛されぬ花)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8042db469f07f3e632ec3461f7ffbec

107曲  2021/4/11 『ロバータ・フラック「やさしく歌って」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/825647e7a097e8b35ba5b2badef64c3d

108曲  2021/8/20 『甜蜜蜜(テン ミ ミ)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca424ff194e17e65fd42f6b1e22801b3

109曲  2021/9/11 『The Covers「中森明菜特集」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6aeb363c65a25457e71bbfb4d50c1c81

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする